お品の運命

秋冬カタログで賛否が分かれたお品たち。
その理由を私なりに考えてみました。



まずはこちら。

キャメルのコクーンワンピです(100-6703-01)

IMG_20120125143416.jpg

お色はキャメルと言うより黄土色?去年のキャラメル?
生地はしっかりしていてフォーマルにもOKな感じ。

さてさて賛否が分かれたのはこちらの独特のシルエットでした。

ハイウエスト切り替えでそこからすぐにフスカートがワッと広がり
裾に向かって丸まりながらすぼまっていきます。
このバルーンのような膨らみに好き嫌いが分かれてしまいました。

太って見える なんだか変 痩せている人には似合わない・・・
そんな声が多数聞こえてきました。

私はこのシルエットがとても気に入ってて
いろんな場面で愛用しています。

ジャケットや丸襟カーデにスカートを合わせると
どっぷり老けこんで見えてしまう微妙な年齢
でもこのワンピを合わせると一味違う雰囲気を演出してくれます。
落ち着いた色味と生地感にスタイリッシュなシルエットが加わっているので
きちんとしたい場面でもさり気に自分を主張できます。

でもこの個性的なシルエットが受け入れられない気持ちもよくわかる。
まずそんなシルエットの自分に慣れていなかったら無理!

それを痛感したのが次の写真です。



元リセエンヌには悶絶ものとういうキャッチコピーの入ったスカート
( 100-6707-02)

リセエンヌ


ファスナー使いフレアスカート(100-3907-17)

フレア


画像ではどちらも可愛いんですよね。
実物とは別物のようにボリューム控え目で(笑)
というわけで
この意外なほどのボリューミーなフレアが賛否の分かれ目になったのです。

私が試着したのはファスナー使いの方。
リセエンヌの方は売り切れちゃったので残念ながら試着できませんでした。

ファスナー使いは「これほんとにディノスのお品??」と思うくらいの
素晴らしい生地でした。
色は濃紺。
ただ画像はきっと修正しているに違いないと思えるほどの形でした。
ふりふりフレアではなく
ほとんど三角のシルエットでフレアラインを作ってる。
確かにそこが可愛くで売りなんでしょうが、
私にはどうにもこうにもこっぱずかしくて 笑
そんなシルエットの自分を見慣れていないんですよ。
人生もう残り半分切ってるんだし
思い切ってチャレンジしてみようかとも思ったのですが
やっぱりダメでした。

この年齢になると良くも悪くも自分なりの価値観や固定観念が出来上がっていて
ファッションに関してもまた然りなんだなぁとあらためて思いました。


そういえばシルエットが問題ではないのだけど・・

宝塚

はい!ご存知「宝塚ジャケット」です 笑

昨年モノが同額でnew と表示されて出ているだけでお怒りものですが
素敵な名前が付けられ、内輪でわいわい言ってるうちに愛着が湧いてきたお品です。

確かに光り過ぎ!
でもシンプルな黒タートルなんかと合わせたら映えますよ、きっと。
私的にはこの個性、大好きです。
3割引になったら取り寄せようと思っていましたが
残念ながら売りきれちゃいました
ってことは、やっぱり素敵なジャケットだったんでしょう。
購入された方も私達の井戸端コメントにどん引きしちゃったのか(笑
さっぱり口コミをあげてくださいません。
ゴメンナサイ
好きだからいじっちゃったんです
反省します


それに比べてこちら、柴漬けストール!!

しば漬け

なんてナイスなネーミングなんでしょう 笑
ジャケットと同じ生地で作られた姉妹なのに
その素敵な名前のお陰でこちらはみんなのアイドル的存在。

もしや私達のコメントが売れ筋(お品の運命)を決めてしまうのでしょうか?
まったくもってディノスは楽しいです

ディノス オンラインショップ

ディノス オンラインショップ
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
ピンクのおまめの掲示板

◇おまめ茶屋◇
商品質問・着画投稿 なんでもOK。 思う存分ダべリングしましょう♪

最新記事
プロフィール

ピンクのおまめ

Author:ピンクのおまめ
ファッションって、けっして洋服という狭い意味の言葉ではなく、考えやこだわりによって生まれる「生き方」までを広く表す、とっても素敵な言葉だと思うの。せっかく女に生まれたんだもの。できるだけファッショナブルに生きたいよね。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア