不良少女と呼ばれて

↓ 本セール、始まったみたいですね
DoCLASSE(ドゥクラッセ)



今週初め、返品・交換手続きのために
久々にコールセンターへ電話を入れました。

前回、みなさんから寄せられた情報を元に、
わざわざ正社員さまがいらっしゃる時間に合わせて、電話したんだけど・・・


先入観?

OPさんの声がやたらとキビキビして聞こえました。

ところがそのキビキビ、
瞬く間にトゲトゲ・ツンツンに!

人の話を聞く態度、会話の仕方、まるっきりなってない。
人が話してる途中から口を挟んで、上から抑えにかかって来る。
よって話が伝わらない。


「母ちゃん、あんたをそんな子に育てた覚えはないで!」


思わずそう言ってやりたい衝動に駆られましたよーー;


しかし、仕事の合間に電話をしているので
無駄なやり取りはできるだけ避けたいもの。
さすれば、なんとしてもこのOPさんの憎たらしい口をふさがなければならぬ!

しゃーない。
いでよ、大阪のおばはん!

ってことで、OPさんがタカビー(死語?)な態度で喋り続けているその上から、
ガツーン!

と、一発かましました。

するとOPさんはビビったのか、態度をコロッと変えて来ました。
声色も甘えた感じ(ほら、あの若い女の子特有の語尾に小さな「え」が付くやつ)に変貌。

やれやれ、これでやっと交換理由の説明ができる。


と思った私が甘かった。


こちらが普通の口調で静かに話し始めた途端、
このOPさん、また暴走を始めました。

う~~~ もうたまらんっ(><)

聞け!聞くんだ、小娘~~!!
早く不良個所の説明をさせてくれ~~~!!(仕事があるんだ!)

ぜぃぜぃ・・・(;´Д`)ハァハァ

ったく、親にどんな育てられ方をしたんだろう。
会社の教育以前の問題だわ。


仕方ないので、また上からガツーンとかます。

するとまた、そそくさと態度を変えくさる。

猫になったかと思えばすぐに豹に豹変。(上手いっ!^。^)
にゃ~ん ごろごろ ガオ~~!  にゃ~ん ごろごろ ガオ~~! 
あぁ、忙しい
なんと電話を切るまでこの繰り返し。


せめて一言、一言でいいんだ。
「ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」って言いなさい。

それなのに、なに?
「はい、では不良品交換としてお手続きします」って。


この「はい」はなんや、「はい」は!

そこは「まことに申し訳ございませんでした」やろ!


しかもなんや!
さっきから聞いてたら不良、不良って。

「不良部分は・・」
「不良があったら・・」
「不良がないかどうか・・」

ダニエルに思い入れのある私にとって
この言葉はムッとくる。

私の方は、「一部不具合がある」という意味で言ってるんだけど、
よそものが言うと、そうは聞こえない。(よそもの?)
商品そのものを指して、「この不良品めが!」と言ってるように聞こえる。
(人はこれをダニエール病と呼ぶ)

だってそうでしょ。
カタログを見ながらあーだこーだと妄想してきた長い時間は、
紙面の写真に命を吹き込むのに、充分な時間だったのよ。

それをなんだ。
不良不良と。

伊藤麻衣子がチェーン振り回してる姿が目に浮かぶではないか!


いや・・もう、怒ったらこっちがソン。(シワが増えるではないか)
それに早く電話切ってアイス食べたい。(アイスは一日3個まで~♪)


そう思ったおまめさん。
やっとのことで交換手続きを済ませると
次なる返品の手続きでは、

「返品理由をお聞かせ下さい」 
「べつに・・」←(エリカさま風)

・・で済ませました。 
(音声を発するエネルギーが勿体ないわ



PLST 公式通販サイト





さて、その問題のお品物がこちら

【 配色使い ビットボタンカーディガン 】 でございます。




作りはいいんですよ。
けっして安っぽくないし。
カーデ以上ジャケット未満だけど、襟付きで端々がきちんと仕立てられているので
仕事にも使えそうなんです。


ところが裏をめくってびっくり。

これが綺麗に処理されている箇所ですが、
緑2


襟もとに近い部分が一か所こうなってる。
緑1

白い襟芯の裁断をミスったのでしょう。
それを補正せずに、「ええい、縫っちゃえ!」ってなノリで強引に処理してしまっています。

カーデやジャケットは、脱いで手に持ったり、
あるいは人に預けてハンガーに掛けてもらうこともあるので、
裏の処理も気になるところですよね。

でも形はとっても可愛いし、
ワンピに羽織るもよし、インナーを出して遊ぶも良しで
けっこう使えそうです。
色もくすみのない、品のある鮮やかなグリーンなので、
襟のベージュや金色のビットボタンがとっても引き立ってる。
ワタシ的には気に入ったので、交換品を待つとします。



FLANDRE ONLINE STORE




~数日後~


交換品 届いてみたら また不良
                           読み人 おまめ



お~まいがーく(""0"")>!!

今度は裏打ち部分が表にくっきり出てるよ・・
見て これ。
緑3

あーあ。
また伊藤麻衣子がチェーン持って暴れ出したよーー;

もう、こうなればおまめさんが根負けするか
向こうが根負けするかの果て無き攻防だわ。

その前におまめさんが不良になりそう(-゛-メ)  ねばねばねばえば♪ ←知ってる人は同年代


ドクターシーラボ



気を取り直して、次行ってみよー

【 ハンドステッチ使い トリックワンピース 】



もしかするとサイズ選びに失敗したかもしれない。
サイズ2は、私にはオーダーしたかのようにピッタリでした。
なので「まんまトルソー画」になっちゃったのです。

そう。
首から下は、避暑地に来た育ちのいい少女。
丸いラタンのハンドバッグなんか持って、ストラップパンプスなんか履いてる草原の乙女。

なのに首から上が・・
上が・・

どの角度から見てもオバハンなのよ~~~(≧д≦) 


もう、無理アリアリ・・(ノд-。)クスン


ってことで、購入は断念しました。
でもサイズアップして、敢えてゆったりもっさりシルエットにしたらば
逆に可愛く着られるかもしれない。(諦めの悪いやっちゃ)


で、こちら。
さすが「ハンドステッチ」と言うだけあって、
裏をめくればこんな感じなんですよ。

ほれ、かぶりついてご覧くださいまし。
ハンドステッチ

う~ん・・でっしゃろ?^^;

経費削減のために、どこぞの学校に頼んで
家庭科の宿題として生徒達にやらせたのだろうか。
これじゃせいぜい60点だよ・・




Vera Bradley ヴェラ・ブラッドリー【日本上陸!キルトバッグ】



今度こそ気分を直しましょう。

こちら購入後、即ヘビロテの
【 メッシュ編み 肩ヨーク プルオーバー 】です


可愛いんです、とっても
後ろが長くなってるのがなんともいえない^。^ ウホ

ネックが詰まり過ぎと感じた方もいらっしゃるようだけど、
きっとその方はナイスボディの持ち主なのだと思いますです^^;
生地が前に引っ張られることのないヒューストンの私にはちょーどよかった。
ある意味(哀)(TT▽TT)


このハタヨーク、 じゃない、肩ヨークと(しらじらしい)
こちら【 ラメ入りツイード マリン風 ショートパンツ/ネイビー 】は相性バッチリでした^^



ちょっと大きめの作りかな?
それともボタンのせい?
リアルボタンがたくさんあるので、生地に伸縮性がなくても楽な履き心地です。

え?足?

おもいっきり出ますよ(笑)

ムキーっ ムキーっと 筋肉質かつ長過ぎる足が^^;

よいのじゃ。
出したもん勝ちじゃよ ^。^ うぉっほっほ♪


足元はこれで決まり。
【 ソフトエナメル ステッチ使いアンクルサンダル 】



めっちゃめちゃ可愛いですよ!
ズボっと履けるし(はい、私もズボラ―です)

このコーデが気に入って気に入って、
なんとこのカッコで仕事にも行っちゃうという、大胆不敵さ!
(羽織ナシだぜ~♪)

迷惑条例違反で逮捕されたら、みなさまお許しくださいませ。
 (戻ってくるまで待ってね~ (>▽<)ノ~~~~~サラバジャ~)



↓ お買いものはこちらから♪
ディノス オンラインショップ
スポンサーサイト

マドモワゼル 鹿の子

Vera Bradley ヴェラ・ブラッドリー【日本上陸!キルトバッグ】


おまめさんのお気に入りコメントを読んで、思わずポチしましたー

でも腕と足が出せませぬー


というコメントがブログにチラホラ・・ ^^;

はい。 みなさん、おっしゃるとーり。
ノースリーブの上、丈まで短いときた。

私たち世代は、多かれ少なかれ抵抗を感じますよね。
(私は責任を感じる^^;)


そこで今回は、

返品期日が来るまでに!

を合い言葉に、この素敵なワンピのコーデを前向きに考えようではありませんか!

       お~~!!いいぞーー!ひゅーひゅー!←自分で盛り上げる




ドクターシーラボ




さー こちらが今回の主役
【 鹿の子編み 配色ボーダーワンピース 】でございまする



素敵ですねー 可愛いですねー

鹿の子編みの肌触りに、もううっとり~♪ *^^*

あまりにも気に入ったので、毛羽立った時のことを考えて
もう一枚買っとこーかとも思ったくらい、お気に入りです。

形がほんの~りバルーンっぽいんですよね。(それが可愛さの秘密^^)

なので、このシルエットと雰囲気を壊さない形の羽織り物はといえば・・



はい、 Aラインです。 しかも短めの。

ワタシ的には、これ、一押し。
【 クラレソン トリコロールツイードジャケット 】です。


このジャケット、すごく涼しいです(昨年モノ購入済、今年も購入予定 ←おいおい)
なので真夏でもOK。
しかもこの色合いでしょ。 
即、鹿の子ワンピを夏少女コーデに演出してくれます。(どこに少女がいるのだろう・・)
                            ↑ うっ・・今 若干名、手を挙げた気配が・・



次にこれ。
【 ラムレザー スカラップ使い ジャケット 】です。


これは真夏は無理ですが、秋の気配がしてきた頃に合わせたいな~*^。^*





それからコチラ
【 モチーフレース プルオーバー インナー付き 】です。


えーーーーっ!? って声が聞こえてきたよ(笑)
ははは^^ おまめ的には、このレースのトップスのみを使ってみたいのですよ。 
お洒落感が増しそうでしょ?






こちら、カーラから。
【 箔プリント リネンレーヨンジャケット 】


箔プリント、好きなんですよね。
ラメよりも大人しく品がある。
ボタンの雰囲気もいいですね^^

ワンピのラインが真っ白なので、オフ白を合わせちゃうと野暮ったくなる。
真っ白、もしくはトーンをおもいっきり落としてベージュがいいと思う。





羽織物ではないのですが、こちら
【 グラデーション ドットプリント ミニスカーフ 】


秋口にはこれを首に巻いてパリジェンヌ~♪ なんて妄想してますです^^





それからこちらは参考までに。
【 スパンレーヨン 2WAYニットプルオーバー 】


これ、どうやらローズレッドじゃないみたいですね。
最初、洒落ちゃんが食べごろのイチゴ色とコメントして下さったので、
ん?・・ってことは・・
すると今度は nazuna さまがキッパリ、「朱赤に近い」とコメントして下さったので
迷いが解けました。(お二人に感謝!)

これがもし、ローズレッドだったら、鹿の子ちゃんにバッチリだったのになー

朱赤に黒は、ちょっとキツい。
透けそうなので、肌の色も加わり、ますます朱が勝ってしまうはず。
カーラのコーデは正解です。このカーデはベージュ系と合わせなきゃ。





最後はこちら。
ローラアシュレイの 【 タイフロントボブルエッジボレロ 】です
前結びボレロ小

ほんとはサマ―ヤ―ンでざっくり編んだレーシーボレロが欲しいところなのですが、
これがなかなかない (自分で編もうかな)

で、これはAラインではありませんが、
この形だと視線が上に集まるのでにょっきり出た足が目立ちませぬ^^;
しかも背が高く見えるので、小柄な方には超オススメ。




DoCLASSE(ドゥクラッセ)





みなさん、いかがでしたでしょうか?
お一人お一人、体型も好みも違いますので(歳はほぼ一緒だよなー♪← ムリヤリ)
それぞれの鹿の子ちゃんファッションを楽しんでくださいね。

でもみなさん、
もう一度着用して姿身の前に立ってみて!

そうそう。(お!キレイだね!)
じゃあ今度は少~し遠ざかってみようか。(いいね~ 上手いよ~♪)

どうです? 腕も足も思ったほど目立たないでしょ?

鹿の子編みでこのボリューム、しかもこの落ち感。
シンプルなのに存在感、大!ですよね。

よって人の目は手足には行きません。
可愛いワンピに釘付けです^^(きっぱり)

私は思います。
自分が気にするほど人は気にしない。
せっかくのお洒落なんだもの、遠慮がちにするのではなく、堂々とやっちゃえ!

これが170cmでもこの着丈に抵抗がない所以でございます(笑)


みなさんもぜひぜひチャレンジしてみてくださいね^^


それにしてもみなさん、
素敵なものに出会ったら、ほんとーに嬉しいですね^^ (しかもセールで♪クーポンで♪)


↓ 本社に行くならコチラからお願いします♪
ディノス オンラインショップ

なぜ、このスカートなのか~今 謎が解き明かされる

先日取り寄せたお品のコメントを
早くアップしなきゃと思いつつ

怒劇の幕引きをした後、精神的にくたーっとなってしまって・・

なんだかD社からも服からも遠のきたい気分で・・



いや、言い訳はやめておこう。 
くどくど言うのは好まぬ ←何者?


というわけで、 
さ~ みなさん!←切り替えだけは早い (じゃぁ何が遅いって?せーの!更○!)


今日はまずこちらでございます♪  

【 ミニ裏毛 マキシ丈 フレアースカート 】 


なぜこちらをトップバッターにしたのかというと、
本社お気に入りコメントで、善良なみなさんに誤解を与えちゃマズい!と思ったからです。

私がこのスカートを購入した理由は、
ワタシの勝手な事情を全てクリアしていたからで、
けっしてお洒落するために購入したわけではないのです、みなさま!
そのへん、誤解のないよう、よろしくお願い致しますです^^;


夏用のロングスカート。
この条件下でずーっと探していたんです。

  1. ちゃりんこに乗っても車輪に巻き込む心配がない
  2. 階段の上り下りの際、スカートをつまみあげなくてもよい
  3. シワの心配をしなくてもよい


このみっつです。


家事をする時は、基本Tシャツ+半パン姿のワタシ。

お出かけする時は徹底的にこだわってお洒落する
家にいる時は完璧なる大阪のオカンに徹する

これが私のモットーなのです^^

水仕事でお腹周りがびしょびしょになってる小汚いTシャツを着ている時って、

「あ~ 私、今 主婦してる~♪」

って、実感するんですよね^^ うふっ ← やめい!


そんな「お家の日」に、よくつるんでやって来るママ友たち。


「お~い、豆ママ~!今日は休みかー」 ←(豆の部分に子豆の名前が入ります)

「そうやねん^^」

「ほな、茶―でもいこかー♪
          ※大阪では「お茶する、行く」ことを、「ちゃーしばく、ちゃー行く」と言います

「よっしゃ♪ まっとってや~」

ってな時に、短パンだけササッと脱いでパッと着て出られる理想のスカート。
それを上のみっつの条件下で探していたんですよ。


ところでみなさんのママ友さんって、どんな感じですか?
こちらは地域性かもしれませんが、
お洒落なんていう言葉にゃ、まったく縁がない感じの
コッテコテのおばちゃんばかりです。

大阪のど真ん中なのに、なぜか下町ムードがムンムン。
専業主婦が多いのも特徴でしょうか。
しかもみんなけっこう年くってる(笑)

そのおかげで、子豆の幼稚園時代は大助かり。
忙しい私の代わりに
自ら名乗りを上げてくれたセカンドママ、サードママたちが
子豆の世話をしてくれました。

子豆の世話が要らなくなった今では、
こんどは実家の母の世話を買って出てくれるという世話やきぶり。
ほんと、ありがたいです。


とはいえ、してもらってばかりいるわけにもいかないので、
私にできることを、たま~に、ごくたま~にやらせて貰っています。


仕事帰りにふらっとママ友の家に寄ります(予告なし)
このご時世、鍵がかかってないというのがすごい。

「○○くん、いてるー?」

「いてるでー テレビの前に(怒)
○○ー!先生 来てくれたでー♪ はよ教科書もっといで!」

ってな感じで、子供達の定期試験中、
ほんの20分程度のアドバイスをしてあげています。

毎回なんてできないし、ヤバい科目を一つだけ・・程度ですが、
友達のママが教えるってのは、気分が変わって頭に入るのか(それとも私が怖いのか)
たった20分くらいでも、けっこう点数アップしてくれるんですよ^^ (ヤリガイアルネ♪)


帰り際・・

「明日もきてや♪」

「けーへん」

「そんなこと言わんと。 OOの試験中、うちで寝泊まりしー」

「するかい。私は俄かサリバンか」

「ええんちゃう?おもろいやん^^」

「私はおもろない」

「あいそないな~」


とまぁ、こんなコテコテの地域事情ゆえ、
私だけお洒落するなんてわけにもいかず(浮いてしまう
自分の美意識が許せる範囲で、みんなに合わせているという次第でございます。

それでもみんなから見れば、私はかなりお洒落に見えるらしい。(ほとんどユニクロなのに)

先週水曜日のこと。
昼間ふらっと実家に寄ったら
ママ友の一人(54歳)が母親と一緒にみたらし団子を食べていました。(へんな状況^^;)

「おう 来たか」 

「誰の家やねん」

「まぁまぁ。みたらし団子買うてきてん。 あんたも食べ」

「手 汚れるから くしから抜いといて。手 洗ってくるわ」

「ちょっとお母ちゃん、今の聞いた?ほんまにこの娘は  ブツブツ」


「そやけどあんた いっつもお洒落やなぁ。」

「まぁ、仕事着やしな。ユニクロじゃあかんやろ」

「うちの息子、今度 三者懇談あるんやけど、こんなん言うてたで。
『おかん、ゼッタイ来んなよ。代わりに豆ママに来てくれってメールしといてや』って。
どないよ、これ。 冬に赤いダウン着とったら、『おかん、ポストか!』いいよるねん。
あれからアイツ、警戒しとるみたいやわ」


そりゃそうだろう^^;


「行ってやってくれるか」

「行くかい」

「そんなこと言わんと~」

「行けへん!行くんならコスプレして行くで」

「ええんちゃう!?あの子そんなん好きやで♪」

「え?マジッすか?? あ・・いやいや  あかんあかん 絶対行けへん」

「ええやん あんた 学校得意やろ」

「苦手です- 学校いうだけで 緊張しますー」

「なんや みんなおんなじか~」

「そうそう」

「そやけど、めんどくさいな~ 学校 足代 はろてくれへんかな」

「払うかい!厚っかましいおばはんやな~」

「あんた服貸してくれる?」

「入らんって」

「そやわな~。 あんた 今度から服買う時はLサイズにしてや。
LLやったらもっとええねんけど。」

「どこまで厚かましいねん

ってな感じで、会話からもわかるように
服なんて入りゃなんでもいいんですね。

なのでたかが参観日のコスプレのために
ワンピを買ったなんてことをあの人たちが知れば、

「あんた ストレスがついに脳にきたんちゃう!?」

って、真顔で言われそうな気がする^^;

そんなママ友地域事情なのでございます。

でも、こちらに集うみなさんは、みーんなお洒落にこだわりをお持ちの方ばかり。
カーサのお高い部屋着でも定価で購入されるような素敵なマダムもいらっしゃるし、
きっとママ友さんとのランチやお茶も
さぞかし賑やかで華やかなことでしょう


ってことで、こちらのスカートは3条件をしーっかりクリアしただけでなく、
「茶ーいこか~」「よっしゃ まっとってや~」の流れを、スムーズに運んでくれる立役者。
私は、こういうお品を探していたのでございまする^^

なので、くれぐれもコメント見て、
「あ?購入者コメントが出た!?私も取り寄せてみよう♪」
なーんて思わないでくださいまし^^;

重ねがさね用途はお洒落ではありません!(力説)

・・とかいうとダニエルに祟られそう。

いや、お洒落なことはお洒落なんですよ。←イイワケがましい
一緒に取り寄せた黄色のプルオーバーなんかと合わせると
しっかりお洒落です、はい^^ ← 今更感満載

シルエット等はお気に入りコメントの通りです。
ボリュームは無く、しわの寄らないさらっと着易い、素敵な普段着です。←やっぱりかい^^;


 ・・今日はこちらだけ?え?違う?
 ディノス オンラインショップ

↓じゃあひとまずこちらからおはいりくださいまし^^
ディノス オンラインショップ

怒劇の幕引きのあとは

みなさん、こんにちは。 ピンクのおまめです。(あらためて言ってみたかった 笑)


先日の「怒劇」では、おまめサロンは大盛況でしたね。

カウンター席では、同じような怒りをずっと燻らせていた方たちが集まって吠え、
端のソファ席では、ハンカチを握りしめた可愛らしい方たちがOPさんに感情移入、
目をウルウルさせている…


そんな中、リアルOPさんや元マヌカンさんが登場。
サロンのボルテージはいよいよマックス!


燃えましたね~
弾けましたね~
いやー、これでこそおまめサロンです。


しかし、盛り上がって「あー楽しかった」で終わってしまっちゃ、
おまめサロンの名が廃る。

さーみなさん、総括会議に移りましょう!


                                     

               ↓ やっぱり私にはコレが神
ドクターシーラボ


                                     

今回明らかになったこと。
まずはOPさんについてです。


 OPさんは普通500人くらいいるが、100人に減る時もある。
 正社員のOPさんは6時で退社し、残って対応しているのはアルバイトさんだ。
 OPさんには横のつながりも縦のつながりも無く、とにかく孤独である。
 OPさんは充分な教育も研修もしてもらえない。
   しかしながら、見ざる言わざる聞かざる教育は徹底されているようだ。
 OPさんは簡素な対応マニュアルしか貰えない。
   たとえば、「何かお客が言ってきたら電話を保留にすること」などである。


[ 結論 ]
OPさんには何の罪もない。むしろ被害者。
しかしながら窓口はOPさんしかいないので、OPさんは客の不満を一身に浴びることになる。
こちらとしても、OPさんを通さず直接上に苦情を言いたいところだが、それは叶わず、
OPさんに訴えるしか道は無い。

今後われわれ消費者としては、OPさんにお咎めがいかないよう配慮しながら
自分の意を通すテクニックを磨くことが必要だろう。
まったく、学校では教わらなかった生きた勉強がここにはある。
やはりディノスは素晴らしい。



次に商品についてです。

個体差については以前からずっと囁かれていましたが、
今回、僅かではありますが、そのベールに包まれた謎が解明されました(祝)

 サンプル商品はデザイン画とお粗末な情報を添えられ、アジアの各国に送られる。

 その際同じカタログでも、この商品はアチラ、この商品はコチラ、といった具合に、
   ちりちりばらばらに送られる。(しばしの別れじゃ~→ あった時にはアンタ誰?)

 本社は賃金をできる限り安く抑えたいがために、
   工場にはとにかくいい顔をしているようだ。
   細かい設定はもとより、生地やサイズにおいても工場に一任。
   「自由な感性でイイヨイイヨ」とジャパニーズスマイルでおあいそする。

 とにかく在庫は抱えたくない本社としては、
   発注は最小限度に抑えたい。
   したがって予想外の売れ行きを見せた商品は、追加生産をすることになる。
   その際、客の気が変わってダダ残りになるかもという微々たるリスクを避けるために、
   さらなる経費の削減を試みる。
   
   しかしながら、賃金はもうこれ以上落とすと国際問題になりかねないので、そこでの削減は無理。
   したがってその矛先は、おのずと商品の材料に向けられる。それが生地だ。

   哀れ白矢が刺さった生地、色柄ともとりあえず似てはいるが、その品質は落とされ、
   不本意ながら似て非なる商品の誕生の組成となるのだ。

   嗚呼、デザイン画が泣いている・・・

[ 結論 ]
「セールまで待つ」というのは、「似て非なるものでも甘んじて受けます」という決意表明になる。
それでもいいなら構わないが、一目ぼれ商品は早々に定価購入するのがベター。
それが無理でも、とにかく入荷日確認中の表示が出る前に注文しておこう。



                                     



↓ ここセールが不定期なんですよねー 
ふと見たらタイムセールで70%引きだったり、
また値引き率も「え?昨日と違う?」みたいなことがあったり、
一度イラッときて電話したところ、
セール日も対象商品も値引き率も、日々の会議でいきなり決まるのだとか・・
やっぱり母体はアメリカなんだなぁって実感^^;

DoCLASSE(ドゥクラッセ)



                                     


さてさて、みなさん、いかがでしたでしょうか。

怒劇の幕引きのあとは、やっぱり私たちらしく笑い飛ばさなければなりません。
いろんなことがあるけれど、やっぱり通販はやめられない。
地雷の埋まった恐怖の道も、みんなと一緒なら歩いてゆける。
ちょっぴり博打もまた楽しい!

ですよね?みなさん^^


最後になりましたが、
情報を下さったみなさん、心から感謝を申し上げます。
本当にありがとうございます!

みなさんにあらためてお願いがあります。
通販は口コが命綱。
お品についてだけではなく、今回のようにOP業務や生産の謎など
推測の域でもいっこうに構わないので
お話して下されば嬉しいです。

ヤバい話なら、こっそりでけっこうです。
上手くカモフラージュして皆さんにお伝えしますので
どうかこのお豆を信じて下さい。


そして本社様。
私たちに、いつもこうしてスリルとサスペンスの楽しいひと時を与えて下さり
本当にありがとうござます。
私たちは御社に感謝してなりません。
御社のおかげで、私たちはまた一つ賢くなりました
これからも持ちつ持たれつ、末長く共存して参りましょう!


↓ 近頃 ちょっと少な過ぎる気がいたしますが・・
 ディノス オンラインショップ

怒劇の幕開け

返品不可商品の到着。

それが血管ブチ切れ寸前の怒劇の幕開けになろうとは
おまめさんは知る由もなかった。

チャン   チャン チャン チャン チャン チャン (イヨー!カポーン・・)




(こころなし大きいのは気持ちの表れだろうか・・)→  DoCLASSE(ドゥクラッセ)




袋から出した瞬間、 



「 うっ・・・」



一目で実寸差があると確信できるほどの短さ・・( ̄_ ̄ i)タラー


これです。


【 ジャージー&布帛 トリックワンピース 900-3397-11 】

不良品


1枚着るだけでおしゃれが完成するマストアイテム♪  らしいですわ。(♪まで付いてるでーー;)



なんでも商品詳細では、上半身はライトグレーなのだそうで・・(どう見てもねずみ色なんだが)

ま、とにかく着てみんと埒があかんわいと思い、
イヤイヤ着てみたところ・・


なんじゃこりゃ?(; ̄□ ̄ )


95cmもあるわけがないのは、着る前からわかっていたけど、
どの部分がどの工程で縮んだのかは、
試着してからようやくわかりました。


上半身のジャージ部分に、スカートを縫いつける作業。
ここでしくじってる。

上半身がめちゃめちゃ短い。
よって、おへそより遥か上でリボンを絞ることになる。

スカートは、「こりゃジャージと合わせるのは無茶だろう」と
つっこみたくなるような
分厚く硬~~~い、ガッシリ生地です。

よってアジアの工場の若いおねぇちゃん達、
縫い合わせるのに四苦八苦したと見える。


おそるおそるリボンをキュッと締めてみると・・


うわ~・・
まるでダニエルのコクーンワンピの不格好版のよう・・( ̄▽ ̄;)


・・いや、よく言い過ぎ。

これぞ 今くるよって感じ。

目をカッとむき出して、どやさー!とか言いながらお腹をバシバシ叩くと
なりきり感、満載!
ははは^^ なかなか面白い♪


・・と、遊んでる場合ではない。


着丈を測ってみなくては。


88cm


やっぱりね。

スカートの生地が、もう少し上半身と馴染みのある素材だったら
88cmでも悪くなかったかもしれない。

でも、上半身の貧相な私が、体に沿うゆるいトップスに
張り感たっぷりの、がっしりバルーンスカートなんか穿いちゃったら
どう見てもウケ狙いの漫才コスプレそのものだわ。(どやさー!)


「おもしろいから、記念写真一枚撮って返品しよう」


そう独りごちながら、コールセンターのナンバーをプッシュしました。


                                              


「商品について、お伺いしたいのですが」

「はい、どのようなことでしょう。」

「ジャージー&布帛 トリックワンピース という商品についてです。
番号は900-3397-11 です。 詳細について一緒にお確かめいただきたい。」


「は・・はい、お待ちください」

「では、どうぞ」



「この商品は、表示着丈が95㎝となっています。
しかし届いたものがあまりにも短く感じられて測ったところ、
実際は88cmしがありませんでした。
95cmのものと交換していただくか、お引き取りいただくか
どちらかお願いしたいと思います」


「それはおかしいですね。
わたくし、1~2cmの誤差は時々耳にしますが、
それほどの誤差のものは・・ちょっと聞いたことがないですね」



カチン!


「そうですか。客の採寸が信じられないとのことですね。
わかりました。速達でそちらにお送りいたしますので、
納得するまで測ってくださいよ」


「も・・申し訳ございません。
そのようなつもりではなかったのです。
失礼いたしました。」


「いやいや、今、はっきりそう言いましたやん。
表示サイズと違ったものを送っておいて、
そのいい方はおかしいんちゃいます?」


「まことに申し訳ございません、お客様。
わたくし、そのようなお客様のお声を初めて伺ったものですから・・」

「あなたは初めてでも、こっちは何十回とこんな目に遭ってて、
その度にそちらに報告もしてるんですよ。」



「はい。申し訳ございません。
では、お客様、どのようにさせていただきましょう。
こちらの商品は既に完売致しておりますし、
昨年の商品なので、メーカーに問い合わせても
多分在庫はないと思うのですが。」


「でしょうね。では選択肢は一つです。
お引き取りいただきます」



「お客様。まことに申し訳ございませんが、
こちらの商品は返品不可商品となっております。
したがって、ご返品はお受けできないのですが」


「は!?」

「大変申し訳ございませんが、お客様の方でもそれを納得された上で
ご注文されたと思いますが・・」


ブチっ


「ちょっと待って。
何を納得したって?
言うてみてや。
我々消費者は、一体何を納得した上で、返品不可の商品を注文せなあかんって?」


「は・・はい、ですから返品不可ということを・・」

「だから、どんな条件下で返品不可商品を注文しろと言ってるのか、聞いてるんですがな!
私は‘売り切れ御免’以外は、条件を知りませんがね」


「・・・・」

「いかなる場合も返品不可だと謳ってますか?
どこかに記載されてますか?」

「いえ、そのようなことは・・」

「‘画像と実物は、なんら関係はございません。
もし仮に表記と素材やサイズ、色形が違っても返品はご遠慮願います’
なんていうふざけた記載があったら、あなたどうです?
私ならそんな通販、おっそろしくて、利用できませんわ」


「はい・・おっしゃる通りでございます」

「いいですか。
私たちはそちらがあげた画像と商品情報を見て、注文するんです。
完璧に画像の通り、情報通りであるならば、返品はできないと納得した上で注文するんです。
私の方の筋は完璧に通ってますよ」


「はい・・おっしゃる通りでございます・・」

「いいですか。
そちらの提示する情報が正しいのであれば、こちらには購入する義務が発生します。
現に私は最初になんて言いました?
サイズの交換を申し出ましたよね?
届いた商品見て、なんじゃこりゃ!と思ったにもかかわらず
記載サイズ通りのものがあるなら、購入する義務があると思ったんですよ。

しかし、その情報が詐称であるなら、こちらに購入する義務は発生しません。
言ってる意味がわかりますか?」


「はぁ・・」

「平たく言うと、売れ残り商品にでたらめなインチキ情報をくっつけて売るのは
立派な詐欺です。」


「・・・おっしゃる通りでございます。
お客様、たいへんな失礼をいたしました。
しかし、わたくし一人での判断はいたしかねます。少々お待ち下さいませ。」



イライラ・・


「お待たせいたしました、お客様。
では、ご返品ということで承ります。
この度はまことに申し訳ございませんでした。」



この声の感じ
態度・・

この人、ほんとうに知らなかったのか?


「すみません、もう一度お名前を頂戴できますか」

「はい。○○ と申します。」

「○○さん、あなたはこのようなクレーム処理をしたことがないということですが。」

「はい、さようでございます。今回お客様の件が初めてでございます。
本当に申し訳ございませんでした」


「きっとオペレーターさんがたくさんいらっしゃるのでしょうね」

「はい、ざっと100名くらいいます」


嫌味にまともに答えたよ。
誠実な人?

「では、幸か不幸か偶然このような件に当たらなかったのだと思います。
大幅なサイズ表記ミスなんか、呆れるほどたくさんあるんですよ。」


「さようでございましたか・・」

「でも先に申し上げたように、
このようなことがあるたびに、私は必ずコールセンターに報告してるんですよ。
気に入らないから返品する、と言えばサッサと事が進むところを
わざわざ時間を取って報告しているんです。
それは、なぜだと思いますか?」

「・・・」

「今後も御社といいお付き合いをしていきたいからですよ。
そして御社の発展を願っているからですよ。
何もクレームを付けてやろうと思って、言ってるわけじゃないんです。
お分かりになりますか?」


「はい。もちろんでございます、お客様。
ありがとうございます。」



「ありがとうございます」という言葉が出た


「あなたがご存知なかったとは知らず、感情的になってしまい
申し訳ありませんでしたね。
今までサイズ表記違いは何度となく報告していたのに、
そんな話は初めて聞いたとあなたがおっしゃったので
私はびっくりして憤りを抑えられなかったんです。
失礼しました。」

「いいえ、お客様、とんでもございません。
そういったご事情を全く知らずに応対いたしましたこと、
心よりお詫びいたします。」


「ありがとうございます、○○さん。
今後ともよろしくお願いしますね」


「こちらこそです、お客様。
今後とも、何卒よろしくお願い致します。
この度は本当に、ありがとうございました。」



                                           


これが怒劇の一部始終です。

「ありがとうございます」の言葉が出たところで、
このOPさんが本当に何も知らずに
ひたすらマニュアル通りの対応をしていたのだと確信したので、
私はぶちまいた怒りの収拾にかかりました。
「申し訳ございません」の一点張りだったなら、
私は怒りを収めなかったでしょう。(こわ~)

思えばこのOPさんも、いい加減な大会社の被害者です。

最初のカチン!の、あのOPさんの失言も
お客が訴えてきたクレームを関係者に伝達しないという、よくない体質のために
起こったことです。

たった一行、
「サイズに誤差あり。よってその場合の返品は受け付ける」
というお知らせメールを、本部が全OPさん当てに送ればいいだけのことですよ。

そんな簡単なことさえも怠ったばかりに、
このOPさん、おまめさんの激昂をひとりじめするハメになったのですから。


かわいそうなOPさん。

    「ぼくだったら受話器握っておしっこちびってますわ」 ← 子豆

今夜は眠れるかしら。

    「ぼくだったら受話器置いた後、気絶してますわ」 ← 子豆再び


でも、やめちゃだめよ。

同じところに留まってる人は大嫌いだけど
謙虚で向上心のある人は、心から尊敬する。

ありがとうの一言を適時に出せたあなたはエラい。素晴らしい。
きっと将来、ナンバーワンOPになれる。
この会社をしょって立てるくらいの。


             
最後まで踏ん張りぬいたOPさんに敬意を表して、ちょい大きめのを →ディノスオンラインショッピング

新装開店 サロン・ド・おまめ

ブログランキングが100位を切った記念に 
テンプレートを変えてみました ━━━ヾ(*≧∀≦*)ノ━━━!!!

いやぁ、すいすい変えてらっしゃる某すももんちゃまを尊敬いたします。
掲示板まで付いてらっしゃる。
ワタクシも数ヶ月前、頑張って付けたつもりが、付いてないし (_ _|||) 
(管理画面では、ちゃんと付いてることになっているのに・・) ←機械音痴のグチ

こんな難解かつ面倒なこと、
次は50位切った記念日まで、考えるのもヤダ( ̄◇ ̄;)
(これだから上達しない!?) ←機械音痴の客観的分析


さて、新しいサロンの壁紙は
私の、そしてみなさんも大好きな花柄です。

小さい時、こんな木綿のブラウスを着ていませんでした?
色とりどりのお花の芯の部分には、小さな穴が開いてて
まるで木綿のレースのような感じでしたよね(*^。^*)
あ~ もう一回着てみたい・・ 


それからこの壁紙、
どことなくローラのキャンディストライプのイメージもありますね。

好きなもの満載の新しいサロンで、
みなさんといろんなことを、たくさんたくさんお話したいです。

そういえば、「最近 ファッションネタが多い」というご指摘(批判)が
ちょくちょく来ます。
一応、ファッションブログなんですけど(笑)

でも
「ファッション以外のお豆さんの考え、そして常連様の考えを、
もっともっと聞かせて欲しい」というコメントをいただく度に、
嬉しくなります。

「いろんなことを一緒に考えてみたい」と思ってくださる
同年代の方々がたくさんいらっしゃるというのは、
嬉しいを通り越して、頼もしい気持ちになりますね。
みなさん、本当に素敵 
ニッポンのおばちゃんはキレイで可愛くておまけに知的で
間違いなく世界一です(笑)


そうそう。
プロフィールのお豆さん画像は、
このブログを開設した際
「お祝いに」と大豆から送られたものでございます^。^

やっと日の目を見たこのお豆画像、いかがでしょうか。
着せ替えもできるそうですが・・・ う~ん、私にはなぁ・・(←機械音痴)



                                     


遅くなってスミマセン
黒ワンピのフリル部分の((ヘタな)画像でございます 
             
               フリル部分

ディノス オンラインショップ  ← このレインコート、可愛い♪

授業参観 Ⅱ

「ちょっとちょっと  これ見て


「なんすか?それ」


「授業参観コスチュームのラインナップや。
どーや!どれも可愛いやろう♪」



「・・えっと。
そろそろアイビーに水やらんとあかんかな」



「こらこら、話そらすな。 どれが好みや。 おまえに選ばせてしんぜよう」


「栄養剤入れてやったの、いつやったかな」


「おまえの脳に栄養剤入れなアカンのちゃうか。 どれがいいって聞いてんねん


「どれもなぁ・・」



「なんでや!こんなにみんな可愛いのに」


「その感覚がわからん」


「なんやって?」


「いえ、なんでもありません^^;」


「はっきりせんやっちゃな。これなんかどうや。
セーラーカラーっぽくて可愛いやろ。
名前はな、セーラーキャンディって言うねん。どうや。ラブリーなネーミングやろう♪」



セーラーキャンディ 生地



「そんなん着たおばちゃんが、アメリカのコミケなんかにいそうですね」


「誰がおばちゃんセーラームーンじゃ


「これら以外に選択肢はないんですか」


「ない」


「う~ん・・強いて言えば・・」


「おいおい、強いるな」


「じゃあ、勇気ふりしぼって言えば・・」


「勇気もいらん おのれの心に従え!」


「世の中、おかしい」


「なにがや はよ選べ 小僧」


「これかな」

ローラストライプ 生地



「キャンディストライプか。 ふむふむ。して、その理由は」


「どこか昭和の香りがします」


「昭和の香り?どこからそんなもんがしてくるんや」


「なんとなく和柄っぽい。 着物っぽいのかな」


「なるほど。小紋の着物か。
大正ロマンって感じやな。
はいからさんが通るの紅緒が着てそうや^^」



「昭和やゆうてますやん。 美化し過ぎ。 大正に さらにロマンまでつけますか」

「美化とちゃう。真実や。 
ママからはロマンの香りがプンプンするやろ」


「表現に品がない。プンプンってなんですか。発酵臭ですか」


「やかまし。で、おまえはこれが気に入ったと」


「気に入ったんちゃいます。 これならまだ我慢できるってことですがな」


「こっちのレモンイエローは嫌いか?」

ローラ レモンチェロ 生地



「縁起悪そう」


「どーゆー意味や」


「黄色とグレーなんて 満中陰志と書かれてそうですやん」


「う~む わが子ながらその想像力には感服いたす」

「いえいえ。
ただでさえ縁起悪そうな柄を、枯れてきた女性が着るのはいけません。
思わず親指隠したくなる」



「失礼なやっちゃな。 枯れてもドライフラワーなんか売り物になるんやで」


「なるほど。売り物になるか否かは、枯れ方が問題なんですね。」


「そうそう。ママの枯れ方なんか見てみ。気合入ってるぞ」


「ほう。気合入れて枯れてるってことですね」


「ちゃうできるだけ美しく枯れようと気合入れてるんじゃ。
ところで、こっちの柄はどうや。美しいやろ。白と紺なら、縁起はいいで」


白と紺



「どれも縁起悪く見える」


「なんて!?


「いえ、べつに」


「去年の夏に半額でゲットしたんや。
ダニエル・エシュテルっていうフランスのデザイナーのやで。
フレンチの香りがプンプンするやろ♪」


「あなたが言うと、全部発酵臭がしてきますね
とにかく花柄はいけません」



「なんでやねん」


「老いを加速させます」


「そ~かな~
じゃぁ、これは?これも候補に挙がってたんや。これもあかんか?」

カーサリバティ生地



「うわ~ これは最悪。 
あいあむ おばはん って言いながら歩いてるようなもんですよ。
お線香の匂いがしそう。」



「おばはん通り越しておばあちゃんかい。
でもこれ、めっちゃ人気商品やねんで。
イギリスのリバティプリントや」



「おばティ?」


「死にたいか?


「世の女性は誤解してるんですよ。人の目と自分の目は違うんです。」


「厳しい言葉やな~ 
腹立つからゼッタイこれ買ったるねん。
じゃ、こっちのギンガムチェックは?」



ギンガムワンピ 生地


「花柄よりかはずっとマシですけど、やめてくださいね」


「なんでや」


「若作りにもホドがある」


「白と黒やったら、シックでええんちゃうん?」


「病気という意味のシックですか」


「よっぽど死にたいみたいやな


「だから自分を客観視することが大切なんですって」


「ようするに柄がいっぱいってのはアカンのか」


「というわけでもないかな」


「ややこしいやっちゃな、おまえは
これ全部持って行って、トイレでお色直しするぞ!」


「うわ~ 恐怖の参観日や。語り継がれますよ」


「人をジェイソンみたいに言うな


「ジェイソンの方がまだ可愛いって」


「結局おまえは何を着ていってほしいんや


「一番母さんらしいもの」


「して、それは?」


「トレーニングウェアかな」


「やっぱり体育会系かい


「というのは冗談で」


「なんやねん!はよゆえ!」


「黒の上下ですかね」


「黒ゴキブリみたいに言うな
それこそ縁起悪いやろう」



「郷に入れば郷に従え、老いては老いに従え」


「おーい いみわからんぞー」


「要するに、いつものスーツ姿が一番あなたらしい」


「それを自慢したいと?」


「立派な仕事しているあなたを、僕は自慢に思っているんです」






へっ?



今 なんと言ったか 息子よ

寂しい思いをさせてきたにもかかわらず
こんな母の仕事を理解してくれていたというのか
理解してくれるだけでなく、自慢にさえ思ってくれるというのか





おにぎりだけのお弁当が
恥ずかしかった時もあっただろう

運動会の日、
来ることのない母を待って
校庭でずっと地面お絵かきをしていたと先生から聞いた




そんなおまえが
いつの間にか母の仕事を理解できる年齢になった




そして

「母さんのように、人から求められる社会人になたい。
それが、こんな小さな奴の大きな夢なんですわ」


とおまえは言ってくれる




親として、これほど名誉なことがあるか?



「母さんのような女性と結婚するのが僕の夢」
と言って欲しかったのが実際本音だけど
そこを追求すると虚しくなりそうなので、やめておこう



しかし、絶対にぶれることなく信念を持って進んでいけば
必ず理解してもらえるのだと
母は今 知った



息子よ!
今日ほどお前を愛しく思ったことはない
母はなんて幸せなのだろう


そんなこととは露知らず
コスプレに走ろうとした母を許してくれ




母は今 目が覚めた


参観日には・・
参観日には・・




やっぱりおもいっきりコスプレしていくぞー!!
(それが一番 母らしいわい^^v)




「母さん!単にコスプレしたいだけですやん!」



「そうや!したいんや 悪いか!信念持ってコスプレするんじゃ
文句あるならいつでもかかってこい まだまだ負けへんど!」



Vera Bradley ヴェラ・ブラッドリー【日本上陸!キルトバッグ】

ドクターシーラボ

DoCLASSE(ドゥクラッセ)





ローラアシュレイのランバダ買い

キャンディストライプにご興味のある方
もしくはおまめさんにご興味のある方(笑)
よろしければご覧くださいまし^^
        by おまめ



キャンディストライプの7号マネキン着です^^
腕とデコルテがどのくらい開くかがわかるように
敢えてインはスポーツブラのみです。
のっぺりしてますね~

身幅はまだゆとりあり。
ですが見栄張ってリキッドパットブラにするとジャストになりまする^^;

ローラ腕出し2修整

そうそう!
ウエストですが、おまめさんでへそ上5㎝でしょうかね。
ご覧の通り、胃の上になっております。
なので、平均身長の方だとジャストウエスト?


着丈はおまめさんで膝スレスレ?
でも最初9号を試着した時は、長っ!と感じました。

ローラの足横修整


涼しくなったら+カーデで♪

ローラ+フラミンゴ2shuusei


                       


昨日夕方6時前、
大阪駅前の丸ビルのそばを通ったので、
ふと気が向いて
その隣にあるローラアシュレイショップに入ってみました。

ここは一階が洋服と雑貨、
地下が家具売り場となっています。

結婚祝いに友人から貰った雑貨たち(今でも現役)と
同じデザインのものがあるのに、びっくりしました。

↓これこれ!この柄
プライオリーサファイア

あれから20数年は経っているというのに!

よくよく見ると、他にも当時カタログを賑わせていた柄がいくつかありました。

なつかしい。
頭の中から「ランバダ」が聞こえてきました。

時はバブル全盛期。
毎日、王様のような食事をし、
ありえない値段の服を身にまとっていた時代です。

忙しさも半端なかった。
当時勤めていた学校は、同業種の副業は認めてくれていたので
夜は予備校講師の仮面をかぶり、
寝る間もないくらいの忙しさでした。

今は頭をひねって知恵を絞らなければ仕事なんかない時代だけど、
あの頃は、「身ひとつ」で勝負できた幸せな時代でした。

まぁ、あんな時代があるから、こんな時代もあるんだろう。
次にやってくる新しい時代に備えて
こんな時代を頑張って生き抜くのは、きっと意味のあることに違いない。

それにしても懐かしいランバダ。(そっちか!)
いや、柄も。(も?)

素敵な柄というものは、時代を経てもずっと支持されるのでしょうね。



さて、今回ローラに立ち寄ったのは

そうです。
「授業参観用コスプレ」の下見が目的です^。^

ローラのサイズ、難しくありませんか?
ネットの記載がへん。(どこかとおんなじ)

昨年、着丈76cmというワンピがあり、
「これ、チュニックじゃん」と思ってスルーしていたところ、
実店舗のセールで偶然見かけて、試着してみたところ
なんと膝丈。
肩の部分が紐になっているので、
どうやらその部分を着丈に入れてなかったようです。

というので、今回はきちんと試着してから購入しようと思ったのです。

いや~、試着してよかったですよ。
思っていた感じとは、それぞれが違いました。


まずこちら。
キャンディストライプワンピです。

ローラストライプ

最初9号を試着したところ、なんだかもっさり。
上半身が身頃の中で泳いでいる。

「とても綺麗に着てくださってます」

と、いつものあの決め台詞を言う店員さんに、

「ホントにそう思ってる??」と聞くと、

「はい^^」と元気にお答えになった。


なんでやねん。


もうワンサイズ下の7号を持ってきて貰い、
試着して店員さんに見せたところ、

「あー!絶対こっちのほうがいいです

だって。
おいおい^^; 

シルエットは、みぞおちのあたりまできキュっと絞った感じで
その下がふんわり。
自分で酔いそうになるほどスタイルアップしてみえます。
まるで・・まるでバレリーナのよう・・(うっとり)


「何か羽織ものを持ってきて。でも、マネキンコーデのピンクはイヤよ」

と言うと、
店員さんはなんと真っ青のカーデを持ってきました。

「・・これ、合うと思う?」

「なんか、責めに行きます!って感じになっちゃいますね♪」


もう、爆笑。

おっとりした感じの可愛い女の子。
これから頑張ってセンスを磨くのだぞ。

でも確かに、何も羽織らない方がこの手のワンピは綺麗。
腕を出して犯罪にならないかが問題だけど^^;





次に試着したのがこちら。

セーラーキャンディ

同年代のみなさん、セーラーキャンディって覚えています?
ほれ、リーズナブル価格のカラフル万年筆があったでしょ。

↓これこれ♪
万年筆

これなんですよ^^ なつかしーでしょ♪
このワンピを見ると、どーしてもこのセーラーキャンディを思い出してしまう。


こちら、ネット画像のまんまのお色。
襟がちょっぴり幼稚園チックで可愛い♪



で、今回は最初から店員さんはサイズ1(7号)を持ってきました。

着てみると、色柄は画像とおんなじですが
シルエットが全然違った。
びっくりするほどキレイで大人っぽい。
これはみぞおちの少し上まできゅっと絞った感じで、
その下にたっぷりとヒダを取ってあるスカートが、シャーっと広がります。
後ろ姿が特にキレイ。
まったく予想外でした。

でも・・バストのボタンが少し浮く感じ。
小さい?

で、今度はもう一つ上のサイズを持ってきてもらい
試着してみました。
サイズを上げると、せっかくの美ラインが損なわれるのではないかと心配しましたが
大丈夫でした。


次にこちら。
レモンイエローにグレーのレトロローズがとってもシック。

ローラ レモンチェロ

少し地味かなとも思ったけど
太陽光の下ではきっと映えるはず。
光沢があって、とっても綺麗です。
こちらは7号でOKでした。


ワンピに合わせていろいろとカーデを試着しましたが、
気に入ったものはゼロ(哀)
みんなワンピとは相性バッチリなのですが、
その分、他のものとは合いそうもなかったのです。
サイズはXSでちょうどでした。

ここのはおっきいなぁ。


それからこれ。
チェリーちゃんですよ^^
ブルーのお色がもっと落ち着いていて、
大人が着ても大丈夫な可愛さです。
生地もどこぞのカットソーと違ってしっかりしてる。
胸が開きすぎてるので、
チェリー色のキャミと重ね着すると、きっと可愛い。

ローラチェリー



今回、下見のつもりが全部お買い上げしてしまった^^;
頭の中でランバダがずーっとかかっていたので
つい当時の気分でお買い物をしてしまっかのかも(反省)

これでローラはセールの楽しみがなくなったな(哀)

ま、その分、ダニエルの本セールに情熱を注ごう(反省の色ナシ)


授業参観の衣装(?)は
選択権を息子に譲るとして、
さー、
あやつがどれを選ぶか、楽しみ~♪

(全部 却下されたりして^^;)


Vera Bradley ヴェラ・ブラッドリー【日本上陸!キルトバッグ】


ドクターシーラボ

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

授業参観

昨日のこと。
朝食ディナーを食べながら、息子がこんなことを言いました。



「今度、授業参観があるんですわ。
なんとか都合つけて来てもらえません?」



高3にもなって授業参観に来て欲しいのか、こいつは。



「行ってもいいけど、そんなん 誰もけぇへんのとちゃうん」


「多分ね」


「そやったら、目立って恥ずかしいやん。あんたもちゃう?」



「いえ。自慢できますわ」





へっ?


今 なんと言ったか 息子よ。

自慢とな? 




「そういえば高1の時、母さんと腕相撲して
瞬殺されましたよね」





ちょっと待て。
おまえは母の何が自慢なのだ。




「そやったっけ? 今やったら、かなわんやろうけどな」


「はっは。ご謙遜を」




どーゆー意味だ




「元格闘家にはかないませんわ」


「誰が格闘家や、誰が」


「学生時代、格闘技されていたでしょ?」


「してへん! やってたのはバレーボールで、あれは球技」


「ばれいぼうる? こんな字<罵冷暴留>ですか?」


「わざわざ漢字にすな!なんや、その字は」


「ののしり  つめたく  あばれて とどまるという意味ですがな」


「おまえはな~


「腐っても鯛、 老いても格闘家ですわ」


「わかった。参観にはコスプレして行ったる。覚悟しとけ」


「ど・・どんなコスプレです?」


「ルーズソックスはいて女子高生ルックはどうや!ウケるぞ~」


「そんな人、難波あたりの変なお店にいてそうですね」


「いやか? ほんじゃ、カトちゃんカツラにしよか?おまえ 人気者なるで^^」


「あなたの場合、ホントにやりそうで怖い^^;
お願いですから普通のカッコできてくださいよ。」



「おまえでいうところの普通ってどんなんや」


「いつもの、ちょっと若作りのカッコですがな」


「若作りが余計や!


「僕はこんなんでも母親はこんなんだと自慢できますから」




ん??

息子よ・・やはり!?




「そやなぁ、こんなかわいいいおばちゃん、そういてへんで♪


「怖いい?」


「ちゃう!かわいい!」


「だから こわいい?」


「いらん耳やったら切ってまえ


「怖いくらいが格闘家にはちょうどいいんですよ」




むむ・・
やはりこいつが自慢したいのは 
母のたくましさか、はたまた強さか筋肉か・・


とまぁ、このような会話が繰り広げられ
依然、息子の真意がどこにあるかは霧の中・・


しかし、授業参観など、考えたらこれが最後。
ちょっと気合入れてコスプレ・・じゃない、お洒落して行ってやろうかな。

とりあえず、何が自慢なのかわからないから(哀)
ちょっくら若作りで、筋肉美を披露できるような(^^;)服を探そうか。


なーんて考えながらローラアシュレイを物色していると、
見つけました!

【キャンディストライプアイラブルーシーサンドレス】
ローラストライプ

名前がいいですよねぇ!かたつむりちゃん♪

これだと鍛え抜かれた上腕二頭筋をた~っぷり披露できるし^^;
ちょっと若作りも叶えられそう♪ (ちょっとで済むか?)

でもこれ、個人的に双子ママんちゃんに着せたい。
これ着たママンちゃんが、双子ちゃんのちっちゃいお手てを
引っ張ってる姿を想像しただけで、幸せ~~~♪




それからこちら
【ストロベリープリントウエストプリーツドレス】
ローラ いちご

これ、花の色がよけいでしょ?
いちごの可愛さが台無し!
いちごの花は白と決まってるんだから(怒)
赤、白、緑だけなら、最高だったのにな~ ーー;
ローラったら、よけいなことするんだものな~ ーー;


なので、もっといちごを強調するために、
こちらのカーデを合わせるというのはどうかしら♪
(↑ ポチる理由を作ってる ̄▽ ̄;)


あと、こちら。
ダニエルの【コットンシルクギンガムワンピ】
コットンシルクギンガムワンピ

最近、これに黒のトレンカを合わせるのが好き。
そうすると、少し甘さが軽減される気がするのです。
っていうか、このままだと可愛すぎてちょっと落ち着かなくって・・^^;
いや~、一年ごとに確実に年取ってますな~ ̄▽ ̄;




DAMA CASA

Vera Bradley ヴェラ・ブラッドリー【日本上陸!キルトバッグ】


半額になって帰ってきた昨年モノのCASAを見ると、
なかなかポチる気にならない今年のCASA・・・。


しかーし

毎週お愛想程度に開催される「出し惜しみセール」が
あまりにもショボすぎて、
ついつい気持ちが華やぐ方へとフラフラ・・

でもなぁ (葛藤中)

来月にはきっと本セールが始まるだろうし。



そーいや、CASAのメルマガ、
昨年はやったら遅かった記憶が・・!

人気商品は売り切れも早かったしなぁ。

反面、売れると踏んでたくさん再入荷かけたものが
ダダ残りだったぞ

う~ん、悩む

CASAモノは着ていくところがあまりないというのも
悩める理由の一つ。


もし私が専業主婦だったら
食費削って買いまくるところだけど。
(食事なんて毎日冷奴とちくわの磯辺揚げでいい^^)


ストレス溜まってるから、すぐにでもポチりたいところだけど
用途をわざわざ探さないといけないというストレスがさらに加わり
もうストレス満開のおまめちゃんでござるよ(泣)


【ウォッシャブルリネン ボーダーニット&プリントジャージープルオーバー】

まず色がいい。 リネンでピンク、きっと発色は素晴らしいと思う。
しかも片面プリントの多いディノスなのに
両面プリント!
前がこんな間隔の広いボーダーなのに対して


後ろは大きなお花ときた。
しかもリボン付き!(うぁお♪)
裏

はたしてセールまで残ってるだろうか。





【接結ガーゼ チェック柄チュニック】

これは某Pちゃんにプレゼントしたい♪(きっと似合うよー!)




【カットワーク刺繍プルオーバー】

これは見てるだけでいい。(着こなす自信fがない^^;)
平面仕立てなので、スリムかつメリハリボディでなければ
割烹着になると思う。






【イタリア素材リネン デニム風ロングスカート】

デニムロングがたくさん出ている中、
これはボリュームを抑えた仕上がりになっていて
ウエスト周りがすっきりしそう。
リカコのをいくつか試したけど
どれもウエストがもたつき、トップスにまでシルエットが悪影響するので
結局出番がなくなるという。 これぞ無駄なお買い物だわーー;





【リネンジャージー&布帛切替ジレ】

すごーく可愛い。
でも後ろがストライプじゃなく、ドットかお花
もしくはレースだったらもっとよかった。





【フランス「トゥルニエ」社素材 マリンボーダーデザインチュニック】

まず「フランス」という言葉にグラっ(笑)
リボンにキュン♪
斜めボーダーにドキっ!
キレイめパンツとヒールサンダル、アクセを合わせると
お仕事用にランクアップできるかも・・(ポチる理由を無理やり探す~ ̄▽ ̄;)



【ドットプリントジャージーワンピース】

夏になると濃い茶色が着たくなる私。
しかもドットの色が水色とライトベージュだなんて!
でも用途がなぁ 
アクセよりも麦わら帽子が似合うってことは、やっぱりおうち着?






【モダールコットン インターシャプルオーバー】

これは絶対買う♪(あいあむユニオンジャック・ハンター^^)
でも、モデルさんみたいにスポーティーに着るのはキライ。
いかにも・・って感じじゃん。
ヒラリン系のスカートと合わせて可愛く着るか、
ボックスプリーツスカートと合わせてスクールガール風に着たい(年考えて~


かたつむりちゃんの豆知識

イングランドの 白地に赤の十字。
スコットランドの 青地に白で斜めの十字。
アイルランドの 白地に赤で斜めの十字。

が合わさった国旗が日本で言う、イギリスの国旗





【ペイズリー&リーフプリント リネンシルクプルオーバー】

ペイズリー好きにはたまらないお品♪
でもこのベージュ系で統一した着こなしを、私たち世代に提案するかぁ!?
黒で締めるかネイビーで可愛さを足さないと、
ただの砂かけババァになるよ。






【ミックスカラーリネン ニットプルオーバー】

ネット画像ではスルーだったけど
カタログ届いてズッキュン!
編み目がくっきりしてて可愛い♪
無造作な端始末もいい感じ^^
重そうなところだけが気になるところ。




【ドット切替ワンピース】

可愛い。
でもかなり着やせして見えそうなところが
私には凶。(干物になる)
それから昨年のはスカート部分がギャザーだったからよかったけど、
今年のはアイロンがけがきっと大変だろうな。




【リバティプリント「アンジェリカ・ガーラ」 Tシャツ(スカーフ付き)】

このハッキリした色合いが好き。
でもコーデ間違えるとオバサン一直線だな。
パンツと合わせるなら、着丈と腰回りを入念にチェックしなければ。





【タッセル付き コットンシルクストール】

ふんわりしてていい感じ。
しかもコットンシルクだって♪
癒されそう・・






【リネンコットン 透かし柄カーディガン】

ピンク系の色白には、絶対似合わない色!
(補色がオレンジよ><)
でも挑戦してみたいという女心・・




【リバティプリント「マイ・リトル・ポージー」 コットンシルクワンピース】

色柄とも大好き!
でもこんなリゾート感満載のワンピって、
いつ着る?
いいとこママ友とのランチが限度ーー;
そう思うとなかなか手が出ない。
同じような路線のローラがもうすぐ半額になると思うと
余計に手が出せない^^;





【リヨセルシルクスムース デザインワンピース】

これもネット画面ではスルーだったけど
カタログ見てビビっときました。
なんて美しいシルエット!
計算され尽くしている。
必要ないから買わないと思うけど、
もし私がセレブマダムなら、おうち着にしたいところ。



                                   

こちらのみなさん、まだCASAをポチったという話が出てきませんが、
もしかして、みんな同じ理由で踏みとどまっているのかもですね^^;



ドクターシーラボ

DoCLASSE(ドゥクラッセ)

ジレの縫い付け方

おまめの大雑把ソーイング講座

               ↑この言葉、大好き♪

ジレの縫い付け方をもっと詳しく!という声が上がったので
とりあえず画像と説明を追加しましたが、
全くのワタシ流なので
参考にならないかもしれません^^;
その際は、どうかご容赦くださいまし。


【 ジレの縫い付け方 】

右の一番上のネイビーから
左の一番上のネイビーまで、
5cmくらいの襟を作る感じで
布地を指で折り込んでみてください。

裾を見ると綺麗なドレープができているのがわかります。
確認ができたら、ここでまち針を打ちます。

付属の糸で、見えないように
最初の右のネイビーから最初の左のネイビーまでを
チクチク縫い付ける。

これでOKです^^




右肩の最初のネイビーちゃん(縫い付けた状態)
ジレ右




で・・めくるとこうなってる
ジレ 縫い付け部分




右寄りから見たドレープ全体像は、こんな感じ
ジレドレープ



ね?
綺麗にドレープができてるでしょ♪

左右の肩にギャザーを寄せる感じで
ドレープを作ろうかとも思ったのですが、
厚みのあるニットのギャザーが
肩にかかる髪の毛の動きを邪魔するかもしれないと思って、
やめました。
顔周りの軽やかな動きや艶って、
私の年齢にはとーっても大事なんです!(笑)

それにしても、
こーゆーちょこちょこした手芸は、嬉々としてやるくせに
裾上げやゴム替えは、面倒でやる気がしないというこの矛盾はいかに。





ジレ、売り切れちゃいましたね。
購入された方の着こなしが俄然気になってきました^^
そのまま着る派、縫い付ける派、きっと両方いらっしゃるはず。(不思議な服だ)
みなさんの「私はこう着る」をお便りいただけたら嬉しいな



ディノス オンラインショップ

ドクターシーラボ

DoCLASSE(ドゥクラッセ)
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
05 07
ピンクのおまめの掲示板

◇おまめ茶屋◇
商品質問・着画投稿 なんでもOK。 思う存分ダべリングしましょう♪

最新記事
プロフィール

ピンクのおまめ

Author:ピンクのおまめ
ファッションって、けっして洋服という狭い意味の言葉ではなく、考えやこだわりによって生まれる「生き方」までを広く表す、とっても素敵な言葉だと思うの。せっかく女に生まれたんだもの。できるだけファッショナブルに生きたいよね。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア