FC2ブログ

終戦記念日に思うこと


今日は終戦記念日ですね。


というか、天皇が日本国民に向けて
「戦闘態勢を解除することにした」と
玉音放送を流した日で、
本当の終戦はこの後一か月近く待たないといけません。

そしてその後日本は連合国の占領下におかれ、
敗戦国が受けるべき仕打ちと辱めの限りを受けたわけです。

国家としての全権を回復したのは
実にその7年後にあたる1952年4月28日。

今年で戦後73年だそうですが、
実質66年ですよね。

66年ってどうです?みなさん。
私は今52だから、生まれるほんの14年前ですよ。

ほんの14年前には
日本で作られたものにメイドインジャパンと記載することは許されず。
メイドインオキュパイドジャパン(占領下の日本が作ったもの)
の記載が義務付けられていたんですよ。

私が物心ついた頃にはもう
そんな様子はなかったなぁ。


ところで私、
夢beansでの仕事を通して
いろんな国の人と話をする機会が増えまして、
まぁもちろん仕事の話が中心ですが、
仕事以外の雑談も
ちょこちょこ入って来るんです。


で、先日のこと、
ヨーロッパ人アーティスト(女性)からメールが来て、
最近どう? 久しぶりね、お店はどんな具合?という感じのメールだったので、
メールの2往復目で国政についてちょこっと話題に出したんです。

するとソッコー返信が来まして、
(こういう話、好きなのだろうか?)
互いの国の共通点や異なる点、国民性などの話をする中で、

私は立憲君主制を含め日本を本当に尊敬しているわ
その理由は文化的な強さよ
うちの国にはそれは無いの
ヨーロッパは日本に似た歴史を辿ってきたのに、
日本と比べ物にならないほど弱いわ


という文言をあちらが書いてきたんです。

これはかなり衝撃的でしたね。
だってそこに着目して考えたことなどなかったから。

衝撃と同時に来たのが驚嘆。

あのどでかい2つのキノコ雲と地獄絵図、
続いて連合国から受けた恥辱、
それらを経てなお、
日本の文化がびくともしなかった事実を再認識し、驚嘆しました。

アメリカが京都への攻撃を避けたから文化が守られた、
なんて単純な理由ではないですよ。
でもって京都はおもいっきり空襲を受けてますからね。
原爆だって最初は京都に投下する予定だったのが
それによるアメリカのデメリットを提言する人がいて、
その意見が通っただけの話。
古都を守ろうという意図があったからではありません。

日本の文化が揺らがなかったのは、
日本が日本だからです。

日本は開国以来、
島国という地理的好条件の中、
他国の侵略を受けずに独自の文化を育んできました。

日本には常に我々を上から見ているお天道様がいました。
加えて自然豊かな国の思想、信仰、アニミズムがありました。

だから、アジアの中でも異質な国として
3000年もの間、微動だにしなかったんですよ。

自分達は紳士だ!
なんてアメリカよ、ふざたことを言っちゃいけない。
原爆投下は明らかジェノサイド。
ルール違反や。

がしかし、アメリカ人一人一人が罪を犯したなんて
私たち日本人は思わない。
当時のイケイケアメリカがそうさせた、
時代がそうさせた
世界がそうさせた
私たちはそう捉えている。

そして歴史の浅い国にルール違反されても
確かにびくともしない歴史と文化を持っているという自負があった。

驚異のスピードで復興したのは
そのためです。

歴史は生きてきた証。
文化は胸を張れる自分の特長。

命あるものに必要なこの二つを日本はちゃんと持っていた。
これが揺らがなかった理由だと私は思います。


そしてこの二つは
私たち一人ひとりにも必要不可欠なものです。

自分が生きてきた道のりを誇り、
その中で築き上げてきた自分のなんたるかに胸を張る。

それさえできれば、たとえしょーもない輩に
踏みつけられてもびくともしないんです。

私が子供たちに伝えたいことは、まさにこれ。
たった10歳の子供であっても、
ぼくはこうやって生きてきた!
その中でぼくはこれが得意になった!
って胸を張って言える子になって欲しい。

そのためには、まずは私たち大人がそうならなくては。

私はこうして生きてきた
いろんなことがあったけれど、私にはこれができる
ここに私は最大のアイデンティティを持っている

そう言えるようにならなくては。


本業、おまめブログ、そして夢beansの活動は、
全てここに繋がっています。



終戦記念日に思うこと。

今年はその活動の一つ、夢beansで知り合った
異国人との会話がきっかけだったというのは、
なんとも不思議なものです。

私の願いが夢beansを通して外国に渡り、
意味を深めてもらってまた私のもとに返ってきた、って感じ。

感謝と誇りに天を仰ぎたい気分です。
散っていった命を思いながら・・・





                     




まもなくリリース!
133529533_o2 (4)




スポンサーサイト
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
08 10
ピンクのおまめの掲示板/Facebook/Instagram
 
 

◇おまめ茶屋◇
商品質問・着画投稿 なんでもOK。 思う存分ダべリングしましょう♪

最新記事
プロフィール

ピンクのおまめ

Author:ピンクのおまめ
ファッションって、けっして洋服という狭い意味の言葉ではなく、考えやこだわりによって生まれる「生き方」までを広く表す、とっても素敵な言葉だと思うの。せっかく女に生まれたんだもの。できるだけファッショナブルに生きたいよね。

最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア