ピンクのおまめのひとりごと

ディノス オンラインショップ



毎年10月は飛ぶように過ぎて行くのだけれど、
今年はことさら早く感じる。
心身ともに、いろんな感覚がめまぐるしく過ぎて行ったからだろうか。
痛い・苦しいが、やや多かった気もするが、
嬉しいもたくさんあった。


黙秘を続ける私に、ひたすら忍の一字で「信じる」という態度を貫いてくれた人
保身など一切考えず、矢面に立ってサロンを守ってくれた人
毎日毎日励ましのメールを送り続けてくれた人

その人たちの存在は、おまめサロンが築いてきたものの大きさを
象徴しているように私は感じた。



DoCLASSE(ドゥクラッセ)


今年の初めにおまめブログは生まれた。
サロンはいつも賑わい、活気に溢れていた。
もちろん、今もそうだ。

思いの丈を語り、怒り、ボヤき、知恵を出し合い、励まし合う

いつだったか外部の人たちが立ち寄って褒めてくれた時、
私たちは喜び、自分たちの作り上げたこのコミュニティに胸を張った。



そんなDNSコミュニティ、
月日の流れと共に、少しずつ様子が変わって来た。

これも一つの方向性。
流れに逆らう気など毛頭ない。



PLST 公式通販サイト




終戦記念日に間に合うように母の戦争体験記をアップし、
みんなと一緒に黙祷をすませた直後の8月16日、
一通の非公開コメントが、おまめサロンに届いた。

そこには、
「戦争体験記」と「夢から醒めた夢」の二つの記事についての手痛い批判が書かれてあった。

要約するとこうだ。


「あなたの考えは大嫌い、正論思想も大嫌い、
 学生時代にもしあなたみたいな先生がいたら、さぞかし鬱陶しかったことだろう。
 それからあなた、左寄りの人だったのね。私は右寄りなので・・云々・・。」

とまぁ、このような感じのことが書かれてあった。

ちょっとふざけたようなもの言い、そしてどこか最近の高校生風、その上辛辣な口調で
命の尊さ、平和の大切さ、夢を描ける素晴らしさを訴えた私の記事
及びサロンの熱い空気の批判のみに留まらず、
私の人格否定まで朗々と綴られていた。


しかも、「失礼なことを言ってます。申し訳ありません」と、
途中で断り書きまでしている。


硬直すること数分。


落ち着きを取り戻した私は、こう考えた。


・・ふむ、道理。
みんな異なる環境で育ち、異なる価値観や常識を持って大人になったんだ。
中にはこんなふうに感じる人だっているだろう。

また、戦争という文字を書いただけで
世間では赤旗を振りまわしていると決めつけられると聞いていたが、
それは本当だったんだ。



そう考え、私は納得し、何事もなかったかのように過ごした。
しかしそのコメントの発信者がコアな常連さんで、しかも同じDNSブロガーだったことは、
いくら私とて、やはりショックだった。



Vera Bradley ヴェラ・ブラッドリー【日本上陸!キルトバッグ】


その後、いつも通りに穏やかな時が過ぎて行った。
しかし、私は思い付く限りの気遣いをした。


語るのも吠えるのもやめた。
代わりに絶対にやるつもりなどなかった「記事に自分の着画を上げる」
ということなんぞも遂行した。
再び攻撃されないための苦肉の策だった。

あちらは楽しくていい人で通っている。
みんなを失望させないためには、
二度と誰かを攻撃させてはならないのだ。
あちらは私に負けず劣らず機械音痴、
うっかり「非公開にする」のところにチェックを入れずに
爆弾コメントなんぞを送信したら
えらいことだ。
平和なコミュニティに激震が走る。



そこで、どうしても語りたい時は、文字の合間に写真を挿入し、
写真閲覧だけでも参加できるような気配りをした。
戦争体験記は無期限休止した。


しかし。
自分のブログなのに、なんでこんなに気を使わなくちゃいけないんだろう・・


理由はコミュニティの平和のために他ならないが、
あんなふうに失礼なことを言っている自覚があるにもかかわらず、
敢えてそれを相手に送りつけるって、どうよ?
こちらの気を悪くしたっていっこうに構わないってことじゃない?
いや、むしろ気を悪くさせたかった・・?

それにしても「非公開コメントにする」に注意深くチェックを入れてまで、
面倒な画像承認番号をチマチマ打ち込んでまで、
わざわざ人の気を悪くさせに出向くって、何ごと?

しかもその後、今まで通りの変わらぬ対応を求めてくるって、どういう神経?
私はサンドバッグか?

もし仮に、自分はこういう理由でこんな思想を持って、こんな意見を持ってます、
っていうのならまだ話は分かる。
しかし、自分の思想も意見も一切話さず、ひたすら批判に罵倒オンリーってことは、
ただ単に感情をぶつけに来ただけだ。
これは批判ではない。
攻撃だ。

何のためにそんなことをする?
(※後でご本人から「自己満足したかっただけ」と回答をいただいた)



そんな疑問と理不尽な思いが沸々と湧いたのは事実だが、
そんなものはぐしゃぐしゃに丸めて投げ捨てるしかなかった。
そう。私は平和主義。
みんなを愛してる。人を愛してる。命を愛してる。
その人からはこっぴどく馬鹿にされたけど。



Otto  オットー・オンラインショップ


さらに時は過ぎて行った。

そして、私はまた新しい事実を知ることになる。

私に批判コメントを送りつけて来た人は、
時を少し前後して、他の人にまで私の批判をしに出向いて行ったらしいのだ。
これもわざわざ非公開コメントを使ってだ。

発覚したのは、その彼女が後ろめたさを抱えきれなくなったことがきっかけだった。
彼女は批判仲間にされたくない一心で、相手に自分の辛い話を次々に暴露し、
気を逸らす作戦に出たそうだ。
それが効を奏したのかどうかは定かではないが、
彼女いわく「恐ろしいメールのやりとり」は双方7~8通くらいで
ピリオドを打ったということだ。


しかしながら、彼女はこの光りに満ち満ちたコミュニティに
突然現れた暗雲に不安を覚え、以来ずっと一人で苦しんでいたのだ。


なぜ私はあの時、スル―してしまったのだろう。
沸きあがった疑問をうやむやにせず、きっちりと対処していれば、
こんなことにならなかったかもしれない。


そもそもブログって何?
このコミュニティってどうなってるの?


この考えはその後の伏線となり、ブログが二つ消えるという哀しい結果となって回収され
ることとなる。

この件については未解決のままなので、これ以上の言及は避けよう。




ドクターシーラボ


その後、私は自分に関わる件において、
非公開コメントを送って来たご当人と話をすることができた。
それにより、私は着地点を見い出すことができた。
ご協力いただいたご当人さまには、
真摯に向き合っていただき本当に感謝している。


着地点にあったもの。
それは価値観と常識の相違だった。
ただそれだけだった。

「もし、逆の立場で、あなたがこうされたらどうする?」
と具体例まで上げて納得を促したのだが、「別にどうも・・」という回答と共に
虚しく終わった。

価値観だけではなく、互いの常識に相違があったのだ。
そのため、話し合いはいくら時間を費やしても僅かな接点を見ただけで、
総じて擦れ違いの物別れに終わったのだ。



私は思った。
確かに誰も悪くない。

善と悪。正と負。
見方を変えれば立場は容易に入れ代わる。
どっちがどうだなんて、それぞれの価値観と常識が決めること。

これだったんだ。

異なる価値観と常識を持った者が同じコミュニティにいたこと自体がおかしかったんだ。

リアルな世界ならもちろんのこと、
もしお気に入り繋がりではなかったら
いくらネットの世界でもけっして交わることがなかった人たちが同居している空間。
トラブルが起きて当然だったんだ。


私の大好きな「お気に入りリスト」。
ここからおまめサロンは生まれ、たくさんのブロガーがデビューし、
素晴らしいコミュニティが誕生した。
しかし、それは同時に、異世界にいる住人たちを繋いでしまったのだ。

罪と言えば、それが罪。
私は個々の件について考えるのをやめることにした。


そして最後に、ご当人さまのブログが消えた。




このコミュニティって、一体なんだろう。
どうあるべきなのだろう。
そしてどこへ行こうとしているのだろう。

自身のブログの存続も含め、今後の方向性はまったく見えない。
早く考えを纏めないといけないな・・とは思っているんだけど。(とはってなんだ)



今日は初心に戻り、ひとりごとをぽつり、呟いてみた。
大半が未解決のままなので、呟けたことはたったこれだけ。
これだけでも、けっこうなボリュームとなってしまった。
ブログって、こんなに気力・体力を使うものだったんだな。



宿・ホテル予約ならじゃらんnet



さて、今回はひとりごとということで、
おまめサロンは「準備中」の札をぶら下げたままにしておきます。
コメントはもちろん受け付けますが、全てを承認制の非公開にし、
おまめの胸の中だけにしまっておくことにします^^



もしかすると、「私も前々からおまめサロンが大嫌いだったの。
さっさと消えてほしいもんだわ。おまめさん、死んで」
なんていう強烈コメントがまた来るかも。

そんなの貰ったら、公開にしちゃおうかしら。

いじわる?

だって管理人だもん、そのくらいのことはしてもいいよね ^m^ムフフ



FLANDRE ONLINE STORE


※呟いた内容においては、ご当人の許可を頂いております。


                       


たくさんのコメント、ありがとうございます。
そして、申し訳ありませんでした。
私が黙っていたばかりに、こんなにたくさんの方々を悩ませ苦しめていたということを知り、
今、本当に申し訳ないという気持ちでいっぱいです。
事実関係を互いに確認でき、相手の承諾を得るまではけっして口を開いてはいけないという
頑なな美学がいけませんでした。頭が固いですね。反省しきりです。
じっと見守っていてくださった方々、感謝するとともに重ねがさねお詫び申し上げます。


                       


【10/31 Wed】

みなさん、2伸、3伸ありがとうございます。
それから、私は元気にしておりますので、どうかご安心くださいませ^^
ご心配、お心遣い、重ねてありがとうございます。

尚、記載していたコメントは、3日経ちましたので
ご本人の意志により削除させいただきました。
お預かりしたメッセージは、しかとお伝えしましたので、
どうかご安心くださいませ。

スポンサーサイト

わが青春のタータンチェック

おチビちゃん、笑った顔の方がかわいいよ

丘の上の王子様2


はい、こちらみなさんよくご存知のキャンディキャンディです^^

70年代独特の色遣いですね~
いやぁ、懐かしいーーーっ!
ランドセルの重さと共に思い出すなぁ・・ ( ̄▽ ̄*)キラキラ


ところで私、
タータンチェックという言葉はこのマンガで覚えたのです。
そしてその数年後、ベイシティローラーズというのが出てきまして(あいあむ中学生)
すっかりチェックの虜になっちゃいました(* ̄∇ ̄*)

とはいえチェッカーズの頃は少年隊に夢中だったので(あいあむ大学生)
それほどでもなかったんだけど(爆)



ま、そんなことはどうでもいいとして(チェッカーズファンの皆さん、お許しくだされ)
周囲からすっかりダニエラーにされてしまったこの私でも(自覚ナシ)
ダーマやカーラのチェック&水玉に関しては食指が動きます|* ̄ー ̄|キラーン


そんなわたくし、この度こんなのを買っちゃいました♪


                       

こちら【 イタリア素材 チェック ツイードポンチョ  】でござる^^



                       



ネイビー系のチェック、しかもツイードですよ!ツイード!!(わかったわかった)
私の好きな要素が満載♪
細部の安っぽさが気になるところでしたが、(取り敢えず文句は言う)
迷わずお取り寄せしちゃいました(@⌒ο⌒@)b ウフッ



なに?おきどきって ディノスってポイント制だっけ? 相変わらず謎だ・・
ディノス オンラインショップ




これがソレです。(どれだ)
ポンチョ正面修正
打ち合わせの具合がハッキリするよう、
インは白Tにデニムショートパンツです。

うわー・・ふともも白っ!
わたくし、これがコンプレックスなんですよーー;
濃いファンを塗ったりしたこともあるほど(哀)



サイドはこんな感じ。
ポンチョ横修正
横の広がりを抑えないようにと腕を必死に浮かせているのでブルブル><
きっと顔はひきつってる


フードはこんな感じ
ポンチョ後2修正
コートみたいでしょ^^


腕を上げると作りがわかります
ポンチョモモンガ修正
長方形がベースのシンプルな形です
さしずめイングランドの庭を舞うモモンガ(美化し過ぎw)


そしてこれが気になってたトグルボタン。
それほど安っぽくなくてホッとしました*^^*
だって水牛のに変えようと思うと一個3000円くらいかかるんですよ。
これはイタイ。(おまえもイタいわ)
トグルボタン
止める部分はこれ一個。
なので大きめのショールって感じかしら。


写真でもお分かりのように、172cmのおまめさんで(また伸びた)
この着丈なので、親指姫さま達にはちと厳しいかもです。
しかも布の分量がたっぷりと多いので、それなりに重さもあります。

素材としては、ま、こんなもんかなって感じ?
みたまんま、ざっくり。
ムダにシルクが入ってるのが気になるけど、
このお値段なので気を使う必要はないかな。
ハードにじゃんじゃん使っちゃおう。

「色が画像とカタログでは違う」というコメントがありましたが、
私、それが分からないのよT▽T
カタログの方が濃いとは思うんだけど、そういうことじゃないのかな?

実物は、フツーにネイビーです。
ダニエルによくある黒と見間違えそうなネイビーとは全然違う。
これぞネイビーって感じ。
そこにエンジ、紫、ベージュ、黒、茶、白でチェックを構成しています。
そして全体にちりばめられたツイードの白ネップが粉雪を思わせて、
とーっても素敵です(=^v^=)

なによりダニエルのお洋服に合う(笑)
昨年のカタログで大屋夏南ちゃんあたりが着ていても不思議じゃない感じv
そこが気に入ったのかもしれない。

そっか
そうなんだ
やっぱりわたしってダニエラーだったんだ( ̄▽ ̄;)

丘の上の王子様


                       


DoCLASSE(ドゥクラッセ)

赤ばかり買ってどうすんだと思うんだけど、
それぞれの服に合う赤のパンプスが欲しいという果て無き願望がありまして^^;

とゆーわけで今こちらをお試し中。
二回履いたところでもしかするとサイズが合ってない気がして
明日交換品が届きまする。
いつも親身なご対応、ありがとうございます、Doclasseさん

また赤


お礼とお詫び

たくさんのコメント、それから深いご理解と暖かいお言葉、
本当にありがとうございます。
私たちのブログは、みなさんの支えがあってこそ存在するものだったと
今更ながら感じている次第です。
あらためまして、みなさん、今まで本当にありがとうございました。


少しだけ、言葉を付けくわえさせていただきたいと思います。
みなさんのコメントを読み、私は優しい読者のみなさんに、
大きな誤解を与えてしまったような気がしてなりません。
せっかく楽しく私たちのブログへ遊びに来て下さっているのに、
私はそこに水を差してしまいました。

読者のみなさん、並びに私たちブロガーが
それぞれのブログ散歩をして交流を深め合うこと自体は、
とても喜ばしいことなのです。
また双方、それが心から「楽しい」と感じるのなら、
何の問題もないのです。
反って心身の健康のために推奨したいくらいです。

しかし・・

ご自分と思想や生き方の異なるブロガーのところへ立ちよる度に
何故かいつも反発心を覚えていたとしたら・・?
最初は小さな反発心だったのが、どんどん大きな負の感情となっていったら・・?

そしてそのうち、負の感情が理性を打ち負かしてしまい、
悪意ある企てをし、相手を陥れるような行動に出てしまったら・・?


(他ブロガーさんがヒントとなるコメントを上げて下さっていますので、
 私からはこの程度の表現で抑えておこうと思います。
 みなさん、ご理解の程よろしくお願い致します。)


残念なことなのですが、そういった事実を私自身、数件確認しています。
さらに残念なことに、そんな心無いブロガーの行為を敏感に感じ取って
哀しい気持ちになった読者さまが複数人いらっしゃるということなのです。


最初にブログを始めたのはこの私。
責任を感じるとともに、この事実を真摯に受け止め、
牽制という意味で何らかのアクションを起こさなければならないと思ったのです。


最初のアクションは、「ココロのお話」の記事を上げたことです。
私としては、あそこで気付いて欲しかった。
しかし願いは叶わず、また傷付く人を出してしまいました。


そして、今回
やむを得ずこのような記事を上げさせていただいたという次第です。

誤解させてしまった読者のみなさん、
嫌な気持ちにさせてしまい本当に申し訳ありませんでした。
フリーメールアドレスを頂いているみなさんには、
順次おまめ個人からお詫びのメールを入れさせていただいております。
お待ちくださいませ。



最後に。
「ココロのお話」でもお伝えしていますが、
私はそう言った行為に及んでしまった人を否定するつもりはありません。

人間ですもの、いろんな感情が日替わり時替わりで交錯するのは当然のこと。
女ですもの、いろんなものを背負って生きているのは当然のこと。

誰にでも陥りやすい、とてもシンプルな過ちだと思っています。


そうではなく、私が否定しているのは「行為」なのです。


顔の見えないネット社会なので、リアルに対面しない分、
人はもしかすると何を言っても何をしても
実害がないような錯覚に陥ってしまうのかもしれません。


しかし、
私たちDNSが、そんなネット常識に流されてしまってどうしますか。

発足当初の志―不透明な通販事情を仲間同士助け合って乗り越えよう!―
を、私たちはけっして忘れてはならないのです。


ブログ開設当初、それまで抑えるしかなかったファッションへの情熱や
同年代のユーザーさんへの友情の思いを
私たちはこのネット上で一気に爆発させましたよね?

あの解放感と喜びを、私たちはけっして忘れてはならないのです。


そして、そこで生まれた友情の輪を大切に暖め、
もっともっと大きくしていくという次なる目標も、忘れてはならないのです。


春を待ちながら語り合いましたよね、みなさん。
どこの通販サイトで、こんなふうにユーザーたちが集まって交流しているだろうって。
私たちは自分たちの活動を、それはそれは誇らしく
毎日のように語り合いました。

あの時の胸の高鳴りを、今一度思い出しましょうよ、みなさん!
そして、これから目指していくものの認識を新たにし、
またみんなで頑張っていきましょうよ!



私はここに集うDNSのみなさんを誇りに思います!





※1. メアド変更された方がいらっしゃったようです^^;
メールが届いてない方、無事に(?)返って来ましたので
悪しからずご了承くださいまし

※2. 最後の文ですが、「理解は得られず逆効果になりかねない」
とのアドバイスをいただいたため削除いたしました





おまめからのお願い


ピンクのおまめです。
まずはお礼から。
いつもお立ち寄り下さってありがとうございます。
みなさまのおかげで、毎日がとても充実し、
心も以前よりずっと豊かになった気がします。
みなさまの深い愛情に心から感謝いたします。


私がブログを開設して、そろそろ9カ月になります。
その間、いろんな方がサロンに立ちよってくださり、
いろんな話で盛り上がりながら交流を深める中、
新たなブロガーさんが続々とデビューされ、
DNSはいっそう賑やかになってまいりました。
訪問者の数も日に日に増え続け、本当に嬉しい限りです。


また私たちのブログも、各々だんだんと個性が醸し出されてきました。
いつも見に来て下さる常連さまには一目瞭然のことと思います。
そしてそんな中、「この人とはイマイチ合わない」と感じることもあると思います。
人間ですもの、それが当然です。


そういう場合は、けっして無理をしてはいけません。
ご自分の心に素直に従って下さい。
私たちブロガーは、みんな相互リンクをしていますが、
「ここに来たついでにあそこも覗こう」ってな感じで覗いちゃうと、
負の感情が生まれてしまいます。
それは精神衛生上、よくありません。

顔の見えない文字だけの世界です。
誤解が発生しやすいことは当然のこと、
嫉妬や反発、そして猜疑心など、いともたやすく生まれる世界です。
気楽な半面、そういった危険とはいつも背中合わせに私たちはいるのです。


しかしながら私たちブロガーは、
誰かの価値観に合わせるような記事を書いたりはしません。
あくまで自分の価値観に従った記事を書きます。
なぜなら、自分のブログだからです。
従って、そういった危険から身を守るためには
自らが自らを制御するしか、方法はないのです。

ですので、どうかご自分の心の感じるまま、
嫌なものは見ない、心地良い所にだけ行く、というスタンスを守って下さい。

もちろん私たちブロガーもそうです。
ブログは故意に誰かを傷付けたり踏みつけにする場所ではありません。
陰で誰かの意見を批判する場所でもありません。

発信する側、読む側、
双方が大人としての節度を守り、
これからも楽しい交流の場であり続けたいと私は願います。
そして賢明なみなさんのご理解をいただけることを私は祈ります。

          ピンクのおまめ






愛しのアップルワンピ

10月10日(水)9:00~一週間限定セールやってるみたいですよ
DoCLASSE(ドゥクラッセ)



                       



こちら私の大のお気に入り、アップルちゃんでございます♪




可愛いですね~
シャドーストライプにベージュのりんごプリントですよ、みなさん。
も~~ どうしましょう!≧▽≦ ←興奮するおまめ


それがね (うんうん)

本社お気に入りリストでね (なになに)

こんなコメントを見付けたんですーーーーー!!! (きゃ~~~~≧◇≦)  




はいはいはいはい
おまめどんに任せるとなんのこっちゃわからんので、
さっさと進めていきましょう。


さて、気になるコメントというのがこちらです。


               
コメが良いので気になるのですが、モデルさんの着画は肝心のスカート部分が、
ジャケット着たり腰に何か巻いたり上半身のみの像だったりで、
着た時にどうなるのか
さっぱりわかりませんっ
通販でこういうの、本当におかしいと思います。


おかしい!ほんとうにおかしい!!

私もそう思いますよー!
あんな画像じゃ、よくない商品を煙に巻いているように見えるじゃないですか
こんなに素敵なワンピなのに(ぷんぷん!)

このコメントを挙げてくれた方は、
きっとアップルちゃんの良さをもっと知りたいと思ってくださっているのですよ。(嬉しい♪)
だからこそ、こんなふうにおっしゃって下さっているのです。
ですよね?



そこでおまめさん、朝っぱらからまだ寝ている子豆の部屋を占領し、
写真撮影をいたしました!

  


しかーし!


「ひらぺったいおまめさんが着ても参考になるか~?」


という声がきっと聞こえてくるだろう・・・(哀)




そうだ

この手があった


おまめさん、お胸には見栄を張るとき用のリキッドパットブラを装備、
更にお尻はモコモコ毛糸のパンツを二枚重ねという重装備をいたしました( ̄∀ ̄*)

してその成果たるや、バスト88cm ヒップ87cmという
実に女性らしい魅惑のラインに!
これで今だけ普通の女性


では、レディおまめの登場です!


じゃ~~~~ん♪


どや! オー♪グラマラス!!
アップルワンピ 全容修整

・・て、だめ?(汗)

以前の公開(後悔)写真をご存知の方は、
ラインにほんのり丸みがついたことに気付いて下さると思いますが・・^^; あはは





さー 気を取り直してレポートいってみましょう♪
ワンピのサイズは40です。
分かりやすくするためにリボンは取ってあります。
ご覧の通り、お胸からヒップまでストン・・というシルエットです。

動くたびに軽やかに揺れる裾が、ひざ小僧に触れてウキウキします♪


生地はシルクジョーゼットということですが、
シルクジョーゼットがどんなものかよく知らない私が一言で表現すると

しゃりっとひらり りんごの花びらのよう 



詩人や・・><。(泣けるぜ)

それにしても毛糸のパンツが熱い><。(カユイぜ)



そしてこちらが昨年のブレンダさんコーデです。
きゃ~~≧▽≦ 可愛いー! ひゅーひゅー♪
アップルワンピ昨年修整


・・なんてバカなことやってるから
今年は防弾チョッキ着用となりました 
アップルワンピ防弾チョッキ修整
さすがにバスト88㎝になると、閉めて着るとぐるじぃ>< 
けど幸せ


はぁ~ 楽になったお尻かゆいけど(はよ脱げ)
アップルワンピ防弾チョッキ2


  問:なぜおまめさんは子豆の部屋を撮影に使うのだろう 
  答:土足になるから(鬼母)




今年、モデルさんはネイビーのベルベットジャケットと合わせていますが、
あれはワタシ的にはイマイチ。
このアップルちゃん、ネイビーじゃないんですよ。
緑がほんのちょっぴり混じったようなニュアンスネイビーなので、
あの色合わせは、着丈も野暮ったいし、なんだかな~--;って感じ。
ジャケットがもう少し短くて、深緑のベルベットだったらよかったのにv


さて、アップルちゃんの全容を
レディおまめの恐ろしい画像と共にご覧くださいましてありがとうございました^^

いかがでした?
とっても素敵でしょ!?(ワンピが)

キチンと着ることもできるし
エンジニアブーツを合わせてワイルドに着ることもできるし
コーデの幅は無限大です^^

こういうダニエルらしい包容力のあるお洋服を
これからもたくさん出してほしい。
たとえモデルさんが金髪になっちゃっても、人食っても、
男に着せない限りは我慢します、ディノスさん^^




                       


今日、セールあるかな?見付けた方、ご一報を!
・・って、探さなきゃわからんセールって何!?

ディノス オンラインショップ


1日限りのシンデレラ(まだ言うか)

D社ユーザー様から、嬉しいお便りが届きました 

ママンちゃんドヌーブの件です。


して気になるその内容は・・



いや

先にこっちだ。



またやってくれましたね、D社さん。
ちゃんと良品があるのに、探すのが面倒というだけで
「良品はない」と軽薄な返事をしましたね、あなた。

まぁ、マニュアルに従っただけとは思うんだけど、
暗い倉庫の中で悔しさに胸を震わせて
泣いているドヌーヴちゃんのことを考えてみてよ。

なんて可哀想なのかしら。

ビットちゃんの時のことを思い出しちゃったわ。



そこで


黙って見ているのが嫌いなおまめさん、
ママンちゃんドヌーヴのサイズ40をお取り寄せしましたー!



はいはいはい、思った通りですね~
良品どころか、最高品が届きましたよ

もちろん、不良品があったのは事実でしょう。(いつものことです、D社さん)

でもね、あなた達の軽薄な言葉で購入を見送った人がたくさんいたのよ。


リアル店舗のお買いものと違って、
通販でのお買い物には楽しい妄想が伴ってるの。


何を合わせよう
これ来てどこ行こう
イメージはパリのマロニエ通り
はたまたセーヌ河のほとり

そんな素敵な私たちの妄想を、購買欲と共に踏みつけにしたのよ!

悔しいったらありゃしない。
ねぇ、ママンちゃん。(ママンちゃんの悔しさが伝わってくる~~~!)


大丈夫。
おまめさん、ママンちゃんのドヌーヴちゃんに対する熱意、愛情、夢、希望・・
し~~~~かり受け止めましたよ!


とゆーわけで、
似合うか似合わないか(イタイかイタくないか)の瀬戸際的おまめさんが(際越えてるって^^;)
ドヌーヴちゃんをお取り寄せすることと、あいなりましたv

思い通じてうちに来たドヌーヴちゃん、
いつもはハズレくじ真っ先に引く私だというのに、
非のうちどころがないくらい、と~っても素敵なものでした♪


そして、良品届いたよコメントを上げたのが
功を奏したかどうかわかんないけど(自信ないんかい)←ないんや>◇<。

とにかくそのコメントで、取り寄せてくださった方がいたのです!
そしてその方のところにやってきたドヌーヴちゃん、優良品だったそうです!


いや~ ママンちゃん、よかったねぇ! 
神様っているんだよ。
私にはこの勇気ある方が天使に思える
とにかく感謝でございます(ありがとー!)





さて、こちらがママンちゃんドヌーヴこと
【 バイカラーボタン使い ポンチワンピース 】でございます。



ポンチ素材
一言で言えば「きちんと感のあるジャージ素材」みたいな感じでしょうか。(ちがう?^^;)
適度な厚みがあるので体のラインも拾いにくいし、型崩れもしないだろうし、
私にはとても都合のいい素材でござる。

ドヌーヴと呼ばれる所以は、
ダニエルのレトロ感溢れるこのワンピが
かのフランス女優カトリーヌ・ドヌーヴのイメージを彷彿とさせるところから
いつしかそう呼ばれるようになった・・
というところでしょうか(* ̄ー ̄)フッ (平たく言えば覚えてないのだ)


それではみなさん、
双子ママンちゃんにちなんでこちらをご覧いただきながら、
ママンちゃんから頂いたバイカラーボタン使い ポンチワンピースの感想をどうぞ♪

[ロシュフォールの恋人たち]
ロシュフォールの恋人


色は 画像より 茶がかっている(OPさん曰く モカっぽい)色です。
サイズは42号ですが、バストは92 着丈は95です。つまり40号ってところですね。
個体差なのか 全体的にこうなんか 電話で確認中です。←確認済み。全体的に小さいそうです

 ユニクロの長袖Tシャツを着ていたので その上に着ると ストレッチもあって 
綺麗に着られました。袖ぐりも 特にきついとはおもいませんので、
冬に厚手でなければ インナーなり ハイネックなりを着ることができるとおもいます。

着丈95ってことで 150センチの私の場合 膝よりは下でしたが、
切ることもできるなあとおもいました。


ママンちゃん、ありがとー!





そしてこちらもごらん下さい。
【 ポンチ素材 バイカラーワンピース 】です。


同じポンチ素材ですが、ちょっぴり大人っぽい仕上がりとなっていて、
私たちはこれを「ね子さまドヌーヴ」と呼んでいます^^


では、今度は可憐なね子さまをイメージして
こちらをご覧になりながら、ね子さまの下さったコメントをお読みくださいませ。



[シェルブールの雨傘]
ドヌーヴ 水色


今日届き、早速着てみました。

全体的に、カタログ通りで上品。生地の厚みもそこそこあり、
やわらかな素材のせいか、黒でもソフトな印象です。仕立ても良い感じ。
ハイウエストで153㎝の私が着て、膝が隠れる程度の丈なので、あわせやすいですね。

購入者さんのコメントにあったとおり、腕のくりが小さめです。
これ、たぶん、ノースリーブで着たときに、下着が見えないようにという心遣いでしょうね。

私は痩せているので良いけれど、腕がむっちりさんだと辛いかも。
身頃はゆとりがあるけれど、この腕ぐりの細いせいで、ワンピをジャンスカ風に着るのは、
難しいかもです。


ね子さま、ありがとございます!




さー お待たせしました!(待ってない?)

販売終了まであと1日!
わたくしおまめ、決死の覚悟でママンちゃんドヌーヴを着てみたでござる

イタくなければ拍手喝采、イタ過ぎたらご勘弁を!


それではまず、そのまんまバージョンを(アラフィフの私にはちと厳しいゾ)
おまめさん、精一杯胸を張るの巻き
ドヌーヴ素のまま修整

一度不良レッテル貼られて復活した不死鳥コンビ(涙)
ドヌーヴ+ビットちゃん修整

ママンちゃんをイメージして、元気にテントウムシパーカ(イエイ♪)
ドヌーヴ+テントウムシ2

かたつむりちゃんをイメージしてトリコロールカーデ(うふっ*^^*)←やめい!
ドヌーヴ+トリコロール修整

しかし・・・
私らしく着るにはどうすればいいのだろう・・(生まれいずる悩み)


とりあえず幻となった昨夏の恋人と
ドヌーヴ+ボーダートリコ修整

一昨年の恋人シルク水玉カーデはどうだ(パールつけてみたゾ)
ドヌーヴ+紺水玉修整

なんならリバティと合わせてみる?(リモナータちゃん呼んでこよう)
懐かしのダニエルポーズで♪ ←できてへんがな><
ドヌーヴ+リバティ修整

ニット着込んで冬でもOK(なんたってストレッチフル!)
ドヌーヴ+ピンク修整


                       


さ~て、いかがでしたでしょうか。(是非に及ばず?)
シンプルなので、合わせやすいことは確かですよv


それからね。(うんうん)

大きな声では言えなんだけどね。(なになに?)

サイズ40で、肩幅だけが表記通りの33㎝
バスト90㎝(表記:93㎝)
着丈93㎝(表記:95㎝)

完全にあちらの表記ミスなのよ。(ママンちゃんの教えてくれた通りv)

で、コールセンターに電話で報告したら、
軽~いノリで「返品お受けしますよ」だって=3

もちろん返品送料もあっち持ちなので、
気になる方、
このチャンスに(?)取り寄せてみてはいかがでしょうか♪←おぬしもワルよのぅ(* ̄ー ̄)

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
09 11
ピンクのおまめの掲示板

◇おまめ茶屋◇
商品質問・着画投稿 なんでもOK。 思う存分ダべリングしましょう♪

最新記事
プロフィール

ピンクのおまめ

Author:ピンクのおまめ
ファッションって、けっして洋服という狭い意味の言葉ではなく、考えやこだわりによって生まれる「生き方」までを広く表す、とっても素敵な言葉だと思うの。せっかく女に生まれたんだもの。できるだけファッショナブルに生きたいよね。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア