年末特番 おまめサスペンス劇場(続)

 追記:1月1日(水) 


みなさーん!
明けましておめでとうございま~~~す♪

早速ですが、みなさん、
ディノスの新春セールがもう見られるのをご存知ですか?

昨年末のこと、2013年の新春セールがいつ始まったのかを調べようと思って
グーグル検索していたんですよ。
確か、「ディノス 新春セール」というワードを入れたと記憶しております。
すると2013年のが出て来たので、それをクリックしたらば・・

なんと2014年の画面が!
しかもお気に入りリストにも入るではあ~りませんか!
ついでにポチっとするとカートにも入り、
そのままThank you! まで行っちゃったといふ(^^;

しばらく頭をひねりましたよ~
だって販売開始は1月3日になっているんですもの。

でも、既に売り切れてるものもある・・
ってことは、知ってる人は知ってるんだ・・

そこでディノスに電話してみたのです。
するとOPさんは新春セールの存在すら知らなかったようで、
「お調べして折り返し電話をします」とのことでした。
その後電話がかかって来まして、
本サイトの画面に出ていないなら、ディノスとしては全く問題はない
とのこと。

ゆえに私が言ってもらったThank you!も、生きていたというわけです。
そんなにたいしたものは出ていませんでしたが(爆)、
本社のGoサインが出たので、こちらにてご報告いたしますとともに、
ご興味のある方はぜひ見に行ってみてくださいませませ♪

それではみなさま、本年もどうぞよろしくお願い致しますです!



ディノス オンラインショップ







↓始まりました!!
PLST オンラインストア



                                   



非通知着信は、夜9時に入ったのが最期でした。


とゆーことはだ。


子豆が浄土に旅立ったとゆーことなんだな。  (な・・なぜ?)


犯人が私を怖がらせる必要がなくなったからに決まってるじゃん。 (はぁ・・)


ふみ香さーん
子豆がそっち行ったから、あんじょうしたってやー


さて、これでよし。
わらわは寝るべ♪



そうして気持ちよく布団にもぐりこんだ私でしたが、
普段よりアルコールが多めに入っていたせいか、
はたまた子豆の浮かばれない霊魂のせいなのか、
目は気持ちよく瞑れても
脳は眠ってくれない状態が続き、
何度もヒマつぶしにトイレへ行きました。←狭いところ大好き



あ~ 早く朝になってくれへんかな
仕事したいわ ←この季節は仕事に身が入る


 そうそう!
子豆のためにクリスマスケーキ半分残しておいたんや
あれ冷凍庫に入れんとあかんわ
正月にわらわが一人で食べるべ
ケーキだけに景気付けじゃい!


私はケーキを冷凍庫に入れ、
寝床に戻りました。







そして何回目かにトイレに立った時でした。


携帯がピカピカ光ってるんです。


こんな時間にメール?電話?
もう4時やで。

ってことは・・

もうひとりのアホ息子の方か? (参照:愛しいアホに捧ぐ
あいつ、翌日の仕事が早番の日は眠れんってゆーてたなw


もうええって 無視!無視!


・・・・


・・・・


あ〝-------! も~~ しゃーないなー!!(><)


私は携帯を手に取り、
眠れない息子に「はよねろ」とメールをしようとしたところ・・


なに!?
非通知着信!?


なんで!? まだあいつ生きてるんか!?!?


・・・・・


もうええって、だから~~
どいつもフランスもイタリアも ほんまにもうっ!
振り回されるのはもうまっぴらじゃw


私は布団をかぶりました。



・・・・・


・・・・・



ええい!もういっぺんだけ電話したれ!



これが最後と思って私は子豆に電話を入れました。



・・・・・


やっぱり出えへんやんけ!!



私は布団にもぐりこみました。
もう2度と布団から出るもんかと固く誓って。




                                   


ついに届いたセーブル 編み込みスヌード



画像と異なり、色はベタッと濃いモカ茶一色でしたが、
それはそれで素敵でした。
ただ・・
防寒効果が非常~~~~に疑わしい(--;




                                   




それから間もなくのことです。


布団の中でもはっきり聞こえるほどの音量で
着信音が鳴り出しました。



も~~なんやねんな~
今度こそ眠れぬアホ息子やでw
ほんまええかげんにせぇよ あの親不孝息子たちめ


渋々布団から長い腕を一本だけ出し、
冷たい携帯を掴んで布団の中に入れ、
暗闇の中で表示を確認したところ・・



げっ! 子豆!?



なんと!!
表示は子豆になってるんです。


ってことは・・


ええっ!?犯人から!?  ←サスペンスは終わらない


きゃ~~~~~~~~~~!!!
ついに犯人が非通知を解除して電話をかけて来た~~~~~~~!!!!! 



ジャッジャッジャ~~ン ジャッジャッジャ~~~~ン! ←火曜サスペンス効果音








でも、なんで!?





そうかわかったぞ!
犯人にメールを送ったからやな。
あの犯人、私を恐怖のるつぼに陥れようとしてたのに、
意外や意外、平静やったからムカついたんや。
へっ クソが。
このわしに勝負を挑むなんぞ100億年早いぞ。



私は腹を決め、受話器マークを押しました。
さあ!直接対決の始まりです!!




「なんの用や」



・・・・



相手は黙っています。
凄みを利かせた声に怯んだのでしょうか。



「おどれ何の用やと聞いとるんじゃ!!なんか喋らんかい!!」 
               ↑未知やすえ風に




「・・もしもし」



亀よ亀さんよ、と言いたいところを私はぐっと我慢しました。←ボケツッコミが染み付いてる



「なんや!



ん? 


この声・・ 

なんか聞いたことあるような気が・・





「あのう・・どなたが死にはったんですか?」




へ?



「母さん、お具合はいかかで?^^;」




子豆!?!?




                                   



ATELIER METARINA/アトリエ メタリナ ジャスパー ロングペンダント


かなり主張が激しい子かなと思ってましたが、
全くそんなことはなく、
さりげに洋服に色艶を差してくれる優しい子でした♪



                                   




なんでやねん!
あいつは猟奇殺人鬼の餌食になったんとちゃうんか!?




「あ あ あんた、なんで生きてるんや」

「逆になんで死んでますのや」

「謝罪に行ったっきり、消息を絶ったやんけ」

「ああ、あの人、お留守でしたんや」

「ほんで?」

「ほんでと言いますと?」

「ほんでなんで電話取らんかったんかって聞いとるんじゃ、バカたれ!」

「ああ、押し入れの中で眠りこけてましたんや」

「はあ!?」

「お留守やし、しゃーないから大阪帰ろうと思ったところへ、
 高校の時にお世話になった村松先生からメールが来まして」


「実は単位が足りてなかったから卒業取り消すってか」

「ちゃいますよ!恐ろしいこと言わんといてください
 冬休みやし、久しぶりに会いませんか?ってことですわ」


「で? それと消息絶ったことと、どんな関係があるねん」

「それでですね、僕、返信メール書こうと思って押入れに入ったんですわ」

「なんで押し入れや。ドラえもんに憧れてるんか。」

「それもありますけど、布団がフカっと暖かそうに見えまして」

「ほんで?」

「ほんで押し入れの中で布団にくるまって返信を打ってたところ、
 眠ってしまいましたんや」

「携帯開けたまま?」

「そうです。携帯オープンにして握りしめたまま眠ってしまいましたんや」

「横になって?」

「そんなスペースありますかいな。座ったままですわ」

「座禅組んで?」

「まぁ・・それに近い姿勢ですわ」

「おまえなー、もし凍死しとったら現代の即身仏って報道されとったぞ!」

「と言うと?」

「坊主頭でガラけーを杓のように握りしめて座禅組んだまま凍死したら、
 即身仏そのものやろがw」

「ははは 母さん!上手いこと言う!はははは ><。ヒィヒィ」

「笑いごとちゃうぞ、バカ者! 一体何時ごろ即身仏になろうとしたんや!?」

「はっきりとは覚えてないんですが、もう外は暗くなってましたわ」

「カレー作ったって書いてたメールは見たんか?」

「さっき目が覚めてから見させていただきましたわ」

「着信いっぱい入ってたやろーが


「いや、ほんまに申し訳ないです」

「さようならメールは?」

「見ましたがな!あれ見ていっぺんに目が覚めたんですわ!
 一体誰の骨拾いに行かなあかんのやろと思ったら、僕の骨ですか!笑」




私は非通知着信と猟奇殺人鬼について、話をしました。



「ははは><。 なんでそうなりますのん!」

「わしゃあ感受性が強いんや」

「はははは ほんまおもろいわ><。]

「ちゃうんや。あんたから単に連絡がないだけやったら
 いつものことやし、ほっとくで。
 けどさ、なんかわからんけど、タイミング良く謎の非通知着信が入るんやがな!」


「うーん それは確かにおかしいですね」

「おかしいのはてめえの頭じゃ」

「母さん、人のこと言えますかいな」

「じゃかーし。それでや。その非通知着信がサスペンス劇場の幕を開けてしもたんや」

「いや~、僕の母さんはなんでこんなにおもろいんやと常々思ってましたけど、
 ほんまにおもろいですな。犯人にまでメール書くんやもんな」

「それ読んで犯人逆上して、ついに非通知解除して電話かけてきよったと思ったんやがな」

「この電話ですか?」

「そうや」

「ああ、それでか!怖い声でいきなり何の用や言われて
 自分の母親やと思いながらもビビって言葉失いましたよ」


「永遠に言葉失わんでよかったな
 なんやったら人為的に即身仏にしたろか?」


「やめて^^; 帰ったらおとなしくどつきまわされまっさかい」




かくして子坊主は家に帰ってきました。
骨ではなく、生のまま帰ってきました。
そして解凍した1日送れのクリスマスケーキを
美味しそうにほおばっていました。



                                   




ゴートスエード センターベント入り ロングスカート

今まで出たゴートスエードスカート、
カーキにベージュに焦げ茶・・全部苦手色だったのでスル―でしたが、
今回は大好きなモカ茶!
ってことで購入決定v


                                   



「いや~、今回は本当にご心配をおかけしまして
 申し訳ありませんでした」


「ほんまじゃw いつか倍返ししたるから覚えとけよ。
 お前もサスペンス味わわしたる」


「いつかって、いつです?^^;」

「今でしょ!」

「じぇじぇじぇ!」

「残念!おもてなしを入れられんかった」

「ほんまでんなぁ」









とまぁ、これがおまめサスペンスの全容です。


こうして客観的に見ると、
私ってどんな頭してるんやと呆れるやらおもろいやら(笑)


シチュエーションもまた妄想劇に拍車をかけたんですわ。
だってクリスマスにキレやすいヒッキーに非通知着信ですよ(^^;
これだけ材料が揃ったら、きっと私じゃなくても
サスペンスの一つや二つ妄想するってもんですわv   (おのれだけじゃw)



しかし私はあの恐ろしい24時間を経て、
自分の中にあった解決できないものが、
解決を待つまでもなく、
消えてなくなったような感覚を得ました。


なんかこう・・

ひとことで言えば、とてもすっきりした感覚です。



この一年、
私は命について考える機会を数多く持ちました。

それはけっして楽しいものではなく、
時には苦痛を、時には恐怖を伴いました。



死ぬことは生きることの一部である

これはふみ香を見送った時に悟ったことです。



肉体は、単に命の宿りに過ぎない

これも同じ時、ふみ香を介して目の前で見た事実でした。



そして今回悟ったことは、
命は個々の「生」そのものであり、他者が関与できるものではない
ということです。



子豆くん一人で行かせちゃだめだよ



その言葉を聞いた時、複雑な心境になったんです。
子豆はまだ19歳。
しかし、もう19歳なんですよね。

一緒に来てくれと言われたら、もちろん行く気でいました。
しかし、あいつはそう言わなかった。


片道2時間くらい、通おうと思えば通える距離なのに、
父親との距離やふみ香のことやら、あいつはあいつなりに考えるところがあって
一人暮らしを始めたわけです。
いってみりゃあ、わがままですわ。


それはあいつ自身が一番わかっていることなので、
頑張って不慣れな家事もこなしてきたし、
近いのに、滅多に家にも帰って来なかった。
ゆえに今回も、当然親の手を煩わせるのは、不本意だったはずです。


日本列島、確かに毎日いろんな事件が起きています。
先日も、近隣トラブルで部屋のカギ穴に接着剤を流しこみ
放火するといった事件がありましたね。

しかしながら、今の私ができることは、
危険を避けるためのアドバイスと見守ること、
このふたつしかないのです。


この時点で、私はある程度
腹をくくっていたのだと思います。

そしてあの謎の非通知着信が、
完全に私の肝を座らせた。


そりゃあ親なので、無事でいて欲しいとは思いましたよ。
でもだんだん、
そう思うこと自体、おかしいような気がしてきたのです。


私はあいつの命をこの世に生み出してやっただけ。
あとは自分自身で、その炎を燃やすべし!

ひょろひょろ燃やすも勝手
力強く燃やすも勝手

たとえ親よりも早く燃え尽きたとしても、
それはそれでよし。
悲しんだり、憐れんだりすることは、親の単なるエゴに過ぎない。

あの恐怖の時に、私はそう達観しました。


そしてそれは、ふみ香に対しても同じことだと気付きました。



ふみ香が亡くなってからずっと心の中にあったこと―

際限なく湧いてくる「もしあの時」・・


もしあの時、こうしてあげられていたら
もしあの時、これを知っていたら

もしあの時、もしあの時、もしあの時!


私は何の権利があって、そんなふうに人の「生」を否定する?
そのまんまの形で受け入れることが、残されたものの義務ではないか?
もしあの時を考えることは、
「生」そのものを否定することにならないか?



否定は、なんにも生まない。



私は20日に放映された「おおかみこどもの雨と雪」を思い出しました。

人間の母と狼の父の間に生まれた二人の子供達の
成長を描いた物語なのですが、
二人の子供達は人間と狼、その両方の性質を半々に受け継いでいるのです。


子供達は成長するにつれ、
自分の中にある二つの性質をうまく共存させることが難しくなり、
悩み始めます。
けれど、一切否定はしないんですよ。


なんで私は狼なの?
なんで僕は人間なの?

なんでお母さんは僕たちを産んだの!?



思春期の子供です。
そう言ってお母さんを責めても、全く不思議はありません。
しかし、二人ともそんな言葉は一度も口にしませんでした。


自分が他の友達とは違うということには
一切疑問を持たず、
そんな自分はどう生きるべきかを、
ただひたすら考え、悩みます。


まずはベースとなる自分ありき、なのです。



お母さんは、子供達が自分の生き方を自分で探すことを望み、
人間、狼、そのどちらを選んでもいいような環境で子供達を育て、
来たるべき時をじっと待ちます。


しかし、いざその時が来ると―
別れの時が来ると、
やはり悩みます。苦しみます。


あなたはまだ子供なのに!
私はまだあなたに何にもしてあげてないのに!


母ゆえの、子供を思うがゆえの、自己否定― 執着です。


そんなお母さんを振り切り、子供は山へ戻って行きます。
その姿はあまりにも立派で、
その声はあまりにも力強くて、
まるで母の格闘の日々を讃えるかのようです。


母さん、あなたのおかげで僕はこんなに大きくなりました
僕のこの姿に、どうか自信を持って下さい!


遠吠えは、そう言っているかのようでした。


その声を聞き、お母さんはようやく子供の「生」を自分から切り離します。
否定が肯定に変わった瞬間です。



元気で!しっかり生きて!



そこには、子供の「生」への信頼がありました。
執着の真逆である愛、信頼です。

そしてそれは、私が辿りつかなければならないゴールでした。



子豆と犯人にメールを送って布団にもぐりこんだ時、
私は初めてふみ香にこう言いました。



ええ人生やったな



どんな目に遭ってもひたすら生き、
あんなに雄々しく天寿を全うしたふみ香の「生」が、
心の底から凄いと思えたのです。



早くに親を失くしたため、
ふみ香はその人生のほとんどを「守る側」で過ごしました。
ゆえに、私はふみ香を
一日でも長く守ってあげたかったのです。

大学を卒業してからは、ずっとそんな気持ちでした。
今もその気持ちは変わりません。

けれどふみ香は、潔く浄土へと旅立っていきました。


「マメ二人が訪ねて来た時、あれ?バアサン死んどる!?ってパターンがええなぁ」


その言葉通り、
こっちの気も汲まずに、とっとと旅立ってしまいました。


その心意気を、あの時初めて認め、讃える気持ちになれたのです。



ええ人生やったな。
羨ましいわ。
もう夢に出て来んでええで。
あの世でゆっくり、高みの見物しとき。


そう声に出して言いました。



それにひきかえアホな子豆よ!


こんな逞しい母親を見て育ったのに、
なんにも学んで来んかったおまえが悪い。
父親の要領の悪さを受け継いで生まれて来たおまえが悪い。

ま、これもよきかな。
おまえの人生じゃ。

おまえと対照的な生き方をしたバアサンと
あの世でゆっくり茶でもしばいとき! サラバじゃー!(⌒∇⌒)ノ""



これが私流の、自己否定から自己肯定への切り替え、
「元気で!しっかり生きて!」です。

そう、私のマックスの愛と信頼です!




非通知着信の主は、いっこうに見当が付きませんが、
ま、深く考えても仕方ないし、結果良ければすべてよし。
一年の最後の最後になり、
こんなスッキリした気持ちになれたんだし、
感謝さえしてますわ。


それから子豆ですが、
留まるか引っ越すか自宅に戻るか検討中です。
留年するにしても何にしても(←なんやねんw)、
京都のバス・電車の乗り継ぎにコツがあることが分かったようで、
自宅からの通学もじゅうぶん可能らしいのです。

だったらムダ金使わず
その分を母のコスプレ代に回した方が
なんぼか有益だと あいしんく。

ま、本人に任せますがね。



さー!
いよいよ2013年とのお別れです!(⌒∇⌒)


今年もみなさんと
こんなに濃く深く魂を擦り合わせることができて、
本当に幸せでした!

感謝♪ チュッ☆⌒ヾ(^・^*)(*^・^)ノ⌒☆チュッ


新しい年も私たちのことだ、
きっといろんなことが待ち受けていると思います。


でも私たちDNS、絶対に負けません!

何かあったら、またみんなで励まし合い、
一歩一歩進んで行きましょう!


みなさんに幸あらんことを!



年末1
スポンサーサイト

年末特番 おまめサスペンス劇場

プラステ 1月1日(水)午前11時からセール開始!
PLST オンラインストア



                                   



新しい年まで、ついにカウントダウンですね。
2013年、みなさんはどんな年でしたか?


穏やかな春の海のようでしたか?
それとも荒々しい冬の海のようでしたか?


どっちであれ、私たちは今こうして生きていて、
一応元気で、過ぎた時間を振り返る余裕さえ持っている。


ってことは、まぁよかったってことですよね(^^)


そう思わなきゃやってられませんもの。
いえ、実際その通りです。


今、こうして生きている。
振り返る余裕さえ持っている。
そして、笑うことだってできる。


素晴らしいじゃありませんか!
これ以上、何も望むものなんてありませんよ。


もう2年も前になるかしら。
ここで知り合った友が立ちあげた掲示板で
みんなでわいわいしていた時のこと、
「まさかの出来事」という話になったんです。

その時、これまたここで知り合った大切な友が、

「私もまさかの出来事に遭った人間です。
 でも、私は幸せです。
 だって、今こうして生きているんですもの!」

そう話してくれたんです。
あの言葉を、今年は幾度となく思い出しました。


私は幸せ
だって生きているんだもの!


ゆく年を見守りながら、
今しみじみと、その言葉を噛みしめています。


今そんな心境になっているのは、
いろいろあったこの1年を表すような
あの事件のせいだと思います。


そう
クリスマスに起きた、あの事件です。


ELLEセール 始まってます♪
ELLE SHOP




子豆の住んでいるワンルームマンションは、
屋根のない階段を挟んで
左右に棟のある二階建てで、計8部屋。

ネット回線を無料で使えて共益費込みの2万5千円は、
花の都・京都では安い方だと思うんだけど、
どこの大学からも少し離れているせいか、入居者はたった3人です。


で、子豆は二階に入ったんですが、
下には入居者がいるんですよ。
そんなに空き空きなら、わざわざ下に入居者がいる部屋に入る必要はないと思うんだけど、
どうやら上下セットで一つの不動産屋が受け持ってるらしく、
たまたま世話になった不動産屋の持ち部屋の、二つのうち一つが空いていて、
そこに子豆が入ることになった、というわけだったんですね。


そしてこれが、トラブルの元凶になったのです。





「引っ越しの挨拶は済んだ?」

「それがねぇ、すぐ下の方だけ、まだなんですわ」

「なんでやの?その人を真っ先にせなあかんのとちゃう?」

「僕もそうしたいんですけど・・」




子豆が言うには、下の駐車場や階段・廊下などで
けっこう顔を合わせる機会があるらしいのですが・・



「目を合わそうとしないんですわ」



外で目が合いそうになると、顔を隠し
そそくさと去る。
偶然はち合わせると、逃げる。



「人みしりなのか、繊細なのか分かりませんが、
 とにかくそういうタイプの人なので、
 むりやりこっちの気持ちを押しつけるようなまねをするのは
 ちょっと申し訳ないような気がしまして」




そういう理由で、下の入居者に関しては
様子見をしているとのことでした。




ここも始まってます♪
ファビア・オンラインショップ




そんなある日、好機が訪れました。


子豆がベランダに干していた洗濯ものが、
下のベランダに落ちたのです。

挨拶をする絶好のチャンスと思い、
粗品を手に階下のインターフォンを鳴らした子豆の前に現れたのは、
いつもと全く様子が異なるその人でした。



そんなん上から声掛けてくれたら取ったったのに!
上と下の仲やんか!




「と、肩を抱かんばかりの勢いで親しい態度を取りはったんですわ」



しかし、親しい態度はそれっきり。
その後は、またいつもの人嫌いの態度に戻ったそうです。


鬱状態と躁状態があるってこと?
それともジキルとハイド?


私は逆に不安になりました。


その後、更なる不安材料がいくつか聞こえてきました。


学生ではなく社会人である
ほとんど一日中家にいる
よく電話でケンカをしている
時々母親らしい人が訪ねて来て、言い争いをしている


不動産屋の話によると、
その人はけっこう長くそこに住んでいるとか。
一方子豆の部屋は、ころころ人が変わっているそうで(--;


さー これは一体何を意味するのだろう(汗)



そんな時です。
ついにトラブルが起こりました。



ファンケルオンライン



夜の9時頃、子豆が友達と電話で談笑していたところ、
カンカンと大きな音を鳴らしながら
いきなり階段を上がって来る足音が聞こえて来たと思ったら、
子豆の部屋のドアを激しく叩き、足で蹴り、
怒鳴り散らし暴言を吐きまくり、大暴れしたのだそうです。

「殺してやる!」という声も聞こえたため
子豆はドアを開けず部屋に留まり、嵐が過ぎるのを待ったとのことでした。



「上の部屋は今まで空き家、もしくは入ってもすぐに出て行って空になったし、
 トイレ流す音とか風呂に水を入れる音を久しぶりに聞いてイラついてはったんちゃうやろか。
 ほんでアホの学生の気楽な笑い声が聞こえて来て、怒り心頭に達したんちゃうかな」


「うん、僕もそう思いますわ。まず詫び状でも書いてポストに入れて、
 もう少しほとぼり冷めてから菓子箱でも持って謝罪に行こうと考えてます」




うーん・・

それが近隣トラブル発生時の対処法として
的を得ていると同意はするものの、
真冬の寒い時にわざわざ部屋から出て来て階段を上がり、
ドアの前で大暴れするってどうよ?
あまりにも短絡的ではないか?

仮にも社会人、
ひきこもりであっても社会人・・


そうだ
ひきこもりなんだ!

そして躁・鬱入り混じった不安定な状態・・



怖!



「あんたせっかく坊主になったんやし、謝罪に行く際は袈裟着て行き!」

「なんでですのん?」

「坊主にゃ手出しはできんやろ。京都やし、そのへんのコンビニに袈裟くらい売ってるやろ」

「ははは 母さん 相変わらずおもろいわ
 明日で授業は終わりなんで、
 謝罪済ませたらさっさと京都を出てそっちに行きまっさ」


「ほんじゃあ晩ご飯はこっちで食べるんか?」

「そうさせてもらいますわ。カレー作っていただけたら嬉しいです

「厚かましいやっちゃな。カレーなんてめんどくさい」

「あのとろっとろに煮込んだスジニクの入ったカレーが恋しくてね。
 お願いしますわ」


「しゃーないな~ 高いぞ」

「カネ取るんですか」

「出世払いにしたろ」

「それはよかった」

「利子付くぞ」

「やめて



そんな会話をしたのは24日、クリスマスイヴのことでした。
私はブログに写真をアップしたクリスマスケーキの3分の1を大豆と分け、
残りを子豆に取っておくことにしました。
(あやつはこのブログの読者ゆえ、
 クリスマスケーキの存在を知っているのだww)



そして子豆との連絡は、
ここでブッツリ途絶えたのです。


FLANDRE ONLINE STORE


さて、明けて25日 クリスマス。
私は久しぶりに日の出前からキッチンに立ち、
暖房が嫌いなのでダルマのようにコロっコロに着込み
久しぶりに帰って来る息子のために、せっせとカレーを煮込みました。←さりげに韻を踏んだ


4時間後、無事にカレーは完成。
これで安心して仕事に・・ (仕事に?)


行けやしない(汗)  (なんで!?)


だって今日は水曜日。
大豆は午後から会議があるだけなので、
午前中は家にいるんですよ。

つまり  (つまり?)


カレーが消失の危機にさらされるってわけなのです  (ひえぇぇぇ!)


やべぇ・・(汗2)


少し前にカレーを作った際、
たった一杯分を残して
大豆が全部食べてしまったことを思い出しました(怒)

その一杯をどうしようかさんざん悩んだ末、
母性が僅かに勝り、
「持ってけ泥棒!」と気前よく子豆に食わせたという哀しい思い出とともに(泣)



そうなんや
大豆もカレーが大好物なんや(困)


こいつはいけねぇ。
苦労して作ったものを、大豆一人に食わせてなるものか!


そこでわたくし、他に大豆の気を惹くものを頑張って数種作り、 ←まるで熊扱い
デザートのティラミスまで自分専用の冷蔵庫から渋々出して来てやり、
テーブルに並べておきました。

そしてカレーの鍋には、「調理途中につき、食うべからず!」
と書いた紙を、ご丁寧に貼っておきました。



さあ、これでよし!


私は安心して出家しました。(母子そろって坊主?)




半日ほどは、カレーのことも子豆のことも、食いしん坊の大豆のことも
私はすっかり忘れて過ごしていました。


しかし、日が沈んだあたりから、
俄かに子豆のことが気になって来たのです。



あいつ、謝罪はうまいこといったんやろか・・



私は仕事の合間に子豆にメールを入れてみました。


「カレー、作ったで」



すると数分後、
子豆からの返信ではなく、謎の非通知着信が入りました。

非通知は着信拒否しているので、画面を見て初めて気付きました。


なんでこのタイミングで非通知着信なんや・・


私は仕事を終えるのを待って、電話を入れてみることにしました。




Francfranc ONLINE SHOP フランフラン オンライン ショップ



さて夜8時。
仕事が終わったので、子豆に電話をかけてみました。


しかし、何度コールしても子豆は出ません。
その代わりに、また非通知着信が入って来ました。
まるで私の電話に反応しているかのようです。


なんでやねん!?!?


不安がどんどん募って来ました。



とにかく家に帰ろう
あいつカレー食べて眠りこけてるんかもしれへん



私は家路へと急ぎました。


そして帰宅したのが夜の9時。

家には子豆はいませんでした。




あいつ 一体なにやってるんや・・



私は再び電話をしようと携帯を開けました。
すると・・



げっ!

今まさに非通知着信が入っている!!!




全く意味がわかりません。
非通知着信なんて、何年に一回かひょっこり入る程度なのに、
なんでこのタイミングで立て続けに入ってくる!?


しかも最初の非通知着信は、子豆にメールを入れてすぐ。
次は電話をしてすぐ。
そして今度は、まさに電話をしようと携帯を開けた瞬間でした。


まるで誰かに見張られているみたいじゃない?
そしてなぜ子豆は電話に出ない?



もしかすると・・  (もしかすると!?)


もしかすると・・  (もしかすると!?!?)




ぎゃ~~~~~~~~~~~~~~~~っ!!!  (なんやねんっ ><)



ジャッジャッジャ~~ン ジャッジャッジャ~~~~ン! ←火曜サスペンス効果音



などと一人で遊んでるうちに
余計に盛り上がってしまったではないか=3 ←自滅が得意な人



どうする?
京都まで見に行ってみる?

いや・・外寒いしw ←そこまではしない人


携帯を京都におきっぱして電車に乗ったんかもしれへん。
もうちょっと待ってみよう。

その間に、わらわがカレーの第一杯目をば(^m^ イヒヒ♪


久々に我が口に入ったカレーはたいへん旨く、
食べている間は子豆のことなどすっかり忘れていたのですが、←息子<カレー
食べ終わるとまた俄かに心配になってきました。


もういっぺん電話入れてみよか・・



と、携帯を開けると
また非通知着信が~~~~~~~~!!!



ベルメゾンネット




こりゃあもう、サスペンス決定です。
私の頭はさっそくベタなストーリーを書き始めました。


下の住人は、実は精神を病んだ猟奇殺人鬼。
部屋にこもってスプラッタ小説を書いている。
今日も病んだ心に振り回されながら、
「クリスマスの惨劇」または「サンタが殺しにやって来た」とかいうタイトルの小説を
一人部屋にこもって書いていた。
しかし、それは彼なりのクリスマスの祝い方だったのだ。

そんなところへ若い坊主がやってきた。

今日はクリスマスだぞ!
それなのに、なんて空気を読まないヘアスタイルなのだ!
抹香臭いヤツは去れ!
いいや、オレがこの手で葬ってやろう。(ニヤリ)

このようにして、子豆は拉致監禁され、
猟奇殺人鬼の餌食になった。

そして子豆の携帯を奪った殺人鬼は、
なんらかのメッセージを送るために、
非通知設定にして私の携帯に電話をかけてきた。
しかしヤツは、私が非通知を着信拒否にしていることを知らなかった。

ちっ!

最初ヤツはそう思っただろう。
しかし、間もなくヤツはその状況に楽しみを見い出した。

そうだ
電話の向こうの人間を恐怖のるつぼに陥れてやろう。(再びニヤリ)

こいつは何かを察して何度も電話をかけてきている。
これは面白い。
こいつにもっと恐怖を与えてやろう。(またまたニヤリ)


とゆーわけで、ヤツは私の携帯に非通知着信を入れ続けているのだ。

今日はクリスマス
聖夜の惨劇
雨は雪に変わり、雪の白は血の赤に変わる・・



ぎゃ~~~~~~~~~~~~~~~~っ!!!  (もうええw)


さー、そんなサスペンス妄想がクリスマス気分を盛り上げ、
私はすっかり怯えきってしまいました。
はい、そうです。自滅です(^^;



「謝罪になんか行く必要はないって!
 行くにしても、子豆くん一人で行かせちゃだめだよ
 危ないよ」




ほんの数日前に友から言われた言葉が
右の耳に聞こえてきました。


取り返しのつかないことをしてしまった・・


すると今度は左の耳に、
過去から子豆の言葉が聞こえてきました。


僕は母さんが僕を心配してることが心配なんですよ
 


これは先日、子豆と電話で話をした時にあいつが発した言葉です。
互いに相手を想うあまり、逆に身動きできなくなっていることを
子豆が子豆なりに分析し、発した言葉です。

そしてあいつはこう続けました。


「心配しようがすまいが結果は一つ。
 なら心配は無意味です」




そらそうや。
その通りや。
心配して結果が変わるんなら、なんぼでも心配したるで。
でも結果は変わらん。同じなんや。



私は冷静になろうと、そう自分に言い聞かせました。


そうや、そうなんや。
ふみ香は動乱の世に生まれ、
大変な目に遭いながらも
結局天寿を全うした。

それやのに、こんな平和な時代に生まれたくせに、
サスペンス劇場に巻き込まれて命を落とすヤツなんざぁ、
もうそこまでの運命よ!


よっしゃ!
わしゃあ腹を括ったぞ。
子豆よ、さらばじゃ!



Vera Bradley ヴェラ・ブラッドリー【日本上陸!キルトバッグ】




私は携帯を開け、メールを書き始めました。



子豆くんへ

君がなんらかの事件に巻き込まれたのは、
もう疑う余地がありません。

しかし、いつぞや約束した通り、私は悲しみません。
君の運命がこうだっただけと思ってサッサと諦め、
今まで通り面白おかしく生きて行きます。
なので君も、とっとと浄土へ行って下さい。

本当に人の出会いは別れの始まりですね。
ならば私は、別れの哀しさより出会いの喜びを噛みしめたいです。
君に出会えてよかった。
さようなら。




犯人さんへ

別に私はあなたを怨んではいません。
訴えようとも思いません。
自然災害に巻き込まれたのと、なんら変わりはないからです。
むしろ骨を拾えるだけマシだと思ってます。
納骨がめんどくさくもありますが、まぁ親としての最後の仕事だと思って
ぼちぼちやります。
それでは。



メールを子豆宛てと犯人宛ての2件書いて送信し、
私は安心して布団にもぐりこみました。



≪つづく≫



                                   



DoCLASSEの トライバル・カウチン・ジャケット
icon
icon
icon
ピンクが効いててとっても可愛いのに、ここのは袖丈が私には短い(哀)
ゆえに7分袖 or 夏物以外は手を出せないの~~(泣)


いちごショートのお味は

今年最後の着画はこれにしようかな。
けどアクセは難しそうなので私にはムリな気がする(^^;



ATELIER METARINA/アトリエ メタリナ ジャスパー ロングペンダント



                                   





ローラアシュレイ セール始まってます♪

【LAURA ASHLEY London】モンクスラップコート 17,850円 9,870円(税込)





                                   



さてさて、今年もやってきましたクリスマス。


小さいお子さんがいるご家庭では、きっと賑やかなクリスマス
受験生のいるご家庭では、祈るようなクリスマス
そしてそこそこみんないい年になったご家庭では、
きっと静かで穏やかなクリスマスですね。


え? うち?


うちはここ数年、みんなそれぞれ忙しくしているので、
「きっと誰も帰らない すれ違いのクリスマス・イヴ♪ さいでんな~♪ ほーでんな~♪」ですわ(笑)


ま、仏教徒なので、別にいいっちゃいいんですけどね(^^;


でもやっぱり思い出しますよ。
昨年の「メリークリスマメ」にも書きましたが、
古き良き時代の原色オーナメントやお菓子の長靴、
そしてなんといっても市場のケーキ!

今だったらゼッタイ口に合わんだろうあの昭和の味を
思い出さずにゃいられません。

あの頃はあれが極上の味だったんですよね。
懐かしいです(*^^*)



そういえば、あの味を最後に食べたのは
そんなに昔じゃないんですよ。
25歳の時なんです。 (おもいっきり昔だと思うがw)


だって平成なんですよ!
平成ひとケタですけど。あはは(^▭^;


あれは娘を亡くしてすぐのクリスマスでした。


え?


前回記事で、「生きていたらハタチ」って言ってなかった?

ってことは、おまめさんは45歳!?



ははは まーさーかー 



生きていたらハタチというのは
私の大きな勘違いでした(^^;←アイアムとっくにおーばー45  (どうすれば勘違いするのだろう)

昨年記事「夢から醒めた夢」を覚えていらした常連さまが先に気付いて
教えてもらったんですが、いや~もう、びっくりしましたよ~   (呆れたヤツ)






まさに娘を亡くした6日後のクリスマスに、
いつぞや記事に出てきた幼なじみババ友の家で
あの丸くて甘くてノスタルジックな昭和を味わったんです。



                                   



こちらfitfitの外反母趾対応コンフォートブーティーですが・・
 ヒールの高さいが6.5㎝なんです。もうこのくらいが限度かしら(^^;






                                   




「お母ちゃんが市場の福引でクリスマスケーキ当ててん。
 二人で食べようや。けっこうデカいで。」





若いから回復も早かったんでしょうね。
まぁ歩いて数分の所でしたが、
電話を貰ってすぐ、そのデカいケーキにつられて
私はけっこう軽い足取りで、トコトコと友の家を目指しました。

とてもいいお天気でした。


友の家に着くと、紅茶のいい匂いがしました。



「コーヒーの方がよかった?」

「2杯目はコーヒー貰うわ」

「はいはい」



焦げ茶の革貼りソファーに座り、
そのへんに置いてあった本を無意味にパラパラめくりながら
私はお目当てのケーキを待ちました。


すると友母が、白くて細い腕に大きな箱を抱えて
リビングに入って来ました。


おおっ!モノホンや!!


久しく市場のケーキなんぞ見ていなかったので
感動的な対面でした。



「おばちゃん、すごい!1等当てるなんて!!」

「そやろ。この人クジ運いいねん」



娘と正反対のおしとやかな友母は、
少女のように頬を染めながらテーブルに箱を置いて、
そそくさと台所へと消えていきました。

きっとまた何か出てくるな(^m^ ムフフ ←この頃から食いしん坊w



さっそく箱を開けてみました。
するとそこには、なんともレトロなケーキが鎮座していました。


白くて丸いデコレーションケーキ。
赤いイチゴが目にも鮮やかです。
そして極め付けが、古臭い色形のサンタ&トナカイにチョコプレート。


うわー・・まだ生きてたんだ、昭和の女王


大人になって、次から次へと人生の厳しさを知り、
生きることが恐ろしくさえ感じ始めていた矢先のこと。
思いがけず再会した昭和の面影に、
私は胸がキュンと締め付けられるような気がしました。



「さあ、思う存分食べよーぜ♪」

「おじちゃんに一切れ残しといたりーな。
 おじちゃん甘いもん好きやったやろ?」

「いや、お父ちゃん糖尿の気があるから
 食べさせたらあかんねん」




じゃあいつも食べてるのは何故だ。


娘がたいして執着しないものに関しては
食べても父の体には触らんってことなのだろうか。
なんて恐ろしい認識なのだろう(--;



「ええねん。だいじょーぶだいじょーぶ。
 憎まれっ子世にはばかるっちゅうやろ」



父とゆーものは、どこも同じ扱いなのであったw



レトロチックなクリスマスケーキには、
期待を裏切らず酸っぱ過ぎるいちごが乗っていました。
しかもご丁寧に、中にまでたくさん仕込まれている。
まるで地雷だ。



「これって嫌がらせやで」



甘いクリームを纏った意地悪なヤツ、その名はいちご。
ピンの時はいいのだが、ケーキとコンビを組むと途端に悪いヤツになる。
クリームの甘さに油断してると、脳天を突き抜けるほどの衝撃が走るのだ。

とりわけ昭和のクリスマスケーキときたら、その酸っぱさは梅干し級。
ケーキは嬉しいものの、食べる時には根性がいりました。

私はこのせいで、いまだにいちごショートが嫌いなのです(--;



「ビタミンCいっぱい入ってるから、今は薬やと思って食べ」



19日、控え目な花束とファッション誌nonnoを手に持って
この友は、すっぴん&満面の笑みで私の前に現れました。
この日は当時私が購読していたnonnoの発売日だったのです。


「気ぃ利くやん」

「そやろ」

「なんか顔色悪いで」

「外寒かったからちゃうかな」



まだ麻酔が効いて頭がボーっとしていたので、
その後どんな会話をしたかよく覚えていませんが、
あの日の笑顔を思い出し、
友の言葉に素直に従うことにしました。

笑顔は、酸っぱいイチゴを果敢にも口に放り込むより
ずっと勇気のいることだったでしょう。



「はいはい。頑張って食べさせて頂きますわ」



キメが荒いのか細かいのかわからんようなスポンジ
やたらと白くて甘い生クリーム
そして色だけは綺麗な硬いイチゴ

これぞ懐かしの昭和の味でした。



「これが年に一度の楽しみやった頃に戻りたいな」

「ほんまやな。有難味がなくなった今が、無性に淋しく感じるわ」




戻れないあの頃。
そんなに楽しいことばかりではなかったはずなのに、
何故か憧れる昔々の時間・・



「このままどんどん年取っていくねんで」

「そやで。止まってくれへんで」


「嫌なこと、いっぱいあるんやで」

「ぞっとするわ」

「ええこともあるかもよ」

「ええことなんかなくてもいいから、
 悪いこと起こらんといてほしいわ」




心の底からそう言ったのを、今もはっきりと覚えています。


月日は飛ぶように過ぎて行き、
時はその速度を緩めることもしてくれない。
だったら、哀しむ暇などないくらいに
びゅんびゅん飛ぶように過ぎて行けばいいのに!



「最近、シミできてん」

「知らん所で老化は進んでるってこっちゃ」



当時25歳。
その約四半世紀後のお肌を知る由もない年頃です(^^;



「高校の時さ、家庭科で自分のライフサイクルっての書かされたやん。
 覚えてる?」


「覚えてる。私、23で子供産んで40で死ぬつもりって書いて、
 先生に呼び出されたんや。」


「呼び出されるのはいつものことやろ。けどなんで40なん?」

「それ越えたら皺くちゃのお婆さんやと思っててん。
 そんなお婆さんになってまで生きていたくないやん」




恐ろしい思い込みですわ(--;

しかし、若いというのはそういうこと。
ほんの10年後、20年後が想像できない。
ってか、想像する必要がないんですわ。



「アホな!60くらいまではお婆さんじゃないで」



おまえらどっちもアホじゃ!

60はお婆さんとちゃう!!
75超えてやっとお婆さんじゃいっ!!! (天下無敵の後期高齢者v)


と、過去に向かって叫びたい私であった。


あの頃に戻りたいなどといっちょまえなことを言いながら、
人生の苦渋を一通り舐めたような気になっていながら、
若い自分しか見えてなかったんですよね。


けど、そうでなくちゃいけません。
そんなおバカでなくちゃ、
ここまで歩いて来れなかったでしょう。 (天下無敵の20代)

年を取るということがどういうことか知ってたら?
もっともっとたいへんなことがたくさん待ち受けてると知ってたら?

歩く気にもならんわなww




「お昼食べて来たん?」

「当たり前やん。ケーキはデザートや」

「お母ちゃんが美味しい和菓子があるって言うてるで。まだお腹に入る?」

「当然!和菓子は別バラや



友と私は有言実行の元、
デザートのケーキをぺろりと平らげてしまいました。(おじちゃん、ごめん)
そして別バラの和菓子(黄色いそうめんみたいなのが乗ってた)に舌鼓を打ちました。



若い若い日のことでした。




                                   



OTTO ファビア 【フラワーレースワンピース】 ¥6,900
icon
icon
こういうの好き♪ ※12月25日までクリスマスセールやってます


                                   




人間は、その時々の心で感じ、その時々の思いで語り、
その時々の考えで進んで行く。


更に四半世紀経った頃に今を振り返ると、
きっと言いたいことは山ほどあるのでしょうね。
また「アホっ!」と叫びたくなるかもしれない。

しかし、その時々の心で感じたこと、その時々の思いで語ったこと、
その時々の考えで進んで行った先、
それらが一番正しいのだと私は思います。



さて、昭和の女王との再会を祝った数年後、
友はあの日と同じ満面の笑みで、
今度は特大の花束を抱えて
母となった私を祝いに来ました。


「おめでとう!子豆のファーストキスを奪いにきたで!」

「うわ 恐ろしいおばはんやな」

「美味しそうなご馳走並んでるやん。
 鯛のお頭付きに、いちごショートまであるし」


「お産でクタクタやのに、何も食べられへんで。あんた食べ」

「イチゴほじくり返したるから、食べ」

「ビタミンCはいらんのか?」

「嬉しい時は体内で合成できるやろ」

「そんな動物おるんかいw」

「そういえば妊娠中、イチゴがゴロゴロ乗った酸っぱいケーキが食べたいって言うたことあったよな。
 チャリであちこち探しまわったの思い出すわ~」


「あんときは狂ってたんや」

「ははは いつもやろう」




オンワード・クローゼット




その後はまず、父ヨーゼフちゃんが他界したのを皮切りに、
どんどん周囲の様子が変わって行きました。

元気な糖尿病のおじちゃんは、
思いもよらず雁になって飛んで逝き
母ふみ香も、ついに浄土へと旅立ちました。

唯一残ったおばちゃんは、
少女の面影を残したまま、娘に介助してもらいながら暮らしています。



 あの頃に戻りたいな


どちらからともなく、時々この言葉が出ます。


あの頃を頑張って生きたからこそ今があり、
今を頑張っているからこそ、あの頃を懐かしむことができるってことを、
もう私たちは知っています。


「ほんまやな。けどあの頃と体重変わってないで^^」

「うるさいわ。私は変わったわ。ほっといてくれ><」


うん、ほっとく。
あの頃と体重が変わってしまった今ですら、
もう四半世紀経った頃には懐かしんでいるに違いないから。



「人生ってさ、あの昭和のクリスマスケーキみたいやと思わん?
 甘いか酸っぱいかどっちかにしてくれーーー!!!って言いたくなる」


「ほんまや。けど酸っぱい方が断然多いのはなんでやねんww」

「ビタミンCいっぱい入ってるから、薬やと思って食えっちゅうこっちゃ」

「自分は食べへんクセに」

「食べるかいな!
 明日死ぬかもしれへんのに、わしゃ口にマズいもんは一切食わんぞ」


「それが人生観か?」

「その通りや^^」



そんな会話をしたのは、つい最近のことです。
それすらも懐かしく感じるほど、時は足が速い。気も早い。

ゆえに気も変わる。



明日死ぬのはイヤやから、ビタミンC取っとこ



・・と、ひとりごちながら食べたのは、
こちら「苺のミルキーショートケーキ」 byアフタヌーンティーです。
イチゴショート


嫌いなら食わなきゃいいと思うんですけど、
ついつい「根性試し」的なノリもあって注文してしまうんですよねー (アホや)

でもこの日は上記の理由で全部食べたんですよねー (なんかアホや)


じゃかーし!ほっといてくれww


時には生クリームの方が重く感じることもあれば、
イチゴの酸っぱさがたいして気にならない時もあるんですよ。

あぁ 私って、生きてるんやなぁ 生なんやなぁとしみじみ思います。 



その都度その都度、感じるままに生きていけばいいんですよ。
だって正解なんてないんだもの。
だったらそれが正解なんだわ。


ってことでー


やっぱり私はモンブラン派です <( ̄^ ̄)>エッヘン  (なら最初からモンブラン食え!)


ははは 気分気分!



   食べるたびに味の変わるイチゴショート。
   ちょっとした心身の変調により、如実に味が変わるのは
   私だけでしょうか。
    (おまえだけじゃw)



                                   



さてさて、毎年恒例になってもなぁ・・と思いつつ、
今年もクリスマス写真を撮ってみました ( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


今年は明るく楽しく賑やかに!をテーマに、
いちごショートをイメージして演出してみたでござる。

タイトルは、「パーティー!」

ピンクロキャロンクリスマス

結局買って帰ったアンリシャルパンティエのブッシュ・ド・ノエル
偶然ブーツと同じキャメル色だった(笑)

アンリシャルパンティエ

 愛するみなさま!メリークリスマス! 

                                   


コーデで使用したストールは、
こちら↓のシリーズのダートオブマクレーンです





愛しい君へ届け!

この季節 いつも試してみたくなる 
     食わなきゃいいと 言うなかれ   


ファンケルオンライン



                                   




パーティーで使うんなら、プラス黒ツイードジャケット?
ありきたりかな。じゃあロイヤルブルーなんかはどうかしら?(ウキウキ♪)


icon
icon



                                   



今日は娘の命日。
生きていたら、ハタチです。
きっと私に似て、デカイ女だったことだろう(^^;


息子の子豆は、毎月19日は欠かさずお参りに行きます。
先月は部活で遅くなり、寺に着いた頃は日付が変わる寸前、
無地にお参りは済ませたものの、
終電間に合わず、なんと野宿したそうで(ー"ー;



「あんた、なんでそうまでして行く必要があるん!?
 家で手合わせといたらそれでええやん。
 ふみ香が言うてたやろ。生きてる者が最優先。
 どこから手合わせても、気持ちは届くって。」



「そりゃまぁそうなんでしょうけどね。
 姉さんが無事生まれてたら、僕はこの世に生まれてませんから、
 特別な思いがあるですわ」





わたくし19年前に子豆を出産した際、なんと72時間もかかったのです。
子宮口が筋肉でガチガチになってたそうで、
陣痛が5分おきになっても、まったく産道が緩まず、
死ぬ思いで子豆を出産したのでございます。

で、その時に助産婦さんがこう言いました。


あなた、何回お産しても同じよ。ずっと難産よ。


この一言で、子豆は一人っ子が決定しました。


ってことは、もし姉を通常出産できていたなら、
この子の時に一人っ子が決定したわけで、
子豆が生まれることはなかったということなのです。



「しかも、誕生日が同じ日なんてね。
 僕は姉さんの生まれ変わりかもしれません」




くしくも姉と弟は誕生日が同じだったのです。
ということもあり、
子豆は月命日には欠かさずお参りをしているようです。



                                   


こちら、ついに到着した【 カシミヤ カモフラージュ柄 インターシャプルオーバー 】です!



・・が、


なんて残念なのだろう。
デザインはとっても素敵なんですが、いつもよりかなり小さめのお作りのようでして、
Lサイズなのにジャストなんですよ~~(哀)
しかもジャストなのは腕・肩周りだけで、身幅はダボなんです~~(哀2)

あーーーもったいない。
こんな可愛い柄なのに(>o<)。

ほんと残念ww

ってことで、とりあえず着画だけ撮って、さよならです(;д;)ノ~''

じゃーーーん


カモフラ取り直し


ね?
腕はピターっ 身頃はダボーっ 
必要以上に太って見えるでしょ(T◇T)

けど私の体型に問題があるのかも。
レギュラーサイズの方なら、裾の黒リブはもう10cmほど下に来るはず。
だったらウエスト周りはもう少しボディに沿ってくれるんじゃないかしら?



                                   





そんな子豆、最近調子を崩しているんですよ。
何もヤル気が起きない
精神面で些細な痛みに耐えるパワーがない
食欲もない

ないないずくしのないずくし、だけでなく、
なんと授業も欠席しがちのプチ不登校なんですわ(ーー;
こりゃ留年決定でっせw

そして先日、とーとーガスまで止められたそうで
すぐそこのコンビニに振り込みに行けなかったということですww



ところが、私も子豆のことばかりは言えないのです。
11月あたりから、体がおかしいんですよ。


不調・その1
眠気をあまり感じない。


毎日2時半頃に眠りにつき、
6時にはきっちりスッキリ目覚めてるといふ。
そんなヒマ過ぎる朝のひと時に、このオバちゃんは取り寄せ商品を着て
一人ファッションショーを繰り広げておるという、たいへん不健康な毎日でして(^^;


不調・その2
急にひどい恐怖感と孤独感に襲われ、パニくる。

10年前、パニック障害を患ったことがあるんですが、
それにちょっと似てるかな?
これは脳の青班核というところの誤作動なので、
解き放つ方法は簡単。
「で? だからどうしたん?」と自分でツッコミを入れるとすぐに治まります。

しかしこれは精神になんらかのひずみがある証拠なので、
もしかすると温泉が足りないのカモ・・なんて思っています。あはは(^^)



不調・その3
肩と首が異常なほど痛い。

夜中も痛くて目が覚めるほど痛いんですよ。
それなのに、仕事中は全く痛みがない。


ってことで・・


「もしかしたら、私ら鬱ちゃう!?」

「え?僕も??」

「そうそう。今若い子の鬱が流行ってるらしいで」

「母さんは若くないのに、おかしいですね」

「そやな。私のは更年期性のものかも・・って、じゃかーしわ!!
 気持ちは若くてフレッシュなんじゃww
 それにわらわはガラスの心を持ってるんじゃい」


「カラスの心?

「ガラス!

「そやけど僕、友達と一緒にいて普通に楽しめますよ」

「アホ!鬱の症状なんて、どこにどうでるか千差万別なんや。
 人一倍食い意地の張ってるおまえが食欲ない、ヤル気でーへんってのが
 なによりの証拠や」


「ふむ。一理ありますね。で、母さん、仕事に対してヤル気は?」

「あるある。仕事には喜んで行けるんや。
 そやけど、帰宅の途になると、心が硬直するんや」




そーなんです。
駅に着くや否や、どよーーーーんと気持ちが沈みこむんです。
亡くなった母を思い出すんですよね。

背骨を折って以来、すっかり家に引きこもりがちになったふみ香を
あの手この手を使って外へ連れ出し、運動させるのに四苦八苦した毎日でした。



「まず思い出すのが駅前のスーパーや。
 ひとまず、そこの鮮魚コーナーで釣って連れだしたんや。」


「どっちが魚かわかりませんね(笑)
 あの人、漁師町の出なんで、ーパー行くと鮮魚コーナーから離れませんでしたな」

 
「そーそー。その後は外のベンチや。
 温州ミカンジュースを買うてやったら、喜んで飲んでたなぁ」


「国産にとことんこだわる人でしたね。
 ニッポン大嫌いや、今のニッポンはクソや、言うてるくせに、
 ニッポン万歳!のお人でしたな。」



駅から自宅へ戻るまでの道々・・
そのあちこちにふみ香の姿が出没し、結果苦しいんですよね。



「なんでですの?
 ふみ香母ちゃんはあなたのような孝行娘に看取られて幸せでしたよ」


「・・と分かってはおるんやで。
 けどな、もっとしてやれることがたくさんあったはずや。
 それに、最後の最後に、ありがとうのひとことも言えんまま
 旅立たせてしまったやろ。あれが心残りでしゃーない」


「そんな気持ちでいると、ふみ香は浄土へ行けませんよ。
 それにあの性格でっせ。ありがとうなんか言われたらどんな反応します?
 じゃかーしわ、アホンダラww 行動で返せって言われるのが関の山ですよ」

「ははは、まぁそうやろな」



そらそうやろ。そのとおりやろ。
けどな・・


今の私がいるのは、ふみ香さん、あんたのおかげや。
ありがとうな、って、やっぱり言いたかったんや、わしゃあ・・


5歳年下のボクサーと結婚して、
苦労ばかりしてきた母ふみ香。
貧乏だったはずなのに、なぜか食べ物と着る物だけは豊富にあった。


「あんたは未熟児で生まれて来たんや。
 そやから、しっかり食べさせな大きならん。
 そう思って育てたら、こんなに大きゅうなった。
 ほんでせっかく大きゅう育った体に、しょーもないもん着せたらバチがあたる。」



母は地区の役員なんかを率先してやっていた。
市議会議員さんなんかとも仲良くしていた。
とくにお金持ちとは懇意にしていた(^^;

きっとそのへんのルートから仕入れたのだろう。
私はいわゆるオートクチュールのおふるを着せてもらっていた。

傍から見たら、どこのお嬢さま?って姿だ。
しかし誘拐されても、身代金は一銭も出せない。
なぜならうちは貧乏だから。
その代わり、ふみ香が腹にさらしを巻いて、刀を携え、
自分の命を賭けて助けに来たに違いない。


そんな母だった。
気の優しい穏やかな元ボクサーとは、正反対の母だった。



「私が今こうしてやっていけるのは、全部ふみ香のおかげなんや」

「なら、そのまま雄々しく生きていくことが、ありがとうの言葉の代わりになるんちゃいますか?」


うぅ・・小僧のくせに偉そうに言いおって。



「で、あんたはどないなん?
 ふみ香がおらんようになったことと、心身の不調とは関係ないん?」

「そりゃありますよ!!」


即答しおった。
やっぱりな。


ふみ香が怪我をして以来、
私を助けて・・というか、まるでふみ香の息子のように
子豆はふみ香のそばにいた。ずっといた。


子豆が年長さんの時、突然父である大豆は学生になった。
同時に、この母は父とならざるを得なかった。
そして母を失くした子豆にとって、ふみ香が母の代わりとなったのだ。


そのうち大豆は社会人に戻ったが、
子豆の中の家系図はそのままだった。
つまり、ふみ香がお母ちゃん。



「僕、曲を作りましたんや。お母ちゃんに捧げる曲。
 恋人に語りかけてるようにも取れる詩なんですけど、
 それを僕の仲間と、文化祭で演奏しましたんや。」




その後、子豆は今のよう心身の状態になったという。

やり遂げたんだろうな。
この子は、私以上にしっかりとふみ香を見送ったんだろう。


ふみ香が、もう長くないと分かった時、
こやつは敢えて学業と文化祭準備に没頭していた。


「普通はこんな時、ずっとそばにおるもんやろう!」


「お母ちゃんは、そんなことは望みません」


葬儀の日も法要の日も、喪服のまま学校へ直行し、
演奏の練習をして夜遅く帰宅した。


しかしながら、帰宅したが最後
子豆は遺骨のそばから離れなかった。
一晩中、線香を燃やし続けた。




「哀しくはないんです。淋しいともちょっと違うかな。
 敢えて言うなら、虚しい。非常に虚しい・・」




虚しい

私も同じ気持ちでした。

しかし私は大人。子豆はまだ19歳の小僧・・



なぁ、ふみ香さんよ!
こんな時、あんたなら、なんといって声をかけてやった!?
私はどうしてやればいい!?




                                   



最後にアウターとともにコーデしました。

カシミヤカモフラコーデ

もう少し青を足したかったので、
ブーツを変え、アームウォーマーをプラスしました。


ホールガーメント カシミヤアームウォーマー


懐かしのダニエルポンチョ、おソロの方いらっしゃるのかな?(^^)

あ!スカートなんですが、前回のくまもんコーデの時に、
「おまめさんでその着丈なんですね^^」とコメントが入ったのですが、
違います!ウエスト一回折って、胃のあたりまで上げてます!
紛らわしいことをしてすみましぇん(^^;
ワタクシ、スカート丈とブーツ丈は、長いか短いかどっちかでなきゃダメなんですわ。
ふくらはぎの関係で。あはは(T▽T)


                                   



私の声が届かないのか、ふみ香の声は聞こえませんでした。
待っても待っても聞こえてきませんでした。



子豆からは、ほとんど毎日電話がかかってきます。
電話のない時は、メールが来ます。
メールには、一言だけ、こう書かれてあります。

「無事ですか」



「あんた、そんなに私が心配なん?
 自分の身の方を心配せなあかんのとちゃうんかいww」


「母さんが心配なんじゃないんですよ。
 あなたはどこのだれよりも逞しいですからね。
 違うんです。僕は、あなたが僕を心配してることが心配なんです」


・・・・

「アホっちゅうもんがアホっちゅうもんがアホ ってヤツか?」

「ちゃいます。あなたが僕を心配する状態が、気がかりなんですわ」

「というと?」

「自分のことをしっかり考えて生きてくださいよ。
 あなたが元気で楽しく過ごしてくれたら、僕は嬉しいし幸せなんです。
 きっと元気も出ます」


「それはこっちのセリフじゃ、ボケ!
 あんたが元気で楽しく生き生きと若々しく生きてくれたら、
 わしゃあ今すぐ死んでもええんじゃ!
 これはな、動物の習性なんや。
 子供がいっちょまえになってくれたら、母親は、もう命なんかいらんのや。
 この気持ちが、おまえにわかるか!?」


「わかりますよ。けど、僕らは人間なんです。
 子育てが終わっても、人生は続くんです。
 それをどう生きるか。ここが人間には大切なんですよ、母さん。」




「あんた、私のことが心配で苦しんでるんか?」

「あなたが僕を心配して苦しんでるのと同じです」




母と子

生まれるまではへその緒で繋がり、一心同体だった。
離れていても、見えない糸で繋がってるのかもしれない。
痛みも繋がっているのかもしれない。



そして昨日、
夜遅く子豆から電話がかかってきました。


「なんや、こんな時間に。わらわはこれからお風呂タイムや。
 あんたはもう入ったか?」


「まぁね」



この「まあね」に、私は何かを感じました。



「ねぇ母さん。近いうちに、どこかで食事でもしませんか?」

「おごってくれるんか」

「ははは まさかー!それは社長サマにお願い致しますわ」

「情けないヤツめ。出世払いせーよ。
 それはそうと、あんた食欲出てきたん?」


「俄かに意欲も湧いてきましたんや」




ここで私の予感は確信に変わりました。


「あんた、頭丸めたやろ」



「なんでわかりますの!?!?!?」


「母という生き物を見くびるな。
 さっきの『まあね』で、なんかそんな気がしたんや」


「ホンマですか!?こっわ~~~~
 いや、参りました。恐ろしいですな、母親って」


「で、どの程度丸めたんや」

「ピカード艦長のような、完全スキンヘッドですわ」

・・・・・

「え?(汗)」

「えとちゃうわいw 食事してもええけど、違うテーブルで、別々にな。」

「ちょっと待って!そんなことしたら一緒に食事する意味ありませんやん!」

「何が哀しゅうてスキンヘッドのバカ者いや若者と食事せなあかんねん。くそ寒いわ」

「いや~、すっきりしましたわ!母さんもどうです?」

「アホっ!するかいっ!!」



とゆーわけで、
私は今週末、スキンヘッドの息子と対面し、
食事をすることになりました(複雑)



「スキンヘッドになったの、20年ぶりですね」

「なんやそれ」

「母さんのお腹の中で、ぼくスキンヘッドでしたやろ?
 昔を思い出して、一から出直しますわ」



よっしゃわかった。
おまえの心、しかと受け止めたぞ。
この母は、お母ちゃんのぶんまであんたを愛するぞ。
あんたを幸せにするぞ。
これからは、私が母親や。私だけがおまえの母親や。
お前がやり直すんなら、私だってやり直せる。
遅まきながら、ええオカンになったろうやないかい!



それぞれがそれぞれの人生を精いっぱい生きる。
楽しく生きる。しっかり生きる。

これが相手への最大の思いやり且つ愛情なんだと、
あらためて思いました。

本来なら、大人である私の方が教えなければならなかったこと、
今回は子豆の方が、身を持って教えてくれました。


子豆、この母と共に頑張って生きていこう。
人生は長い。こんなところで立ち止まってたまるかい!
面白いこと、欲張ってどんどん探しに行こう。
それぞれで探しに行こう。
ほんで、ええもん見付けたら、教え合うんや。
そして一緒に楽しもうぜ♪



「そうや。それでええんや。」



ようやくふみ香の声が聞こえた気がしました。
子豆には、姉の声も聞こえているのかもしれません。


しゃーない。
5年かかろうが6年かかろうが、この母が責任もって卒業させたろv
そやから子豆よ、後からしっかり恩返しせえよ!




                                   




おはよう(^^)
おそらくこのサロンで一番早起きのあなたに向けて、
朝一エールを送りたくて、この記事を書きました。


子供の接し方って難しいよね。
私だって、いまだに悩んでる。迷ってる。
でもさ、マズくったって一生懸命に接すれば
子供にちゃんと伝わってくれると思うんだv
だって母子は繋がってるんだもの!

子供は成長する。
休まず成長する。
その時々に置いて、母の心配を「うざいww」と思う時期があったり、
疎ましくさえ思う時期もあったり、
そしてそのうち、心配する母を気遣う時期も来る。

けど、いくつになってもけっして油断はできないよ(^^;
心配かけまいと強がって、こけちゃうこともあるよ。
それは母も同じ。

いいんだいいんだ。
また起き上がるから(^O^)
生きてる限り、こけっぱなしなんてことはないんだもの。


いつか話したね。
女は、強い風にも柔軟にしなる花なんだよ。
風にも雨にも負けない、強くて美しい花なんだよ。

今、まさにその強風に耐えながら咲いているあなたは
ひときわ美しい花だよ!


本当に、心からそう思うよ


いつも応援してるからね。
もうひと踏ん張りするんだよ。
いいね。私はどんなことがあってもあなたの味方だからね。


私のこの気持ちが、あなたに届きますように!

そしてこちらにいらっしゃる、全ての頑張る美しい花達に届きますように!




クリスマスの恋人

12月18日(水)

ひえぇぇぇっ!!
なんと新年会に間に合うタイミングで再入荷!
クーポン期限の迫る今、とりあえずはよポチせぇってお告げ? ←勝手な解釈

リカコトスカーナも我慢したし・・クリスマスプレゼントだと思えば・・ブツブツ






                                   



これ素敵~♪
icon
icon



                                   



※12月15日(日)追記


下の追記記事について。

ここ数年のディノスと我々ユーザーの飽くなき闘いは周知のことだと思っていた
そして座談会でのやりとりをけっこう詳しく書いたつもりでいた



この2点により、みなさん一様にその流れを踏まえて読んで下さるものと思い込んで
あのような「ちょちょっと書き」をしてしまいました。そーりぃ(^^;

いや~、思い込みはいけませんなw 
誤解をさせてしまったフレッシャーズのみなさま、申し訳ありませぬ。


ってことで、おまめブログ並びにおまめサロンについて
少し語ってみようかなと思います。 
フレッシャーズのみなさま、しばらくお付き合いの程を。


まずわたくし、ピンクのおまめについて。
わたくしはファッションをこよなく愛しておりまする。

ファッションと申しましても、右のプロフィールに記した通りでございまして、
「けっして洋服という狭い意味の言葉ではなく、
 考えやこだわりによって生まれる「生き方」までを広く表す」意味で使っております。


たとえばモノや人に対する姿勢。

いったん袖擦りあったからには
多少価値観が異なるからといって、こんなのキライ、あんたなんかキライ、
ってことは一切いたしません。
そんな腰の座ってない態度は、大っ嫌いです。

わかるまで話を聞かせてもらいたい、
こちらの気持ちも、言葉を変え、表現を変え、
諦めず相手に伝えたい。

愛することは理解すること。
理解することこそ真実の愛。

わたくしおまめ、僅か50年足らずの人生ですが、
そう思って生きております。


通販会社に対しても同じ気持ちで接しております。

何かわからないことがあったら、迷わず聞きます。
納得できないことがあったら、迷わず相談します。
一緒に解決したいからです。
だって自分が親しく関わっている会社なんですもの。
今後もっともっと大きくなって欲しいし、
素敵なお品を作って欲しいじゃないですか。

それどこで買ったの? ディノスだよ。 やっぱり!どうりで素敵だと思った♪

こんな会話を道端でしたいじゃないですか!


逆に嬉しかったことも、まめに電話しています。
消費者の要望に応えて裏地が付いたパンツ、
着ていてとても楽で、仕事がはかどったチュニックニット、

助かりました!ありがとう!

時には長いお礼の手紙を書くこともあります。
こちらでもチラッとお話したバッグの件―
気に入ってヘビロテしていたのに、うっかり息子がふんずけちゃって、
クッキリと折り皺が付いてしまい、相談(どうすればシワが取れるか)の電話をしたところ、
メーカーさんが、「それほどまでに気に入って下さって嬉しい」と、新品を送って下さった件です。

感動しましたよ。
しかしあちらさんも、「そこまでして皺を取りたい」という、
購入者が見せた自社製品への気持ち(愛情)に感激されたのです。

これが売り買いの基本ではないでしょうか?

私はそういう理念の元、ディノス始め他通販サイトに接しています。

よって今回のリカコストールの件も、
誰かが声を上げなきゃ、ディノスのお品物への不信感は募るばかりだと思いました。
私はディノスに、よい品物を、よい環境で提供してくれる理想的な通販サイトになって欲しい。
そう思っています。
そしてディノスは、そんな思いに応えてくれました。

 もちろん、首に巻きつけることはできるんですよ

そんな私の声にも、ちゃんと気持ちで応えてくれました。

「私どもは、おまめさまに気持ちよくお使いいただきたいのですよ。」

電話でのやりとりには、売り買いの基本がしっかりと存在していました。
それで私は返品を決めたのです。
別にテーブルクロスのままでもよかったんですがね。気に入ってたので。
しかし、あちらさんの心意気を、ここで私はしかと受け止めるべきだと考えたのです。


私は生協を利用しているのですが、
時々野菜に毛虫くんがお住まいになっていることがあるんです。
レタスを一枚めくってみてビックリ仰天。
毛虫くんがレタスの内葉を食い散らかし、しかもフンまでしてくれて
半分は捨てなきゃならないってことが、時々あるんですよ。

「おにいちゃん、先週のレタス、最悪やったで。
 食べられんことないから、半分は食べて、半分は毛虫くんにあげたわ。
 木の下にそっと置いといてあげたから、きっと立派な蝶になってくれるやろ」

「ほんまですか!?すんませ~ん。検品しきれてなかったんですね。
 嫌な思いさせてしまいまして、申し訳ない。
 その日の献立、困りはったんちゃいますか?
 ほんま、すんません。来週返金させてもらいますわ」

「ええって!半分食べたんやし。美味しかったで」

「いえ、それではこっちの気がすみませんわ。
 これからも買っていただきたいし、ぜったい返金させて下さい。」

「そうなん? よっしゃ、わかった。じゃあ来週も買うわ。
 もう買わんつもりやったから注文書には書いてないねんけど、にいちゃん書いといて。」


これが売り買いの基本だと私は思います。
そしてこれとリカコのストール、同じことだと私は思います。

もうおまえんとこではストール買わん!

には、ならなかったんですもの。

今回のご対処、心に染みました。
ありがとうございます。今後とも、よろしくお願い致します。


「とんでもないです!
こちらこそ、今後とも末長くお付き合いの程、よろしくお願い致します。」

このようにして、落着したのです。


また誤解のないように言葉添えさせていただきますが、
この件をここでみなさんにご連絡したのは、
「みんな!この手でうまく返品できるよ!やらなきゃソンよ!」
なんてつもりでは毛頭ございません。

みなさんご存知のように、
おまめブログは、通販サイトでのお買い物をみんなで情報を持ち寄り交換することで、
より楽しく充実したものにしたいという主旨から生まれたブログです。

ゆえに、何かトラブルがあった時もみんなで知恵を出し合ってきましたし、
消費者の泣き寝入りは、通販サイトを停滞させるどころか衰退させるのだと
ことあるごとに話し合ってきました。
特に最初の頃は、熱が入っていましたよね?みなさん。(遠い目)

これがおまめサロンの常連さまなのです。

おまめとはなんぞやに続きまして、
ここで常連さまのご紹介をさせていただきました。


最後におまめサロンについて。

楽しい通販生活を、みんなでもっと楽しく!

これがおまめブログの最初のスローガンで、
今ではこちらで知り合った同年代の女性たちが、
みんなで元気になろー!
と、互いに励まし合い応援し合う素敵なサロンに成長いたしておりますv


おまめ
サロンの常連さま
そしてサロン

これでおわかりいただけましたでしょうか。


ということで、私は

今回の件をブログに掲載したことにより、
同じことをする人が増えると、結果返品制度が厳しくなり、
利用者に返ってくる


とは、全く思っておりません。

ってか、そんな哀しい気持ちを持ってしまったなら、
私はディノスでのお買い物はきっぱりやめます。
もう信頼関係なんか、無いじゃありませんか。


私が考えていること、期待していることは、その逆です。

より検品が厳しくなり、
我々利用者が安心して商品を取り寄せられる日が近付くに違いない!


そう信じて、今日もポチポチ楽しくお買い物をしているという次第でありますv


こんな私たちです。
別に通販道を究めようなどとは思っておりません。

いろんなことをたくさん考え、
喜び、怒り、哀しみ、楽しみ、
立派に子供を育て、夫を育て、
親の面倒を見、衰えかけたお肌の面倒を見(笑)
この妙齢を謳歌しようとしているだけでございます。


こんな私たちですが、
今後ともよろしくお願い致しますです(^O^)




                                   






【緊急連絡】

「リカコタータンレース使いウールストール」ですが、
この度めでたく返品させて貰うことになりました

※これですよ、コレ
リカコ


100歩譲って、安っぽい・肌あたりが悪いというのは
返品不可セール品ゆえ自己責任と割り切れますが、
お洗濯表示が前面にひ~らひらというのがどうしても納得できずに
フロントに苦情を申し出ていたのです。
そして本日連絡があり、「在庫全てお洗濯表示はについているため
交換しても同じことになりますので、不良品返品として受け付けさせていただきます」
とのことでした。

はぁ~ よかった

ってことで、
先日の返品不可セールでリカコストールをお買い上げ且つ不満に思っていらっしゃる方、
返品できますのでご安心をv

ちなみに私の場合、洗濯表示は自分で取っ払い、
ご存知のように何回かはテーブルクロスにして使用し、
2回ほど巻いてお出かけしました。
ようするに、使用済のお品を引き取ってもらうことになったのです(^^)
ディノスさん、ありがとー♪
代わりに返品迷っていたカシミヤストール、買い取らせていただきます!



                                   





こちらピンクのおまめのひとりごとでは軽いノリのお話を
そしてピンクのおまめの秘密基地では少し濃いお話を
           (new 12/4 Wed.介護現場の実情


                                   



PLST 公式通販サイト



                                   



待ち焦がれたクリスマスの恋人が・・



ついに・・



ついに到着しましたーーーーーーー!!



こちらです

レース使い ショートダウンコート




カタログ到着前に、
ネット画像とお値段だけで一目惚れしちゃったこのダウンジャケット、
いや~~ 待った待った、待ちましたよ~~


ったく、なんでディノスはこんなに待たせるんや!

ははーん
さてはドSやな



ここまで待たされて届いたお品が「なんじゃこりゃショボい君」だったら
おまめどんブチキレてたでしょうが、
よかったですな、ディノスさん。
届いたお品は、祝!「ちょっとコレええんちゃう!?君」でしたv  (なんじゃそりゃw)


いやもう、可愛いのなんの!
画像ではご覧の通り黒が勝って見えますが、
実物はレース下のオフベージュが程良く覗いて、
しっかり柄物って感じなんです♪



おおっ こりゃマジええやん! と独りごちながら
おまめどん、着ていたユニクロフリースルームウェア男物Mサイズをババっと脱ぎ、 (そんな情報いる?)
狂喜乱舞でダウンジャケットに袖を通してみましたらば・・  (みましたらば?)



うっ キツい・・(汗)



わたくし身長173㎝なれど、
腕の長さは多分大林素子さんよりも長いと思う。(つまり180㎝級)
なんと手首のクシュクシュ部分が、前腕部分(おまめ曰く‘一の腕’)に!!(><)



腕は足と違って太くないハズなんだけど、
やっぱレギュラーサイズの手首設定部分が肘下に来たらダメですわw
ババシャツ一枚で、もうパンッパン


まぁそもそもこのポンチ素材、
しっかりしてて丈夫なんだけど
ストレッチ性はホドホドなんですよね。
ゆえにゆったりストの私には、とてつもないストレスで(泣)


お気に入りリストにも書きましたが、
ほんと、血圧測ってるみたいなんです。
メディキュットよりかはナンボがマシなんですがw


そういえばメディキュット、みなさん着用したことあります?
私はアレ、ダメでした (+◇+)
あんなのはいたら、一生眠りにはつけませんです。。 (T▽T)


とにかく締め付け感が嫌いで嫌いで。
靴下はいて寝るのもムリ。シルクの手袋はめて寝るのもムリ。
腹巻もムリ。ゴムのキツいおパンツもムリ。
おやすみブラなんて、したことないけどゼッタイムリ~~!! (だからこんなに大きく育っちゃった?)



そんなおまめどんです。
ジャケットの前腕部分への締め付け感は、絶対にムリでした(ーー;



落ち込みましたよ~
待ちに待った恋人だったのに、あんなにストレスフルなヤツだったなんて ←逆ギレ



そして悩んだ末、Lサイズと交換することに。  (悩む必要ある?)


だって身頃はMでちょうどいい感じだったんですよ~

ゆえに待ってる間もテンションは下がったまま↓↓↓




はぁ~・・ 長い腕が恨めしい・・(哀)


実際同じくらいの身長でも、腕の長さはまちまちなんですよね。
大学時代、同じ女バレの部員で同じくらいの身長が数人いましたが、
わたしゃその中でも群を抜いて腕が長かった(T◇T)
180㎝超のも数人いましたが、その中でも私が一番長かった(T^T)

もう、なんでやねんの世界ですわw




                                   



ファビアから目に付いたバッグ。
素材や仕様がとてもいいんです。
軽いしボディにも沿いそうだし、何より出がオットーなので安いしv


※12月14日(土)機械音痴のわたくし、リンク作成に成功しました!
     ↓ちゃんとジャンプします♪≧▽≦ キャ~

icon
icon
レザー2WAYワンショルダーバッグ

素材・成分:牛革
特徴:開閉:マグネット(下部サイドスナップ留め有) ポケット:外1、中3
 重量:約500g
サイズ:約タテ31×ヨコ41(最大部分)cm

最近バッグ買い過ぎだしな~ でも欲しいな~



                                   




そんなこんなで涙にくれながら待ち続けた36時間、  (短っ!)

一回り大きくなって再び現れたクリスマスの恋人は・・  (恋人は!?)



恋人は・・  (だからどないやねんっ!)



私の長~い長~い腕を、
す~~っぽりと包んでくれましたーーーーー!!!



でもくしゅくしゅはムリだったじょw  (ありゃ^^;)



いいんだいっ!(⌒O⌒)

だってくしゅくしゅしなくっても、めちゃめちゃ可愛いんだいっ♪(≧▽≦)




ではみなさん、ご覧くださいまし!!  (な・・なにを?)



じゃ~~~~~~ん♪♪    (ひえぇぇぇ!)



題して、「くまもん」

くまもん


どうですか!? 
とっても可愛くないですか??(≧▽≦)キャ~  (・・って言われたら可愛いって言うしかないやろがw)


黒・赤・白のトリコロールで作った
「おまめ的くまもんコーデ」な・ん・で・す・よ♪ (@⌒ο⌒@)b ウフッ   (ハイハイww)




インに仕込んだ赤のシャツは、
こちらカーラガゼッタのお色違い[レッド]ですv

velvet/ベルベット シャツブラウス


こやつ、たいして良くもないけど悪くもなく、(おいおい)
けど何故かヘビロテしてるっちゅー不思議なヤツです






スカートはご存知ダニエルのニットスカート。
今季は裏地付きで出てますね♪

DANIEL HECHTER/ダニエル・エシュテル リブニットフレアースカート






ブーツはfitfitのニーハイです。
昨年もfitfitでニーハイを購入しましたが、今年の方がずっと歩きやすい。
5.5cmあるんだけど、前滑りしないんですよ(^O^)

fitfitニーハイ

※リンク探せなかったのでこちらから↓ [ 商品番号 83223 ]
DoCLASSE(ドゥクラッセ)







ではでは、お次のコーデとまいりましょう♪



題して!「くまもんⅡ」   (また?)

イルカ

だってくまもん、私の大好きな配色なんだもん(^^)  ←かろうじて韻を踏んだ(笑)


インのワンピは懐かしのシャチワンピです。  
今年はまだ一度も着てないので、
かわいそうに思って呼んで来たでござる♪ (服は大切なバディ)




                                   



CLASSY1月号を立ち読みして
少し長めのエンジニアブーツが欲しくなっちゃった( ̄▽ ̄)エヘヘ
これとダーマのと迷ってるんだけど、値引き率だとこっちだにゃ




※12月15日まで20%オフクーポン貰えます!






                                   




お次は昨年セットアップで出ていた
中途半端丈のダニエルおパンツとのコーデです。


題して、「オレオ」

レースダウンバミューダ2小


オレオレ詐欺とちゃいまっせ!
ココアクッキーでクリームをサンドした、あのオレオでっせ!
え?わかってる?  (ホッ)


なんかこのコーデ、すごく新鮮!
昔のダニエルが、今の等身大の私ナイズされて戻って来てくれたみたい




セシール - バーゲンセール




最後は大好きなキャラメルちゃんと共に♪


ジャケットのレースがリーフ柄なので、冬の森をイメージしました。
題して、「枯れ葉 by ジュリエット・グレコ」 

レースダウンキャラメル


「枯れ葉」というより「枯れ木も山の賑わい」って感じですな(哀) ←by グリコ?



それにしても、なんか私がミニスカートをはくと
よりいっそう凛々しく見える気がするんですけど、気のせいっすかね?(汗)


・・・・・


ははは まぁまぁ(;^ω^A エエジャナイカ




ベルメゾンネット




とゆーことで♪
みなしゃん、本日もまたおまめさんの一人ファッションショーに
お付き合いくださいまして、
あ(^-^) り(-^ ) が(  ) と( ^-) う\(^0^)/!!ヘイっ♪   (ヘイの意味がわからんw)


このレースダウンジャケット、
我が友ゆまなちゃん とあらいぐまちゃん もおっしゃってますが、
ほんっとにコスパのいいお品物ですv
なんたってプルオーバー1枚分のお値段ですからね。
ちょっと目先を変えたい大人女子にピッタリです♪ (女子・・?)



ちょいと興味アリのそこのあなた
あなたですよ、あなた!

ぜひクーポンで取り寄せてみてくださいませ♪
そしてめでたく48人おソロが誕生したら、
我らDNS48、紅白はこの衣装で臨みましょうぞ!




                                   



ICBのWEB限定カラーブロックニット。
これ、スカートとセットアップで着ると可愛いですねー♪
ウエストがリブになってて楽チンそうだしv ←ココ重要


ICB.jpg

※リンクはこちら↓ この色もいいな♪

【オンワード】 ICB(アイシービー) (C)FDB 【WEB限定】カラーブロックニット

座談会、ようやく終わる

10%オフセール! 12/6(金)AM11:00 ~ 12/11(水)AM9:00 

明日の朝9時まで!?



・・と慌てて見に行ったら、相変わらずこんなのばかり目についちゃって(^^;
年はいくつだw





                                  



PLST 公式通販サイト




                                   




だらだらと続いた(爆)ネット座談会でしたが、
12月6日の23:59をもちまして、無事に終了いたしました。ホッ


・・としている場合ではないのだー!


閲覧期日は13日(金)
早く纏めておかないと あっとゆーまに記憶がなくなるお年頃なのだv <( ̄^ ̄)>エッヘン



さて、
議題はあの後、ダラリンこっこ~ダラリンこっこと
川下へと流れていきました
そして消えてなくな・・  (ってないがな!!)


はは そうでした(^^; 



・こんなアイテムがあったらいいのに~靴編~
・こんなアイテムがあったらいいのに~アクセサリー編~
・こんなアイテムがあったらいいのに~インナー編~
・WEBサイトの画像について
・WEBサイトの商品説明について
・60代になってもリピートする条件
・【最終ディスカッション】ディノスのオンラインコミュニティの可能性



このように続いたのでした(^▭^;


しかし靴やアクセサリーについては、
わたしゃあ別に要望なんてないんですよ。
通販だし、提供されるものだけでじゅうぶん。
その中から気に入ったものがあれば取り寄せるし、なけりゃないで全然OKっすv

ってか、ディノスが自社開発の木型やを作成して、
イタリアからデザイナーを呼んで、
履き心地もデザインも全て、我々を満足させる靴を作りたいっちゅーなら話は別ですよ。
けどそんな気なんかサラサラないことなど アキラカ ザン うぉっちんぐふぁいやー


・・・?


その「ヒ」とちゃうがな!   ←つっこめた方は隠れ芸人♪



とゆーわけで、拙者この議題には参加せず。
代わりにその次の「WEBサイトの画像について」は
言いたいことがたくさんあったので
たっぷりと書きこんで来たであります!(`д´)ゝ



この議題には、

「このアイテムのこの画像(1つ)だけは、絶対にWEBサイトに載せてほしい」

↓の3点を盛り込んでいただけますと、うれしいです。
①アイテム名(ワンピース、コート、パンツなど)
②これだけは載せてほしい画像1つ
③そのご理由


と付け加えられていましたが、
ディノスの画像はそれ以前の問題だと私は常々思っとりますんで、
以下のように書き込んで参りました。



このアイテムのこの画像だけは

まだそのレベルにまで達していないカタログがあるので、
まずはその改善からお願いしたいです。

トレンド、ダーマカーサ、ダーマプリュスクリスマス号

このみっつは非常に分かりにくいです。
写真が全体で一枚しかないものが多い上、
トレンドなんかはポージングが突飛で
中にはおまえは南米の昆虫か!みたいな写真や、
逆光の中で横を向いて写ってる写真など、
服を見せる気のカケラも感じられない写真が多々・・
これは非常に困ります。

もしモデルさんが一般体型の同年代オンリーになったら

私はディノスで買わなくなると思います。
現実を見てしまって購買欲が萎えてしまうでしょう。
なので美しいモデルさんの美しい写真もありつつ、
ネットだけの特典として、
普通体型のモデルさんの着画を掲載してほしいです。

以前あったリアルマダムの写真、
確かに夢が壊れてゲンナリしたのは事実ですが、
160cmくらいのモデルさんが着て袖が指先まで来ているんだから
自分なら手首かも!?
なんて想像することができたのも事実です。


最後に

型紙を拡大しただけのモデル用サンプル品を着たモデル写真は
いっこうにかまいませんが、
全く別の型紙をわざわざ起こして作成した
撮影用サンプル品を着用したモデル写真は許せません!
売らんがための悪意アリですよ。

逆かもしれない・・ともチラッと考えました。
例のAラインチュニック、※下記参照 
先にモデルさん用を作成してカタログを出し、
その後流通品の制作にかかる際、
生地を節約して販売しようということになった。
その結果、我々に届いたお品は
Aラインという名のボディコンシルエットとなった・・。

結果は同じなのでどっちでもいいですけど、
とにかく消費者を欺く行為は今後一切やめて欲しいです。



※2年ほど前のダーマ[Aラインフリルチュニック]、
試着したところAラインにはならず、なんとボディコンに!
不審に思いバスト寸と裾幅を測ったところ、数センチの差異しかありませんでした。
いくらお尻の小さい私でも
数センチの違いじゃあAラインにはなりまへんわw

そこでフロントに問い合わせたところ、
モデルさんの着用しているのは
それ専用に作られたサンプル品であることが発覚。
しかもサイズだけ変えたのではなく、シルエットまで変えたとの説明を
なんともサラ~リとしてくれはったという、超呆れたお話ですわw




セシール - バーゲンセール



さて、話を座談会に戻しましょーv

私が意見を出した後、
我が同僚から痛快書き込みが入りました♪


もちろん実際の販売用の製品を着て欲しいし、
モデル用に拡大したり縮小したりするのもやめてほしい
でも、無理なんだろうな。
おまめさんが言うように、モデル用サンプル→販売用の大量生産品の順に
作っているんだろうから。

まずモデル用のサンプルを作ってもらい、写真をとって、
カタログ生産のかたわらアジア諸国の工場でフル操業大量生産。
で、日本に大量に送られてきた販売用の製品を見て、
「最初のサンプルとちょっと違う!」
「まあ、いいか、許容範囲だろ。もうカタログ作ったし」
みたいなことになってるんでしょう。



ははは もう最高っす!(≧≦)。

そして他の通販サイトと比較してトドメの書き込み

写真を撮影するのが大変・・・とおっしゃいますが、
通販専門の中小サイトでできていることなら、大手のdinosさんでできなくはないはず



ほんまや! ゆーたってゆーたって!!(≧O≦)

わたくし、PCの前で絶叫しましたよ。


そしてさらに続く


またその通販サイトは、購入者のコメントには画像を添付できるようになっていました。
購入者の自己表現欲を満たしつつ、カスタマーにとっても非常に有益な情報で、
これも非常に参考になっていました。
これならdinosさんには負担なく、できると思うのですが。



なんと!
ぐーたらディノスにもできることを、提案までしてくれてる!(≧≦)。

もう爆笑モノですよ。
ったく、こんな親切なユーザー様がいます!?ディノスさん。


あー おもしろかった~ 



                                   


先日これを3カ月分買っちゃったんですが、飲めないの!(>◇<)。
味はしませんよって店員さんが言ったから買ったのに、
びみょ~~~に味がするんですよ ←甜茶や目薬がムリな人
多少マズくてもハッキリと味がついてた方がよかったわ~(泣)



HTCコラーゲンDX パウダー約30日分


何かいい飲み方ってないですかね?
オブラートに包んで飲め?




                                   




さてさて、
次の「WEBサイトの商品説明について」では
裏地が付いているかどうかの表示、
ストレッチ性があるかどうかの表示(裏地を含む)を求める意見が目立ってました。
私もソレ望む。特にダニエルのおパンツw


私はサイズ表記を正確にして欲しいと書き込んできましたが、
実はわたくし、
このディノス名物「サイズ表記のいいかげんさ」に感謝しているのも事実でして(^^;


なんで?

ほら、あの悪名高き返品不可セール品、
届いてみて「なんじゃこりゃ!」と叫ぶケースがけっこうあるでしょ。
そんな時にはまず、メジャーを取り出しサイズを測る。
すると必ず、表記と数センチの差異を発見。
これでめでたく返品不可が返品可になるってわけっすv  

しかし以前、3センチまでは誤差の範囲と
一旦つっぱねられたことがあるのです。


なんじゃと?
3センチまでは誤差の範囲との正し書きが
どこかに記載されておるのかの?
わしゃあ目が悪いので見付けられんのじゃが、
ちょいと若いの、この爺にそれがどこにあるのか教えてくれんかの?


ってことで、その時は返品することができましたが(笑)
「次からはお受けしかねません」とのきっつーい御言葉w


はいはいわかったわかった
どこかに「3センチまでの誤差はご了承を」
との文言がめでたく入ったあかつきには、
わしゃあもうなんにも言いますまい と言っておきました。

つまり、記載がない限りはこの手を使い続けますって意思表示ですわv
当然じゃ、アホンだらw  ←爺は口が悪い



次の議題、「60になってもリピートする条件」はパス!
正直今、目の前に立ちはだかる更年期というでっかい山しか見えてないのだw



ELLE SHOP




とゆーわけで、ついにラスト

「オンラインコミュニティの可能性」


なんか妙なタイトルですね~

司会者の説明によると、ディノスは今回の座談会をもっと大規模にして、
スターバックスのようにユーザーとともに商品開発していく「共創コミュニティ」を
実現させたのだということ。

スターバックス創コミュニティ

ご丁寧に↑のリンクが貼られてあったので見に行ったところ、
ゲッ なんやねん 全部英語やんケ!と文句タレながら帰ってきました。 ←辞めてよかった英語教師(笑)


司会者の言わんとすることをまとめると、以下のようになります。


コミュニティはディノス会員のみ登録・参加・閲覧できる形式。
ディノスへ洋服や靴、バッグなどのファッションアイテムのアイデアを投稿でき、
そのアイデアに対し、会員同士で意見を交わすこともできる。
投稿されたアイデアの中で商品化が可能なものは、
そのWEBサイト上でディノス側が現在の商品開発の状況を発表、
参加者は商品開発の進捗状況が確認できる



そして司会者による説明の最後は
この文言で締めくくられていました。


皆さんは、このような将来的に実現するかもしれない、ディノスの「共創コミュニティ」について、
参加してみたいと思われるでしょうか?



???


なんかタイトルと離れてない?
私たちが参加する可能性があるかどうかを聞いてるの?
それともその「共創コミュニティ」とやらに潜む可能性について語れと言ってる?


あ”~~~~ もう わかったぞ! 
こやつ 上にタイトル書いてから説明書き降ろして
あと見直しもなんもしてへんのや~~~(><;

ほんまこんな性格になりたいわ=3 (めっちゃ幸せでっせw)



ほんで案の定、「参加したいです」という類の回答と、
「それが実現したあかつきには・・」と、夢を語る回答の2本立てになっとりましたw

そんな中、


私も参加してみたいですが、今回このディスカッションを通して
自分がいかに文章力がないか、人に自分の思いを伝える事がへたか、
他の方の投稿をみて痛感したので、自信がないです

わたしは改行の仕方さえわからず、見た目も中身もお粗末な投稿となってしまいました。
ふだん極めてアナログな生活なので、上記の参加は
「読ませていただくだけなら」という感じでしょうか



という謙虚な書き込みが上がったのですが、
それに対する司会者のコメント見て、おーまいがーっ!!


確かに、文章力云々の問題がございますね。


なんじゃそりゃ!? 
その方々の書き込みに、直、このコメントをつけてるんですよ! もうありえへんっ!!(>O<)
もう語弊アリアリ!!(><)


兄ちゃん、そーゆーときはね、


確かに口頭でのディスカッションに比べると、
誤解も生じやすいし、いろんな制約や大変さがありますよね。
僕もそれは今回痛感いたしましたし、
とてもいい勉強をさせていただいたと感謝しております。



って書くんじゃい


ったく、相手が謙虚で優しそうな方たちだったからよかったけど、
私がソレ言われたら
「あんた今自分が埋めた地雷踏んだよ」
って投稿してましたわw


どうです?みなさん。 
たとえディノスの市場調査にせよ、
お得意様のガス抜きにせよ、
外部のヌケサク司会者に場を仕切らせるなんて、
ふざけてません?
ったく、我々消費者をバカにしてまっせw


しかし、立つ鳥跡を濁さず。(なんの鳥や)

わたくしおまめ、こう書き込んでendにしました。


「共創コミュニティ」

実現すればディノスさんは無敵だと思いますよ。


なぜディノス?
なぜ他の通販サイトではダメなの?

この座談会が始まってから、ずっと自分に問い続けていました。

その答えは、やはりディノスが魅力的だからなのです。

通販とは思えない素敵な商品も、
写真集と見まごうような美しいカタログも、
お気に入りを通して同年代の方々と繋がりを持てるのも、
ディノスだけなのです。

ディノスさまが、大企業フジサンケイグループであることは
我々重々承知の上です。
よって一人二人の苦情に耳を傾ける必要(客を掴まえておく必要)は
全くないのかもしれませんが、(実際今はそう見えている) ←けっこう毒吐いてる(笑)
そのような企画を通して我々パンピーのそばに
降りて来て下さるというなら、これは嬉しいことですよ。
その日が来たら、また是非参加したいですし、
DoCLASSE がディノスと同じくらいの品ぞろえだったら
ゼッタイあっちに行く!なんて、もう言いません(笑)




ってことで、本人は濁してないつもりが濁してるところを見ると、
キジでないことは確かっすね(^^;


さー! 言いたいことは全部言ったし、これでお役御免・・


と思ったらば、なんとも素敵な書き込み発見!!


・ボールを投げたら、帰ってこなかった的な残念感が残りました。

・皆さんの意見を吸い上げるのなら、
 もう少し積極的な回答なり感想なりを上げられても良かったのではないでしょうか。

・いくら、来年の秋冬バージョンに生かします!と言われても
 何だか腑に落ちない感覚があるのは私だけでしょうか。

・Dinosが将来的な構想としているコミュニティーはもっと広範囲で莫大な人数で、
 しかも自由に書き込めるのであれば、正直、良い点、悪い点が共存するでしょうね。
 会員のアイデアを生かしてということは有難い半面、会社にとってはデザイン料の節約になりますね。

・今回は司会の元に、デイノスさんの担当者複数名も参加して頂いたら
 もっともっと具体的な実りがあったのではと、少し残念でした。

・私も、ディノスサイドの方が入ってないのはおかしいと思ってました。
 お金をかけない市場リサーチみたいなものですから、本当に、今後に活かして頂きたいと思います。



おっしゃ~~! もっとゆーたってゆーたって!!(≧▽≦)♪♪
フレー! ヾ(^O^ )ノフレー!( ^O^)ノ"


・・と傍から旗を振っていたおまめさんですが (ウマい!) ←自分で言うな?

なんかだんだん、あの穏やかな場に最初に疑問&苦情爆弾を投下したこの私が
傍から旗ふってるだけってのが申し訳なく感じてきました。

だってそんな書き込みをした方たち、
みなさん毎回とても真面目にせっせと書き込んでいらっしゃったんですよね。
ゆえになんだか寝てる子起こしたみたいな罪悪感を感じ、
わたくし、終了間際になって最後のひと突きをしに出向きました。


私も皆さんの意見に同感です。
若い司会者さんがオバちゃんの中にぽつんと入って
やりにくいのは分かりますが、
質問を投げても「ディノスに聞いてきます」だったら
こっちはしらけてしまいます。
ディノスサイトのこともほとんどご存知ないようですし、
私たちいったいここに何しに呼ばれたのか?
が、座談会の第一印象でした。
来年の秋冬に!という言葉もなんか白々しく、
疑問が出て来たオバちゃん達を黙らせるための
口実のように聞こえたのも事実です。

ここに来ていらっしゃる方々は
みなさんいわば高額納税者。
ならディノス企画部の幹部クラスが出て来てくださっても
よろしかったのでは?

以上の点で、最後まで疑問が残ったのはとても残念です。

本当にバージョンアップした次回があるとすれば、
私たちの納得のいく形で開催して欲しいです。



これであの司会者にとって、
いっちゃん印象悪かったオババはこの私になるでしょうv


ってことで、
やっぱりおまめ鳥ってのは、ハデに羽ばたいて飛んで行くのが似合いであった。
めでたしめでたしv



                                   


≪後書き≫

最終日に司会者から送られてきたメールには、
このようなことが書かれていました。


座談会で我々から出た要望や商品アイデアに関して。

 ディノスからは、感謝の言葉と共に「皆様の貴重なご意見やご要望を活かし改善した結果や、
 皆さまのアイデアから生まれた新商品のお知らせなど、
 皆様にフィードバックさせていただきたい」との報告を頂きました



ですって=3


 皆さんへのご連絡の方法は、ディノスからメール配信でフィードバックさせていただくかもしれませんし、
 このコミュニティを復活させて、皆さんのご意見が反映された内容を報告させていただくかもしれません。
 みなさん、楽しみにお待ちください!





「かもしれません」の連発ってなんやねん(ー"ーメ
 サギ丸出しやんww  


まーまー、結局ディノスらしいっちゃディノスらしいわ=3
と、妙な納得の仕方をしたおまめどんでしたv チャンチャン



                                   



23区のカラーブロックカーデ。
なんかこれ、可愛くないですか?
web限定で、同色のチュニックもあるんです。


カラーブロックカーデ

【オンワード】 【WEB限定】ウーステッドカラーブロックカーディガン

送料無料は嬉しい♪
オンワード・クローゼット





ジジババ会

10%オフセール! 12/6(金)AM11:00 ~ 12/11(水)AM9:00 までらしいっす♪







                                   



※12月5日(木)追画像しました(下段)
              ↑「おいがつお」みたい(笑)

                                   


こちらピンクのおまめのひとりごとでは軽いノリのお話を
そしてピンクのおまめの秘密基地では少し濃いお話を
           (new 12/4 Wed.介護現場の実情


                                   



ヴェラ・ブラッドリー 
   12月31日(火)24:00 まで送料無料キャンペーン!



価格によらず全て送料無料ということなので、
おまめさん、新商品のこちらを注文してみましたv
まさにおまめ色でしょ♪

赤ブレスレッド


リンクを探しに行ったら、赤はなくて代わりに青がありました。
並べるとトリコロールになり、テンションあー――っぷ!!≧▽≦
赤が気に入ったらこっちもゲットだv

            
                 

※リンクはこっちの方ね↓

ヴェラ・ブラッドリー  Colorful Link Bracelet
¥6,195(税込)


明日届くそうなので(早い!)楽しみ~♪



                                   




先週末、久しぶりのジジババ会がありました。

え? ひどいネーミング?


はは いや実際、メンバーはほとんどがアラ70なんですわ(^^;


なので半年会わなきゃドキドキするんですよ。
私たち世代なら、子供がどうの、仕事がどうの、くらいの変化ですが、
このメンバーに起こる変化は、命に関わるレベルなもんで(^^;

やれ連れ合いが先に逝った、兄弟姉妹がついに全滅した、抗がん治療を始めた、等々。


でも今回、一番変化があったのは母を亡くした私だったので、
少しホッとしました。


もっともメンバーたちの両親は「亡くなったのはいつやったっけ?」の域なので、
命レベルの変化があるとすれば、もう残すところは自分だけ・・(怖)



で、このジジババ会、何を介してできたものかと言いますと、
介護職員養成スクールなのです。


こちらでもチラッとお話したと思いますが、
3年程前、母ふみ香が背骨を破裂骨折し、医師から寝たきり宣告を受けたんです。

それでわたくしおまめ、
「よっしゃ!わしが責任もって介護したるでぇ!」と一念発起、
仕事の合間に、そのスクールへ通い始めたんですわ。


ところが通い始めてすぐ、
まだまだ娘に介護されるのが気に食わないふみ香は、
これまた病院のベッドの上で一念発起、
ペットボトルや枕を使って筋トレ開始、
シャキシャキ歩いて退院しちゃったという。

ちょっと母ちゃん、わしはどないしたらええねん


でもまぁこのご時世です。
いつ何時仕事を失い、食っていけなくなるやもしれんと思い直し、
そのまま頑張って資格を取得しようと あいしんく。 じゃない、あいそーと。←エセ英語教師w


とゆーわけで、
このジジババ達はその時の同級生というわけなのでございます。



初日、教室に入った私は彼らを見てどれだけ驚いたことか。

老老介護という言葉が真っ先に頭に浮かびました。
これが今のニッポンの現状なんだな、としみじみ。


教室の担当者が説明を始めても、彼らは至ってマイペース、
なんかごそごそ聞こえるなと思い後ろを向くと、
アメちゃん回しながら世間話をしています(^▭^;


で、説明を聞いてないもんだから、
「質問ありますか?」の声には反応早し!
私が先よ、いやオレが先と、先を争って質問しまくる(^^;

ようやくオリエンテーションが終わり解散になった時にゃあ、
「兄さん、お疲れさん。アメちゃんあげよ」


そう言って担当者にアメの袋を差し出すオババ。 (おーまいがー)


子供相手の仕事も大変だけど、
ジジババ相手の仕事はもっとたいへんだなと、わたくし深く思いましたね。


ところが実習が始まると、彼らは誰よりも真剣で積極的。
そして世話焼き。


若い子たちがやりたがらないことは、「こんなんバアチャンに任しとき!」

おむつ交換のモデルも嬉々として立候補、「オレがやったら実感わくで!」



もう爆笑もんですよ。

さすがですね。我々まだまだ勝てませんわ。


その彼ら、やっぱりなと思いましたが、
卒業してすぐ介護職に就きました。
半数が最後の現地実習で夢も希望も枯れ果てて
この職種に就くことを断念したというのに、
既に現実を知る彼らには、怖いものなど無いのでしょう。

またそれには、彼らの波乱万丈な人生も大いに関係していました。



ジジババ達、みんな複雑な家庭に育ち、
若い頃から世間に揉まれて生きてきました。


「お金なくなって食べるもん買われへんようになっても、
 私ら塩舐めても生きられる。そんなんなんともない」


実はババ達のほとんどが、水商売の頂点を極めた元新地のママ。
そこへ辿り着くまでに、そしてその地位を維持するために、
血ヘドを吐く思いで生きて来たと言います。



そんなきらびやかな世界から、なんでまたこんな世界に?



「老いってな、金持ちにも貧乏人にも平等にやって来るんやで。
 平等なんは、これだけや。
 そやから、そこにきっと何かあると思うねん」



なるほど。
みんなに等しくやって来るもの。それは老いであり、死である。
そこに今まで舐めた人生の「酸い」と「甘い」の答えがあると。

うーん、深いなぁ



「それにな、わたしら客をカネとしか見んような仕事してたやろ。
 もう人生終わりに近づいた今、誠意を込めて人と接して、
 その結果貰えるお金っちゅうのを見てみたいねん」


そうか。
この人達は人生の纏めに入ったんやな。



「結局まめちゃん、あんたと同じや」



なんで??どこが???



「あんたも毎日同じことの繰り返しで、楽してお金貰うのがイヤになって教師辞めたんやろ?
 言わんでもわかる。アンタ見とったら、ようわかるって。
 うわべだけの仕事には、うわべだけのありがとうしか言うて貰われへん。
 そんなうわべだけのやり取りが、あんたは嫌になったんや。
 その結果、安定は失ったけど、充実した生活を手に入れたんや。
 充実してへんかったら、こんな教室にまで来る余力なんかあるかいな!」



うーん、怖いくらいよう見てはる。さすが元新地のママ。



「あんたと私らの違いはな、教育を受けてきたかどうかだけ。
 奥にあるものは同じやねん。あんたもそれに気ぃついてるはずや。
 だってアンタだけ、私らを変な目で見んと、すーっと寄って来てくれた」



いやいや、最初はアメちゃん欲しくて寄って行ったのだが(爆)



というわけで、
このジジババ達との繋がりは、
人生に対する価値観が同じということで、いまだにずっと続いているのでございます。



さて、今回のジジババ会は
私が姉さんと慕うババの行き付けであるチャイニーズフレンチレストランが
会場となりました。




比較的暖かだったこの日のいでたちはこんな感じです。


ダーマの夏物ワンピに・・
豹柄時ジャケット


こちらのサッシュベルトをして・・


レザーサッシュベルト




届いたばかりのDoさんのレオパードジャケットを羽織り・・


レオパード・フェイクファー・ジャケット 【40代50代女性ファッション】ーコート【DoCLASSE(ドゥクラッセ)】


fitfit の シャーリングプレーンパンプスを合わせただけですが・・




このコーデには、おまめさんの意地をかけたこだわりがあるのです。



え? どんなこだわり?




それはね (うんうん)


レオパと合わせる色をね (ほうほう)



なにがなんでも黒以外にしたかったのよーーーーーーー!!!(>◇<)  (それだけかいw)


だってどこの通販も黒ばかりで芸がないじゃん(爆)


ほんとは深緑のワンピなんかだったら理想的なんだけど、
持ってないので赤にしましたv 



あんたのこだわりってシンプルなのね?



ははは まぁまぁ(^^; エエジャナイカ  




さて、ジジババ達、
一人も迷子になることなく無事に待ち合わせ場所に合流。
そして人間ドックの武勇伝なんぞを言い合いながら、
ガヤガヤと目的地に向かいました。


ほどなくお店に到着。

そしてわたくしおまめ、お店のエントランスを見てぎょぎょっ!


なんと立派な・・
箱庭もあって、でっかい龍のオブジェまであるよ (^^;


もうちょっとお洒落して来るべきだったか (゚_゚i)タラー・・・


いや、ジジ達みんなワンマイルウェアだしv
(スリッパ履きのジジもいるvv)


ってかちょっと待ってよ。
そのカッコでここに入る気!?!? (マズイって><)


しゃーなくワンマイルジジをお洒落ババ達でサンドイッチし (名付けてなんじゃこりゃサンド)
勢いつけて中に転がり込みました(ー"ー;  (レストラン関係者サマ、ゴメンナサイ)


あぁ・・真っ白いテーブルクロスが目に染みる・・



私はこのテーブルクロスが
最後まで無事であることを祈りました。



座る時、ヨッコイショとは誰も言わなかったことに
いささか驚きましたが、
脱いだジャンバーを畳んで座布団にするジジ多数には
かなり驚きました(^▽^;


みんなめいめい座りましたが、
私はいつもの通り
「ダーリン」と呼んでいるワンおぶジジs の横を陣取りました。


というのも、このジジ、いやダーリン、
卒業の打ち上げの時にたまたま隣に座ったのですが、
飲み始めたらほとんど食べなくなるという嬉しい習性を持っていることが発覚、
突き出しの後は全部、横にいる私のものになったといふ(^^)


以来、私はこのジジをダーリンと呼び、
食事会の度に横の席を陣取り、
2人分を頂いているということなのであーる! <( ̄^ ̄)>ドウダ!マイッタカ! 


いやいや、マジありがたいっすよ。
若い同級生達とも合流する居酒屋では
そうでもないのですが、(たいしてウマいもんがナイw)
このジジババ会では
元ママたちが顔利きの高級店を予約してくれるので、
普段なかなか口に入らない類の食材を、
2倍食べられるってのは超ありがたいっす(笑)


ってわけで、この日もアワビやクルマエビ、キャビア、フォアグラちゃんなんかを
ワタクシたらふく頂いてきましたでござるよv
お酒は姉さんがボトルキープしているのを頂いたので、
もう最高っす!


しかしみなさん、よく飲む!
フルコースなのに皿はいっこうにサラ地にならず。
私なんか奥の店員さんと目が合う度に
気を使ってペコリンチョと頭を下げてしまうんだけど、
ジジババたちは一向に気にしない。
皿なんかほっといて、大声で喋りながらどんどんボトルを空けていく(^^;


ってか、こういうお店でガンガン飲むか?(汗)
きっと2次会でも飲むのだろうに(汗×2)


そいでもって話題は介護の現場の裏話(汗×3)



お願い、ジージ!大きな声で屎尿の話をしないでぇぇぇ!!!


かと思えば、「私、ウィッグを着けてきたんよ♪」
なんて言って、取り外して見せようとするババもいる(><)


ダメー!! ここでは取らないでぇぇぇぇ!!!



「あのな、人工肛門ってな、」



それもダメーー!! 2次会まで我慢してぇぇぇぇぇ!!!!!




結局閉店までこのジジババ達は飲みまくり、
騒ぎまくり、
場にそぐわない言葉を発しまくり、
2次会のカラオケでは「水」と称してビールを飲みまくりながら
音を外して演歌を歌いまくっておりました(汗×4)


いや~、私、まだまだっすわ。
結局人生って、弾けたもん勝ちなんっすねー




 まめちゃん、この世にはな、
 どうにもならんことが山ほどあるんやで。
 いちいち考えとったらつまらんだけや。
 そんな時はな、きれいさっぱり忘れるんや。飲んで騒いで歌うんや。
 心配せんでも、そのうち追い風が吹いて来るて。
 それを待つのに、下向いて待つか?上向いて待つか?
 どっち選んでも税金かからんぞ。結果も変わらんぞ。
 そんなら上向いて待たんとソンやろう!
 人生、待ったなしで進んでるんや。死に向かってノンストップや。
 止まったらもったいない。欲張って楽しもうや!

 
 


今回もこの愛すべきクラスメートから
元気と勇気をたくさんもらいました。


みなさん、ありがとー!


(ってか、ここにいると俄かに若者気分を味わえるのだ ^m^ ウフフ♪)



※同時アップしてます
ピンクのおまめの秘密基地
           (new 12/4 Wed.介護現場の実情

                                   




こちらご存知、
返品不可セールに出ている昨年ダニエルのおパンツですが・・

【股下丈74cm】DANIEL HECHTER/ダニエル・エシュテル ウール混 先染めチェック ワイドパンツ

な~んか人気ないですねー
なんでかしら。
一昨年のと違って裏地が付いて進化したってゆーのに。

私なんて、真冬にとっても重宝してるんですよ。
裾が広いので、インに分厚いレッグウォーマーを仕込めるのだv
足首用の桐灰貼るカイロも仕込めるのだvv

ベルト通しがないけどずり落ちない?と質問を貰いましたが、
ウエストとヒップの差がそんなにない私ですが、全く気になりまシェン。
ってか、パンツにベルトするのは嫌いなので分かりまシェン(^^;

とにかくきちんと感があるので仕事にも使えて
とっても便利なんですけどねー



とゆーわけで、なんだかかわいそうになり、
着用して写真なんぞ撮ってみました。


じゃ~~~んv
な~んかナナメになってるよ~(笑)
茶パンタロン


この季節なので、仕事帰りの女子会やちょこっとパーティーを意識して
コーデしてみました。




トップスは今期モノのこちらっす。


DANIEL HECHTER/ダニエル・エシュテル キャッシュウールVネックフレアープルオーバー

これも「黒以外で」を意識しました(笑)
差し色にピッタリ♪ 薄手だけれど温かくて超便利なニットです。






ストールはこちらの昨年バージョンです。

ウールビエラ プリントストール

これをちょちょっとアコーディオン折りにして
一重に巻いただけです。

このウールビエラシリーズ、
大判で滑りにくいので使い勝手がいいんですよ。
Vネックやラウンドネックにいろんな襟元を自由自在に作れるんです。
私は逃げ場のないタートルネックが嫌いなので、
こうしてストールやスカーフを利用して自分勝手にネックを作ってます(^^)




靴はジャバリで購入したラボキエコノのショートブーツです。
外反母趾でも痛みなく歩けるので、出番多し。



※小さいけどリンク貼ってます








ご覧の通り、私には股下80㎝は短いんですよ~~(哀)
なので華奢なパンプスはご法度。
ちょっとマニッシュ(自分ではボーイッシュと思ってる 笑)に演出した方が
ずっとバランスよし、なんですわ。

そして下半身をマニッシュにした分、
華奢なパールでレディ(自分ではガーリーと思ってる 笑)のスパイスを一振り。


え?ひとふりくらいじゃアカンって?


ははは まぁまぁ(^^; エエジャナイカ 


ブレスレットとリングはダニエルのものです。
ゴムだし、もう見たまんまのチープフルだけど、
遊び心があって私は気に入ってますv 



                                   


※12月5日(木)追画像

これです、すももんちゃま♪

すももん

なんか地に足着いてなくて↑すみましぇん(^^;
けどなかなか可愛いでしょ!(自分で言うな?)




普段私はこんなふうにストールをプラスして、
ネイビーのショルダーバッグを持っているのですが・・

すももん2

すももんちゃまはあのゼブラバッグがピッタリかとv
あれ、うちにはまだ到着しないんっすよ。
クーポンでポチし直したせいですがw  ←おのれのせいww




こちらが上のコーデで使用したお船ストール


ウールシルクカシミヤ 大判プリントストール

長方形の長い方の辺を半分に折り、
それを今度は三角形に折って羽織っただけですv
たっぷり分量だけど薄手だから、自由自在に使えますよ♪




で、こちらがヘビロテ中のクロスペンダント


水牛 クロス ロングペンダント


大きいけど軽くて使いやすいです。
食事中も邪魔にならないv ←ここ重要



                                   




トレンドに出ているロバート・シム、アマゾンでは安い!なぜ??

  





ネット座談会、まだまだ続く

10月だっけ?17年使ったオーブンレンジが、ついに壊れてしまったんですよー
23年間使い続けているもう一台の現役レンジがあるので、のんびり探してますが。
春に炊飯器が壊れた際、アマゾンで家電量販店の3割引きほどのお値段でゲットしたので、
今回も・・と思ってるんですが、炊飯器と違って数が多い!
あらかじめこっちが条件を絞っとかないと、こりゃ選ぶのはムリですわ。



結局私って、グリル?ほら、ピザとかも焼けるタイプのオーブン様のものしか
使ってない気がするんですよねー
なのでオーブンレンジはチン専用になっちゃってる。
昔はケーキ焼いたりもしたんだけど、今そんなことする気などサラサラないし(爆)

みなさん、なにかおススメがあればご一報を!





                                   



シンクビー、ワタシ的にはこの季節なんだけどなぁ♪





ディノスネット座談会ですが・・

12月6日まであるのですが・・



なんかクソみたいな議題ばっかり上がって来て (ー"ーメ  (口が悪いw)



だってほとなんですよ。


議題は先日ご紹介した通り、

・自己紹介
・この座談会で議論したいこと
・カーラをリピートする理由
・ダーマをリピートする理由
・カーラを買わなくなる時
・ダーマを買わなくなる時


ときて、次の議題
・ディノスで購入を躊躇しているもの


ここでおまめさん、プチキレたんです。

とゆーのもあの何にも知らない司会者が、
あの場でフルヤのブーツのコメントを求めた人、
そしてそれに親切に応えてくれた人の様子に食いついたんですわ。


ほ~ら、みなさん!
こういう場があってよかったでしょ!?
でなきゃ、誰からも感想を聞けず、一人悶々としていたのでは?
こういう場を設けてくれたディノスさんって、なんと親切で素晴らしいのでしょう!



と言わんばかりの態度を取ったんです


ただでさえ、この何も知らん司会者にカチカチかっちんきていたんですよ。
それがなんじゃ?ナニ得意顔になっとんねん!


もうおまめさん、噴火寸前っすわ。
座談会がネットでよかった(笑)


座談会で出された意見は、一年後目指して実用化に向けて頑張る所存らしいですが、
そんなもん、わしゃあ信じんぞ。 ←頑固ジジィ




                                   




こちら23区のボストンバッグ、スエードなのに15750円!
色は全3色で、赤青黄色ってチューリップの歌みたいだけど
私はブルーがいいなぁ♪クリスマスが近づくと、
やたらとロイヤルブルーを身につけたくなるのはなぜだろう


【オンワード】 23区(ニジュウサンク) (C)FDB スエードボストンバッグ




                                   



で、次なる議題はコレっす。


・こんなアイテムがあったらいいのに~カジュアルウェア編~
・こんなアイテムがあったらいいのに~ビジネスウェア編~


ダニエラーのみなさん、ついにこの時が来ました。

カジュアルウェア編で、
私は自分の使命である「ダニエル復活論」を
威風堂々と唱えてまいりました!   (パチパチパチパチーーーー!!!)




 オフの日はダニエルと決めていたほど、
 以前はダニエルエシュテルが好きでした。
 しかし、
 ちょうどディノスさんがダニエルのカタログを廃刊にし、
 TSOWの中の一つという身分に追いやったたあの頃です。  ←イヤミもたっぷりとv
 
 急に似合わなくなった感アリ・・(哀)
 
 ダニエルカムバーク!と叫びつつ、
 あの可愛い路線で戻って来てくれてもなぁ・・
 と思っている自分がいる。
 
 ということで、パリのお洒落なマダムの日常着、
 つまりダニエルのお姉さん(オバサン?)路線を
 ダーマで作っていただきたいのです。 ←ディノスはダーマとカーラ以外は眼中にないらしい
 素材も我々世代が満足できるもので。

 具体的に言いますと、
 マダムであることに誇りを持ちつつも、
 まだ少しマドモワゼルの域から出たくない・・
 くらいの微妙~な路線を作っていただきたいんですよね。

 シャンゼリゼ通り、セーヌ川のほとり、マロニエ通り・・
 そんなお洒落なロケーションが目に浮かぶような服が欲しいです。
 ←恥ずかしげもなく夢を語るおまめ



この書き込みには、たったふたりだけが賛同の意を示してくれました。
なるほどです。
やっぱ座談会のメンバーは、ディノスの厳選メンバーですわ。


じゃあ、なんで私を入れた? (DNSコナン諸君!名推理を!!)


それから、なんとなんと。

土日はあの司会者、ちゃ~っかり休んでおるのじゃ(ー"ーメ
よって座談会は参加者だけのフリータイムと化しておったw

もうこのあたりで、なんだかな~=3って感じでしたよ。
ディノスって、なんでも中途半端なんですよね。
ゼッタイ私と気ぃ合わへんわw



ここ、凄い人気ですね。
安い上に洗えるってのはやっぱり魅力的だわ。

ファビア・オンラインショップ



そして明けた月曜日、次の課題が出されました。


・こんなアイテムがあったらいいのに~鞄・バッグ編~
・こんなアイテムがあったらいいのに~ビジネスカジュアル編~
・こんなアイテムがあったらいいのに~靴編~


鞄とバッグって、どこがどう違うのか教えてくだせえ、お代官サマ 
わしゃあ一生懸命に辞書を引いたが、その違いがわからなんだ 

まま、それはもうええ。
わしゃあ元々ぼきゃぶらりーが乏しかったでの。
きっと鞄は大きゅうて、バッグは小せえのじゃろう。

けんど、上から二つ目の議題はなんね!?
ビジネスカジュアル??
「ダーマはビジネス用かパーティー用しかないから両用できるものを作ってほしい」
と、どなたかの要望があったとかじゃが、あの○○司会者、 (これこれ)
また鬼の首を獲ったみたいに喜んでそれを議題にあげよって・・

そんなもん、みんなたくさんのカタログからちょこちょこ選んで
足し算引き算しながらコーデしとるわい。
きっとこの司会者、ダーマとカーラ以外にカタログがあることを知らんのじゃ。
ま、「ダーマ以外はヤダ!」って人もおるのじゃろうが、
なんでそこに食いつくか?
その「どなたか」だって、わけのわからんとんちんかんな議題を次から次へと出されるけん、
もう頭が飽和してきたに違いねぇだw

強いて言えば・・強いて言えば・・強いて言えば!

そうなのじゃ。強いて言わんことには、何も提案できんのじゃ(><)


でも根は素直で真面目なおまめどん、 (自分で言う?)
頑張って考えて書きこんで来ただv


ビジネスカジュアル・・

これはなんだか議論に値しないような・・ ←議論に値しないクソ議題と言いたかったがこらえた

私たち、そのような商品をディノスさんに求めたいのではなく、
提案を求めているのだと思いますよ。
たとえばファッション雑誌によく特集しているあのコーナー。
アイテムを数種出しておいて、一週間着回すっていうやつ。
週末には飲み会なんかもあって、
いつものコーデにプラスアルファして
パーティー仕様に変身させたりするアレですわ。
私は個人的に、ニューヨークやパリのワーキングウーマンの
写真特集が好きですが。

それをダーマのカタログで提案して欲しいだけじゃないかしら?

だって、ダーマ、ダーマプリュス、カーサ、カーラ、
ルールとガゼッタはおいといて(笑)、トレンドにリカコ・・
それらを組み合わせると、ビジネスカジュアルに十分対応できるお品が
ディノスさんには揃っています。 ←「アンタ知らんだけや」と書いたけど消した
私もセミナーなど人前に出る仕事以外の時は、
たいていダニエル等のフレンチカジュアルにジャケットといったスタイルです。 ←さりげにダニエルを口にする

で、カジュアルウェア編にも書きこみましたが、
最近そのダニエルが少々厳しくなったので、
ダーマあたりの良い素材を扱うブランドで、我々世代の体型に合わせて、
姉ダニのようなフレンチカジュアルを展開して欲しいなぁということなのです。 ←念押し

確かに、ダーマカタログ一つで全てが揃えば理想的です。
ディノスさん、ダーマカタログ、もうひとつ作りましょう!
軸になるお品以外は、あっちこっちのカタログから
商品引っ張って来てくれても構いませんので、
ちょっと肩の力を抜いたお仕事シーン、
休日カフェでくつろぐシーン、
学生時代の友人とランチ、
たまには旦那さまとデート、 
私の場合は大学生の息子とデート、
そんな我々世代のリアルなトータルシーンに即した新カタログ、
待ってますよ~!



わし、ハッキリ言って頭の悪い男は嫌いじゃ(ついに爆)


明日はどんなアホな議題が出されるか、もう正直怖いぞよ (ーー; (あんたが一番怖いぞよw)



セシールに雑貨があったなんて!
セシール - 390円均一ショップ petit*cecile



そうそう、
最初の頃に参加者同士の間でプチ盛り上がりのあった話題があるのですが、
これだけは心がときめきました。


「高齢者向けのお洒落カタログを作ってほしい」


デパートなどで買い物をすることが厳しくなったお母さんを思って
我々世代の娘さんが書きこんだのです。


おまめさん、じーーーーーん・・


「私たちにだって、いつかはその時が来ます。
 親を通して、今から意識しても悪くはないでしょう。」


おまめさん、再びじーーーーん・・


もしネットじゃなかったら、ハグしに行ってたと思います


もちろん、賛同の意を示して来ました。


母ふみ香も晩年は外へ行くことを嫌がるようになったので、
お散歩気分が少しでも上がるよう、
可愛い帽子を見付けては買って帰り、
それで釣って外へ連れ出していました。

いくつになっても、お洒落することは女性にとって必要です。
食べることは「生きること」を意味しますが、
お洒落することは「よく生きること」を意味します。


ただ生きるのではなく、よく生きたい。

最後の最後まで、その気持ちを持ち続けたいですよね。


あの素敵な書き込みは、このとんちんかんな座談会において
唯一の光でした。

ってまだあと4日もあるので、もう少し期待していよう。 ←けなげなおまめ (自分で言う?)



                                   


日本一セール、みなさん利用しました?
レンジ、どっちで買おう(悩)

楽天市場



                                   



モデル着画が可愛くって詳細を調べたところ、
こちらDomani12月号に掲載されているんですって。
重ね着風になっているので、ズボっと1回で2枚着れちゃうってのがいい(笑)


【PLST】カシミヤ混2WAYニットワンピース
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
11 01
ピンクのおまめの掲示板

◇おまめ茶屋◇
商品質問・着画投稿 なんでもOK。 思う存分ダべリングしましょう♪

最新記事
プロフィール

ピンクのおまめ

Author:ピンクのおまめ
ファッションって、けっして洋服という狭い意味の言葉ではなく、考えやこだわりによって生まれる「生き方」までを広く表す、とっても素敵な言葉だと思うの。せっかく女に生まれたんだもの。できるだけファッショナブルに生きたいよね。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア