喪に服しながらおパンツ三昧

【6月27日追記】

ローラアシュレイ、本日から始まりました!


で・・ポチったものはこの2点。

まずこちら(リンク貼ってます)、オンライン限定です。
とにかくインナー無しで一枚で着たい!って理由でチョイス。
着丈が60cm超と長いので、白パンツ合わせてもアンダーパンツの色は気にならないv



それからこちら。
両面がレースなので買う気になった(笑)

二枚合わせても一万円くらいと安価なのがウレシイ♪
けど手続きしている間にカートに入れていた2点が
売り切れになってしまったのは超クヤシイ><。
くそぅっ!なんでみんなそんなにセールが好きなんだ>◇<。 ←言えるんかw





40代から、さらに輝く女性たちへ。ファッション通販DoCLASSE

【ディアゴナル・ポンチ・ワンピース】
昨年購入。ポンチ素材だから透けません!しかも洗濯機でジャブジャブv
38%オフのセール価格で7900円なり~♪




                       



先日はまたまたたくさんのコメントとメールを
ありがとうございました (o^∇^o)ノ

なんだかおまめサロンで初七日の法要をさせていただいた気分です。
おかげさまで素敵な一日となりました。
ありがとうございます (⌒-⌒)



さてその後ですが・・

おまめどん、まだ淋しいも哀しいも、全く無いのです(爆)


なんでだろ。
ガンと知った日から看取ったその日までは、とっても哀しい・・というか、
苦しかったのですが、
見送った後は、あー やれやれ=3 って^^;


最初はランナーズ・ハイのような感じで、
今は燃え尽きた症候群とでも言うのかしら。
ともかく淋しくも哀しくもないというのが事実なんですよね。


思えば三年前、ふみ香が背骨を破裂骨折して以来、
ずっと要介護の身だったわけで。

その間、私は娘としての使命に燃えておりました。
弱っていく親の余生を、できる限り豊かなものにしてあげたい
ひたすらその気持ちで頑張ってきました。

「あんた、しんどいやろ、無理しぃなや」

と言われても、返す答えはいつもいっしょ。

「ぜ~んぜん!年取って産んでくれたおかげで、
元気な若いうちに親の介護をさせてもらえてラッキーや!」



性格上、「イヤだ」「しんどい」「明日でいい?」を、
なかなか相手には言えないワタシ。
それはたとえ親といえど同じでした。

そんな私がふみ香の遺影を前に初めて口にした言葉、


「マジしんどかったわ」


この一言を解放したおかげで、
おまめどん、
糸が切れた凧みたいになっちゃいました(祝?)


「ホンマ、休みの日に言うてくれりゃいいものを、
仕事の合間にちょろっと寄った時に限って、
髪の毛切ってとか風呂入りたいとか言うしやなーw」



遺影を前に、文句はとまりません(笑)
きっと一通りぶちまくまで、淋しさはやって来ないものと思われます (^^;


                       


「脇スッキリ」ってのにちょっと興味ある(^^;
ベルメゾンネット


                       



ってわけでー

まだぶちまいてる最中のおまめどん、
そろそろ喪に服すのに・・


飽きてきた(爆)


聞くところによると
四十九日の法要までは、お線香の番をしなきゃならないらしいので、
このままふみ香の庵に留まり、
一応日本人らしく喪に服しておりまするが・・

と言っても、
夢の一人暮らし気分で、家の中を好き勝手に模様替えし、
毎晩子豆と、大音量で音楽聴きながら宴会しておりまするが・・


それにも飽きてきた(汗)

ってか、そんな気分じゃなーい! ←バチ当たり?



だってね、せっかく「喪が明けるまで」という期限付きで
家事から解放され、
自由気ままな一人暮らしをゲットしたんですよ!
それなのに線香の見張り番なんて、もったいなくないですか!?
この機に乗じて、何かもっと他にできることがあるはず!


ふみ香もきっと、

   地球上空 500キロ前後 あたりにドーナツ状に
   丸く地球をつつみこんでるそうな
   それが 霊界 霊界~♪
 by 嘉門達夫 「タンバでルンバ」 

その霊界から、「そうそう、その通りや!」

と言ってくれてるはず♪(* ̄ー ̄)v ←非常に勝手な解釈w


ええい!人間なんてみんな勝手なもんじゃい!
それが人間、生きてるしょーこじゃい!!>< ←何に逆ギレ?



とゆーわけでー


何する?
こっそり仕事休んでプチ旅行?
独身友達誘って夜遊び? (年寄りの冷や水w)
マクドでバイト? (まだ言うてる)
お線香はどうする?
ママ友に頼むか♪(こらこら)


などと考えながら、
とりえず今は近場グルメを楽しみながら
旅行の計画を立ててます


   さて、みなさん。
   もしみなさんに、
   実に7週間もの独身生活が手に入ったら、どうしますか?

   しおらしく線香の見張り番をしますか?
   それとも・・♪♪♪



などど昔のテレビドラマのオープニング風に同意を求めてるヒマがあったら、
取り寄せ品のコメント はよ書けっ!

って声がたくさん聞こえてきたので(汗)


いいんですか~?
たっくさんありますよー

え?いい? はよやれ?

はいはいはいはい はいは一回で!


わかった、やります(笑)


                       


PLST 公式通販サイト


                       




では!
まずは最近届いたこちら♪
【イタリア素材リネンコットンボーダーボウタイチュニック】


これは気に入りました!
ボーダーが若干立体的になっているので、
肌に触れる面積が少なくなり、
汗をかく季節にはもってこいの感じ。
柔らかく、バスト下からそっと広がるフレアが上品!
脇からブラが覗かないので、これ一枚でサラッと着られます。
カジュアルな生地だけど、ボウタイのおかげでキチンと感も出ます。
私は真夏のクソ暑い時に仕事で使うつもりなりv

けどコレにオレンジのおパンツは、どう考えてもやり過ぎだわ~
実物は濃いコーラルがかったオレンジなので、
バヤリースオレ○ジの回し者みたいになるって(--;
ボトムはやっぱり白がいいと、あいしんくそー




【コットンストレッチ リバーシブルクロップドパンツ】


レオパード。(やっぱり? 笑)

こちら見たまんま、画像のまんまのお品でした。
ストレッチが効いていて、動きやすく、
休日にブカっとしたTシャツを合わせて着たら
リラックス感満載じゃないかな。
あとレオパードの方をダニエルの黒ブラウスと合わせると、
いかにも!にはならず、とーっても可愛いです^^
靴はフラットがよろしいようで。
アニマルはパリジェンヌのルールにのっとり、キュートに着たいのだv

それからこちら、大きめの作りだと思います。
いつものサイズ(64)にしたら、ボーイフレンドパンツみたいになっちゃいました。
でもその方が裾をクルクルした時に可愛いので、
交換せずにこのまま購入。




【トリコロール ティアードワンピース】



これは気に入りました♪
チュニック一枚のお値段、下手すりゃもっとお安いのに、
着映え力バツグンのワンピが買えるなんて、
ポリだろうがエステルだろうが(?)
わたしゃ喜んで着ちゃいますよ~♪

購入サイズはMですが、CASAはデカイゆるいと思い込んでいたため、
Mでジャストって、なんか変な感じ(笑)

また動くとあちこちがヒラヒラ動くので、
二の腕が目立たないという目くらまし効果アリ♪





【LIBERTY PRINT/リバティプリント 「スザンナ」&「ロデン」 9分丈パンツ】


これ、厄介なおパンツです(困)

取り寄せサイズは64。
ゆったりストの私なので、ジャストサイズではなく
ゆとりのあるサイズを好んで購入しています。
それなのにこのおパンツ、
両太ももから上に上がらないんです!

ピクリとも動かない。
さー今からおしっこ、ってカッコのままなのです(汗

一体どないせえっちゅうねん!


で・・
そんなにあるとは思えない太ももとお尻のお肉を
手のひらであっちやりこっちやりしながら
なんとか収めてみると・・

あら不思議!
いつものゆったりシルエットでおさまっている。

なんでやねん!><


で・・

またこれを脱げと?
同じ工程ふんで?(怒)

疲れるわいっ!

ったく、このまま新幹線乗ってディノスQC返品センターに乗り込んでやるぞ(怒)
これ返品じゃ!ほれ、はよ持って行け、脱がせるもんなら脱がしてみぃ!って ←何者!?


ってなわけで、
おまめどん、こういう外ズラだけよくて中身の可愛くない奴とはそもそも合わんので、
汗だくになりながら頑張って脱ぎ、
さっさと 厄介払い コンビニに持って行きましたとさ
めでたしめでたし。




【インド刺繍 ペプラムブラウス】


これ、とーーーーーっても素敵です♪
真っ白で、清楚で可愛くて。
この時点で私には無理か!?と素直に思いましたが(哀)
ひとまず試着をばしてみたところ・・

Aライン!?

まーさーかー

いや、鏡に後ろ姿を映してみると、やっぱりテントみたいに三角形になってる。
両腕を飛行機にしてみたらば、なんとまるで幼稚園児!(何年保育やねんw)

でも脇の繰りもネックの開きも、
この9号サイズでジャストなんですよ。

後ろのぺプラム切り替え部分にゴムを入れてみる?
そんなことしたら後ろがギャザースカートみたいになっちゃう?

ってことで、目下のところ悩み中でござるーー;

そうそう、
こちら、模様が模様だけに透けますよ。
なので一枚で着るのは無理でござる。

けどこういうネックの詰まったタイプを
真夏に重ね着するのは辛くないっすか?
なんでダーマは、こういうネックのデザインが多いんだろ。
う~む・・やっぱり返品一直線かw (足でピアノ弾く?)←わかった人は同年代




【コットンストレッチ ロールカラーチュニック】


これはダメでした ( ̄▽ ̄;
まるで大きなてるてるぼうず 
雨の日にこんなの着て歩いていたら、「あの人どんだけ晴れて欲しいんや」って思われるのがオチ。
オペレーターさんにそう言うと、
ツボに入ったのか、想像力のたくましい人だったのか、
電話の向こうでしばらく声をあげて笑ってた (~_~ i)

生地はストレッチが効いてて、
たとえて言うとハリのあるシーツみたいな感じ?
真っ白で、爽やかで、綺麗なことは綺麗なんだけど、
こういう生地感がもはや似合う年齢ではない気もする (ーー;)

それからこちら、肩幅がとっても狭く、
ブラ紐が見える勢いでガバーンと肩が出ます。
それはそれで肩の骨が華奢に見せてくれるかもですが、(ひとりよがり?)
ちょっと気を使いますねー 周囲に。 (人から見るときっと醜いw)

そしてロールネックの延長のバックリボンが重いんです。
重みで後ろに引っ張られるので、
ロールネックが首を絞めつけ、極刑に処されてる気分だ (ー"ーメ (たとえが悪いっ!)
でもって背中は重いリボンが垂れ下がり、ぱっくり丸見え、
色っぽい花魁になるとゆー ( ̄ー ̄*  (美化し過ぎ!)

こいつぁいけねぇ。あっしには無理な相手でさぁ。





【ECOX/エコックス 4WAYストレッチデニムクロップドパンツ】


これも不思議なおパンツです。
分厚いというわけではない(と思う)んだけど、
屈強な意志とポリシーを持ったおパンツでして、
うまく意志疎通が取れない(哀)
おパンツが私に歩み寄ろうとせず自己主張を通すのだ。
つまり歩いている時、足運びがスムーズにいかないのであーる!

けど屈伸運動といふ究極のわがままは聞いてくれる、
最後の最後で器を広げてくれる不思議なお方なのです(?)

口コミでは、みなさん絶賛されているようですが、
パンツ奉行のワタクシには、う~~むのお品でござりんす。

ってことで、このわけわかんない偉そーなおパンツ様、
しばらくお付き合いしてみようと思います。
そのうち歩み寄りを見せてくれるかもしれませぬゆえ。





【イタリア素材 ミニ千鳥ストレッチ 9分丈パンツ】


これは久々のヒットです!
なんて気立ての優しいおパンツちゃんかしら♪
サラッとした肌触りも今の季節には嬉しいし、
もちろん屈伸運動もら~くらく
私のよきバディになってくれそうです。

ピンクの方は、ちょっぴりパープルが混じったような、
スッキリとした色味なので、
秋まで穿けそうです。
ターコイズも派手じゃなく上品ですよ^^

サイズ感は、もしかすると大きめかもです。
ストレッチが効いてるし、ワンサイズ下げてもいいんじゃないかな。
珍しく股上が私の体型に合ったので、
ジャストサイズの61にしてみました。





最後にこちら、
まだ取り寄せてないんですが、そろそろセールかな・・?なんて

【DANIEL HECHTER/ダニエル・エシュテル ウインドペンペプラムブラウス】


某すももんちゃまと同じく、
一枚くらいぺプラムが欲しい~~~~!!!>◇<

ってことで、今こちらを注目しております。
口コミがまだ上がってないからサイズ選びに悩むところだけど、
ツーサイズお取り寄せの覚悟で、絶対ゲットしてやるぞーーーーー!


さてさて、今回のお取り寄せでは
ブラウス二枚にフラれたせいで、おパンツ三昧になっちゃいました。
本セールではブラウス三昧になることを祈ります。


それではみなさま、本日はこのへんで~ (* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪


                       


オットーはやっぱり安い
Otto  ファッショングッズ  オットー・オンラインショップ
スポンサーサイト

命の羽音

みなさま、
留守中は暖かいコメント、そしてたくさんのメール、
本当にありがとうございました。


ふみ香さんは6月8日、
早々と。。というか、とっととあの世へ旅立っちゃいました。



いえね、昔っから気の短い人だったんですよ。
こと病気に関しては、風邪なんか三日続くと、
自分であろうが家族であろうが、なんで治らんねん!と怒り出す始末でして(汗)


で・・

無理やり焼肉を食べさせて荒療治をするとゆー・・(母ちゃん 油もんキツイって~

結局それで治るんですけどね(笑)


ま、そんな人なので、長患いはしないのではないかと
チラッと考えたりもしましたが・・


病気の進行も
本人の性格を表すかのように、とにかく早かった。

あれよあれよと言う間にどんどんQOLが落ちてきて、
午前中にできていたことが、午後にはできなくなっているという感じで
刻一刻と下降していきました。


「・・ったく、ふみ香さん、年取ったらあんまり進行せえへんもんやで」

「うちゃ他のばあさんより体が若いんやv」



何がブイサインじゃw
でもまぁ、こんな時のためにヘルパーの資格を取ったんやし! <( ̄^ ̄)>エッヘン


体も拭きます、おむつも替えます、
なんでも私にお任せかあれ♪


なんて思って、この不器用なおまめヘルパーは張り切っていたんですけどね。
ふみ香ときたら、手際の悪い俄かヘルパーよりも
プロが来てくれる時間を心待ちにする始末で(哀)


「おむつ替えたろか?」

「まだええ

「そんなこと言わんと。そろそろ替えようや♪」

「ええっちゅうねん、しつこいやっちゃな」


ピンポーン   ←若いヘルパーさん、到着


「ふみ香さ~ん、おむつ交換させて下さいねー」

「は~い お願いします~」


なんやねん (ハートマークまで出しくさって=3)


「ふっふ やっぱり餅は餅屋やな」


けっ さよか (  ̄っ ̄)=3


とまぁ、初めはこんなやり取りもできていたのですが、
徐々に息苦しさが増し、会話が困難になってきました。
そして点滴にモルヒネを混ぜるようになってからは、
うとうととまどろんでいることが多くなりました。


「なんかしゃべってーや。ヒマやん」

「そんならお菓子でも食べとき」

「ちょっとちょっと。子供ちゃうねんから (≧ヘ≦) 」

仕方なく、むくみ始めたふみ香さんの足をさすりながら
じゃがりこをあてにビールを飲んでました。 ←結局お菓子食べてる人


「しんどい?」


そんなもん聞かんでもわかるやろうって話ですが、
一応聞いとかんと、看病してる気がしなくって(笑) ←ただの酒飲みに堕ちた人


するとふみ香さん、
こう答えました。

「あとちょっとの辛抱や」


それは自分に言ってるのか、はたまた私に言ってるのか
定かではありませんが、
聞くたびに、ずっとそう言っていました。←何度も聞くたわけものw


ふみ香さん、そのうち声が出なくなりました。
よってほとんど息だけで会話するしかなくなりました。


ある時、何か言いたげだったので耳を寄せてみると、
ふみ香さんはこう言いました。



「unlucky」



ちょ・・ちょっと!
母ちゃん、今、あんたの言うところの鬼畜米英の言語使った!?


一体何事だろうと慌てて主語を特定したところ、
それはふみ香自身のことでした。
そしてこう続けたのです。

「癌ゆうても、こないなるとは思わんかったんや 汗」←天下無敵の楽天家


はあ・・(ーー; 
もっと楽チンやと思うてたんかw


ふみ香さん、日ごろ言ってたんですよ。
人生は博打だって。
どんなに精進努力しても、自分の思い通りにならない部分が必ずある、
それが人生だって。


「そこに面白さがあるんやがな。
 何もかも読めたら、人生つまらんわい。
 予測できへんことが起きる、
 そして思いもせんかった世界に放り込まれる、
 そこで人間は、いろんなことを学んで大きなるんや。
 そやなかったら人間みな好きなことしか学ばんで。」



なるほど、道理。


して母ちゃん、あんたこうなった身の上を、unlucky と捉えてるのか。
そやけど日ごろ言うてた通り、
想定外のことが起こって、さぞかし勉強になったこっちゃろ (^m^ ウププ


し・か・し


unlucky やなんて


軽いなぁ(笑)


けど、そのくらい軽く捉える方がいいのかもしれへんな。
どんな時でも、悲観して自暴自棄になったらおしまいやもん。
今回は unlucky やけど、次回はきっとlucky や!って思いながら
生きて行く方がいいのかもしれへんわ。

けど母ちゃん、あんたの次回って、いつよ(笑)


そんな会話をした後、ふみ香の病状はまた急激に進んでいきました。


モルヒネで苦痛は感じないと言えど、
喘鳴が酷くて、傍で見ている私は気が気ではない・・
・・とか言いながら、
頭から♪マーク出しながら、CASAをポチポチしていたんですがね(笑)


いえね、看護士さん呼ぼうか?と聞いても、
「騒ぐな、落ち着け、大袈裟にするな、自然にしとけばええんや」
を、うわごとのように言い続けるもんですから、
私の自然体と言えば、PCを膝の上に乗っけてる姿勢かな・・な~んて(^^;)


そんな具合で眠れぬ夜を過ごしながら(看病で?ポチで?)
薄暗い部屋の中、呼吸するたびに大きく揺れるふみ香の背中をじっと見つめていると、
みょ~な感覚を覚えたのです。


な・・なにこれ!?


今まで抽象的だった「命」というものが、
もちろん目で確認できるものではなく、手で触れることもできない「命」というものが、
まるで3D画像のように
手を伸ばせば触れることができるのではないかと思うくらい身近に、
そして具体的に感じられたのです。


なんて言えばいいんだろ。
蝶を両手でそっと包み込んだ時のような感じ?
弱々しくもしっかりとした羽ばたきが手のひらをくすぐるように、
ふみ香の命が痩せこけた体を取り巻き、
パタパタとリズミカルに舞っているのを私は感じたのです。


ふみ香さん、生きてる
命が羽音を立てている

そして私は、それを見ている


ほとんど意識のない状態なのに、
ふみ香の心臓は、細胞は、免疫機能は、
「はよあの世に行きたい」と言う本人の意思とは関係なく、
ただひたすら、そしてひたむきに生命活動を続けているのです。

おそらく最後の瞬間まで、
心臓は鼓動を試みようとするだろうし、
血液は全身を廻ろうとするのでしょう。


生物は、生きていることがベースなんだ。
まずそのベースありきで、
私たちは痛みを感じ、心地良さを感じ、笑い、泣き、怒り・・

心臓が鼓動し、血液が巡り、60兆個もの細胞がせわしなく働いている。
今までそんなことなど意識したことはなかったけれど、
実は私たちの体内で、ベースの生命活動がこんなにも賑やか繰り広げられていたなんて!


こういうのを臨終の重みというのでしょうか。
私はふみ香を通して、自分の「生」までも
手で触れた気がしました。

生きているって、なんて神秘的なのだろう。
命って、なんて愛しいのだろう。


私はしみじみとそう思いました。



「騒ぐな、落ち着け、大袈裟にするな、自然にしとけばええんや」


自分の身に起こっている変化――

あらためて考えると、
ふみ香にとって、それもすなわち生命活動の一つだったんだ。
たとえ終焉に向かっていようとも、
細胞がどんどん癌化していようとも、
それらは全て、誇らしい「生」だったんだ。


ああ、わたしってば、なんて小さい人間なんや。(体は大きいがw)
そんなこともわからんと、なんで?なんで?と、ふみ香を責めてしもた。


「どうせ生きるんなら、よく生きようや」

「よく生きてまっせ。あんたにゃまだわからんやろけどな」


すんません。
あんときゃ分からんかったけど、
小生おぼろげながら分かってきました。


「騒ぐな、落ち着け、大袈裟にするな、自然にしとけばええんや」


分かったよ。

母ちゃん、あんた自分の細胞がどんどん癌化してることを、
「老化の一つ」と捉えてたよな。

人間誰しも老いていく。
老いていく体と向き合い、
病んでいく体と折り合いをつけながら、生きていくのがあたりまえ。


だからどんなことになっても嘆く必要もなければ慌てる必要もない。
穏やかに受け入れ、自然に任せればいい。
苦しかろうと、何であろうと、
そんな自分の体に静かに耳を傾けてやる。
命の羽音に耳を傾けてやる。

すべきことは、それだけでいい。

そういうことなんやろ?



私は揺れる背中を見つめながら、
今度はふみ香と交わした会話を思い出していました。



「せめてあと半年でも早く病院に行ってたら、
 もうちょっと長生きできたかもしれへんのに」



「いやいや、じゅうぶん長生きさせてもろたがな。
 これが60代やったら、手術でも何でも受けて立ってやったけどな。
 もうやり残したことは、何一つないわい。」



結局は、ふみ香の意志を尊重する形を取らざるを得ず、
化学療法は一切受けませんでしたが、
私にはそのことが、いささか心残りでした。


「それって、せっかく親からもらった命を放棄してることになれへんか?
 大人は若いもんに、諦めず闘う姿を見せ続けるのが務めやないんか?」


「それはあんたら世代の大人のするこっちゃ。
 わたしらにはわたしらの務めがある。
 それに、そもそもあんたら若いもんとは
 命の捉え方も病気のとらえ方も違うんやって。
 私くらいの年になったらな、
 ああ、やっと許して貰えるんか、って思うんや。
 今まで、よう頑張ってきたなぁって、自分を自分で褒めてやりたいわ」



そう言って、ふみ香は笑いました。


折れざるを得なかった私は、渋々と在宅緩和ケアに申し込みをし、
腹をくくってふみ香の臨終に付き合う決心をしましたが、
やはり「途中で戦いを放棄した」という憤りが、
ずっと腹の中で燻っていたんですよね。

あのふみ香が
あんなにも逞しく激動の世を生き抜いてきたふみ香が
戦いを放棄するなんて!


本当に、どれだけがっかりしたことか。
化学療法に明確な異論を持っているならともかく、
単に「寿命やから」という理由なんですよ。
そんなの納得できるわけないじゃない!


そんな気持ちが、ずっと燻っていたのです。


しかしこの臨終の際になって、
それが煙のように立ち消えていくのを感じました。


「まだ若い時に癌になるのと、この年で癌になるのとは
 意味が全く違うんや。
 若い時のは、試練や。
 それと闘うことで、自分に足りへん何かを学べっちゅうことなんや。
 周りの家族もおんなじ。
 当人といっしょに、学んで大きなれっちゅうことなんや。
 けどな、年取って、そろそろ世代交代って時に癌になるのは、
 いざこの世の執着を断ち切る時が来たんやでーって、教えてくれてるんや。」


「誰が?」

「さあな。神様かもしれへんし、死んだおとっつぁん、おっかさんかもしれへん。
 自分の中におる仏様かもしれへん」


「ふうん」


「人間はな、親を両方見送って初めて一人前になるんや。
 あんたもそろそろ一人前にならんとあかん時期が来てるんや。」



それぞれの年代
それぞれの務め

ふみ香さん、
あんたの最後の務めは、次の世代を一人前にすること?
しかと「責任」というバトンを手渡すこと?



ふみ香は毎日、もうろうとしながらも
「何か食べな元気がでーへん」と言って、食べることに挑み続けました。


うなぎ まぐろ クジラ ヨーグルト プリン


食べることは生きること。
はよあの世へ行きたいと口では言いながら、
ふみ香は生きることを諦めない姿勢を見せてくれました。

呼吸だけで精一杯なのに
美味しいわけないのに


「それって、せっかく親からもらった命を放棄してることになれへんか?
 大人は若いもんに、諦めず闘う姿を見せ続けるのが務めやないんか?」



そう詰め寄ったくちばしの黄色い娘の気持ちを、
まだエゴイズムに支配されている若輩者の気持ちを、
臨終の際にいながらも受け止めてくれたんか?


ああ!なんでこんなにちっちゃいんやろ、私。
なんにもわかってへんくせに、
ほんまごめん。


私はふみ香の喘鳴に耳を傾け、
揺れる肩に合わせて呼吸をしてみました。

ふみ香を抱きしめているつもりでした。



凄い人生やったな、ふみ香さん。
17歳で島原から大阪に出て来て、
一般人が見たこともない世界を、あんたは見て来た。

南海電車の中でチンピラに絡まれ、
履いていたサンダルを脱いで相手の額をかち割り
書類送検されたあげく新聞に載ったという話もしてたよな。
あれ、18歳の時やった?

「若い女の子がチンピラに絡またんやろ?それって正当防衛やん。
 なんで罪に問われるの?」

「田舎もんやったからやろ。
 あの時代は、まだ警察もめちゃくちゃやったからな。
 まあええねん。そのおかげでハクがついたがな 笑」




守ってくれる人は誰もおらん。
頼れるのは自分だけ。
腹くくって生きてると、ちっぽけな女の子でも
そんなに強いパワーが生まれるんやな。


ふみ香さん、ええ人生やった?
大阪に出てきてよかった?
島原は恋しくなかったんか?


「島原には、もうだぁれもおらん。
 あるのは、墓だけや。
 姉さんも兄さんも友達も、みんな若いうちに癌で死んでしもた。
 大阪に飛び出したうちだけ、助かったんや。
 うちの故郷は、この大阪や」



そう言っていたのに、
モルヒネのまどろみから醒めたら
いつもこう言った。

「小さい時の夢 見とった。」


故郷を捨て大阪に根を張ったことを
後悔しているのだろうか。
元気な時は、それこそラオウのように
「我が人生に一片の悔いなし!」なんて豪語していたものだが。


「もし人生を巻き戻せるんなら、ずっと島原におった?」

「そやな」

「ってことは、後悔してるん?」

「それはない。うちゃ、人の10倍は濃く生きたで」


10倍できくか?
あんたは自分の人生を見事に生き抜き、
終焉までセッティングしたんやで。
あんたは最後まで信念を持ち続け、それを崩さんかったんや。


「ってことは、後悔してるん?」

「それはない。うちゃ、人の10倍は濃く生きたで」


後悔はしていない、ってか。

けれど島原で、漁師仲間の誰かと結婚し、
子供を産み、漁の手伝いをしながら
のんびりと過ごす人生もアリだったかな、って?



「そもそも親がおらんかったことがあかんのや。
 それがうちの人生を決めてしもたんや。
 産むだけやったら、畜生でもできる。
 育ててこそ、親や。」



戦後の動乱の中、
一人ぼっちになった子供は
自分自身が狼にならなければ、狼に喰われてしまう。
ましてや女の子。
ふみ香のあの鋭い眼光も、饒舌も、眉間のしわも、いつまでも冴えわたった頭も、
全て自分を守るために、身に付けざるを得なかったものだったんだ。



ふみ香さん、
あんたみたいな生き方は、私には到底できへんけど、
あんたから教わったことは決して忘れず、
私は私なりに信念持って生きていくから、
あの世で安心して見といてや。

あんたが私を産んだことを
私の親だったことを
誇りに思ってもらえるように私は頑張って生きていくから、
安心して見といてや。



揺れる背中に、そう語りかけた数時間後、
ふみ香は眠りの中で静かに生命活動を停止し、
喜び勇んであの世へと旅立っていきました。


天気が悪いと言っては怒り、
タイガースが負けたと言っては怒り、
いつも眉間にしわを寄せていたふみ香だったのに、
今まで見たことのないような、優しく穏やかな顔をしていました。
着せた服が薄紫色だったので、
紫のフリージアを思わせる、凛とした清楚な様子でした。



告別式の会場に立ち込めるお線香の匂い。


正直、今までマイナスの印象しか持ったことがなかったけれど、
その日はやけに、ポッカリ開いた胸の隙間に染みわたり、
いつまでも嗅いでいたいと思いました。


いつかは癒えるのだろうか。
癒えるのも、また淋しいのだろうか。


それにしても、受け取ったバトンの重いことよ!
しかし受け取った以上、しっかり握って走らんとあかん。
子豆に渡すまで、しっかりと握りしめて走らんとあかんのや。



ふみ香さんよ!

おっかさんに会えたか?
おとっつぁんに会えたか?
被曝して亡くなった友達にも会えたか?


お疲れさん!

丹波哲郎の説によれば、あの世ではみんなハタチ前後になるということなんで、
天国(地獄か!?)では思う存分暴れまくってや。


それからありがとう!

今の私があるのは、ひとえにふみ香さん、あんたのおかげや。
そやけど負けへんで。
わたしゃあんたがびっくりするような面白人生を歩んで行くで!



「おう、ようぬかした! その言葉、忘れるなよ!」


ガラにもなく綺麗な花に囲まれたふみ香さんが、
最後にそう雄々しく叫んだ気がしました。


ほな、気ぃつけていってらっしゃい!


またそのうち・・

会おうな


フリージア

生きるとは

みなさん、6月ですってよ!
早いですね~
やっとこさCASAが来ましたね~(遅かったっすね~)


まずは最近のお取り寄せ品の中で、特によかったもののご紹介をば。



してそのお品とは・・ (そのお品とは!)

じゃ~~~~ん!
【DANIEL HECHTER/ダニエル・エシュテル デニムジャカードスキニーパンツ】ですーーーー♪>▽<

リンク貼ってます。 もとい、貼れました(祝)↓


いや~、すももんちゃまにアップ写真をアップして頂いたおかげっすよ~♪♪
これ、どれだけ楽チンかv
どんなに激しく動いても、筋肉の動きをま~ったく妨げないの。
刺繍もロココ調で上品!
肌触りバツグン!
すももんちゃま、ありがとーーー!!


さてコーデですが、
私はブルーのグラデコーデで着ることが多いかな。


たとえば新着セールの【コットンシルク サテン ペプラムブラウス】

リンク貼れました^^ ↓


これと合わせるのが目下のところお気に入り。
パンツの股上がわりと深いので、
こんな丈のブラウスでも全然大丈夫なんですよ。
ちょっと可愛すぎかとも思いましたが、
夏なんだし、許されるかなー なんてね^^

ただこちらのブラウス、
白と合わせるとなんだか変なんですよ。
それこそ、おばちゃん頑張り過ぎ!みたいな感じになってしまってーー;
どなたか(おばちゃんOKの)コーデ指南をお願いしまーす♪(哀)



それからこちら、【DANIEL HECHTER/ダニエル・エシュテル ピンタック使いノースリーブチュニック】

これも貼れました^^ ↓


を合わせて着ることも多いです。

このブラウス、ほんと好き 
めちゃめちゃ好き 
ネックの開きがとにかく美しいの 
生地感もぬめっとしてて(?)
まるでベルベッティなビールの泡のような感じで(??)
とにかく大のお気に入りなんです (* ̄▽ ̄*)


この黒ブラウスと合わせる時は、黒のヒールサンダルで
綺麗めコーデに徹してますが、
着丈・幅共にサイズアップして、
ボーイフレンドパンツ風に裾くるくるして
Tシャツで着崩しても可愛いと思いますよ^^

ちなみにワタクシの場合、
洗いたては綺麗めコーデ、
伸びてきちゃうと着崩してoffコーデ、
そしてまた洗って縮ませ綺麗めコーデ・・
そんなふうにローテしながら使っていますv

いろんなコメントで取り寄せを躊躇ってる方、ぜひ一度お試しあれ!
梅雨のうっとーしさなんて吹き飛ばしちゃうくらい可愛くて快適ですよ♪



                     



さて、こちらでもちょいちょい登場していた母・ふみ香ですが、
いよいよお別れの時が近づいてきました。

ふみ香の胸(肺)には、大きな黒いお友達が居座っています。
ふみ香はこのお友達と仲良く暮らすことを決め、
全ての治療を放棄し、
大嫌いな病院を出て家に帰ってきました。


「治療受けてちょっとでも長生きしたいと思えへんの?」

「あほか。年いくつや思うとんねん」

「モルヒネの一本でも打たんと臨終の際は苦しいで」

「おお、けっこう。どんな苦しい顔して死ぬか見といてくれや」


とまぁこんな具合で説得虚しく、
娘の私は、ふみ香の終焉をそばで見届けることにしました。


一緒になったのが年下で病気がちのヨーゼフちゃんだったため、
ふみ香は私にとって、母というより父でした。
まぁ元々男のような性質だったこともありますが^^;
気丈なふみ香は、床についてもなお気丈でした。


しかしながら私の方は、
最初医師から病状を告げられた時、
全身の神経が逆立つような感覚に陥りました。
心は鉛のように重く、
手足は自分のものではないように感じました。

ところがCT画像を見たとたん、
心がすーっと軽くなっていくのを感じました。


ふみ香の胸の塊が
恐ろしいはずの病巣が
私にはふみ香の一部として、ごくごく自然に見えたのです。


たとて言うなら、年を取って髪が白くなるのと同じように
はたまた皺くちゃになったおっぱいのように(笑)


ああ
ふみ香の胸は、一生懸命に生きてきたおかげでこんなになっちゃったんだ!


風呂敷包みを一つ持って
17歳で大阪に飛び出してきて以来、
壮絶な人生を過ごしてきたふみ香。
黒い塊は、その人生を物語る上での
大切なエピソード、
そして集大成に思えたのです。


するとふみ香の言葉が、ストンと腑に落ちました。


「ガンであろうがトンビであろうが、そんなもん生きて行く上でどうでもええこっちゃ」


生きて行く上で・・?
死んでいく上ではなく?


最初聞いた時は、こんな風に違和感を覚えた言葉が、ストンと腑に落ちたのです。


子供時代を戦時下で過ごし、
青春時代は戦後の激動期の中で過ごしたというのに、
ふみ香の語る話には、悲惨なところが一つもないのです。

それどころか、どの話の背景にも
生き生きとした命の輝きがハッキリと感じ取れるのです。

テレビで見るような灰色の世界では断じてない。
とてもカラフルで、音楽に満ち満ちていて、
力強い生活の匂いがたちちこめているのです。


好奇心旺盛で行き当たりばったり。
金は無くても知恵と度胸だけは人の何倍も持ち合わせていたふみ香。
そんなふみ香の目には、灰色の世界が
さぞ面白おかしく映っていたことでしょう。

そんなふみ香にとって、死ぬことも生きることの内に入っているのです。
したがってどう死ぬかは、どう生きるかと同じことなのです。


深い・・


亀の甲より年の甲とはこのことぞ。
わたしゃあんたにゃまだまだかなわねぇ。



私の凍りついた心がすーっと溶けてゆきました。
そしてまた手足に力が入り始めました。


よっしゃ、ふみ香さんよ
私があんたの終焉の見届け人になってやる!
責任もって、面白おかしく旅立たせてやるぜ!






どうせならより近くでじっくり観察してやろうと思い、
男二人をほっぽらかして、ふみ香のベッドの下に陣取ることにしました。


「酸素ボンベだけでええっちゅうねん」

ふみ香はそう言って娘の好意(?)を迷惑がりますが、
こんな経験、一生に何度もできるわけじゃなし、
母ちゃん、これから毎日あんたのベッドの裾で宴会しちゃるけぇ、覚悟しときんさい!(どこの生まれじゃ)


てな調子で、ふみ香とおまめの珍道中が始まりましたことを、
ここでみなさまにご報告いたします。 (え?いらん?)

いえいえ、いるんです! (なんで?)


とゆーのも、
今後はふみ香の世話で忙しくなるゆえ、
ブログの更新がままならないかもしれませぬ。(今更何を?)

休止しようかとも思いましたが、
「今度はいつ出してくれるんや」と、
ふみ香はおまめブログのネタにして貰えるのを楽しみにしているようなので (ーー;
ひとまず今のままの調子でのんびり気ままに(←確信犯)やって行こうと思います。

もしかするとテンションが上がって
先週のように書きまくるやもしれませぬが(笑)


ってなわけで、皆さま方!
これからもこのおまめの益々の暴走に
どうかどうかよろしくお付き合いくださいまし^^


そしていつの日か、
ふみ香の面白人生を文字で形にできる日がくることを

そして近い将来、
私と同じ境遇になるかもしれないみなさんに
少しでも勇気を与えることができることを

私は祈ってやみません。

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
05 07
ピンクのおまめの掲示板

◇おまめ茶屋◇
商品質問・着画投稿 なんでもOK。 思う存分ダべリングしましょう♪

最新記事
プロフィール

ピンクのおまめ

Author:ピンクのおまめ
ファッションって、けっして洋服という狭い意味の言葉ではなく、考えやこだわりによって生まれる「生き方」までを広く表す、とっても素敵な言葉だと思うの。せっかく女に生まれたんだもの。できるだけファッショナブルに生きたいよね。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア