ダニエル・エシュテルからのメッセージ

↓ただいまsale中



DoCLASSE(ドゥクラッセ)

先日のこと。

ちょとした食事会があったんです。



何着ていこう。

仕事絡みなので、そうイメージは崩せない ←たいていスーツの人
さりとて腹いっぱい食いてぇ ←イヤシイ人


そこで葛藤の中、選んだメインofコーデがこちら!


【バイカラーサークルモチーフワンピース】でござる^^


完璧なるAライン
しかもスッキリ大人ライン

なのでキチンとした席にもOKなのですv

で、わたくし、このワンピを中心にコーデを考えました。


羽織モノはトップグレーのファージャケット
アクセはオニキス
靴は私らしく赤のパンプス

コーデを考えました!な~んて言っても、
たったこれだけで・・(羽織って履いただけじゃねぇか)
よくおわかりで  あはは^^; 


まぁ無難に纏めた・・というところですね。
取り敢えず、それらを身に着けて姿見の前に立ってみたところ (立ってみたところ!?)



う~~ん・・ 普通 (なんじゃそりゃ)


いや、ほんとフツー
なんとも面白くない、万人受けするコーデなんですよね 


でも悪くは無い
でも普通・・ (なんやねんーー;)




ん? (え?)

この感覚、どこかで感じた覚えがある。 (どこどこ?)

どこだっけ



そーじゃ! (出たな、じじぃ!)


あれじゃよ、あれ!(どれじゃ)

これじゃよ!


じゃーーーーーん! このコーデじゃ~~~~~~!! 
かなちゃん

大屋夏南ちゃんの、このコーデなのじゃ。


黒に黒を重ねただけの、誰もが思い付く無難に纏めたコーデなのじゃ。
今までのダニエルなら、そんな面白うないことせんかったわい=3


いや、これだけじゃないぞよ、
今季のダニエルは、みんなそうじゃったわい。(じぃさん、もうええから寝とき^^;)



万人受け・・という表現よりも、
なんというか・・(なんとゆーか!?)


そうそう! (ほいきた!)
カタログの写真はみんな、このコーデのまんま出勤できるのよ! (ブラボー!)


いやいや、それは余計なお世話なの。(なんで?)

今までのダニエルはそうじゃなかった。
仕事の匂いなんぞ、一切しなかった。 

まんまパリ
マドモワゼル
目を瞑るとそこにはセーヌ川が流れ、
マロニエが揺れてる・・

そんなコーデだった。

そしてあの小さなカタログからは、
小粋なパリジェンヌの、お洒落でエスプリの効いた生活までもが
そこここから容易に想像できるような、
そんな奥深さがあった。



今までの私たちは、「服」ではなく、
「服」を中心に広がるパリのエスプリに心をときめかせ、
お気に入りの一着を選んでいた。

そして手元にやってきたお気に入りを、
ときめきはそのままに、引き算して通勤コーデに取り入れたんだ。



    帽子は取って・・
    靴は黒のパンプスにして・・
    可愛いバッグはA4トートに・・etc


このように、それぞれの会社事情をそれぞれが考慮し、
自分仕様の「ダニエル」にするのよ。 (なるほど)


こうしてパリジェンヌの服は魔法をかけられ、
一時だけ、お仕事仕様の服になる。

魔法をかけるのは・・ (魔法をかけるのは!?)

そう、他でもない、私たち自身なの。(おー♪ブラボー!)


その通り。ここでブラボーなのよ。 (はいはい^^; スミマシェン)

それぞれ事情が違うんだ。
勝手に引き算されたものを提供されたって、
そんなもの、余計なお世話に過ぎないの。 (そのとーり)


ここが違うんだなー
今までと今季のダニエルは。 (うんうん)


今季のコレクションをよくよく見ると、素敵なものがいっぱいある。
それなのにときめき感が薄いのは、ここに原因があったんだ。
姿見に映った自分の姿をしげしげと眺めながら、私はそう思った。


今季のカタログコーデ、
私たちは引き算ではなく、足し算しなければパリのエスプリを感じない。

通勤やランチ仕様に仕立てられたTOKYO or NY コーデに、
想像力をめいっぱい働かせて
セーヌ川のせせらぎやマロニエの優雅な香りを加えなければ、
PARISにはならないのよ!  


要するに、逆なのじゃ、逆。(また出たーー;)

なんにもわかっちゃおらんコーディネーターが、
勝手にダニエルの服を自我流でコーデしとる。
実にけしからん。(じぃは不滅じゃv)



そこでおまめさん、
まだたっぷりと時間があったので、
ファーとオニキスを取っ払い、姿見の前で一人ファッションショーを開催しました!


さーさーさー

始まりましたよ~ おばちゃん七変化♪ (うわー・・迷惑)


テーマは、ズバリ!「ダニエルを理解する」 (強引に行くか)

きゃ~~~~~!≧▽≦ 素敵ーーーーーーー♪ひゅーひゅー♪♪ (自分で言うな)



それじゃーいってみよ~! (うわー・・ーー;)





まずは基本となるインナー+ワンピ。(ミノムシが蓑を脱いだ状態ね^^)
インナーはちょいちょい登場する熊天ぷるでござる ̄ー ̄*

サークルワンピ基本1

おおっ でかい><;(胸は小さいが)
いつもの倍近い!?(胸だけは変わらず)


実はこれ、初のデジカメ画像なのでござる ̄▽ ̄;

最初はこの5倍だったんですよ^^;(あまりのデカさに腰抜かしそうになった)
それを大豆に圧縮してもらって、ここまで小さくなったのですが・・まだデカイT▽T

でも、「もうちょっと小さくしてくれない?」とは
あっしには言えねぇ。

言えねぇ、言えねぇ、もう言えねぇ><。

機械音痴と思われるじゃねぇかー"ーメ (いまさら? 汗)


また今度、子豆がいる時にやってもらおうっと♪(それまで我慢しておくんなせぇ、皆の衆><。)




その基本コーデに、ボイルドウール 配色パイピングケープをプラスしてみました。

+マント (2)

おお♪ なかなかv(こらこら^^;)


しかーし!

これだけじゃパリは感じない。
何かスパイスが欲しい。
ダニエルなら、どうする!?



そこで一昨年の恋人、オレンジ色のベレー帽の登場です!
みなさん、拍手でお迎え下さーい!  きゃ~~~>▽< パチパチパチパチ~♪

ベレーオレンジ

うんうん*^^*  昨年までのブレンダさん、こんなカッコしてそう!



さ~
おまめさん、調子に乗ってきましたよ~♪


お次のコーデはこちら。

一昨年の恋人、大活躍!

+フェアアイルニット

フェアアイルニットとおソロのマフラーを合わせてみました^^
同シリーズのアームウォーマーもあるんだけど、
それだとダニエルらしくない。

ここは真っ赤のロングアームウォーマーで!


このカッコが得意なモデルさん、いましたね。
ホレ、いつも変顔してるモデルさん、いるじゃないですか。
名前、なんだっけ??
ルールにも出てる・・ホレ、なんとかいう・・
あ゛~~ 出てこない~~~>< 

昨年の冬カタログで、ニットコート着てこんなの↓連れてたじゃないですか~~

ごるぴー

・・って、ちょっと違うか(笑)違うわな^^; はは



え?わかる!? (*゚O゚*) 
マジっすか!?こんな犬で。(そことちゃうわい!)

さすがっすね~ みなさん♪ (= ̄∇ ̄=)ホクホク


キレイめワンピに、
敢えて懐かしさ・暖かさを感じさせるフェアアイル柄をプラスするのが、ダニエル流!
わたくし、そう解釈いたしておりまする( ̄ー ̄)v



これですよこれ。
犬連れてポーズ取ってた写真のニットコートがこれです^^
さすがダニエル。
ワンピとコートの着丈がピッタリ!

+セーラーニット





お次はちょっとおすましして
モデルさんが着ていそうなコーデを二つ。


まずこちら。
昨年の恋人、カルガンラムスヌードとアームウォーマーをプラスして。

+モカ

ブラック×ブルーベリーの配色に、
ちょっと外してブラウンをプラスするところが
ダニエルらしくないですか?(*^^*)ウフ



最後にこちら。

持ってる方もたくさんいらっしゃる、このフロッキープリントジャケットに

ベビーパールをプラスしてみました。
お~ 華やか~♪(おいおいーー;)

+フロッキージャケット

おのれは赤を入れんと気が済まんのか!

はい、その通りで。 あはは^^;


画像では、カーテン共々朱赤っぽく映ってますが、
深紅なんですよ、深紅!
真紅と言えば、薔薇(薔薇は薔薇は 気高く~ さ~い~て~♪←知ってる人、います?)

深紅の薔薇って、最もフランスらしい花じゃないですか?

わたくし、
いつも心に深紅の薔薇を咲かせている、
そんな女性でありたいと、常々思っておりますです(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



そんなことはどーでもよくってー (はよまとめに入らんか)


ダニエルが「服」を通して私たちに伝えたいメッセージ。
そのメッセージを正しく読み取ってこそ、
ダニエルの服は生き、
また私たちも、ときめきを感じ、
素敵な夢を見させてもらえるのだと、私は思うのであります。( ̄^ ̄)>エッヘン



Trend Select of the World(トレンド セレクト オブ ザ ワールド)の企画担当者さま、
並びに同コーディネーターさま、

そこんとこ、よーーーーーく考えて下さいまし!

パリはニューヨークにあらず、ですよ!


ディノス オンラインショップ




スポンサーサイト

アイデンティティ

DoCLASSE(ドゥクラッセ)





今週水曜日、いきなり飛び込んで来た森光子さんの訃報。


いや~・・驚きましたね~
森さんが日本からいなくなるなんて、考えられます?みなさん。
わたくし、森さんは永遠に存在するものと思い込んでおりましたですよ、はい。
なんだか、胸にぽっかり穴が開いたような淋しさがあります。
(元々淋しい胸だが^^;)


    母さん!タケヤみそはどうなるんですか!?
  
    知らんがな (-д-;)
    なんで第一声がそれやねん。

    

    それよりジャニーズはどうなるんだろう。
    こらこら、あんたこそ なんでそこやねん ヾ(--;)ぉぃぉぃ




そう自分でツッコミを入れながら、ふとあることを思い出しました。



もうずいぶん前のこと。
少年隊の東山くんが、
森光子さんのことが大好きな理由について、こう語っていたんです。




僕と森さんの最初の出会いは紅白歌合戦でした。
その時審査員を務めていた森さんが、僕にこう声を掛けてくれたんです。

「東山さんでしょ。あなたのファンです。いつも応援してますよ!」

それまで自分を本名で呼んでくれた人などいなかったので、
森さんが僕を東山さんと本名で呼びかけて下さったことが、とても嬉しかったんです。




とまぁ、こういう話でした。



ディノス オンラインショップ




当時少年隊といえば、人気絶頂のアイドルグループ。
しかしその名が世間に轟けば轟くほど、メンバー個々の個性は没していった。


それでも最初はよかったのでしょう。
その名があってこその自分だから。

でもそのうち、「オレって何?」という気持ちが湧いてくる。
人気が出れば出るほど、その思いは強くなる。



人間ならではの、当然の心理ですよね。



ドクターシーラボ



そんな時、日本を代表する大女優さんから、声を掛けてもらった。

それまで「少年隊のヒガシ」としか呼ばれたことがなかった東山くん。
個人名で呼ばれたことで、「3人のうちのひとり」ではなく、
「東山紀之」としてのアイデンティティが誕生し、確立したのです。


なるほど。
そのおかげで東山くんは自分だけの「色」を見いだし、
それを暖め、世に放つことができたんですね。



森光子さんってやっぱり凄い。素晴らしい。Great!
自分がグレートなだけじゃなく、人までグレートにしちゃうなんて。
しかもたった一言でですよ、みなさん。


PLSTオンラインストア



このエピソードを聞いたのは、かれこれ20年程前だったかしら。
当時新米主婦の私は、家事もろくにできないくせに、ある不満を抱えていたんです。


その不満とは・・ (不満とは!?)




人々から「奥さん」と呼ばれることであった。(笑)

 
 

    へー 母さんでも新妻の時代があったんですねー。
    想像つきませんわ。

 
    
    おいおい、初めからこれやってみ。花婿、ドン引きやぞ。
    ウエディングドレスが死装束に見えるわい


    
    うまい!そうきますか
    普通なら、「あたりまえやろ!バシコン」チャンチャンで終わるところを、
    もう一段階来るとは。 母さん、さすがです。


    はっは <( ̄ー ̄)>
    学べよ 小僧

 
    はっ、師匠!
 



いや~、初めはよかったんですよ。奥さんだろうが旦那さんだろうが。(あかんやろ)

普通の女性みたいに「きゃっ わたし、奥さん(〃'∇'〃)ゝエヘヘ・・」
な~んて思うことは一切なかったけど(爆)

ま、別にいいわい、くらいでしたか。はっはっは



しかし・・ (しかし?)


だんだんそれに違和感を持つようになったんですよねー  (ほうほう)


ご近所さんから「○○さんの奥さん」と呼ばれる度、(ムカっ
遊びに来た旦那の友達から「○○くんの奥さん」と呼ばれる度、(イラっ



「私の名は、奥か? ー"ーメ」  チラリーン!(鼻からぎゅーにゅー♪)



奥さんと呼ばれる度に、
なんだか自分のアイデンティティが失われていくような気がして
顔は微笑み、腹の中ではそう反発したもんです。


そのうち反発心はどんどん大きくなっていき
「奥さん」と呼ばれたら、
「私は奥ではございません。○○です。」と言い返すように。

なんとも可愛げのない嫁でしたね~
今はこんなに可愛いのにね~   って誰か言って(笑)



東山くんのエピソードを聞いた時、ちょうどそんな心境のさなかだったので、
「わかるっ!あんたのその気持ち、ようわかるでぇ!>◇<。」ってな感じで、
心が震えるほど同調したことを、今もはっきりと覚えています。


当時の東山くんが新米主婦の私のように、
「僕は少年隊のヒガシではありません、東山紀之です、ちゃんと漢字ありますさかい」と
会う人ごとに腹の中で悪態ついたかどうかはわかりませんが、(ないない^^;)
大女優さんの言葉によって、
今まで没していた自分個人の存在が、
まるで光に照らされたようにくっきりと浮かび上がって感じたのは、確かだと思います。


そしてそんな東山くんが、
森光子さんの訃報を受けて発表したコメントはこれです。



「森さんは、この世界で最初に僕を認めてくれた人。
 森さんがいなければ、今の僕はいない。」




うんうん。わかりますとも。
森さんのおかげで、東山くんはアイデンティティを確立できたのです。
森さんがいなければ、ずっと枕詞に「少年隊の」が付いていたことでしょう。



宿・ホテル予約ならじゃらんnet



話は少し横道にそれます。
教師時代、時々プリントに名字しか書かない生徒がいました。
そんな子は、たいてい大人しく、しっかりしていて、落ち着いた優しい子なんですよね。
きっとなんらかの理由により、自分のアイデンティティを見失っているんです。


   親から褒められたことがない
   「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」と呼ばれて育った
   親の個性が強すぎて、家庭内で自分の存在が希薄である

等々。

もしかして最後のはうちかもしれないと、今チラッと思いましたが、スル―しましょう。ははは ̄▽ ̄;


そんな生徒に、フルネームを書かせるための良い方法があるんですよ。
しかもそれ、とーっても簡単なことなんです。



名字ではなく、下の名前で呼んであげること。

ただこれだけなんです。


しばらくこれを続けていると、いつの間にかプリントにはフルネームが記されるようになります。
そしていろんな場面で、少しずつ自己主張ができるようになります。

最初は私の前だけ。
プリントの端っこに、ちょこっと絵を描いたり、一発ギャグを書いてくれたり。
その絵やギャグに、マメにコメントを書いてあげると、さらに個性を出してくれます。

そのうち私のそばにきて、みんなに向かって意見を発表できるように。
そしてだんだん私から離れて行き、みんなの中で個性を発揮できるようになってくれます。


もう大丈夫。
この生徒のアイデンティティは、めでたく確立されました。


そういえば生徒達はみんな、下の名前で呼ばれると喜びましたね。(特に男の子)
かくいう私も「先生」と呼ばれると、「こら 先生ゆーな。名前で呼べ。点引くぞ」
なんて言ってましたねー
子供と同レベですねー ははは^^;


ベルメゾンネット


さて、東山くんの素敵なエピソードを含め、
いくつか(しょーもない思い出も入れて)お話してきましたが ( ̄▽ ̄;)
名前が先か、アイデンティティが先か、
とにかくこの両者は強い因果関係を持っています。



わたし。 




私の名は「ピンクのおまめ」。





こらこら、笑うとこちゃうがな ^^;



ま、確かに妙なおかまバーにいそうな感じの、怪しい名前ではあるけれど (-"-;A ...

    
    
    母さん、おかまバー 行ったことあるんですか?
    
    ないわい。けど行ってみたい願望はある。
    
    やめましょう。間違いなくスカウトされます。

        ぐえぇぇぇっ





ディノスでは、自分が考えて付けた名前で、
自分の好き嫌いがてんこ盛りの「わがままリスト」を作ることができます。
そしてそれを人様に見せつけて不快にさせ・・ じゃない、楽しんでもらえるという
実に迷惑千万な行為が公認されているのであります。(おいおい^^;)


多少の杞憂はあるものの、自己満足たるや、それを凌いで余りあろう(笑)



そしてブログ達から生まれたこのコミュニティ。

「ピンクのおまめ」でコメントを投稿すれば、(この名前あんまり言いたくなくなってきたぞーー;)
優しい管理人さまや常連さまから、
もれなく暖かい返信がついてくるという特典付きなのだv


お気に入りリストとDNSブログ。
楽しいコミュニティに参加できるとともに、
メールとはまた一味違った自己主張、ならびにアイデンティティの確認ができるのは、
森さんの一言と同じくらいグレートなことではないだろうか。



東山くんは森光子さんにより、自分のアイデンティティを確立できた。
ピンクのおまめはDNSのみなさんにより、自分が何者であるかを確認できた。


東山くんのコメントを聞いて、ふと、そんなふうに感じたおまめでした。



さて、こうして「奥さん」という代名詞から晴れて解放されたピンクのおまめは、(ニューネーム募集中!)
これからも濃く濃く、自己アピールしながら生きていこうと思います。


みなさーん、これからも「ピンクのおまめ」をよろしく! (結局その名前かいーー;)



       森光子さん、あなたの偉大さを讃えるとともに
       謹んでご冥福をお祈りいたします。



    


    だから母さん、味噌はどうなるんですかって>◇<


    知らんがな!いい加減 ミソから離れぃ(ミソもクソもシルかぃ) 
    
    母さん、品が無いです!><

    じゃかーし!あるにはあるわい せめて下品とか薄品と言え

    それ、しなうすでんがな><




Vera Bradley ヴェラ・ブラッドリー【日本上陸!キルトバッグ】

ロンドンに恋して~ダイヤモンドの憂鬱

みなさーん! お元気ですかーーー!
私は今、ロンドンにいまーす♪ 

ロンドンチェック


なーんちゃって。(ちゃうんかい 




いや~、ダーマカーサがおもいっきりツボにハマってしまい、
気分はすっかり in London  なのであります(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



だってダニエルはダニエルにしてダニエルにあらずだったし、(なんのこっちゃ)
昨年の恋人を、まるで遺品のように買い集める毎日が
もう虚しくって虚しくって。。(TдT)



そんな時にやって来たダーマカーサ。
夏号がイマイチだったので大した期待もせず見てみたところ・・


なんと


チェックにリバティ、好きなもののオンパレードじゃあ~りませんか♪>▽<
おまめさん、一気にテンションあーーーっぷ!(祝)



さっそく数点取り寄せてみることにしました(*^0^*)



まずはまっさきに目を引いたこちら。
【 イタリア素材ダブルフェイスリバーシブルコート 】でございます♪


ブルーとレッドのチェックにズギューン!
やられてしまいました。
これ、フードが取り外せて、しかもリバーシブル!(リバーシボー?)
お得感満載で、買い過ぎの言い訳にもなるじゃろうて^^←ジィはいきなりやって来る




次にこちら。
【 イタリア素材 フード付きコート 】


これは素通りできなかった(笑)
シルバーの金具が効いていて、緑一色でも野暮ったく見えない。




それからこちら。
【 LIBERTY PRINT/リバティプリント 「パオロ&アレッサンドラ」 コンビバッグ 】


これはもう一目惚れです^^
ウールのコートにバッチリ合うウォーミーな質感に降参!




そしてこちら。
【 イタリア素材 ギンガムチェックハーフパンツ 】


こういうマニッシュ(というかボーイッシュ)なアイテムを女っぽく着てみたい。(願望)
そのためにはまず平面ボディを立体にしなきゃならない。(現実)




それからこちら。
【 コットンシルク切替ウールニットプルオーバー 】


Vネックの開き具合が好き。
チェックのハーフパンツコーデをレディライクにしてくれそう♪


ところでこのニットの配色、ネイビー×ブラック・・ 

これってダニエルでよくある組み合わせじゃないですか?
そういえば先日購入したモチーフワンピもネイビー×ブラック。
ってことは、ダニエルコーデに投入できる!?(ダニエル、かむばーーーっく!)




最後にこちら。
【 ウール混チェック柄シャツワンピース 】


チェックの中にサーモンピンクが混じってるなんて、
乙女心をくすぐられる~♪(誰が乙女じゃ)
しかもウエストを絞るベルトが本革仕様だなんて、憎い。
インにニットを着て、レギパン穿いて、
仕上げにこちらをズボっと被れるだけの楽チンあったかコーデを期待。


                       


さて、以上6点を注文したのですが、
みなさん、
何かお気付きでしょうか。



・・えっ? 年齢的にちょっとって?

はっはっはヾ(>▽<;)o!←笑うしかない


イタ過ぎ??

ドウダ( ̄^ ̄)>マイッタカ ←開き直るしかない



いやいや、そーじゃないんです。(ある意味そうだけど。(|||_|||))



じゃあ、正解は何?


はい。お答えしましょう。(何サマ?)


実は・・(実は!?)


取り寄せアイテム全てがコーデできるようになってるんです。(ほうほう)
いつもの男前買いとは違って、堅実ないい女買いとでも言いましょうか ̄▽ ̄(こらこら)



さて、正解された方、いらっしゃいます?

いらしたら、一歩前へお進みください。(かも~ん♪)

正解された方には、おまめさんから熱いキッスを



はは
かなり散って行ったな(笑)



さあ、冗談はここからで。
いや、このへんで。



返品送料こっち持ちになり、およそ10カ月。

耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び、
わたくし、ついにこの度、晴れてダイヤモンド会員とあいなりました!


とゆーことは・・


そーなんです。
返品送料が無料となったのでありまーす!!

もちろん期限付きですけどねーー;(ケチっ)


でもまあ、期限付きであろうがなかろうが、ひとまず今は返品送料フリーの身!

さー
恨み晴らさでおくべきか(怨)

かたっぱしから取り寄せまくって、写真撮って遊ぶんだ!(≧▽≦)キャッキャ♪



・・と意気込んでいたとゆーのに



指が・・・指が・・

動かない~~~~~~(>◇<;)


ポチろうと思っても指がいうことを聞いてくれないんです!
なんで!?
あれもこれも、サイズ違いで取り寄せてみなさんにレポしようと思ってたのに!><


これはディノスの祟りなのか!?


勇気出して、吟味して吟味して、ようやくポチったものは、
全てがコーデ可能の堅実なチョイスだったなんて><

これ好き!あれ好き!みたいなノリで選んだバラバラの単品ではなく、
しっかり着回せて、手持ちの(主にダニエル)服とのコーデ可能なチョイスだったなんて><


わたしらしくない! ←パッと見‘みたらし渡したくない’に見えなくね?^^;


これってもしかすると、
返品送料のリスクを背負った10カ月の間に
脳内に刻まれた悪しき(良い?)習慣の仕業なのだろうか。
ってことは、ディノスに仕組まれた!?
やっぱり祟り!?


せっかくダイヤモンドになったというのに、
その最大の特典が生かされないではないかっ!


あぁ・・わたしのバカ(≧д≦)
バカバカバカバカ、イワンのばか(なんのこっちゃ)


ほんとはこれもポチりたかった!

【 LIBERTY PRINT/リバティプリント 「レインボーローズ」 シャツワンピース 】


このワンピ、シックなワインカラーがとっても素敵じゃないですか?
こんなシックなワンピをダッフルコートでカジュアルダウンさせてみたい~><


ヤギちゃんバッグも、止め具付きストールも、
あれもこれもいっぱい取り寄せたかったのに(哀)

おそるべしディノスよ。
10か月の間にすっかり調教してくれよったわい。←ジィ再び




というわけで、
サブタイトルの意味がお分かりになっていただけたでしょうか。

まぁそのうち、憂鬱が歓喜、そして野望に変わることを祈って・・。



                       




↓月曜までタイムセールやっている模様
DoCLASSE(ドゥクラッセ)

サロンの夜明け

さてさて、あれから二週間が経ちました。
おまめサロンから聞こえてくる声は、とても穏やかなトーンです。

しかし、穏やかと言っても
なんだかグレー寄りの暗いトーンなのです。




何をするにも身が入らなくって・・


生活に張り合いがなくなった


過去の記事を読み返しながら、気長に待っているのですが・・


お買い物熱も冷めてしまいました


話したいことが溜まってるのになぁ




確かに私も飽和気味。
考えても考えても、サロンを守るためのこれといった必殺技が見付からない。



そんな時、先日いただいたコメントの中の言葉をいくつか思い出したのです。



もしかすると、外にいる私たちの方がよく見えていたかもしれませんよ。
けっこう、わかってました。
だからもし、向こうの方がおおやけに爆したとしても、驚かなかったですよ。
あー やっぱりな、ぐらいですかね。



そっか。
そうだったのか。
私は気負い過ぎて、自滅してしまったのかもしれない。





おまめさんがおまめさんらしくしないことは、一番いけないこと。



その通りだ。


体力が戻ったら、おまめさんも周りに甘えてみたまえよ!



確かに。



おまめサロンがおまめサロンである限り、
敵の目にさらされるのは避けられない。

しかし、
おまめサロンがおまめサロンである限り、
いつものように知恵を出し合い、凌いでいけるんだ。

そこを私は忘れていた。


失ったものは確かに大きい。
けれど得たものはもっと大きい。
私たちが得たその大きな力が、失ったものを再び取り戻してくれるかもしれない。
しかしそれは、おまめサロンがあってこそ。
なくなったら、なにもかも、おしまい。
おしまいにはしたくない。もう一度あの笑顔に会いたい。


・・よっしゃ。
いっちょ肩の力を抜いてみよう。
なにかあったらみんながいる。
その時その時で絵を描いていけばいい。




おまめさん、そんな風に考えることにしました。


するとタイミング良く、
先週一世を風靡したあのセリフの主から、こんな言葉が届きました。



うんこ禁止の立て看板作って送ります




もう、最高!


ここでみなさんと知り合えたのは、
私の人生において素晴らしい出来事の一つです。

そんなみなさんと共に、第二幕、ネクストステージ、やりましょうぞ!



※サロンの夜が明けました。コメントも公開に切り替えます^^
おまめ個人に伝えたいことのある方は、非公開ボックスにポチっとチェックをお忘れなく!

サロンの灯り

ディノスオンラインショッピング
DoCLASSE(ドゥクラッセ)



ひとりごとを呟いてから、一週間が経ちました。
もっと経っているように感じますが、まだ一週間なんですよね。(え?もっと経ってる?)


準備中の札がぶら下がったままのおまめサロン。


おまめさん、いったいどんな気持ちでその札を見ているのかしら・・


そんな声が聞こえてきます。


ディノス オンラインショップ



いやいやいや~

私は毎日とっても楽しく、サロンの様子を見守っています^^


え?
準備中なんじゃ?


そーなんです。
形の上では準備中なんですがね。


店長のいない(はずの)おまめサロン、
準備中の札は確かにぶら下がっているんですが、
なんと店内は明かりが煌々と輝いていて、
賑やかな声が聞こえているんですよ。

笑い声とか
泣き声とか
喚き声とか

時折歌声や掛け合い漫才なんかも聞こえてくる

そりゃあもう、賑やかで賑やかで!







コメントを承認制にしているので、
こちらからは見えますが、みなさんからは他の人のコメントは全く見えないはず。
それなのに・・ なんで?


店を閉めた(記事を上げた)直後、まずは「怒り」の声がドッと聞こえてきました。


なんてことなの!

そんなことがあったなんて!

許せない!!><



みんなが一斉に怒りをあらわにしました。


初めてのお客様も、たくさんお見えになりました。


初来店ですが、黙っちゃいられません!悔しい~~~><

デビュー前に閉店はイヤですよ!!


もうわいわいがやがや、お店のボルテージはあっという間にマーックス!






そしてひとしきり喚いて、
ヒーヒーゼーゼ―しながら飲み物を口に運んだその隙に(その隙に!)


おまめさん、私、哀しいです・・


しんみりモードの声が聞こえてきました。



するとまるでその声を聞きつけたかのように


そんなこととは知らずに、私は・・

あの記事が突然ストップした意味が、やっとわかりました・・



同じトーンの哀しい声が聞こえてきます。
静かにすすり泣くような・・そんな哀しい哀しい声です。



Vera Bradley ヴェラ・ブラッドリー【日本上陸!キルトバッグ】



しばらくしんみりムードが続いたと思ったら、
今度は酔っ払いの声が聞こえてきます。


くそー!おまめどん、ブログなんかやめちまうだ!よそに行って一緒に吠えるべ!


するとそれに賛同するかのようなシリアスな声が聞こえてきます。


みんなが本音を語れない場なら、サロンの意味がないです。どこかに引っ越しませんか?



かと思えばまた酔っ払いの乱入。


待ってるぜぃ!おまめさーん!みんな愛してるよー♪



なんでこんなに息が合ってるのだろう(笑)
まるで読者の方からもコメントが見えているようです。





週半ばになると、またみなさんの雰囲気が変わってきました。
聞こえてきたのは「感謝」の声です。


悔しい哀しいを通り越せば、感謝が残りました

人と向き合う姿勢を、私はここで教わりました

ここはやっぱり奇跡の空間です。

私の生活は、ここのみなさんなくして有り得ない



しんみりしてはいますが、最初とは明らかにトーンの異なるしんみりです。
すすり泣く声も哀しい声ではなく、喜びを携えた声です。


そり



そんな声の後ろから、ポロンポロンとギターの音が聞こえてきます。
流しのお兄さん(お姉さん?)の登場です。
(涙が出るほどウケたので、ちょこっと載せておこう。)


♪雨にぬれたつ~
おさびし山よほぉぉ

我に語れ 君の涙のそのわけをォォ

ボロロン♪


しんみり声の後ろから、こんな歌声が聞こえてくるんですよ、みなさん≧▽≦。
もう最高!






すると今度は、これからのことに思いを馳せるような声が登場します。


こうなって、残った方々の結びつきは一層固いものになったのではないかと思います

みんなが心を一つにすれば、必ず乗りきれますよ!

これは私たちみんながネクストステージに上がる試練であり、チャンスだと思うんです



そんな前向きな声がたくさん聞こえてきました。


その声の後ろでは、またまたビール片手に乱入者の登場(笑)


こらぁ!最近おもしろくないぜー おかげで太ったぢゃないか!


あらま、太っちゃったの?? なんて思っていたら、
またその後ろから


サロンを返せ―!

この野郎、大切な花園でうんこしやがって!!

代わりに吠えます。ぼけぇぇぇぇ!!!



爆笑もんでしょ?





こんな感じで、サロンは朝から深夜まで(いや夜明けまで)毎日賑やかなんですよ。
寝たふりしている店長は、笑いをこらえるのに必死です≧≦



ツリー



そしてここ数日、サロンの雰囲気がまた変わってきました。

淋しい

淋しい

何とかしてくれ、

とにかく淋しい

わたしゃ一週間が限度なんだ!!



そ・・そうなの?^^;
限度があったのね


この一年、おまめさんブログ生活が、自分の生活のほとんどだったから
もう、身体の一部になっていたのかな


おまめブログが体の一部!?(なんて強烈な体だ)



お別れしなくちゃいけない時がくるのかなって思ったら、
夕焼けが切なくなっちゃった・・



なんでお別れ!?(おまめさん、まだ死なんぜよ)


おまめさんも大阪で夕焼け見ているかな・・


見てますよー!
夕食前の軽い夕食を取りながら、しかと見てますぞ!


これっきりじゃないと信じています・・


だからおまめさん、まだ死なないってーーー><





とまぁ、こんな具合なんです。

誰かのコメントを読んで繋がっているわけでもないのに、
みんなの心が、見事に同じ過程をたどっている。

もちろん、私もです。


怒りと悲しみが交互に現れ、
時に怒りが優勢になり、時に悲しみが優勢になる。

そしてひとしきり荒れ狂う波に身を任せた後は、
穏やかな感謝の気持ちが湧きあがって来る。

みんながいたからここまでこれた
みんながいたから悲しみもひとしおだった


そうやって、みんなで肩を寄せ合い泣いた後は
心は未来へと広がってゆく



さぁ、ネクストステージへ!!



ここに集うみなさんの心は一つ、思いも一つなんだと、
私はあらためて思いました。



そしておまめサロンは不滅なんだと、あらためて思いました。



キャンドル


※コメントはまだ承認制のままとなっております。
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
10 12
ピンクのおまめの掲示板

◇おまめ茶屋◇
商品質問・着画投稿 なんでもOK。 思う存分ダべリングしましょう♪

最新記事
プロフィール

ピンクのおまめ

Author:ピンクのおまめ
ファッションって、けっして洋服という狭い意味の言葉ではなく、考えやこだわりによって生まれる「生き方」までを広く表す、とっても素敵な言葉だと思うの。せっかく女に生まれたんだもの。できるだけファッショナブルに生きたいよね。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア