さぁ、ネクストステージへ!

ようこそ!

初の交流なので、一席設けました
今夜は飲み明かしましょうか、おしゃれ好き。さん!そしてみなさん!!


【追記】
なんとmixiにまで新たな仲間からお便りをいただきました(驚)
いったいぜんたいどうやってたどり着いたのでしょうか!?←絶対ムリな人
なにはともあれ 


かんぱ~い!

 お料理はどなたが担当してくださるのでしたっけ?? 

                           



i,c,r,l さん♪
こんにちは~
>非難めいて聞こえたらそれは違いますのでお許しください。
全然大丈夫ですよ~
ここは、ディノスユーザーが立ち寄って
おまめさんにコーデをアドバイスしてもらったり
 いえいえ^^;
おまめさん、どう思う?って相談したり  いえいえ^^;
お話させてもらって元気になる場所ですよ これはそうそう^^ありがたいです
怪しい人はいませんから大丈夫です 私が一番怪しかったりして(←アバンギャルドな政治家)
i,c,r,l さんも、どうぞ♪

by おしゃれ好き。さん

ファッション通販を検索していて、ここに着きました。
読んでいると興奮してきて、ついカキコしちゃいました。ありがとうございます^^
ここは一体何のブログですか。おー よく聞かれます 笑
画像リンクしてないので、ここからは買い物できないけれど、ネット苦手なんですよ~(泣)
どのページもハイセンスで目を引きます。うほっ
プロのライターさんがいるようですね。とんでもござりませぬ^^;
常連さんによるコメント応酬も光っています。嬉しいお言葉!
すみません。興奮していて。
非難めいて聞こえたらそれは違いますのでお許しください。わかってますとも!

by i,c,r,lさん




レスありがとうございます ヾ(*´∀`*)ノ゛
toypooさん♪
>おしゃれ好きさん、こんにちは。
こんにちは~ ^^

>私も浅野温子さんをイメージしてました(^◇^)
やっぱり?
当時 女性にとって 浅野温子さんは憧れでしたよね♪

>普段のお召し物からは篠原涼子、米倉涼子をイメージしてました。
あ~ わかるわかる
できる女♪っていうイメージですよね   できませんって^^;

>仕事と仕事以外を線引きするタイプと思われます。
おまめさんがおまめさんである所以は これよね!
オンの日はセオリーのスーツ
オフの日はダニエル
うぅ、、、贅沢すぎるぅ~  中身がな~^^;

>ダニエルの服が気になりだしました。無理無理(@_@;)
でしょ でしょ? 気になるよね。
無理ではないと思いますよ~
でもね、はまると怖い場合もあるから 用心深くね  うんうん


sakuraさん♪
>50代オシャレ好きさん、はじめまして!
こんばんは~

>暖かく迎えてくださってありがとうございます。
こちらこそです♪
レスしてくださって嬉しいです

>オシャレ好きさんがトークに参加しているのをいつも楽しみに見ています。 わたしもです^^
いやぁ~ 照れるなぁ (^^;)
こんな バカボンママでよければお話しましょうね  



かたつむりさん♪
>一杯いただいてもよいでしょうか?…
まぁまぁ 一杯どうぞ♪   どうぞどうぞ♪
(実は私もあまり飲めないの)( ̄. ̄)ノ” いくらでもおまかせください^^

ディノスデビューはダニエルのワンピだったんですね・・・
可愛いですよね~
パリジェンヌじゃなくても 着てもいいかしら? という感じよね ^^  みなさんパリジェンヌです^^

>贅肉がほどよく付いてきた、この身体をうまーく
>隠してくれたという
わかります!
これは、デパートの試着室から
恥ずかしくて出られない経験をお持ちの熟女様なら
みんなにわかってもらえると思います  ←爆笑!

>デパートさんでは、この価格ではありえないし
そうですよねぇ~
デパートって そもそも高すぎると思います

>やっとめぐり合えた 恋人?(笑)の気分でした。
うまい♪
そのときの気分 わかりますよ  うんうん^^
私のディノスデビューは 一昨年の冬  ← え~っ!?!?
リカコスタイルでした
でも さっきも書いたけど
信じられないほど薄いニットが届いてビックリしたこともあります
その後 ダニエルを見つけちゃって・・・
やっぱり 私も嬉しかったですもん
調子に乗って、
去年の夏はダニエルワンピースだけでも3枚購入しました~

だけど 通販って、着丈の長さに問題あり。ですよね  うんうん
一人一人にはたったの5cmだけど   私には15cm(汗
メーカー側にとっては 塵も積もれば・・・ですからね
低価格で大量生産するにはしょうがない部分なのかな
それにしても もう少し長めにして欲しいな  

>でも、すぐに
>オシャレさんやおまめさんが、フォローしてくださり、
おまめさんのフォローはありがたいですよね♪  とんでもない!
私はフォローになっていない場合があるけど、悪気はないんです  わたしもです!
かたつむりさん♪
そんな風に言っていただいて嬉しいです
最近、楽しいこと見つけちゃったな♪という気持ちで 私も楽しいです
こちらこそ よろしくね♪


きらりんさん♪
ディノス購入は、博打(ばくち)の部分もあります
↑おまめさんのコメントより引用(笑) (笑)

価格、品質、自分自身の気持ちの満足度
総合して検討すると きっと良いお買い物ができると思いますよ

デパートなどの販売店のように一方通行じゃないところ
ユーザーの正直な感想がそのまま「お気に入り」リストとして
見られるところが一番のセールスポイントだと思います
ホント 商売上手ですよねぇ   ホントホント

最初は「返品不可」の商品は避けたほうがいいかも。です


管理人様のおまめさんを差し置いて
またまた連続コメントだ・・・ ヾ(;´▽`A``
 
いーえ。ありがたいです、おしゃれ好きさん!


50代オシャレ好き。さんへ
かたつむりと申します。

いつも楽しく書き込みを読ませていただいてます。
お酒は、あまり飲めませんが、当然飲める歳なので、
一杯いただいてもよいでしょうか?…  なんて可愛らしい方!

ダニエルを知ったのは、去年の夏ですが、初めて買った
ワンピースが、可愛くてかわいくて…
それに、贅肉がほどよく付いてきた、この身体をうまーく
隠してくれたという、優等生ワンピース。これでダニエルの
魅力にはまってしまった私。

デパートさんでは、この価格ではありえないし、デザインの
コンセプトが、私のタイプだったので、やっとめぐり合えた
恋人?(笑)の気分でした。

それに、付け加え、お気に入りコメントの存在が、通販を
もっと楽しくしてくれたのでした。皆さんのコメント、
辛口も、ダニエルを愛しているからこそ!と愛を感じます! ありがとうございます!←辛口の人

日常の中、おまめさんのブログを、拝見させてもらい、たまに
コメントさせてもらえて、ファッション刺激を受け、皆さん
の好意を感じながら、楽しませて頂いてます  こちらこそですよ、かたつむりさん♪

常連さん以外の方々も、こちらのブログを通して、楽しい、
おもしろい、など感じられたら、いいですよね。  うんうん^^
私も、初めての書き込みは、どきどきでした。 
ディノス暦浅い ですし、そんなにお洋服も購入していないので…
でも、すぐに オシャレさんやおまめさんが、フォローしてくださり、
とても うれしかったです。

これからも、おじゃまさせてくださいm(..)m  いつもお待ちしていますよ^^

ダニエルの春カタログ、確か予約した記憶があるのですが、
本当に届くのかしら?
  届かなかったらご一報ください




わーい(*'-'*)
おまめさん、こんばんは。
コメント欄が盛り上がっているようで、またまたお邪魔しています。 どーぞどーぞ♪

50代オシャレ好きさん、はじめまして!
暖かく迎えてくださってありがとうございます。
オシャレ好きさんがトークに参加しているのをいつも楽しみに見ています。
これからもお洒落談義に花を咲かせたいですね、よろしくお願い致します。
おまめさんの新しいブログ気になりますよね!

というわけで
おまめさん!お忙しいでしょうがよろしくお願いしますねーー! 

スタッフによく言っておきます(笑)

by sakuraさん





ホントに嬉しいですねぇ♪
おまめさん ^^  ハイ!
4年に一度の2月29の今日
飲み明かすのもいいんじゃない?
私が一番に潰れると思いますが・・・  酔ったらお互いもっと陽気になりそうですね~ 笑

ティンクル・ママさんのボトル
JACOB'S CREEKの赤ワインのスパークリング ←良く知らないんですが・・・
確かオーストラリアの・・? 
みんなで ご相伴に預かりましょう ♪♪  賛成~!!
( ^_^)/□☆□\(^_^ )  

それもこれも ぜ~んぶ
おまめさんが「サロンおまめ」を開店してくれたおかげです
いまさらながら
ありがとうございます  m(_ _;)m  いーえ とんでもございません*^^*

「う」さん
「E」さん
「み」さん
「S」さん
「O」さん

楽しいこと嬉しいことは ささいなことでも
一つでも多いほうがいいですよね  おー!さすがいいことおっしゃいます
私からも よろしくです♪

>私は管理人か! ←そうとも言えます 笑
ごめんごめん。。。
おだてられると木に登っちゃって降りてこられない?
のが私の悪いところ・・・
本物の管理人さんより控えめにしなくちゃ。。。
←ダメですよ~ 愛しいおしゃれ好きさん、今後もお願いしますよ~
>かなり勇気がいりましたよ   ←えぇぇ~!?!?!
驚いてるしぃ。。。  だって。。。(笑)
これは本当ですよん

>若き日の浅野温子さんかな? ←おしゃれ好き。さ~ん 愛してます~
ありがと~  (*^-^*)
最近 とんと言われることのないこの言葉
やっぱ いい響きね~ o(*^ー ^*)oにこっ♪  何度言っても足りないくらい愛してます!

かたつむりさん♪
>みなさん「ディノスの服が好き」と感じられ、読んでいて
>悪い気持ちにはなりません。 いいこと言ってくださいますねー!
私も同じことを思いましたよ
いいこと言ってくださいますね♪  ですよね♪
pikadoさん♪
>このとおりすっとこどっこいですが、
>皆さまよろしくお願いいたします~。
あははは (⌒▽⌒)
すっとこどっこい って、久しぶりに聞きましたけど面白い♪ 
私もツボにはまり爆笑しました
私も同じ すっとこどっこいです
たぶんあの方も・・・  me?


ところで おまめさん はい?(・o・)
新ブログ。
ゆうべ 必死で探したけど見つからなかったです

>論文を書きながら科学哲学を教える
あ~、、、これは違うな~

>おまめです。23歳です。
あ゛~、、絶対違う!

などと、クリック クリック クリック クリック・・・
おかげで今朝は 目の下にクマ。 ← 冗談ですよん

今夜もサーフィンしよう

それはすみませんでした(汗)
私が指定した洋服の画像が見つけにくいのだそうで、
いっとき非公開にして作業に専念していたそうです。。。^^;
数ページ完成したらすぐにお知らせいたしますのでお許しを
え? 全部自力でやれって・・・?

by おしゃれ好き。さん




雪の日に…(^-^)/
ちょっと留守をしていたら何だかすごいコトになっていてびっくりしています
ティンクルママさん、お待ちしておりました♪
おまめさんがブログを立ち上げたら、当然ディノス関係以外の人達の目にも触れるんですものね(^-^)/
ちょっと怖い気もしますね^^;デビューが 笑

みなさんようこそ
ファッションや生活などの情報やおしゃべりを楽しみましょう 素敵!

まだお酒の時間ではないので残念ですが(ーー;)。 わたくしエニータイムOKです^^
私もワインが大好きなので(笑)
昨夜飲んだJACOB'S CREEKの赤ワインのスパークリングが乾杯にはちょうどいいかも。
うわぁ~♪ おしゃれ~!!
by ティンクル・ママさん




おしゃれ好きさん、こんにちは。私も浅野温子さんをイメージしてました(^◇^)
普段のお召し物からは篠原涼子、米倉涼子をイメージしてました。  toypooさんも愛してます~
仕事はスーツで普段は正反対のかわいいお召し物なので、
仕事と仕事以外を線引きするタイプと思われます。
48歳ですけど、私もおまめさんがいつもお召しになっている、
ダニエルの服が気になりだしました。無理無理(@_@;)

by toypoo さん



【勇気を出して】

おまめさん、こんにちは!
初投稿です。
今まで部外者でしたが楽しく拝見していました。
ディノス以外のコーディネートが新ブログで見られるとの事、楽しみにしています!!
新ブログの紹介も是非お願いしますね☆

by sakuraさん



【勇気を出しました】

こんにちは。いつもこっそり見に来てこっそり帰っているtoypoo48歳です(=^・^=)
管理人さんのおまめさんが書いている文章に魅かれて毎日来ています。
おまめさんて何者なんですか?常連さんたちもすごくかっこいいです!お洒落ですし。
かけあいも面白いです。
これからも楽しみにしていますので、おまめさんを始め常連のみなさん、
お身体に気をつけてがんばってください(^.^)/~~~

by toypooさん


【no title】
はじめまして。こちらのファンです。
常連さんたちの優しいコメントに勇気付けられ初投稿しました(*^_^*)
私もブログ友達が欲しいと思っています。
ディノスでの買い方がよくわかりませんので、アドバイスをおねがいします<(_ _)>☆
こんな私ですがよろしくお願いします。

by きらりんさん


以上、ブログコメントより。

ブログ拍手にもたくさんおコメントをいただいております。

こんなわたくしの考え方が好きだと言ってくださった「う」さん、
常連さんのやりとりに噴出したことがあると言ってくださった「E」さん、
ダニエルを初めて知って虜になったという「み」さん、
ここのみんなのコメントを見るために、わざわざ本家サイトまで出向いてくださった「S」さん
それからおしゃれ好き。さんのコメントが上がった直後
「嬉しかったです」とお便りをくださった「O」さん

みなさん、お便りありがとうございます!
御覧の通りの私たちですが、どうかこれからもよろしくお願いします




大歓迎ですよ~ ♪♪

お初の
sakuraさん♪
toypooさん♪
きらりんさん♪

勇気を出してコメントしてくださってありがとうございます (^^)
おしゃれ談義や あんなことこんなこと・・・
いろいろお話して楽しみましょう♪

って、、、
私は管理人か! ←そうとも言えます 笑

正真正銘の管理人さまの
ピンクのおまめさんが泣いて喜んでいるお顔が目に浮かびますよ♪

ワタクシ
自称DNS48 会員No.50
おっと、違った!
会員番号48プラスαの「50代オシャレ好き。」です
長いのでね「50代さん」とか
「お洒落好きさん」とか
適当に呼んでね (⌒∇⌒)/
(こんなにいろんなところで名乗るのなら
 もっと素敵なHNにしておけば良かったと後悔中・・・)

私も最初に「お気に入り」を公開したとき
「サロンおまめ」にコメントしたときは
かなり勇気がいりましたよ   ←えぇぇ~!?!?!

常連様のDNS48のみなさま同様
これからもよろしくね♪

>おまめさんて何者なんですか?
おぉぉ~~っと!
これは聞いてはいけないわ・・・
聞かないほうが幸せよ (* ̄ー ̄)"b" チッチッチッ

宇宙人のようなバイタリティを持っていることだけは確かだな。。。 ハハハ
っていうか、みんなの中でも「妄想のおまめさん」なんですよ
私のイメージでは、若き日の浅野温子さんかな?  おしゃれ好き。さ~ん 愛してます~

今夜から明日は 東京は雪のようです
まだまだ週半ば 防寒と滑らないようにと
みなさん 気をつけて頑張りましょうね♪

by 50代おしゃれ好き。さん



すご〜い(^^)
 まあ、ディノスユーザーさん以外からもラブコールがあるなんて、
本当にすごいですv
おしゃれ好きさんがおっしゃる様に、
おまめさんの迫真にせまったルポに負うところが大きいかと(笑) 苦笑
そしてみなさんの本音トークも誘因ですね!
だってディノスのコメント欄だって本当に面白くて、
連日ついついチェックしちゃいますもん。 うんうん
 いろんな人が参加して、盛り上がれると楽しいですよね〜。
通販によって(すいません、実店舗であまり買い物しないので)
いろいろカラーもあって面白いと思いますし。
 かくいう私は最近はなんだかんだ言ってディノス「様」ばかりです
返送料も結構支払って(?)ます(泣)。
でもね、いろんな方ののコメントみてると
どうしても実物を確かめたくなっちゃって(><)、ははは。 同じく ははは(汗)
おしゃれさんのおっしゃっていた通り、
セール品はコメント反映されない様にしてあったり、
とかD社はいろいろいやらしいことしてくれますが←大ウケ
そんな文句もこちらで皆さんと共有できて楽しかったり〜。
 ジャンル?を越えてぜひ仲間になりましょう!(^^)

by kopkaさん



楽しいですね!

通販サイトを通してこうやってお話が盛り上がることも
いつもすごいなぁ!と思いながら毎日楽しみにクリックしてますが・・。

D社繋がりだけじゃないなんて♪
私は文章が上手くないのでほとんど見てるだけですが、
やはり、おまめさんの人を惹きつける文章とみなさんの絶妙のツッコミ(?)があるからかも!!w ノリ突っ込みは20代並み!
何はともあれ、仲間が増えればその分楽しみも増えるでしょう(#^.^#)

色々なコーデも楽しみです。

益々おしゃれ度アップで春を迎えましょう~(#^.^#) ダニエルが来ないと春も来ないよ~(泣)

もうひとつの「ブログ」も・・・・どこだぁーーーw  
みんなで見つけましょう!!  

by みぃー☆さん



すてきですね!

ディノスのお気に入りコメント手法は、本当に便利。通販サイト
でも、やっているところと、やっていないところがありますよね。
ディノスの常連さんたちのコメントは、みなさん「ディノスの
服が好き」と感じられ、読んでいて悪い気持ちにはなりません。 いいこと言ってくださいますねー!

おまめさんの、いろいろなコーディネートも、もっと見てみたい
ですし、参考にさせていただきたいです。

また、ちょくちょく遊びに来させてくださいv-254

by かたつむりさん




そういえば・・・

ちょうど1年ほど前でしたか・・・

本社(!)の「お気に入りリスト」自分のリストを公開するか迷った挙句、
ドキドキしながら公開してみて・・・
いつの間にやら常連さま達との会話が楽しくなって
とうとうここまで来てしまいました(笑) どこまでも来てくださいよっ!
最近お見かけしないあの方、この方、まだまだお越しいただきたい方もいらっしゃったりして。
スカウトしたいくらい!  してみます?
異文化交流ウェルカムです。(何故英語!?)
まだまだ知らない通販の世界があるかも~ワクワク。


>外から見ると、「敷居が高い」のだそうで・・・。
>中には「レベルが高い」という意表を突くご意見も。

ヒールは5cmまでしか履けませんけども!!!ははは。(違) ははは(笑)
お誉めの言葉をいただけて嬉しいやら気恥ずかしいやら・・・(←自意識過剰)×2(わたくしもです)
たいした常連でもなく、このとおりすっとこどっこいですが、皆さまよろしくお願いいたします~。

by pikadoさん


ありがたいコメント♪

すごいですねぇ~ おまめさん♪

ディノスユーザー以外の方から
コメントをいただくなんて、嬉しいですね~ (^^)
ワタクシ ちょっと感激しておりますよ  私も感激ですよ~

ひとえにおまめさんの
自虐ネタ&爽快なパワフル文章力の賜物だと思いますよ~ ( ̄ー ̄)ニヤリ いへいへ^^;

40代以上の女性って、オシャレが大好きなのに
ホンネでオシャレ談義できるところが
実はあまりないと思うんですよね・・・  うんうん

デパートに行くと 各ブランドの販売員さんとはお話できますけど
それもいいけど
ブラントを超えてコーデやオシャレ話がしたいのよね  うんうん!

ファッション雑誌には載っていないホンネ
実際に買ってみて、着てみてどうよ?
みたいな話をね
たぶん みんなしたいのよね  うんうん!!

私、洋服の通販はディノスさんしか購入していないのですが
「お気に入り」を拝読しているうちに
それぞれの方の体型や好み、性格もちらっと・・・  わかる~!(笑)

頭の中にはその方の勝手なイメージが出来上がっていて
さらに それぞれの方のマイクローゼットが収納されていて
ときには着せ替え人形しちゃったりと・・・

リアル友達とは違った楽しみ方をさせていただいて
本当に良かったなと思っていますよ

そして なによりありがたいのは
50年間で凝り固まってきた自分自身の偏ったお洒落感を
みなさんのコメントで、あっさりとほぐしてもらえること


それぞれの方のキャラや個性の違いを尊重した上でも
目から鱗のときが多いんですよねぇ~   素晴らしい。同感です。

たぶん、ディノスユーザー以外の方も
同じ気持ちでいらっしゃるのではないかしら・・・

生活の中の友人とはちょっと違って
お洒落友達のコメントの輪が広がってもいいんじゃないかしら

私もおまめさんに同感
大歓迎ですよ~  

ディノスデビューかぁ・・・
返品送料が自己負担になってしまった今
強くおススメはできないけどね。
実際に購入していなくても
私たちの「お気に入り」を読んで
「感じるものがある方」ならいいんじゃない?

なにも感じない方は、
おまめさんブログにコメントされないんじゃないかしら?

なんて・・・思いますが。

ワタクシ、今月はダウンコートやら靴やら注文してしまって・・・
9割が返品。
大きい物が多くて
返品送料が2000円以上 (´へ `;) う~~ん イタイ  こりゃイタイ><

こんなオトナ? でもよろしいかしら(笑) サイコーによろしいです^^


ん?新ブログ?
>新ブログをぽつぽつ書き始めました。
どこかな
よし、ぽつぽつ探してくるか。。。   ひえぇぇ!

>書きものとコーデ以外はスタッフに丸投げですが
おまめさん、忙しいのはわかるけど
スタッフさんに愛想を付かされないようにね ( ̄▽ ̄;)  ハイ きをつけます~ ̄▽ ̄;    


ところで 今日のコーデ。

>これ、サイズ小さめですね
小さい上に 超薄いのよね・・・
この上に皮ジャンを羽織って出かけたら まだ寒かった・・・

>仕上げはやぱり赤なんですよね
さすが、おまめさん!
やっぱり こうくるのね♪

>せっかく黙認してくれてることだしと思って^^
>え!? 何? またマズいこと言っちゃった?? 笑
いいえ~
何もマズイことはございませんことよ(微笑)  ですよね~!おほほほ

50代オシャレ好き。
スポンサーサイト

私たちの評価

ブログコメント欄、ブログ拍手コメント欄に、
ディノスユーザーさんじゃない方から
ポツポツお便りが入るようになりました。

いったいどういう経路でここにきて下さったのでしょうか。
「お豆」検索に引っ掛かったのでしょうか。(だとしたらしめしめ


気になるコメントの内容は

みなさん、お喜びくださいませ。
お誉めの言葉が溢れておりました。

「お洒落」  「粋」  「知的」
「上品」  「可愛らしい」  「パワフル」(最後のは誰のことだろう 笑)

いや~、嬉しいですね~
ブログのメインテーマはディノスの服なんだけど、
外から見た時、メインは私たちの個性なんですね。

40代以上の女性が忙しい中時間を作り、お洒落談義に花を咲かせている姿が
とても美しく見えるのだそうですよ、みなさん!

そしてそこには大人の女性ならではの余裕が伺えるのだそうですよ、みなさん!

中には「日本人じゃないみたい」という言葉もありました。
(ってことは、やっぱり私たちはパリジェンヌ!? 笑)


早くこのことをみなさんにお知らせしたかったのですが、
早々とアップしてそれが外のみなさんの目に触れると、
ここに来たら常連を誉めちぎらなきゃ帰れないという
恐ろしい伝説になるかもしれない思い、
そこそこお便りが集まるまで、じ~~~~っと我慢していたんです。
は~
ようやく解放されました


で、
ユーザーさんじゃない人にも
どんどん私たちのお洒落談義に入って来て貰い、
異文化交流したい!
と、わたし的には思うのですが、
こちらのみなさんはかがでしょうか。


外から見ると、「敷居が高い」のだそうで・・・。
中には「レベルが高い」という意表を突くご意見も。
(何のレベル?身長なら私しか上げてない。はっ!もしや年齢!?これはみんな同罪 笑)

冗談はさておき、やはり単独で入ってくるのは厳しいものがあるのでしょうね。


話題に上がっているのがディノスonlyというのも
入れない原因になっているようで。

「他の通販サイトの服でもコーデ提案をやってほしい」
との言葉が必ずと言っていいほど入っていました。


それはちょっとなぁ・・

ここでは厳しい。
主旨は変えたくない。

ということで
友人からリクエストが上がっていたこともあり、
とりあえず自分がよく利用している通販サイトのお品を使って
新ブログをぽつぽつ書き始めました。
書きものとコーデ以外はスタッフに丸投げですが
(↑意味不明なブログの細かい設定をやって貰っています。やっぱりPC、無理!!)、
コメントを下さった方の中でやり取り可能な方に意見を聞きながら、
少しずつ進めています。


最終目標は、もちろん異文化交流

むこうがこちらと同じくらい活発になってきたら、
「敷居」も低くなり、行き来しやすくなるのではないかと^^


というか、早い話、みんながディノスデビューしちゃえばいいんですよ 笑
ダニエルの春号が出たら、いっちょ背中を押しちゃいますか!

まったく私たち、お給料貰いたいくらいですよね。
まぁ、こんなに献身的な私たちなので、
あちらとてイホウ画像コピペも黙認して見守ってくれているのでしょうが。
(コピペには触れずまんま見てもらいましたが、
文面にはよろしくお願い致しますの言葉が入っていました。)

↑うまくカモフラージュして書けてます??え?まだダメ?(汗)


でもやっぱりこちらに集っているものたちだけでも
返品送料タダにしてほしいわ。←最後は必ずここに行きつく


               


最近お気に入りのコーデ

              すっかり仲直りしました
帽子jpg

                      これ、サイズ小さめですね
インターシャ

                      お馴染みでございます
神

                 
                 仕上げはやぱり赤なんですよね
ケーブルストール


今月も東京へ!

早いもので、前回の東京詣でから一カ月が経ちました。
そして今週末あたり、おまめさんはまた東京の街を走り回ります!

さて今回は何を着ていこう。

持参する仕事服は真っ白のパンツスーツ。
なぜか今、白が着たい気分なんですよね~

それからハイヒール。

なんでだろ。
潔白をアピールしつつ自分を大きく見せたい?

先日失墜した自信を取り戻したいのだろうか 笑


インナーには一昨年に購入したダーマのシルクサテンシリーズの長袖ブラウス(シルバーグレー)
を合わせようと思うのですが、
こいつがまたどうにもこうにも扱いにくいやつで・・・


↓ これですよ、これ。
この長袖タイプ。

しわしわ



とにかくシワが寄りやすい。

洗ってもシワは伸びず アイロンかけてもシワは伸びず、 もう シワ シワ シワ・・・


気持が萎えて出番がこない。


羽織モノ無しで一日着る勇気はないので
こうしてジャケットのインにするしかないのです。

でも光沢は上品だし見映えはするんですよね。
まったく厄介なやつです・・



東京詣での度に、関東周辺にいる友人に声をかけて
僅かな時間でも会うようにしています。

今回は山梨県で中学校の英語教諭をしている友人と会うことになっていますが、
スケジュールが混み混みで、
大阪で仕事を済ませてから新幹線に乗り、
東京を立ち大阪に着いたらまたすぐ仕事という予定なので、
もしかするとお茶だけになりそうな予感。

ところが彼女、仕事でストレスが溜まりまくっている様子。
できるだけ長い時間、一緒に東京で毒を吐いて爆発していたいとのご希望。

何がしたい?と聞くと、
足湯に浸かって 温泉で上げ膳据え膳 (東京でそんなところあるの!?)
それからデパート巡り

おいおい^^;

譲歩してもらおうと思い、「その中で一番したいことは何?」と聞いたところ、
彼女の返事は「スイーツバイキング」

      


スイーツバイキング!?!?

その中に入ってないじゃん

ってか、この歳でスイーツバイキングなんて無理じゃない??
2個が限度だよ。いろんな意味で。

前回の東京詣で、調布市から会いに来てくれた友人は私を見るなり

「太った!?」と大声で叫びました。

それもそのはず、その友人と最後に会ったのはもう5年も前のこと。
当時は40キロ代の7号サイズだったワタクシ。
それがちょうど一昨年の誕生日、仕事先でぶっ倒れ精密検査をしたところ、
低血糖症に加えて栄養を吸収しにくい体質だと判明。

この飽食の時代に、「栄養失調気味ですよ」と言われた時のショックたるや!
けっこう健康オタクで、食べ物には気を使っていたはずが、
燃費の悪い外車のような体質だったんですね、私は。

以来「太らなければ死ぬ」と思って精力的に食べまくった結果、
晴れて9号サイズに

しかし

喜んだのもつかの間でした。
サイズアップスピードは留まるところを知らず、
今じゃすっかり11号寄りの9号サイズになってしまいました
元々筋肉質なので太りにくい体質だと思い込んでいたんですよね。
ところがそれは甘かった。
この年齢って基礎代謝は落ちる一方なんですね。

そんなところにスイーツバイキングなど、もってのほか。
断固阻止しなければ!


・・・とか言いつつ、
食べてもお腹が目立たないものがいいよなー♪なんて思いながら
今回の東京詣での服を選んでしまいました^^;


まずこれ。
ミラノリブニットワンピです。
ミラノリブ
やっぱり私には短かかったです
でもがっしりブーツと合わせると
不思議にバランスが取れて見苦しくはないです(自己満足)
ポケットがめちゃめちゃカワイイ


そしてこれをインにします。
チェックすけすけ
イメージはキットカットのCMをしていた頃の宮沢りえちゃん(おいおい^^;)

これ、ほんとにスケスケです。
こんなふうにジャンスカのインにするしか思いつかなかったけど
チェックなので腕が透けるくらいならイヤラシく見えないので
ベストを合わせてパンツやスカートとのコーデもいけそう。

もし寒かったらこれにチェンジ。

ヘリンボーン2

これ、昨年モノと同じですよね?
購入された方、太って見える気がしませんか?
私にはこれをチュニックとして着る勇気が出ません。
ヒモに付いている金属も安っぽいし、
もう身頃を隠せるジャンスカに合わせるしかないかと。。

試着しただけではわからないですね。
やはりワンシーズン使ってみなくては評価はできません。


アウターは黒のウールコートを着たい気分なので、
今回のコーデは 黒・キャメル・赤 の3色コーデです。
PCは持っていかないので(今回はレンタルするつもり)
キャリーは必要なし。
なので鞄はコーチの黒×赤チェックのトート(ポピーシリーズ)にしよう。


ではみなさん、行ってきます!
いずれみなさんと東京で騒げる日を夢見て

ディノス オンラインショップ

ディノス オンラインショップ

日曜日はダニエルとともに

晴天。

今日はたいした仕事ではないので
半オフくらいのリラックス気分で大阪市内のビルに向かった。

時はお昼過ぎ。
遅くまで寝ていたので瞼が重く
顔がむくんでいるのが自分でもわかる。

終わったらどこへ行こう?
まずはデパートのファイナルセールを覗いてみて
その後はティールームでゆっくり寛ぐ。
勿論スイーツは外せない。
今日は生クリームを添えたボリュームたっぷりアップルパイの気分かな・・

時間を好き勝手に使える解放感に浸りながら
いつものように競歩のような早足でオフィス街を闊歩した。
今日は休日なので会社員たちの姿は無い。
活気が無くも見えるが
通り全体が静かに休息をとっているようにも見える。
辺りの色までまろやかに感じる。

いい感じ! 

自分がハッピーな時は見るもの全てハッピーに見えてくる。
景色って、人の数だけあるのかもしれない。

最寄駅から15分くらい歩いただろうか。
私は目指すビルに着いた。

年季の入ったエレベーターに乗り、階上へと向かった。
がたがた変な音がする。
いつもならムカっとくるところだが、今日はなんとも思わない。
人間の心って勝手なものだ。

エレベーターの扉が開き、フロアに出る。
空気がいささか増えた気がした。
あんまりいい匂いではないけれど
増えた空気を吸わなきゃ勿体ない気がして
大きく呼吸をしながら指定された一室へと足を進めた。

「ここか。」

ネームプレートを確認する。
しかしすぐには入らず、一歩離れてもう一度プレートを確認する。
そそっかしい私はよく間違えて違うオフィスに入ってしまうのだ。
「あなた、誰?」という顔を一斉に向けられた時の気まずい気分は
できることなら味わいたくない。

どうやらここで間違いはないようだが、
過去の恥ずかしい経験がドアを引く手を遠慮がちにさせた。

ドアが開いた。
いや、開けた。

ドアの向こうに面識のある顔が何人か見えた。

よかった。ここであってた。

安心して部屋に足を一歩踏み入れた瞬間、
私の目に仰々しい黒と銀色の撮影道具が飛び込んできた。

同時に私に向けられた視線と笑顔が
一斉に引きつり凍っていくのを、全身に感じた。

私は固まった。
もはや「ブラック&シルバー」に目を向ける勇気はなく、
凍てついた顔々にとりあえず視線を置くしかなかった。

何か言わなくてはと思ったわけではないが、
吸いこんだ息を吐く際に声が漏れてしまったので
仕方なくそれを言葉に変えた。



「今日、撮影あるの?」
私は絞るように声を出した。

誰に対してでもなく、独り言のように言ったかもしれない。
よく覚えていない。

最初に反応したのは近くにいた若くて背の高いカメラマンだった。
どんな服装だったのかは記憶にないが、
手入れしていない地面のようなイメージが私の頭の中に残っているということは、
よれっとしたカーキのTシャツと綿パンという服装だったのではないかと思う。
とても背が高かったのだろう。
頭の上から地面が覆いかぶさってくるようなイメージが残っている。

地面の兄ちゃんは口を開いた。


「はい・・・」



「はい」の後の「・・・」にはどんな言葉が続いたのだろうか。
闇に葬られた哀れな言葉に私は思いを馳せた。

今日は単なる打ち合わせだと思っていた私のいでたちは、
そこそこ着なければクリーニング代がもったいないという理由で選んだ
リカコのシルクダウンに赤のクシュクシュブーツ、
そして京都で買った布帛ポシェットを斜め掛けしたカジュアルな格好。
そしてそれにとどめを刺すかのように
ボンボンの付いたダニエルのニット帽を深々と被っていたのだ。
帽子の役割は、寝癖を隠すために他ならない。
なんたって寝起きなのだから。

帽子jpg


打ち合わせ うちあわせ ウチアワセ


頭の中で何度も何度も呟いた。

この複合語のどこかに「撮影」というニュアンスが隠れているのだろうか?


いや、ありえない。

ではなぜ? ホワイ?


確認メールが二回入ったが、
そこでもその恐ろしい単語を見た記憶がない。


いや、まてよ、最後までスクロールしなかった気がする・・



なぜもホワイもへったくれもなかった。
私が見落としていたんだ。


窮地に立たされていることを悟った私は(自分で窮地に立ったのだが)
あらためて凍てついた部屋を見渡した。

最初に凍結から融解したのは、スタッフと見られる若い小柄な男の子だった。
そわそわと周りの顔を見渡し、誰かれ構わず機嫌を取るように笑顔を振りまき始めた。
机のものを掴んだかと思うとまたそれを同じ場所に置き、
ジャケットのポケットに手を突っ込んだかと思うとすぐに出す。
体の軸も定まらず、どっちを向きたいのか何をしたいのか、
もしこれが自分の息子だったら、落ち着けと言って頭を小突き
後ろからはがいじめにしているところだ。

こういうのを今風の言葉で「きょどっている」というのだろうか(もう死語?)
しかし男の子が「きょどって」くれたおかげで
私の体をがんじがらめにしていた視線の鎖が俄かに外れ
手足が少し自由になった。

何か言わなくては。



「・・・暑い。」


私はかろうじてそう言った。

暑い 寒い 眠い お腹すいた

普段、開口一番に私が発する言葉の中で
この場に最も適した言葉を選んだつもりだ。

するとその「きょどった」君、
弾かれたように冷蔵庫の方へ飛んでいき
500mlのペットボトル水を取りだし、掴み、
また飛んできた。
やっとまともな動きをした。

周囲に妙な笑顔を振りまきながら、
きょどった君はご丁寧にペットボトルのキャップを開けてくれ
私に手渡した。

間近で見るきょどった君。

顔色がところどころ赤の白抜きになっている。
そして頭は不規則に揺れている。
極度のストレスにより交感神経が活発になっているのだろう。

刺さるような視線の中で、コクコクとふたくちほど水を飲んだ。
私はペットボトルを応接セットの中央に陣取ったテーブルの上に置き、
とにかくダニエルのニット帽を脱ごうと思った。
これが今この状況下で、一番の悪者に感じられたのだ。
あわれ帽子はボンボンを掴まれて乱暴に剥ぎ取られ、
ポシェットの中に押し込まれることとなった。
なんという扱い。
シーズン前に売り切れた人気商品だというのに!


私のそんな様子にはさっぱり気を止めず、
きょどった君は相変わらずにこにこと笑顔を振りまいていた。
誰にというわけでもなく頭をペコペコ下げながら、
テーブルに置かれたペットボトルにキャップを閉めてくれた。
キャップが無いと思ったら、こいつが握ってたのか。

私はまだブラック&シルバーに目を向ける勇気が無かったが、
撮影スタッフ達が準備の手を再開したことが、背後に感じられた。

私は人が作業をする音を聞くのが好きだ。
人々の生活を「音」という分かり易い形にして、
生き生きと辺りに伝えてくれるからだ。
今撮影スタッフ達の立てている音もまた然り。
このふざけた格好の私を撮影するために、ただそれだけのために、
彼らの所作によって生まれている音なのだ。


そう思うと、虚しい音よ。

若者よ、君らは何のために働いているのだ?
こんないいお天気の日曜日に、何が哀しくてこんなところで仕事をしているのだ?
その高そうな機材でいったい何を撮ろうとしているのか分かっているのか?
目を覚ませ、若者よ!
今すぐその忌々しい機材を片付け
とんぼりにでも繰り出すのだ!   *とんぼり・・・道頓堀(どうとんぼり)の通称。


若者の大切な日曜日を茶番劇にしようとしている張本人は
頭の中でこんなことを考えていた。

しかし、その生命力に満ち満ちた音で
私はいささか落ち着きを取り戻した。

「今日はよろしくお願いします。」と、
ここに来て初めてまともな声でまともなことを言った。
多少落ち着きを取り戻したとはいえ、
これから自分に有利になるような急展開が待ち受けている望みなど、ない。
自分でもわかるほど、私の声には張りがなかった。
これは年のせいではない。

その声で、スタッフは一斉に覚醒した。
彼らは「いえいえ」という感じで首を横に振り
「はいはい」という感じで首を縦に振った。
そして笑った。

その動作はしばらく続いた。
いえいえ、うんうん、あははは・・・

日本ならではの光景だと私は思った。

ここがもしアメリカだったら、
「今日はいつもと違うあなたを撮れると思って興奮していますよ」などと
嫌味かユーモアか分からないようなセリフが発せられただろう。

最初は私に向けられていた「いえいえ・うんうん・あははは」だが、
そのうち内輪に向けられ始め、
頷き納得し合い、そして消滅した。

日本人って面白い。
集団になると特に面白い。

私はまた自分がその面白い行動を引き起こした張本人であることを棚に上げて
そんなことを考えていた。


私はソファに腰を下ろした。

奥からスタッフの一人が近付いてきた。
A4サイズの用紙を数枚、目の前でホチキスで閉じて
腰をかがめて私に手渡した。
なるべく顔を見ないようにして、素っ気なくそれを受け取った。
もうすっかり罪人気分だ。


目を通して仕事の流れを確認した。
皮肉なことに、撮影以外は事前に把握していた通りだった。
なんだか癪に障る。
見落としていた箇所がそこだけだったことが、余計に気持ちを逆撫でた。

イライラしているせいだろうか、やたらと喉が渇く。
今度は自分でペットボトルのキャップを開け、水を飲む。
ゴクゴクと一気に半分くらい飲んだ。
冷たさが喉に気持ちいい。

そうか。部屋の中でダウンコートを着込んでいるからだ。

私はコートを脱ごうと立ち上がった。
そして襟元のスナップボタンに指を掛けた瞬間、
部屋の中の空気が再び止まった。

作業の手を止め、みんなが私に注目した。
撮影スタッフも、先ほどのきょどった君もだ。

みんなが私のコートの中に、一縷の希望を抱いているのは明らかだった。


「ひょっとすると白シャツとジャケットくらい着こんでいるのかもしれない。」

そんな虚しい期待がムンムンと漂っていた。


部屋中が固唾を飲んでボタンが外されるのをじっと待っている。



・・・外せない!
なんで外せよう。
こういうのを修羅場っていうのだろうか。
暑いのを我慢して、いっそこのままでいたい。

しかしながらボタンは外れた。
一つ、二つ、三つ・・・。
私の祈りは届かず、みんなの願いにボタンは応えた。
嵌ったボタンに指を掛けると、続く動作はただ一つ。
「外す」という動作だ。
これはほとんど条件反射的に行われるようである。

静まり返った部屋にプチン、プチンと鈍い音が響いた。

なんでこのコートには、こんなにたくさんスナップボタンが付いているのだろう。
脱ぐのを勿体ぶっているように見えるではないか。


ついにボタンは全て外れた。

もう私には、「開き直る」という選択肢しか残されていなかった。
コートから両腕を抜くと、熱地獄から解放された。

気持ちいい。

・・・と思ったのはほんの一瞬だった。
熱から解放された代償は、落胆という重苦しい空気だった。
みんなの希望も虚しく玉手箱の中から出てきたものは、
ダニエルのキャッシュウールラメと
同じくダニエルの赤チェックスカートだった。

キャッシュウールラメ


さぁ、見るがいい!参ったか!


部屋は再び動き始めた。

「ま、ま、いいとしようか」みたいな、落胆とも安堵ともつかない微妙な空気が
部屋中に流れた。
見てはいけないものを見てしまったという顔をしている人もいる。

私はコートをソファに投げた。
暑かったというポーズなのか、
纏わりついた重い空気を払おうとしたのか、
それとも逆ギレなのか。
何であれ、原始的かつ幼稚な心理が作用したのは間違いない。

剥き出しになった私は、もはやきょどった君しか見ることができなかった。
彼の顔を見ると安心した。
私達は、同じ種族の仲間のような気がした。

そこへ空気の読めない女性スタッフが割り込んで来た。
そして私を撮影セットの方へと促した。
せっかく二人だけの世界を築いていたのになんてことをするのだ!
何!?嫉妬!?

女性スタッフはキリっと黒のスーツを着ていた。
嫌味か?
腹立ち紛れに彼女からジャケットをひっぺがし、そしらぬ顔して着てやりたい。

なんというストレートな行動だろう。
まるで追剥ぎ、さながら現代版羅生門だ。


ついに私はブラック&シルバーの忌々しい空間に引っ張り出された。
私の顔に不機嫌な表情が浮かんでいたことは明らかだった。


私にジャケットを剥ぎ取られかけたなどとは露知らず、
女性スタッフは愛想よく微笑みながら、大きな丸い手鏡と櫛を私に手渡した。

私はしぶしぶと髪を解いた。
寝癖はずいぶんとマシになっていた。
しかしそれがダニエルのニット帽のお陰だとは絶対に認めたくなかった。


手鏡には不機嫌そうな自分の顔の他に、部屋の奥の様子が映っていた。
よく見ると50代半ばの男性が、
へそから上を撮るようにとカメラマンにジェスチャーで指示している。

ほう。
ラメはOKで赤チェックは問題ありか。
チェックはスコットランドでは正装だというのに。
伊勢丹チェックなんか、ああ見えても由緒ある立派な柄なんだぞ。(by カプチーノさん)

ベイシティローラーズやチェッカーズ、
キャンディキャンディの丘の上の王子さまが頭に浮かんだ。
そういえばみんな赤系じゃなかったか?


チェック
 

撮影スタッフの一人がそばに来た。
私はチェックを纏って一世を風靡した彼らの姿を
私設応援団として頭の中に置いておくことにした。
その結果、カタツムリがいっぱい入っているようなバグパイプの音とエレキギターの金属音が
喧嘩しながら頭の中を暴走し、鳴り響いた。
どっちか消えてくれ。

スタッフは機械の説明を一通りしてくれた後、
壁や床に付けられた妙な印の意味を教えてくれた。
機械なんか私に分かるわけはなく、
印の意味を記憶できるほど頭にも心にも年齢にも余裕はない。

不安そうにしていると、

「大丈夫。その都度、合図しますよ。」と彼は言った。

おいおい、若い子の顔などみんな同じに見える私が
あんたの顔を探し当て、合図に従えるとでも思っているのか。
おばちゃんを舐めてもらっては困る。



「全身写真撮りまーす!」と大きな声が響いた。

ほう。
いいのかい。チェックだぞ。
後でカットする気か。
可哀想なダニエルのスカート。
昨年夏、セールになった途端売り切れた人気商品だというのに。


めんどくさそうに立ち上がり、指示されたところに立った。
でかいカメラを軽々と抱えたお兄ちゃんが、
リラックスさせようとにこやかに雑談をしかけてくる。
ジーンズの色がやたらと青い。
青々としている。
兄ちゃん、それ変だって。


「今日は午前中、何してました?」
「朝ご飯とか、しっかり食べる派ですか?」


リラックスさせようとして、青い兄ちゃんは自爆した。


今日は昼まで寝ていたの。
もうオフ気分で盛り上がっちゃって、こんな恰好で来ちゃったわ。
ええ、もちろん朝ご飯なんて食べてない。
だってさっき起きたんだもの。
うふ。


そう言わせたいのか。



ブスっと黙りこくる私に正面から黒Tのお兄ちゃんが指示を出してきた。
「背筋伸ばしてー!」

背筋なんか伸ばせるものか。
今日のブラはパット無しのリラックスブラだぞ。

顔はリラックスしていないが、お胸はおもいきりリラックスしているということを
私以外の誰も知らない。

いやしかし、ノーブラでなかったことは幸いだった。
私はブラを着け忘れることが度々あるのだ。
そんな時に撮影なんかあってみ。
レンズに私の顔が入ってなければ、その姿は前と後ろの区別がつかないだろう。
「すみませーん。今、前向いてますかー?それとも後ろを向いてますかー?」
なんて聞く勇気あるかい?兄ちゃん。

そんなシチュエーションを想像して
私は噴き出しそうになった。

僅かに表情が軟化したのを青い兄ちゃんは見逃さなかった。
また雑談を始めた。
ジーンズが青いだけでなく、女の笑顔に付け込む悪い男だ。
もし私に娘がいたら、こんな男には絶対に近付けない。
いや、まず家で3~4回ジーンズを洗ってこい。タワシで。


「フラッシュ、眩し過ぎるわー!」と、思わず私は兄ちゃんとカメラを睨みつけた。
本当に眩しい。寝過ぎの目には痛いくらいだ。

「私、ほとんど目瞑ってるんちゃう?」

「あはは、大丈夫ですよ。」


あほ。


こんな状況で誰が写真の出来上がりなど気にする?
「もうそろそろ勘弁して」という婉曲表現であることに、なぜ気付かない?
「すみません。もう少しなので頑張ってください」というのが
この場合のベストな返しだろう。

ますます私の顔は険しくなった。
目が痛いのはフラッシュのせいではなく、
きっとこいつのジーンズが青過ぎるせいだ。

空気を察したのか、また違う女性スタッフが
上司と見られるオジサンにせっつかれてやってきた。
ミディアムロングの髪をびっくりするほど上手に纏めている。
夜会巻のようだけど、もう少し緩く優しい感じ。
自分でやったのだろうか。
だとしたら、凄い。

私は彼女の「夜会巻もどき」にすっかり心を奪われた。
うっとり見とれている間に、
ブラック&シルバーの中央には椅子が2脚運ばれてきた。
「ミス夜会巻もどき」に促され、私はその椅子に腰かけた。
わりといい椅子だ。もたれると背中が気持ちいい。

もう一脚に彼女は腰かけた。
そして腰をかがめてペンで文字を追いながら
書類に目を通し始めた。

目が悪いのだろうか。
腰を大胆に曲げている。
でもそのおかげで夜会巻もどきのてっぺんの処理がよく見えた。
このチャンスを逃すまじとばかり、
私はしげしげと彼女の頭を観察した。

ほどよくボリュームが出ていると思ったら、逆毛を立てているようだ。
隠しピンが4本仕込まれているのが見えた。
ピンの間隔がけっこう均等だ。
きっと几帳面な性格なのだろう、私と違って。

ミス夜会巻もどきは突然頭を上げた。
あー もうちょっと見たかったのに。

「では、始めさせていただいてよろしいでしょうか」
丁寧過ぎる口調で彼女は話し始めた。

部屋が静まり返った。

撮影スタッフの立ち位地が先ほどと変わった。
前に出てくる者、後ろの椅子の上に立つ者。
凝視しているわけではないので
そのくらいしか違いは分からないが、
とにかくさっきとは雰囲気が変わったことは事実だ。

撮影スタッフの一人が「目線は×印」と書かれた大きな画用紙を掲げ、私に見せた。
彼は黒のビニールテープで×印を書いた柱の真横に立っていた。
賢い。
こいつはなかなかおばちゃんというものを理解している。


「今日はお忙しい中、お時間を頂戴いたしましてありがとうございます。」

ミス夜会巻もどきはゆっくりと話し始めた。

地味ではあるが、とても優しい顔立ちをしている。
藤色の着物が似合いそうだ。

しかし、その顔はとても緊張していた。

ペンを持っていない方の手で何度も前髪をかき上げる仕草をしている。
そして手元の用紙からほとんど目が離せない様子だ。

インタビューの最初の質問は昨年度の活動の様子についてだった。
しかし彼女は手元の細かい字を追うのに必死で、私の顔を見ることができない。
そのせいで私の話をちゃんと聞くことができず、
相槌のタイミングがずれている。
それに気付いて彼女は焦りだした。
顔がじんわり汗ばんでいる。

緊張する場面では全然ないと思うのだが、
経験の浅い若い子にとっては「いつもと違う仕事」=「緊張する仕事」なのだろう。
私にもそんな初々しい時があったのだろうか。
いや、新卒の時に同じ新卒仲間から「何年目ですか?」と聞かれた覚えがある。
私は最初からふてぶてしかったに違いない。

彼女はしきりに前髪を人差し指で払いのけ、
「・・っと」という合いの手をさかんに入れながら
それでも一生懸命に任務を遂行しようとしている。
若いがゆえの健気さだ。
私はこの若い女の子を応援したくなった。
今日の経験を、彼女の中で胸を張れる成功事例にしてやりたくなった。


私は紙面に記されたインタビューの流れを、情け容赦なく断ち切った。


「さっきから見惚れていたんですよ、あなたの纏め髪。
どうやってやるのかぜひ教えてくださいよ。」

そう言葉を投げてみた。

彼女は慌てた。
しかし戸惑いながらも、「まずはワックスをつけて・・」と
ジェスチャーを付けながら丁寧に説明してくれた。
真面目な性格だ、私と違って。

「すごい。今度食事会に行く時にでもチャレンジしてみます。
わからなくなったらメールするんで、後でメアド教えてくれる?」

そう言うと彼女は顔を赤らめて笑い、「喜んで」と答えた。
かわいい。

すると今度は彼女の方から質問が上がった。
普段私が纏めた髪をサイドに持ってきておだんごにしている理由だ。
・・ってことは、記憶にはないが顔見知りらしい。

「あー、あれ?そう。絶対にああしなくちゃダメなワケがあるのよ。
ヒントは、私は車内でよく寝る。」

彼女はちょっと考えて、「いやぁ、分からないです」と首をひねりながら答えた。


「真後ろに纏めちゃうと眠りこけた時に潰れる。でもサイドだと潰れない。」


「なるほど!」
彼女は大きく頷いた。


「ここ数年、ほんとに忙しくてねー。寝ることも食べることもままならないから
いろんな知恵が付いたのよ。」

うんうんと頷きながら、彼女はまた質問をした。
「去年はどんな一年でした?クリスマスとか、どうでした?」

彼女の口調が変わった。
表情と同じで快活になった。

「結婚して23年の旦那と、間違っても一緒にクリスマスを過ごしたいなんて思わないよ。
あなたの方は楽しかった?」

「まぁ、それなりに、ですけどね。」
と彼女は微笑んだ。

「こらこら、そこは遠慮してつまんなかったと言うところよ。」


彼女は声を上げて笑った。

質問事項はだいたいどこもいつも同じなので、
彼女の言葉を待たずにこちらからどんどん話していった。
代わりに彼女にもたくさん話をして貰った。

「あなただったらどうする?こんな時。」

「学生時代、どんなバイトした?何が一番おもしろかった?」

等々。


昨年の活動や業績に関わるエピソードを語りながら、
それに関連する意見をばんばん彼女に振り、喋って貰った。
どうせ録音されていることだし、
間合いだけ注意しておけば適当に切り貼りしてくれるだろう。
周りが静聴していることが、それが可能である何よりの証拠だ。
気にせず、前途ある若者との対話を楽しもう。


いよいよ最後の質問となった。
ここは彼女にしめてもらおうと思い、黙って質問を待った。

「では、今年の抱負をお聞かせくださいますか?」


「先に語ってよ。」


「え?私ですか?」
彼女は目を丸くした。


「そうよ。え?結婚はちょっと早いよ。ママ許しませんから。」

そう言うと彼女は爆笑して、
「結婚はまだ考えていないので大丈夫です。
今年は本気で英語の勉強をしたいと考えています。」

と返答した。


えらい!
夜会巻きができるほど器用で真面目で几帳面なだけでなく
勤勉ときた。


「彼氏と別れてうちの息子の嫁になってよ。嫁いびりしないから。」

そう言うと彼女はまた爆笑し、
「こんな御姑さんなら楽しそうでいいですね」と言った。


彼女の笑顔と快活な笑い声が私を饒舌にしてくれて、
最後の語りは部屋中の空気をすっかり入れ変えてくれるものとなった。
ニット帽とチェックの呪いは、たぶん消えた。

OKの合図が出た瞬間、部屋が弾けた。
椅子を引く音
こちらに向かう足音
声 
そして拍手。


一人の中年男性がニコニコしながらやってきて、私に握手を求めた。
オッサンかよと思いながらも仕方なく手を差し出した私は、
その顔を見てハッとした。

おまえはへそから上を撮れと指示したオッサンじゃないか。
よくもチェックをバカにしたな。
おまえは一生チェック着るな。
孫子の末までけっして着てはならぬ。

そう心の中で悪態をついた。

ミス夜会巻もどき、いやもとい、将来の息子の嫁が
「本当にありがとうございました」と言って、私の手を両手で握ってくれた。
うん。爪も伸ばしていない。合格。
水仕事とは縁がなさそうな手なのがちょいと引っ掛かるが。


きょどった君と目が合った。
彼は相変わらずきょそきょそしながら
すまなさそうに近付いてきた。
近付いたかと思いきや、回れ右してホームポジションに戻った。
顔は笑顔だ。
私はこやつの行く末を本気で心配した。


ソファに移った私は書類を渡され、
指示されたところに指示された通りにサインした。
コーヒーが運ばれてきたが、そんなものは飲みたくない。
一刻も早くここから脱出したい。
ベートーベンには申し訳ないが、苦難を乗り越えた後は
歓喜に至るどころではなかった。
ホッとした私に激しい鬱状態が襲って来たのだ。
いや、正確には、襲ってきたのは猛烈な空腹だ。

私はコーヒーを辞退し、投げ出したコートをそそくさと回収し着込んだ。

早くアップルパイが食べたい!
さながら妖怪人間だ。

そして適当に笑顔を作って適当な挨拶をして部屋を出た。
スタッフ達がエレベーターまでぞろぞろと見送りに来た。
もうええって。

すぐにエレベーターが上がってきた。
嬉しい。
扉が開いた。
はやる心を抑えながらゆっくりとエレベーターに乗り込んだ。
みんなが一斉に頭を下げた。
そうそう。もう頭を上げるな。私を見るな。

扉が閉まるのがなんとじれったかったことか。
ようやく閉まったものの、動き出すまでの時間が恐怖だった。
まだ扉の外に敵がいる!
気配を感じる!

敵に気付かれないよう、息を潜めてエレベーターが動き出すのを待った。


ついに私は、外の世界に脱出した。
なんて長い一日だっただろう。

周りを見渡す。
急に視界が広くなり、戸惑いを感じた。
空を見上げた。
あんなに綺麗だった晴天は、すっかり曇天になっていた。

辺り一面、グレー・・・

しかし、そんなことはもうどうでもいい。
今となってはクリームたっぷりのアップルパイだってどうでもよくなっていた。
私は疲れ切っていた。

休日だというのに、なんで私はこんなところにいるのだ?
家族を放ったらかしにして、なんでこんなところで仕事してるのだ?
社会人なんて器じゃないのに、ペンを持つと漢字だってすぐには出てこないのに。


「早く家に帰りたい。」

生まれて初めてそう思った。


そういえばここ最近、まともなおかずを作っていない気がする。
たまには家族の好きなものでも作ってみよう。
アップルパイは買って帰ろう。

今年の抱負?
そんなもん、あるものか。
去年も今年も来年もない。
あるのは今、この瞬間のみ。
一瞬一瞬、感じるがままにつま先を向ける。
そして進む。
私にはそれしかないのだ。
いつもそうしてきた。
イマジネーションが枯渇したら
その時は、死ぬ。

そういった意味で、私はいつも死と隣り合わせにいる。
そんな私に抱負もへったくれもあるものか。
この世で一番信用ならない自分しか頼るものはないというのに。
あるのは不安定要素だけだ。
私は自分が無能であることを知っている。
よく知っている。
期待を抱くのは勝手だが
それをこっちに押し付けるな。
プレッシャーをかけるな。


あらゆるものが 私を取り巻く世界が 運命が
こんな無能で頼りない人間の肩に乗っかっているのはおかしい。
間違っている。

突然、口から言葉が出てこなくなったらどうする?
突然、ペン先から文字が生まれなくなったらどうする?
心が動かなくなったら  思考が止まったら
想像力がなくなったら



その時、私には帰る場所があるのだろうか。



人間は、なんて孤独なのだろう。
家族がいても
友達がいても
窮地に立たされた時は自分一人だ。


今日を限りに普通の女の子、いやオバサンに戻りたい。
毎朝スーパーのチラシを見てお買得品を比較したい。
掃除は毎日したくないけど
お買い物には毎日行きたい。


重い心と体を引きずりながら、長い長い道程を歩いた。
行きはあっという間だったのに
帰りはまるで違うところを歩いているようだ。
遠くて、暗くて、重い。


駅に着いた。
若い子が急に増えた気がした。
みんな楽しそうだ。
そして大きな紙袋を持っている。

ファイナルセール!!


私は悪夢から一気醒めた。


ここは大阪のど真ん中。デパートが林立している。
「セールで残り福」というkopkaさんのタイトルを思い出した。


「そうだ、残り福だ!手ぶらで帰ってどうする!」

浪花魂に火が付いた。
体中に力がみなぎる。

私は財布が取り出しやすいように
ポシェットからダニエルの帽子を掴み出し、被った。
もうすっかり怨恨は消えていた。

いざ!セール会場へ!!


               


追記

もちろん闘いの前に腹ごしらえをしたことは言うまでもなく
アフタヌーンティールームのアップルパイで、私は完全に復活した。
しかしアップルパイを手土産に帰るという予定は、完全に消滅した。

セールでは4年前に定価で購入しヘビロテの末履きつぶしたブーツが
なんと7割引きで出ていた。
ジャストサイズは無かったので一つ大き目を購入。
問題はなかった。
結局のところ、今日一番の大仕事はこのファイナルセールだったのかもしれない。
そう思うと心が晴れた。
明日からまた頑張ろう。
きっと頑張れる。
もはや怖いものなど何もない。

セール万歳!


ディノス オンラインショップ

ディノス オンラインショップ

ありがとうございました

ビズモチーフカーデの妄想コーデ

コメントを下さった方、
PCの前で腕組みして考えて下さった方、
みなさん本当にありがとうございました!

みなさんおっしゃるように
確かに難しいアイテムですが
一方、「なんとか着こなしたい!」と闘志が湧いてくるような
不思議なお品ものでもありますよね。


で、結論。


インナーは長め

ロングスカートかバギーのような分量の多いボトムスに合わせる



ということですね!?みなさん



ロングスカートは足のご機嫌を伺わなくていいので
私達の年代には超便利アイテムです

しかし!


ショップで買うとバカ高い。
通勤には不向きの完全なるプライベートアイテムなのに

その点、ディノスは品揃えこそ少ないけれどリーズナブル!
失敗覚悟でチャレンジしてみようかという気になる。


そこで今季のロングスカート、
いろいろと物色してみました



まずはこちら。
ダーマ春号の表紙を飾った素敵なロングスカート。





お値段は張りますが
いろんなトップスとすぐに馴染んでくれそうな包容力があります。
プリントものだけど甘くはないし
ビズのカーデとも好相性ではないかしら。




さて、こちらは私が「奈良」と呼んでいるスカートです。

奈良

           【↓ リンク貼ってあります】


エキゾチックな雰囲気がとってもいい感じ。
2-way 使用も嬉しいですね。
でもこちら、きっと透けますよ。


お次はティンクル・ママさんのコメントを読んで
俄かに気になってきた白ロングです

白スカート

こちらは昨年モノなんですが、
裾の透け感がとってもよろしい。
ブーツの色が見えてるのがまた素敵!

それから広がり具合が抑えめなのも魅力的。
これならビズのカーデとも合いそうです。
中にグレーの裾クシュTシャツとか入れれば繋がりができてgood


こちらは今季モノ。

白スカ新大


シルエットは昨年モノの方が好みですが、
細身のテーラードジャケットと合わせて着てみたい気分です。
そう、組み合わせによればきちんと感が出そうな感じ。
さすがは村上リカコさん!(たまにはヨイショ)



さて。
わたくしたちDNS48があーだこーだと考え出したビズカーデ妄想コーデ、
いかがでしたでしょうか。

この企画、
私の感想としては
相談者様がこんなので満足してくださったかどうかは置いといて(汗

とーっても有意義で楽しかったです


色にしてもシルエットにしても、「こんなはずじゃなかった!」というのが通販の宿命。
しかし、そんな「逃れられない宿命」をできる限り回避して
利用者みんなで知恵を出し合いカバーすることができたら・・・
そしてもっともっとときめくことができたら・・・

そんな前向きな趣旨で
私はこのブログを開設しました。

ブログを初めて約1カ月。
みなさんのおかげで
私の願いはみごとに叶えられました

いつでも呼びかけに答えてくれる方々の存在は、
通販での不安要素をかなり減らしてくれました。
そしてそれだけではなく、
こうしてショップにはできない、同年代の視点での着こなしの提案や考察に
みんなで取り組むこともできました。
これは私達が、「この微妙な年齢を積極的に楽しみたい!」という姿勢だと思います。
とても美しい姿だと思います。


特筆すべきは顔の見えない仲間達の繋がりです。
この不思議な信頼関係は
当初の想像以上に日々強まっているように感じます。

住む場所も生活環境も異なる同年代の乙女たちが集い
妄想によってときめきを増幅させ
平凡な日々をドラマチックに演出する。
まわりまわって会社の利益に繋がるのはちょいとシャクだけど(クーポンくらいよこせ!)
あちらがこの様子を黙認しているということは
私達を認めてくれているということです!

こんな流れを作った通販利用者って
過去にはなかったと思いますよ。

ということは、
私達がその先駆者だということになります。

なんて素敵!

ツイッターで呟かれ
メディアに取り上げられたらどうします!?

こりゃ、DNS48がデビューする日は近いっ!!(笑)

その日のためにみなさん、
もっともっと楽しんで
もっともっと素敵になりましょー!


え?
DNS48の意味ですか?

DNSは言わずと知れた不親切な会社さま。




48は



はい。ご正解!!

わたくしたちの平均年齢でございます(笑






BIZZ/ビズ ビーズモチーフ カーディガン

ここのお仲間の一人から妄想コーデのリクエストが来ました


じゃ~ん!!

こちらBIZZ/ビズ ビーズモチーフ カーディガンでございます





ビズ


素敵ですねー
わたくし、こちらの存在をまったく存じませんでした^^;

最近カーラをスル―気味にしていたのが悔やまれます


さてさてこちらですが
着丈が55cmと短く(やっぱりカーラだわ)、
せっかくこんなに可愛いのにコーディネートの幅が広がらないというのが
相談者さまのお悩みなのです。

私だったら、間違いなくへそ出しリンダちゃんになってしまう着丈なので
動いてもおへそが見えないようにきっとこんな感じのワンピに合わせてしまいます。



もうちょっとタイト気味な
黒やインディゴのデニムワンピに合わせるのも素敵だと思います


もしくはこんなバギーパンツはどうでしょうか。

バギー

大きめサイズを選んでバックルの大きい太ベルトをガツンと締めれば
下半身を華奢~に見せてくれます。
足元もガツンと太めのヒールサンダルで。

ツータックのクロップドパンツ(白)なんかも素敵。
裾をくしゅっとロールアップして。

インナーにはパープル地に小花模様がほどこされた
プリントTなんか素敵じゃないですか?
着丈が短いから
いいい具合にプリントがちら見えします。



個人的にはダニエルの昨年夏カタログに出ていた
前にリボンがある柔らかショートパンツ(ベージュだったかな?)を合わせてみたい


リカコのデニムショートパンツでもいい^^
少し長めのインナーを合わせて穿くと縦ラインがしっかりできて、綺麗!



これも好き。
こちら賛否両論でしたが気になるお品。

でにむスカート1


足元はもちろんエンジニアブーツで!

                         



さて、みなさん。
こちらのカーデを中心とした
    妄想コーデを募集します!


どんなものに合わせるとさらに魅力が引き立つか、
みなさんの豊かな若々しい感性で妄想してみてくださいませ
「これなんかどうかしら」と
ビビッとくるお品がございましたら、その商品番号をこちらまでお送りください

みなさんの感性で
  この春、カーデは
    クローゼットから飛び出します!


ディノス オンラインショップ

ディノス オンラインショップ


妄想は・・・

先日は妄想パーティーにお集まりいただき
ありがとうございました
みなさん、最高に素敵でした!
青や赤の花が咲きほころび、ドットやチェックを纏った蝶が軽やかに舞い降りたよう。
ドレスに羽織っていらしたファーはなんてゴージャスだったことでしょう!

それにもまして、お一人お一人はまるで宝石のようでした
生きてきた月日というものは・・
苦しみも悲しみも全て、色とりどりの美しい宝石に変えることができるのですね。
それを知っているから私達は何も臆することなく
人生を貪欲に楽しむことができるのです。

私達って本当に素敵!



ところでみなさん。
「自分には似合わないけど、これ素敵」というお品物を
「【お気に入り】にいるあの方ならきっと似合う」と思ったこと、ありませんか?
もちろんありますよね。

公開されているリストを拝見しているうちに
お一人お一人のご様子がもわもわっと浮かんできて
その想像上のお姿がまるで実像のように生き生きと感じられる。
【お気に入り】に書き込める文章ってたかがしれているのに
好きな色、着丈、シルエットだけでなく
こだわりや生活のご様子までなんとなく伝わってくる。
たかが文章、されど文章ですよね。

しかしながら、
「あれ?なぜ返品??似合いそうなのに・・」ということも。
それは文章だけでは計り知れない「価値観構築の深~い歴史」のせいだと思います。

一方跳ね付けられた妄想はというと
形を変え、より鮮明になって更に更に膨らんでいく・・・

なんて楽しいのでしょう!


                  
 


さてさて。
先日取り寄せたラッティが到着しました。

こちら、用途はお食事用。
面白くない食事用。



毎年2月末から3月にかけて
私は仕事関係者からお食事に招かれます。

いや~、気を使う食事って嫌ですねー
あ~またこの時期が来たか・・(ーー;) と毎年憂鬱になります。

気を使うばかりか
招かれる方というのは何かと質問され意見を求められる。
口にものが入っていても。

したがってよく噛んで味わえない(哀)


その上、がっつり系が好きだと思われている節があり(当たってるけど 笑)
たいていボリューミーなお肉モノがメイン。
それゆえ向こうが話題を提供してくれている間に
闘いのように肉を噛み砕き飲み込まなきゃならない。
まるでサバンナの肉食獣のよう。


というわけでこのラッティは
憂鬱な食事会を少しでも楽しく乗り切るたの「相棒」として取り寄せたのでした。

あまり好まない柄物をチョイスしたのも
ソース類が飛び散った時に目立たないことを期待して。

3月までの食事会で着るだけ着て
名だたる名シェフ達のソースを付けるだけ付けて
その後クリーニングに出そうと言う算段なのです(笑



というわけで
こちらが手元にやってきた「相棒」改め「いけにえ」のラッティ。

vcm_s_kf_repr_160x288.jpg



定価なりの素敵な生地。
そして薔薇が華やか!
文句なしに美しいです。

しかし

ネックが詰まり気味なので、顔のすぐそばに柄がきます。
よって顔の輪郭がくっきり!

これは私にとって吉?凶?

滑らか過ぎる卵型(豆型?)のシェイプを
健康そのものの桃まんじゅうのような頬を
なんだか強調している気が・・



とりあえず肌馴染みのいい色を顔のそばに持ってきて
輪郭との境目を曖昧にしてみよう。



たとえばこんなロングネックレスはどうだろう。 (100-8163-01)

vcm_s_kf_repr_316x358.jpg

三角形を作るより自然に縦ラインを作ってくれそう。





vcm_s_kf_repr_212x197.jpg
        
               アイボリーのストールを巻くのもいいかも。 (100-8104-02)




そして
vcm_s_kf_repr_270x326.jpg


羽織物で輝きを添えて・・ (100-8169-03)


袖が気になって美味しく食べられない!?
なら羽織ナシでダニエルのシルクリブ(黒)をインしてもいいかな。
それとも暖房が苦手なのでフレンチスリーブのインナー一枚でいこうか。


モデルさんはチュニックとして着ているけど
ベルトをしてブラウジングしたら
この可愛い形が生きてこない。
思いきり短め丈のクロップドパンツですとんと一枚着た方が断然いいと思う。

でもこんな可愛い形、やっぱりワンピとして着たい。


なので
vcm_s_kf_repr_257x480.jpg

         この季節は足元が冷えないようにブーツでカバーね。 (100-8177-01)



でも
vcm_s_kf_repr_244x385.jpg

春になったらこんなオープントゥのパンプスを合わせてみたい。 (100-8179-04)
色は私らしさを添えて赤!




コートは
vcm_s_kf_repr_186x277.jpg


形の可愛いものがいい。 (100-8104-01)
完璧なるいい女風はどうも落ち着かないから。



仕上げのバッグは (100-8134-02)
vcm_s_kf_repr_158x220.jpg

小さめで品よく。
ペンケース入れたいけど我慢我慢。



楽しい妄想。
大好きな妄想。

今回は面白くないシチュエーションを華やかに彩るコーデを妄想してみましたが・・・



・・・やっぱり憂鬱ーー;



結論。




          妄想はウキウキ楽しいシチュエーションで!

ディノス オンラインショップ

ディノス オンラインショップ

妄想パーティーへようこそ!

                         今日は誕生日

                vcm_s_kf_repr_240x320.jpg


といっても、複雑ですね~。
人に聞かれりゃいつも「還暦前」とか「ハタチ過ぎ」と答えるので 
実際にひとつふたつ年を取ったところで今更どうってことないのですが。

ところでどういうわけか、誕生日周辺にはよくないことが多々起こるんです。
昨年の誕生日は点滴をしながら病院のベッドで過ごす羽目になるし
一昨年の誕生日は仕事先でぶっ倒れ救急病院に搬送されるし

なぜだろう。

この時期はバイオリズムが低下するのか?
はたまた疫病神の目を引くオーラを発するのか?

年を取るだけでなくそんな忌まわしいジンクスも加わり
余計にこの日は複雑かつ憂鬱な心境になるのです。



今のところはとりあえず無事。
でも一日は長い。
特に今日この日は長く感じる。


そうだ。
運命の神様の気が変わらないうちに
今のうちにとっととケーキを食べてしまおうではないか!!

             


というのでやって来ました。

ここは「北浜レトロ」というカフェです。
証券会社が立ち並ぶビジネス街「北浜」にあり
外装はミントグリーン、中は絵本に出てきそうな可愛い雰囲気です。
なんでも元イギリス領事館だった建物を改装したのだそう。
とても可愛い作りなのでいつ行ってもお客は女性ばかり。
しかし。
ごくたま~に空気の読めないオジサンが新聞片手にケーキと紅茶で自分だけくつろぎ
お店の雰囲気をブチ壊している。
はよでていけと心の中で念じれど、空気読めないからとことん居座る。

まぁそれは置いといて
ここ北浜には「五感」や「ポンデベッキオ」をはじめ有名どころが立ち並んでいるので
少し時間に余裕のある時などは時々立ち寄り気分転換します。


                   


さて、昨日からようやく本セールが始まりましたね。


しかーし!

春号が気になって購買欲が全く湧かない・・


まだか!ダニエル!!(怒)


もう、ほんと ヒマ。
仕事のストレスを何で紛らわせと言うのだ!?


クサクサしていたら
ふと、面白い遊びを思い付きました



ちょうど今日は誕生日。
妄想でバースデーパーティーを開いてみよう。

もしこの極寒の中、40代以上のみなさんをパーティーに招待したら・・

どなたに何を着てもらおう!?!?


さぁ 俄かにわくわくしてきましたよ!


パーティー用のドレスを利用するのは現実味が無いし面白味も無い。
いくら妄想と言えど、あとあと使えないようなものではコーディネートする気になれない。
しかも冷えが切実な私達にはノースリーブは寒すぎる!
(なんたってハタチ過ぎの還暦前ですから 笑)


そうだ。
フランクなティーパーティというセッティングにして
セール品を利用してみるというのはどうだろう。


そんなことを考えながら
生クリームの絡んだダークチェリーを頬張り
束の間の幸せ気分に浸る私。
あ~ 幸せ
妄想って素敵!

もう今となっては疫病神さん、いつでもおいで下さいまし!って感じ。
だってケーキ食べたんだもの。
もう思い残すことなど何もないわ!

さあ。重い腰を上げそろそろ次の仕事場へ向かおう。
今は服の画像も手元にないし
続きは帰宅してからのお楽しみ。

疫病神の目を盗んで無事に帰ってこれたあかつきには

いざ!みなさんを妄想パーティーにご招待です!


                  


帰宅しました。
とりあえず無事です。
・・・でも夜中に腹痛ってこともあるよな・・なんて。 (かなり弱気)

疫病神め、いつでもこんかい!なんて言ってたくせに
縁起担いで薔薇の花を何気に7個入れてしまった 苦笑


いやいや、もう忘れたもん勝ち。
疫病神よ、いつでもタイマンはってやるぜ! (いきなり強気)


             

さ~て。
どなたにどれを着せようかしら♪
みなさんの好みはしっかり頭に入っている。
けどたまには冒険してほしいな        
            


              ではまずはこちら。
              綺麗色のカシミヤニット(ピンときた方、挙手!)
              セットで着ると腕がヤバいお年頃の私達。
              なのでここはカーデだけ。
              ブルーが素敵!


            青大697x744

vcm_s_kf_repr_625x832.jpg 
こんな綺麗なブルーにはやっぱり綺麗色ですよね。
お互いに引き立て合うこと間違いなしです。
グレーのケーブル編タイツ穿いてくださいね♪

          ギンガム
このギンガムチェックを合わせても素敵だと思う(これはもはや神ですね)


             水玉大622x836

             このセットアップと合わせるのもいい感じ。
             ふんわりニットの中が体に優しく沿う素材なら
             絶対着痩せして見える。

             そうそう。
             これ単品で着てくださる元気な方もいる 笑
             お靴で色を添えれば素敵!
              ブルーか赤のエナメルがいいかなぁ・・


vcm_s_kf_repr_623x832.jpg

このレース&ベルベットには・・

vcm_s_kf_repr_622x834.jpg

レトロな透かし模様のカーデを合わせて大人可愛い感じで。



vcm_s_kf_repr_684x760.jpg

こちらのセットアップは小物使いでめちゃめちゃ映えますね。
トップグレーのファーやパールのアクセ
ネイビーブルーかワイン色のタイツを合わせると小粋な感じに。


vcm_s_kf_repr_207x480.jpg

             あの方にはこれが似合いそう!
             着丈も100cm超えてるし、きっと気に入って貰える。
             手持ちのゴージャスなファーを持ってきてくださいませ。


vcm_s_kf_repr_395x480.jpg
               こちらのブレスとリングのセット
               意外なほど使えます。
               キャッシュウールニットの上から着けると映えますよ。
               これからも私は見栄を張らない大人を貫く (笑
イニシャル643x810
こちらも上のパールと同じでパッと見はチープらしい。
けどこんなのに限って着けると映えるというディノスマジック。



vcm_s_kf_repr_690x754.jpg

どうしても艶感が欲しくなるお年頃の私達。
ニットなどのマットなお素材のお洋服の時にはこんなの持ちたい。
でもこやつ、セールにならない(怒)


vcm_s_kf_repr_689x752_20120202111817.jpg

赤のバッグは出番が多い。
黒や茶はもちろん、ネイビーやグレーにもよく合います。


                  


さてさて
みなさんにセール品でおしゃれして貰いました。
やっぱり素敵ですね!私達って(自己満足)
パーティー会場では美味しいケーキとお茶をご用意してお待ちしております。
今日はとことん語ろうではありませんか!

あ~!もっとたくさんお洋服をご用意して
もっともっとたくさんの方に来ていただきたいところなんだけど
タイマンはるより逃げるが勝ち。
この勢いでそそくさと寝てしまおう

それからどのコーデがどなた用なのかは
私の頭の中だけに留めておきますね^^

え? バレバレ!?


ディノス オンラインショップ

ディノス オンラインショップ
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
01 03
ピンクのおまめの掲示板

◇おまめ茶屋◇
商品質問・着画投稿 なんでもOK。 思う存分ダべリングしましょう♪

最新記事
プロフィール

ピンクのおまめ

Author:ピンクのおまめ
ファッションって、けっして洋服という狭い意味の言葉ではなく、考えやこだわりによって生まれる「生き方」までを広く表す、とっても素敵な言葉だと思うの。せっかく女に生まれたんだもの。できるだけファッショナブルに生きたいよね。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア