ココロのお話

おまめさんのお仕事の中には、
ココロに関わる分野も入ってます。


新年度、新学期、季節の変わり目


そういった節目節目に、相談件数がどっと増えるんですよ。

風邪ひいたり胃腸の調子が悪くなるのもこの時期でしょ?
ココロとカラダ、やっぱり連動してるんですねー

 例:ポチ我慢したら胃腸の調子が悪くなるのだw
   (おお!同志たちの拍手が聞こえる!)




DoCLASSE(ドゥクラッセ)





昨日は知り合いの弁護士さん二人と、久しぶりの会食でした。

一人は40代前半の男性。
既婚で子供一人。
骨と皮しかないような痩せ型、けれど超エリート。
不当解雇等の社内トラブルを中心に手掛けている。

もう一人は50代後半の女性。
バツイチ。子供アリで恋人もアリ。
小柄でふっくら
目鼻パーツのバランスと配置が良く、美人に見える。
家庭内トラブル、セクハラや女性同士のトラブルを中心に手掛けている。


ひょんなことから知り合って早や10年。
情報交換という目的で、 時々会って食事をする仲なのです。

彼らも私と同じく、この時期はご新規さまが増え、
とても忙しいとのこと。

私は忙しいというより気ぜわしいんだけどーー;



場所は天満橋にある、ちょっと小洒落たフレンチレストラン。
旨いもんが食える!と思う反面、
今は気を使うスタイルの食事はイヤなんだけどな~ という気持ちも。
(公園に座ってビール片手にたこ焼き食べたい気分♪)

さー
何着て行く?

こういうメンツの時は、行き過ぎたお洒落はNG。
「控え目アクセ・ノーブランド・一応きちんと」を目指した私のコーデは・・



じゃ~~~ん!

題して、「高さ合わせるのに足曲げたぜ」
水玉コクーン修整
情けないですね~ 機械音痴って。
三脚は機械じゃないって?
だってメカメカしいじゃないですか~ーー;(ヘタに触ると恐ろしいのだ)



メインに持ってきたのはご存知!
【 コットンシルク ウエストギャザー コクーンワンピース 】でござる。

こんなに可愛いのに38と40が残ってる。
昨年の恋人がそうだったように、
二度と会えないかもしれませんことよ、みなさん。
どなたかぜひ、おソロで^^


羽織ったのが、ダーマ【 ラッセルレース織りショートジャケット 】
ラッセルアイボリー
↓リンク探せなかったので各自お願いします^^商品番号 900-3406-02
ディノス オンラインショップ

夕方は大阪でもけっこう涼しい。
このカッコは我ながら上手くいったわいって感じ。(うほ♪)



食事中の会話は、いつも女弁護士さんのリードで始まります。(おばちゃん、強し!)
おまめさんはいつもボケ役。(笑わせてなんぼでっせ)
ってか、同業者ってやっぱり意見が分かれるんですよねー。(ボケがおらんと、ケンカになりまっせ)



というわけで、
昨日も女弁護士さんのリードで会話は始まり、
そしていつも通り、三人が共通して関わっている話題へと進んでいきました。


その話題とは、ココロの闇についてです。



ここでみなさま。

難しい話はとにかくパス!って方のために
記事のところどころにおまめ写真を挿入しました。(ありがた迷惑?)
同時中継をイメージしていますので、
ピンクの文字がナビゲートする写真だけご覧になり、
文字はすっ飛ばしちゃってくだせぇ^^


では、スタート!


こちら熊天プラ、じゃなかった、熊天プルでございます

ロイヤルブルーのキャミを持っているので、
取り敢えず同色を買っとこーかなー・・くらいのノリで購入しました。




わたくし最近、女性のココロに関わる案件を
サラリと流せなくなったんですよ。
自分が年取ったので、相手と同年代になっちゃったせいかも。(かもかも♪)

以前みたいにすっきりした気持ちで、
さー 次行ってみよー! なんて思えない。

せっかく解決しても、頭からこびりついて離れないの。
これから別種の仕事がクライマックスに差し掛かるというのに。(いうのに!)



ココロと言っても、鬱や心身症の話ではないのです。


そういうメジャーなものではなく、あまり明るみに出ない
もっと身近で、もっと恐ろしいものがあるのです。


その病魔の名は、envy ―嫉妬―



人間なら誰しも持っている、ごくごくありふれた感情です。

しかしながらこの感情は、
時として自分自身を滅ぼすだけでなく、
大切な子供を始め、家族の人生さえも台無しにしてしまう
恐ろしい妖魔へと変貌を遂げるのです。


この感情と上手に付き合っていける人
妖魔へと変貌させてしまう人


どこに違いがあるのだろう。



二人が手掛ける案件も、突き詰めて原因を探っていくと
やはり「嫉妬」に辿りつくのだそうです。
しかも私が感じたように、とても些細なことです。


しかしそんな些細なことが、
紛争、さらには犯罪にまで発展する。(怖いですね~)

ってことは・・
誰もがいつ、加害者もしくは被害者になっても
おかしくないんですよ。(もっと怖いですね~)



胸の開き具合がよくわかるよう、インはブラのみ~♪
熊天 胸の開き修整
くしゃくしゃで届いたというコメが上がってましたが、
私のところに来たクマちゃんは、ピシーっと最高の状態でした
たまには当たりが来てもいいよねv




みなさんは、「自己愛性人格障害」という言葉をご存知ですか?
二人の話には、ちょいちょいこの言葉が出てきます。


これは私もよく知っているココロの病で、
今現在、被害に遭っている女性から相談も受けているし、
当事者からも相談を受けています。
私自身も何度か被害に遭っています。(撃退之完璧)


この病は大雑把に言っちゃうと、
「ブレーキの効かないお姫様願望」なんですよね。

この病にかかった人は、
ありのままの自分を認めてあげることができず、
自分よりも優れて見える人に激しく嫉妬し、
その人を否定し攻撃しなければ、生きていけないのです。


みなさんの職場をちょこっと見渡して下さい。
なんとな~く当てはまりそうな人がいませんか?

そしてその人の冷たい視線の行く先には、
幸せオーラを全身から出している可愛い女性
または仕事ができ、みんなから信頼を得ている女性がいませんか?


それほどこちら、私たちの身近にある
とーってもポピュラーなココロの病なんです。


女弁護士さんは言います。

「こういう人は、世界が狭くて見解も狭いのよね。
 人生経験も少なくて、幼稚なの。」

すると男性弁護士が言います。

「女性の場合、こう言っちゃ失礼だけど小競り合いで済むけど、
 男性の場合はそうはいかない。被害者も加害者も職を失い、家族は路頭に迷うんだよ」


うーん、確かに。
けれど今の時代、女性でも小競り合いじゃ済まない場合が多いんですよ。

赴任したばかりの職場で被害に遭い、
心身症にかかって休職してる女性を私は知っている。

このご時世、共働きでないと子供二人を私大に入れるのはキビシイ。
巻きこまれたら、えらいこっちゃですよ。


サイズ3。袖はこんなにゆとりアリ
熊天 袖のゆとり修整
柔らかいので、伸びる伸び~る♪
着ていて全く肩がこらない




しかしながら、私はこの病に取りつかれてしまう人たちを
二人の使う言葉オンリーで片付けるのは可哀想な気がするのです。


経験値が低く世界感が小さいのは、不器用で一途な証拠。
幼稚なのはピュアなココロの現れ。


人間は大人になるにつれ
満たされない自分の心を「ごまかす方法」を習得します。

それがまだ未完であるのは、
素直で正直で純粋な心を持っている証拠とも
言えるのではないかしら。


でもま、
被害に遭った人の弁護をする立場である彼らに
そんなことを言っちゃうと反撃されるに違いないので、(弁護士に反撃されてみー)
お口ハマグリにしてましたw(負けるに決まってるがな)


で、私はこう聞いてみました。


「そんな人の被害に遭わないようにするには
 どうすればいいのでしょうかね」


この質問には二人とも、「近付かないのが一番!」と声を揃えて答えました。


「そんな~ むこうから寄ってきますって~  」


そう言うと、


「無視しなさい」←女弁護士


はい。プライベートで起こった時はスル―に努めます。


しかし、仕事で絡んできた場合は
積極的に解決を目指さなければ本題に入れない。(辛いところだw)


「いったい、どうやって解決するの??」


二人は興味津々。
わたしゃ弁護士じゃないから、内容証明なんか送りつけないよ。


「だからどうやって???」



たまたま解決できただけだって。


でもニンジンのグラッセを食べたくないので(ニンジン嫌い)
話す側に回るのもいいかなと思い、(お残しする名目ができたぜ)
二つのケースを例に出し、話をしました。

一つは典型的パターン
もう一つは変形パターンです。

彼らは私のリアル体験談に、熱心に耳を傾けました。



では、みなさんにもご紹介しましょう。



ウエスト位置はここ
熊天 ウエスト位置修整
短いのでは?と敬遠していたのに、実寸は長かったのであーる



【典型的パターン】

川崎さん(仮名:45歳)は、男の子(小5)のお母さんです。

しつけの厳しいお家で育った川崎さんは、
二人姉妹の長女。
趣味は読書と資格取得。
ご主人は外資系会社の重役。

川崎さんの相談内容はこうでした。

お子さんが、不登校までいかないまでも登校渋り。
そしてどういうわけか、小さい頃からチック症状が絶えない。
成績は普通。
お喋りが大好きで、活発。


実際に大樹くん(仮名)と会ってみると
どこに登校渋りの原因があるのかわからないほど
人懐こくて明るいお子さんでした。

しかしならそのチック症状は、
こちらがつられてしまうほど酷いものでした。

一方、つられてチック症になってる私の顔を見て笑い転げるほどの、
あっけらかんとした一面も持っていました。



大樹くんの様子から、
原因がお母さんにあることは自明でした。


しかしそれが自己愛性人格障害で、
しかもご本人に自覚があるとは、思いもしないことでした。


明らかになったのは、
川崎さんの嫉妬の矛先が私に向けられた時でした。


しかし、互いの立場が功を奏しました。


私は川崎さんをケッチョンケチョンに叱りつけ、
そのあとゆっくり彼女のプライドに訴えかけるという作戦に出ました。


川崎さんはこう告白しました。

「長い間、ずっと苦しんでいました。
 私は専業主婦なので、嫉妬の矛先は主人でした。
 料理を褒められると、家事しかできない無能な人間だと
 こき下ろされてる気がして、無性に腹が立ちました。
 普通に談笑している時も、
 ちょっとした言葉尻に引っ掛かってしまい、噛みつきました。
 自分に自信が持てなかった。
 でも、人から尊敬される自分になりたかった。
 それで自分より優れて見える人が許せなかった。」


自己愛性人格障害については、ネットで知ったそうです。
しかし、「なんとかしないといけない」という意識は
働かなかったといいます。

「自分など、なんとかする必要などない、取るに足らい存在に思えたからです。」

川崎さんはそう言いました。


「でも先生は私を本気で叱り、心から褒めて下さった。
 はじめて人から認めてもらい、自分を認めることができました。」


その後まもなく、大樹くんのチック症は治まりました。
登校渋りもなくなり、
ご主人も、遅くなっても家に帰ることが増えたそうです。



全体のバランスとゆとりを見てもらうためにとったポーズ。
題して、「パリのかかしは青かった」

熊天 this is it修整



【変形パターン】


田所さん(仮名:47歳)は三人のお子さんを持つお母さんです。
お子さんは長男(15)、次男(11)、そして末っ子の長女(10)です。
名家に生まれましたが、嫁いだ先は普通のお家。
学生時代に知り合って結婚したご主人は、
これまたごく普通のサラリーマンです。

そんな田所さんは、
末の女の子について悩みを抱えていました。

内容は、こうです。

長女(仮名:結衣ちゃん)は小学3年生の時から、
何か恐怖心やプレッシャーを感じるたびに
体が痙攣するようになった。
最近では家でヒステリー発作を起こすようになり、
頭や顔を掻きむしって自分を傷付けるようになった。
学校での成績は普通。
得意科目は図工と体育。
とにかく活発で、友達関係も良好。

私は調書の前半と後半のアンバランスが気になりました。


結衣ちゃんの内側で、相反するものが存在する。
ここのところがキーであることは明らかでした。


結衣ちゃんとの接触を開始しました。

結衣ちゃんはとても無邪気で、外見は年齢の割に幼い印象。
内面は更なり。このままでいいのだろうかとも思える幼さです。

しかしながら、時折大人のような辛辣な口ぶりで
家族や先生、そして友達を批判します。
その様子は、まるで誰かが乗り移っているかのようでした。


私は田所さんご自身、
それからお兄ちゃん達とも話をする機会を作りました。

しばらくすると、いろんなヒントが見えてきました。

一番上のお兄ちゃんがちょっと変わった子で、
保健室登校をしていました。
友達はおらず、時々クラスでトラブルを起こします。
成績など、惨憺たるものです。

お兄ちゃんは中二の時、広範性発達障害と診断されたそうで、
田所さんは、そのことでコンプレックスを持っていました。

発達障害は別名「gifted」―神様からの授かりもの―と言われるほど
豊かな才能に恵まれ、知能指数も平均より高いのが普通です。

それなのに、この成績は何??

私は理解に苦しみました。


しかし田所さんは、そんなコンプレックスを抱えていることなど
おくびにも出しませんでした。

いつも笑顔を絶やさず、誰にでもフランクで優しく接する。
身なりなど一切構わない、これぞ母!という姿。
子供達の学校のお手伝いも、とても積極的かつ精力的。

そんな人なので、お家にはママ友達がいつも集い、
楽しいお喋りの声が絶えません。

傍から見ると、平和そのものです。


しかし、結衣ちゃんのヒステリーは
どんどんエスカレートしていきました。

髪は引きちぎられ、ところどころ脱毛。
皮膚は爪を立てかきむしるので、
いつもどこからか血が流れていました。



やーっとインナー着たぜv
熊天+黒修整
合わせたのはかたつむりちゃんとおソロのミラノリブスカート。
これ、腰穿きにするとタイトスカートっぽく見えませんか?





勘のいい方はもうお気付きかもしれません。


そうです。
結衣ちゃんは、お母さんのストレスのうつし身となっていたのです!


田所さんは、コンプレックスの塊になっていました。
いつからそうなったのかは分からない、とご本人は言いますが、

結婚して生活レベルが変わったこと
長男というウィークポイントを抱えるはめになったこと
ご主人の仕事内容、収入、家の大きさ

さまざまなものを友達と比べることにより、
それらのコンプレックスがごつごつした岩のように石化し、
田所さんの心をがんじがらめにしていきました。


田所さんは抵抗しました。
コンプレックスを感じる自分を否定しにかかったのです。

   自分は間違った母親だ。家族を汚点と思うなんて。
   こんな自分、大嫌い!



すると硬くなった心はどうなるでしょうか。
そうです。
ますます硬くなっていくのです。


コンプレックスは新たな方向へと広がります。
私はダメな母親、もっと良い母親にならなくては、と思う心が、
田所さんから化粧っ気を失くし、お洒落心も奪っていきました。

すると今度は、自らがそうしているにもかかわらず
友達が羨ましくてたまらなくなりました。

自分より若く素敵に見える友達、
いい服を着ている友達、
美容院に行く回数が自分より多い友達さえ、
妬みの対象になってしまいました。



その妬みは抑えようとすればするほど
どんどん大きくのさばります。

そのうち、妬みは妖魔となり果て、
田所さんを完全に支配するようになりました。



そしてこの妖魔は、ついに姿を現しました。

結衣ちゃんの体をゲートとして、
好きな時に現れ、好きなだけ暴れるようになったのです。


田所さんご自身も、薄々気付いていました。

しかし、自分の中で肥え太らせた妖魔が
娘の体を借りて暴れる姿を、
ご本人としては不快に思うばかりではありません。
だってその妖魔は、田所さんの分身なのですから。

   もっと暴れろ!醜い姿をさらし出せ!

妖魔をあおり、不敵に笑うご自身がいました。



もう少し涼しくなったらココナッツを合わせてみよう
熊天+ココナッツ修整
これも柔らかくて気持ちいい~♪




結衣ちゃんを苦しめる正体がわかったので、
私は着々と計画を進めました

まず取り組んだこと。
それはきっかけとなった一番上のお兄ちゃんの存在を
田所さんの中で負から正へと変えることでした。

これは私の最も得意とする分野なので、
造作なく完了しました。

お兄ちゃんは元気いっぱいの高校生となり、
成績もクラスの上位。
友達もたくさんでき、
家に帰ると学校の話でリビングが活気付きました。


もうこれで心配はないだろう・・と思うところですが、
違います。
人の心には、更なるトラップが仕掛けられているのです。


田所さんの心は、
お兄ちゃんと共に歩んだ辛い過去を
葬りにかかったのです。


人間の脳とは全く見事なものですよ。
忘れてしまいたい部分だけを、綺麗に切り取ることができるのです。

しかし、心はとても正直。
無理を通したことにより、新たなストレスが田所さんを襲いました。


この新たなストレスの正体は、優しい母の心でした。
お兄ちゃんと一緒に辛い思いに耐え、頑張って来たご自身でした。

   やめて!私を否定しないで!
   私とあの子が戦ってきた日々を消さないで!



狙い通りです。

さあ、ついに妖魔退治をする時がやってきました。


田所さんは理性を失い、溢れ出す涙と共に
その口から妬み嫉みをどっと吐きだしました。
涙をぬぐうのも忘れ、田所さんは赤裸々な自分の心と
果敢に向き合ったのです。


   苦しい、苦しい、もうやめてくれ、助けてくれ!


妖魔のもがき苦しむ叫び声が聞こえてきます。


しかし、田所さんはやめませんでした。
雄々しい母の心は、妖魔などに負けるはずはありません。


私は田所さんとお兄ちゃんが戦ってきた日々をしきりに持ちだし、
母の優しさとプライドに、必死になって訴えました。




妖魔は静かに消えていきました。


そして田所さんは、久しぶりに本当の自分と対面しました。


「今お兄ちゃんが笑えるのは、お母さん、あなたのおかげです。
 二人で勝ち取った成功の後ろにあるものは、あなたの勇気と、そしてプライドです。
 私はあなたに出会えたことを、心から誇りに思います。」


そう言うと田所さんは、あらためてはらはらと涙を流しました。


落ち着きを取り戻した田所さんに、私はこう問いかけました。


「お子さん達に、どんな大人になって貰いたいですか?」


すると田所さんは、泣き晴らした顔で、
でも僅かに微笑み、こう答えました。

「自分のことを、大好きな人間になってほしいです」と。


その言葉は子供達だけでなく、
ご自身に向けられた言葉でもありました。


今度は私が泣く番でした。はは^^;


結衣ちゃんの内分裂が統合するのに、さほど時間はかかりませんでした。

結衣ちゃんから不自然な幼さが消え、
皮膚も髪も綺麗になりました。
勿論、ヒステリーを起こすこともなくなりました。



こちら私がココナッツと呼んでいる【ファンシーヤーン使い ニットジャケット】です。
上のコーデで羽織っています。
ジャケットと言うより丸襟カーデかな。


スノーフレークを思わせるその姿は、冬のコートのインに着るにもいいと思います。
知りませんよ~、二度と会えなくても^^






「それじゃ私たちの仕事は上がったりじゃない!」


女弁護士さんはそう言って笑いました。(はは^^;確かに)



おまめさんの仕事がわかった! 
きっとゴーストバスターズよ!

・・とか言ってるそこのあなた。

違いますって( ̄▽ ̄;)


最近ハマってるアイス
まるなが修整
「あいすまんじゅう」の丸永製菓から出た新商品でござる♪


さて、以上の重~く深~く恐ろし~話を通して学んだこと。

愛しいみなさんへのメッセージとして
おまめらしく纏めてみたいと思うでござる。(よっ!おまめちゃん♪ひゅーひゅー)←自分でやる?


    
                        



ココロに闇を持つ人の被害に遭わないために


弁護士さん達がいう「スル―が一番」の根拠ですが、
これは子供同志のいじめと同じで、
やる方はやられる方の苦しむ姿を見て快感を覚えるのです。
なので、「はっ しょーもね!」ってな顔をしているのが一番。

そしてこれはウルトラCですが、
そういう人が手出しできないくらいにふんぞり返るのもいいんですよ。
で、上からガーン!とカマしまくる。

よくよく観察していると、そういう人のターゲットになるのは、
手が届く範囲にいる人なのです。



ココロに闇を作らないために



コンプレックス
嫉妬

これらは人間なら誰しも持っている感情です。

しかしその感情から解放されるために
一生懸命になる必要など、全くありません。

けれど認識を持つ必要は大有りです。


「ああ、私って、こんなところにコンプレックスを持ってるんだ。今は。」

「そうか、私、あの人のここに嫉妬してるんだ。今は。」



こんなふうに、自分を認めてあげた上で、
語尾に「今は」を付けてみる。
そうするだけで、どんなに気持ちが軽くなることか!

嫉妬と上手に付き合うには、戦おうとしてはダメ。
仲好くするのです。
妖魔になる前に、可愛いワンちゃんに見立てて
仲好く暮らしちゃえばいいのです。


今や女性の寿命は80年を超えています。
その年になるまで、同じことで悶々としているわけはないでしょ?
カプセルにでも入って時を止めない限りはね。

コンプレックスも嫉妬心も、相手があってこそ存在するものです。
しかし自分は勿論のこと、相手の状況だって刻一刻と変化します。

従って、それらはいわば、「期限付きの負の感情」なのです。

ならばそんなものに心を支配されるなんて、
バカバカしいったらありゃしない!

でしょ?


こちらに集うみなさんも、きっと同じ。

そんな暇あったら、
①もっと自分磨きして(服買って)、
②もっと賢くなって(メルマガラインナップ予想して)、
③ちょっとでも綺麗になりたい(セールで小さいサイズしか出なくてもポチしたい)

でしょでしょ?

おまめさんはそう思ってます( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ (きもいからやめいっ)


で、蓋を開けると・・
まるなが中身修整
小豆の石畳!小豆好きにはたまりましぇ~ん♪



もう一つ。

忘れてはならない大切なことがあります。


私たちはみんな、
誰かにとってかけがえのない存在であるという事実です。


子供にとって、旦那さまにとって、おばあちゃんにとって、おじいちゃんにとって、
猫ちゃんにとって、犬くんにとって、
私たちは誰も代わりを務めることのできない、唯一無二の存在なのです。


その認識が、ココロの暴走を防ぎます。


このあいだ、TVに安田成美さんが出ていたんですよ。
映画の製作会見だったのかな?(ながら見だからわかんねぇや)

それがねぇ、
ほんっとに綺麗なの!
同年代とは思えないほどの艶やかさ、
溜め息が出ましたよ~

で、一緒にTVを見ていた子豆にこう言ったのです。


「なあ、子豆よ。あんた、あんな人がママやったら、めっちゃ嬉しいんちゃう?
 綺麗やし、同じ働く女性でも稼ぐ額が違うで。
 回らん寿司屋で大トロ食べ放題やがな
 ママみたいに寿司屋に入る前に軍資金渡しといて、
 この範囲内でやりくりせぇ、なんて言わへんで。」


何気に言った言葉です。何気にジョークで返してくるかと思いきや、


「アホなこと言わんといて下さい。僕の母さんはあなたでないと困りますがな。
 たとえ手足が異常にたくましくても、僕にはこういう手足の人が、
 生まれた時から母親なんです。母親と言えば、手足太いもんなんですわ。」
 
「それにうちは回らんお寿司屋どころか、
 お寿司ゆうたら母さんがスーパーの閉店間際に飛び込んでゲットした
 50%引きのシールが貼ってあるお寿司ですがな。

 けどね、30%引きのを買わんとじっと待ってたら、
 店員さんが50%引きシールを貼りに来たっていう、
 母さんの武勇伝を聞きながら深夜につまむお寿司の味、
 大トロを凌ぐ美味さですよ。」


と返してきました。

いつものごとく首を絞めましたが、内心ちょっと感動しました。

やった!安田成美に勝った!!って。(笑) ←ちゃうって^^;



                        



さて、みなさん。
今回は女性ならではのココロのトラップについて
お話をさせていただきました。

いろんな題材を織り交ぜてお話したので、
お一人お一人感じるところが違うと思いますが、
これから先、みなさんの人生の中で何かのお役にたてれば・・
という思いで、お話させていただきました。


それから写真だけご覧になって下さったみなさん、
「おまめ写真」って言ったじゃない!なんでアイス!?
とお叱りになるかもしれませぬが、
いえいえ、ワタクシ、嘘はついてござりませぬ。

あずきも立派なおまめですゆえ♪(* ̄ー ̄)v


≪ 完 ≫


ディノス オンラインショップ

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2012.09.30 (00:28) by () | [編集]
心の闇
かたつむりです^^
最近は、土曜の夜に、おまめさんに会えるのだわ^^

まず、コーデ写真ですが、
この熊天丼カットソー、ブラックが気になっていたの
ですよ~でも、ぴったりフィットして、「贅肉」は
ここでっせ~って、アピールしちゃうのも困るので、
躊躇しておりました。

でも、おまめさん画像をみると、そんなに、フィット
しすぎる感じでもなさそうですよね…
いや、確か、おまめさんは、ほっそりさん…
かたつむりが着るとわからんよ~^^;

ミラノリブスカート、かっこいいですね^^
かたつむりが着ても、こんなかっこよくないぞ^^;

【パリのかかしは青かった】は、さいこー!!

そして、あずき の多さに衝撃!した、私でした^^


ココロの話のほうも、読みましたよ。
いろいろ、考えたり、話もたくさんありますが
夜中なので、頭の回転が、遅いので、感想を少し…

誰でも持っている心の闇。
でも、この闇、心の中から、見つけて、認めて、可愛がって
あげると、新たな自分を発見できて、前に進めたりします。

なので、必要悪なのかもしれません。

私の場合、自分が気づかないうちに、じわじわ では無く、
突然、ガツンとやられましたので、事が起きた 前と後では
全てのものが、間逆になったのです。

それまでの自分が一番、嫌いなこと、それは…
「人を、差別して、偏見を持つこと」でした。

でも、事が起きたその後、自分は、
「人を、差別して、偏見を持つ人間だった」とわかったのです。
それが、自分の心の闇でした。

まず、これを認めるところから、全てが始まりました。

心の闇に、出会わない人もいるかも、
心の闇に、出会っていて気づかない人もいるかも、

でもね、この 心の闇を 認める経験をした人は、
ものすごい、成長を遂げるかもしれません。
これまで、見えなかったものが、見えると思います。
(見えるのは、ゴーストじゃないですよ^^;)

偉そうなこと、書いちゃったけど…
気に障った方は、ごめんなさい。

でも、
うん、人生悪くない^^



Posted at 2012.09.30 (01:10) by かたつむり (URL) | [編集]
心の闇
お豆チャマ〜
社会をたくましく生きてますね

自分の心の問題は
物心ついてからずっと脳裏を占めている手強い相手です
 
亡くなった河合隼雄さんの心理学に関する著書やその他の専門書を読みあさりました。
ユングですね、中心は。
 
まずは自分から始めてっと

これが難しいことといったら・・・

自分を掘り下げることは他者への理解や結びつきに繋がるはずが

自分の中の堂々巡りに終止してしまい

暗中模索の闇の中から抜け出れません 

というか 自分堀りがひたすら楽しくなって

ますます他人への興味が薄れていく・・・

悩んでいる訳では有りません。

現実と非現実の間に折り合いを付け
精神の安定を保つこと
そんために自己を律し、心を平静に
コンプレックスと嫉妬からの解放も重要課題

自己収束の生き方も悪くは無いかなって思えます。


真面目な会にはジャケットね  カキコ

人の寝静まった夜の静寂を愛してま〜す。

今年は是非黒いマントを手に入れようかな(笑)
Posted at 2012.09.30 (03:56) by nekonote (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2012.09.30 (08:42) by () | [編集]
おはよーございます♪
みぃ☆です。


熊天プル既にぽちっております(o^皿^)\エヘン♪
お安くなってたから、ブルーと黒の2色買い!
かたつむりちゃま同様に袖が細いと困るなって思っていました。
大丈夫かしら~。

それとコクーンワンピ・・・やっぱり素敵ですね。
普段タイトスカートが好きなので、ウエストから
お尻の膨らみに慣れなくて、似合いません(ノ_・。)
まだ在庫あるのですね・・・気になってきたじゃーありませんかw

でも、次回は上手く着こなしたい1品です♡



さてさて、ココロのお話し。

私も色々な場面で遭遇してきました。
それは自分のココロであったり、誰かのココロの
声であったり。
誰もが持つ感情であり、押さえ込むだけではお話のように成りかねない問題なのですね。
私は職場では、部下と上司の間でウロウロしております。(^_^;)
確かに男性の方が多いようにも思いますが、女性がどんどん目立つようになってきた昨今は
女性にも大きな問題ですね。

おまめちゃまの文章を読みながら、実生活を振り返り、本当に考えました。
毎日、色々な問題が勃発する中で、何とかなんとかバランスを取って暮らしています。(誰もがそうだと思います)

自分の信条を信じ、辛い時こそ口に出しながら毎日を過ごす。また、辛い話ほど頑張って聞く。
(幸い信じられる仲間がいます)

ここにも。。。^^



それをお仕事にされているおまめちゃま。
今の世の中ではすごく大事なお仕事ですね。


(バカ話だけのおまめちゃまではなーーーい!)
(*_ _)人ゴメンナサイ!  ジョーダンですよ!


きっとすごーく癒し系の優しい人なんです。

これからもよろしくお願いします。

Posted at 2012.09.30 (08:57) by みぃ☆ (URL) | [編集]
興味深く拝読
おまめさん、ファッション以外のレポ、ありがとうございます。もちろん、おしゃれのお話も楽しいですけどね。

>、「自己愛性人格障害」…「ブレーキの効かないお姫様願望」

これ、女性なら多かれ少なかれありますよね。
もちろん、私自身にも。
嫉妬って実は、身近なものに対して抱くんですよね。女優さんが素敵な装いなら「まねした~い」って感じになるけど、ママ友がそうなら、嫉妬の炎が…ってことはよくあります。
「つるむ」って言うのかな、良くも悪くも自分と同じレベルだと、日本人って(外人になったことないからわからないけど)安心するみたいですね。
私は子供の頃から、比較的恵まれた環境にあったので、「逆嫉妬」っていうか、例えば自分自身のことや持ち物について本当のことを言うと、まわりから「あの子は特別」みたいに仲間はずれにされることが多かった…。
それで悩んだこともあったけど、50歳過ぎたとき、ちょうどこのとき、最愛の父が亡くなったんですけど、人生曲がり角まで来たんだから(100まで生きるつもり)…って思ったとたんに、憑き物が落ちたっていうか、色々なことが気にならなくなったの。その昔は、20歳が人生のちょうど半分くらいだったと思うんだけど(人生50年、四十の賀ってあったし)、私は50歳にしてようやく成人、父がいなくなったから(それまでも接触はほとんどなかったけれど)これからは独り立ちしなくっちゃ!って、思うと、自由に、楽チンになれたんです。泣きながら。
にしても、小豆坊っちゃんは素晴らしいですね。うちの息子とはタイプが違うけれど、男の子って、こういう優しさ、母に対してはアガペの愛みたいなのを抱いてくれますよね。おまめさん、お幸せ^^。
それから、お洋服の報告。
私が購入した(もう買えないけど)オプティカルだったっけ、ダニエルの柄ワンピ、昨日着たら年下女子から大好評でした。息子が、当初「地味」って言うから、首回りにアンテプリマのシルバーグレーのワイヤーネックレスを4連チョーカーにしたらマリーアントワネットみたいになった(笑)。で、パールのペンダントで十分でした。
で、初めて知ったのですが、息子の言う「地味」は、「マダムっぽい」ってことみたい。「だって、マダムだもん!」って言い返したら、納得してました。(息子は、母を若く勘違いしている)生地が光沢があり、ドレープがとてもよい感じ。夜の蝶のようでもありますが。
私の手持ちのディノスの中で比較するなら、ダニエルがデザイン、生地が一番良いかと思います。ソルド価格でしか買ってないので、きちんと比べることはできませんが。
これからも大人のリセエンヌめざしま~す^^。
Posted at 2012.09.30 (10:00) by ね子 (URL) | [編集]
おまめ先生

運動会が延期になり、暴風警報の中しんみりと読み終えたみかぽぅでございます。

今回のお話も興味深く読ませていただきました。

とりわけ、

『忘れてはならない大切なことがあります。
私たちはみんな、
誰かにとってかけがえのない存在であるという事実です。

子供にとって、旦那さまにとって、おばあちゃんに>とって、おじいちゃんにとって、
猫ちゃんにとって、犬くんにとって、
私たちは誰も代わりを務めることのできない、唯一無二の存在なのです。』

というお言葉。かみ締めてます。

この夏は主人の病気が発症し、仕事・家のことと自分にのしかかる中、周りの幸せそうなママを横目に必死で過ごしていました。

嫉妬心。ありましたね、私の中に。満載。
私だけなんでこんなにしんどいんやろ。。
私だけなんでこんなにツライんやろ。。

『あー、目ぇ覚めたら、地球が爆発してくれてたらいいのに。。』と何度思ったことか。。

ただ、自分はこどもたちにとってはかけがえのない存在であろうし、自分の親からもそう思われているであろうことから、なんとか頑張れたんですよね。。

『期限付きの負の感情』そうそう、ほんと、時間がたつといろんな状況がかわってくる。ここも実感。

今は秋物のメルマガセールを楽しみにしている自分もいますし、なんてったって、ここに集うみなさまとの会話も楽しい(^ー^* )

うちの息子も小豆くんのように素敵な男の子に育てたい意欲も!

新しい季節、秋の到来。昨年とはまた違った景色に見えますが、新しい素敵なことが起こりそうな予感も☆

今日はお仕事とおっしゃってましたね!暴風雨の中、大変ですが、頑張ってくださいね☆
Posted at 2012.09.30 (11:59) by みかぽぅ (URL) | [編集]
小さな頃は神さまがいて
おまめさん

こんにちは、空色うさぎです。

今回の内容について、お話したいことたくさんあります。
おまめさんだけでなく、ここに集う方皆さんと。

「生きていく」って、「ただ生きていく」だけでも、大変なことですよね。
大人になってわかりました。

私も色んなもの、背負っています。
数年前、心身共にダメージを受けていたとき、漢方の先生の前で号泣してしまったことがありました。

でも思いっきり泣いたらすっきりしちゃって…時には感情を爆発させて「泣く」って必要なことかもってそのとき思いました。

で、その時のお悩みは、「今だけ」だったらしく、正確に言えば消滅したわけではないですが、環境や各人の心の持ち方が変化して、現在は平和と安定を取り戻している状態です。
これから先も色々あるでしょうけれど、一つ一つ解決していくうちに自分に自信が出てきて、「今度も大丈夫」って思えるようになっています。

私は自分には「心の闇」は…多分、ない(気が付いていないだけ?)と思いますが、軽い嫉妬くらいはします。
でも、しょせん、「たかが人間」だから仕方ないって思ってます。

若い頃は自分は「選ばれた人間」だと思っていたので(若気のいたり)、悶々とすることも多かったですけれどね。(ふふふ、青春だわ~)

>経験値が低く世界感が小さいのは、不器用で一途な>証拠。
>幼稚なのはピュアなココロの現れ。


>人間は大人になるにつれ
>満たされない自分の心を「ごまかす方法」を習得し>ます。

>それがまだ未完であるのは、
>素直で正直で純粋な心を持っている証拠とも
>言えるのではないかしら。

ここ、凄く共感しました!
ここを理解してくれる人がいると、当事者の気持ちも救われるのだと思います^^

結局、皆さんがおっしゃっているように、大事なのは「バランス」ではないでしょうか。
バランスのとり方も人それぞれなので、そこはもう、自分で創意工夫しながら、時や環境に応じて対処していくしかないでしょうね。

こういうこと、凄く大事だと思うのですが、学校では教えてくれませんね…^^;


ところで小豆くんって、前から思っていたのですが、漫画やライトノベルなんかに良く出てくる「癖の強い(メガネ?)男子キャラ」みたいですね^^
きっと、細面で、すっとした目で(おまめさん似ならぱっちり?)、ニヤリと不敵な笑みを浮かべるに違いないわ^^

最後に、タイトルのユーミンの歌。
(歌のタイトル、ど忘れてしまいました…)

>ちいさな ころは かみさまがいて
>すてきに ゆめを かなえてくれた

この歌、大好きで、いつ聞いても胸が熱くなって、涙が出そうになります。
あの頃は、本当に神様や両親に守られていたんだなって思うんです。

大人になると、今度は自分が両親や子どもたちを守る側に回りますよね。

でも、神様は(何の宗教というわけではなく、何か、こう、大きな人智を超えた存在)、今も私たちを守って下さっていると思うんですよ。

あいかわらずまとまりのない文章ですが、少しでも気持ちが伝わってくれれば嬉しいです^^
Posted at 2012.09.30 (13:00) by 空色うさぎ (URL) | [編集]
Re: 心の闇
かたつむりちゃ~ん♪
台風どんな感じ?
大阪はおさまったみたいだけど
そっちはこれからかしら。
充分気を付けてね。

> まず、コーデ写真ですが、

うんうん^^ 
コーデってほどでもないんだけどね。はは^^;

> この熊天丼カットソー、ブラックが気になっていたのですよ~

ブラック、使い勝手よさそうよね~

> でも、ぴったりフィットして、「贅肉」はここでっせ~って、
> アピールしちゃうのも困るので、
> 躊躇しておりました。

いやいや、あれ、とってもゆったりしてると思うよv

> でも、おまめさん画像をみると、そんなに、フィット
> しすぎる感じでもなさそうですよね…

いえーす♪

> いや、確か、おまめさんは、ほっそりさん…
> かたつむりが着るとわからんよ~^^;

かたつむりちゃん!
おまめさんとかたつむりちゃんは何センチ身長違うと思ってるの!
7~8cmは違うのよ^^
なのでいくらほっそりしてると言っても、
このスケールでほっそりだからね。
そこんとこ錯覚しちゃだめよ*^^*
胴体切り取って身幅だけ比べると、きっと同じくらいだよv(恐ろしいたとえ)

> ミラノリブスカート、かっこいいですね^^
> かたつむりが着ても、こんなかっこよくないぞ^^;

最近、思う。
かたつむりちゃんが着るダニエルと
私が着るダニエルは別物ーー;
ちょっと落ち込むおまめであった。

> 【パリのかかしは青かった】は、さいこー!!

ははは^^; かかしのような体型だってこと、
写真撮り始めてようやく気付いたのであった。

> そして、あずき の多さに衝撃!した、私でした^^

ごめんごめん><
かたつむりちゃん、粒あん苦手だったよね。
このブログ見てる小豆嫌いの友達から、
「見る暴力や!!」と言われてしまった^^;

> ココロの話のほうも、読みましたよ。
> いろいろ、考えたり、話もたくさんありますが
> 夜中なので、頭の回転が、遅いので、感想を少し…

無理にコメントしなくていいよ~
読んでくれただけでじゅうぶん嬉しい^^
女の長い人生、きっとみなさんの役立つ時が来ると思って
書いた記事だから、いわば私の自己満足よv

> 誰でも持っている心の闇。
> でも、この闇、心の中から、見つけて、認めて、可愛がって
> あげると、新たな自分を発見できて、前に進めたりします。

その通り。

「愛することは理解すること」

これが私の信条。
そしてこれは相手にだけでなく、自分自身に対しても言えること。

> なので、必要悪なのかもしれません。

うん。闇ができるところには光も必ずできるもの^^

> 私の場合、自分が気づかないうちに、じわじわ では無く、
> 突然、ガツンとやられましたので、事が起きた 前と後では
> 全てのものが、間逆になったのです。

そっか・・

> それまでの自分が一番、嫌いなこと、それは…
> 「人を、差別して、偏見を持つこと」でした。

うんうん

> でも、事が起きたその後、自分は、
> 「人を、差別して、偏見を持つ人間だった」とわかったのです。
> それが、自分の心の闇でした。

ここ、微妙で難しいよね。
弱い立場の障害者さんたちを守りたい、庇いたい、と思う気持ち。
これを、「そうすることにより、自分に障害がないことの優越感に浸れる」からだという
意見があるでしょ。
なんだか頷ける気もする。

善と偽善。
光と闇。

表裏一体で、どっちがどっちなのか、誰が言えるのかしら。


> 心の闇に、出会わない人もいるかも、
> 心の闇に、出会っていて気づかない人もいるかも、
>
> でもね、この 心の闇を 認める経験をした人は、
> ものすごい、成長を遂げるかもしれません。
> これまで、見えなかったものが、見えると思います。

うん。そうだね。
自分の中の醜い(と思ってる)部分を認めることって、
すごいパワーが必要で、痛みを伴うことだと思うわ。
でも、そういう経験を持った人は
人を引き付け、言葉は人を動かす。
その人全体からオーラがにじみ出ているよね。

> (見えるのは、ゴーストじゃないですよ^^;)

そうそう^^ ゴーストじゃないよ。真実だよ。

> 偉そうなこと、書いちゃったけど…
> 気に障った方は、ごめんなさい。

いーのいーの。
おまめサロンでは、自分の意見を遠慮して言わないことの方がNGなんだから^^

> でも、
> うん、人生悪くない^^

よね^^
Posted at 2012.09.30 (20:57) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
Re: 心の闇
nekonoteちゃま♪
お元気でしたか? お逢いしとうございました*^^*

> お豆チャマ〜
> 社会をたくましく生きてますね

足と腕だけたくましいっす^^;

> 自分の心の問題は
> 物心ついてからずっと脳裏を占めている手強い相手です

繊細で追求型、
しかも絹を思わせる優しい心を持ったnekonoteちゃまですもの。
 
> 亡くなった河合隼雄さんの心理学に関する著書や
> その他の専門書を読みあさりました。
> ユングですね、中心は。

スイスの心理学者、カールグスタフユングですね。
(ユングと聞けば、いつも思い出すユングフラウ。失礼をば^^;)  

> まずは自分から始めてっと
> これが難しいことといったら・・・

自分が一番難しいです ̄▽ ̄;

> 自分を掘り下げることは他者への理解や結びつきに繋がるはずが
> 自分の中の堂々巡りに終止してしまい
> 暗中模索の闇の中から抜け出れません 

すれすれのところで、とてもスマートに自己を客観視できていますね。
こういう人は、決して壊れないので、安心しました(笑)

> というか 自分堀りがひたすら楽しくなって

エッサ ホイサ 穴掘れホイサッサ♪

> ますます他人への興味が薄れていく・・・

いやいや、自分をいじれるのは他人を見ている証拠でござる^^

> 悩んでいる訳では有りません。

もちろん。
これはグラジュアリーな趣味でございます^^

> 現実と非現実の間に折り合いを付け
> 精神の安定を保つこと

ここ重要 * ̄ー ̄

> そんために自己を律し、心を平静に

ここ困難 ーー;

> コンプレックスと嫉妬からの解放も重要課題
> 自己収束の生き方も悪くは無いかなって思えます。

素敵・・*^^*
あ~ nekonoteちゃまにお会いしてみたい~♪

> 真面目な会にはジャケットね  カキコ

ジャケットが、おちゃらけおまめを隠してくれるv

> 人の寝静まった夜の静寂を愛してま〜す。

夜の静寂を愛するnekonoteちゃま。
イメージピッタリで心が震えちゃいます^^

私なんて、夜が怖くてしかたありませぬ。
先週木曜日、お風呂場にムカデが出たんですよ。
せっかくココロの平静を取り戻したとゆーのに><
また静寂が恐怖となってしまった(泣)

> 今年は是非黒いマントを手に入れようかな(笑)

夜の帳のようなマントって、素敵☆
Posted at 2012.09.30 (21:21) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
みぃ☆ちゃま♪
お名前から「ー」が消えちゃった?

> 熊天プル既にぽちっております(o^皿^)\エヘン♪

え?そーなの??

> お安くなってたから、ブルーと黒の2色買い!

きゃ~!おソロ>▽<♪♪

> かたつむりちゃま同様に袖が細いと困るなって思っていました。
> 大丈夫かしら~。

2と3ではガクっと小さくなるかもですが・・
みぃ☆ちゃまならゼッタイ大丈夫v
ってか、みぃ☆ちゃまがキツキツだったら、一体誰が着られるんですか^^;

> それとコクーンワンピ・・・やっぱり素敵ですね。

でしょでしょ^^
羽織モノ次第でカジュアルにもドレッシーにも演出できるのですよ^^

> 普段タイトスカートが好きなので、ウエストから
> お尻の膨らみに慣れなくて、似合いません(ノ_・。)

うんうん。わかりますとも。
慣れないラインって、なんとゆうか、まずはこっぱずかしい(笑)
昨年ダニエルの紺のフレアスカート取り寄せたんですが、
あのラインに面喰ってしまいました^^;
とっても素敵なスカートだったので、敗北感でいっぱいです(?)

> まだ在庫あるのですね・・・気になってきたじゃーありませんかw

来年逢えるかどうかわかりませんよ~♪

> でも、次回は上手く着こなしたい1品です♡

はい^^ 秋冬号も期待してマス (コクーンマニア)


> さてさて、ココロのお話し。
> 私も色々な場面で遭遇してきました。

女ですもの^^
(いろいろあるから綺麗になれる♪)

> それは自分のココロであったり、誰かのココロの声であったり。

うんうん。 素直になればココロの声が聞こえてきます。

> 誰もが持つ感情であり、押さえ込むだけではお話のように成りかねない問題なのですね。

そうですね。
ひとりひとり異なる背景を持っていて、感情だって何種類も複雑に絡みあっているので
一筋縄ではいきませんね~

> 私は職場では、部下と上司の間でウロウロしております。(^_^;)

わかる!ズバリ、そういう年齢なんですよね^^

> 確かに男性の方が多いようにも思いますが、
> 女性がどんどん目立つようになってきた昨今は
> 女性にも大きな問題ですね。

女性はバランスいいようで、理性を失いやすいですからね。

> おまめちゃまの文章を読みながら、実生活を振り返り、本当に考えました。

ありがとうございます!
これぞ記事アップした甲斐があったってもんです(嬉々)
ほんと、嬉しい。

> 毎日、色々な問題が勃発する中で、何とかなんとかバランスを取って暮らしています。
> (誰もがそうだと思います)

これから女性特有のアンバランスな時期へと突入する私たち。
その時になってココロのメンテナンスをしても
間に合う人と間に合わない人がいます。
だから、「今」なんです。

> 自分の信条を信じ、辛い時こそ口に出しながら毎日を過ごす。
> また、辛い話ほど頑張って聞く。
> (幸い信じられる仲間がいます)
> ここにも。。。^^

はい^^
その通りです、みぃー☆ちゃま。
嵐は必ず過ぎて行きます。

> それをお仕事にされているおまめちゃま。
> 今の世の中ではすごく大事なお仕事ですね。

これが直接的な仕事ではないんですけどね。はは^^;


> (バカ話だけのおまめちゃまではなーーーい!)

きゃ~~~>< ここではドアホのおまめでいたいのーっ

> きっとすごーく癒し系の優しい人なんです。

卑しい系のくいしんぼです* ̄▽ ̄*

> これからもよろしくお願いします。

こちらこそですよ、みぃー☆ちゃま^^
助け合って、支え合って、わらかし合って、生きていこー♪
Posted at 2012.09.30 (21:59) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
Re: 興味深く拝読
おおっ!聖ディノス女学院でごいっしょのね子さまではありませんか♪
今日はどんないでたちでしょう*^^*

> おまめさん、ファッション以外のレポ、ありがとうございます。
> もちろん、おしゃれのお話も楽しいですけどね。

ありがとうございます^^
せっかくこうして、毎日みなさんが集って下さっているので、
いろんなことを話し合ってみたいのです^^
話し合い、考えることで見えてくる自分―
これこそファッションだと、私は思っています。

> 「自己愛性人格障害」…「ブレーキの効かないお姫様願望」
> これ、女性なら多かれ少なかれありますよね。
> もちろん、私自身にも。

ありますよ~
だから女なんですよね^^

> 嫉妬って実は、身近なものに対して抱くんですよね。
> 女優さんが素敵な装いなら「まねした~い」って感じになるけど、
> ママ友がそうなら、嫉妬の炎が…ってことはよくあります。

ストライクです、ね子さま。まさにおっしゃる通り。

> 「つるむ」って言うのかな、
> 良くも悪くも自分と同じレベルだと、
> 日本人って安心するみたいですね。

そうそう。こういう日本人気質が偏見や差別を生むんですよ。
お話に出した発達障害もそう。

なぜ優れているのに「障害」という名前が付く?
これはズバリ、凡人の嫉妬なんです。
人と違った発想のできる人間を、差別したいんです。

> 私は子供の頃から、比較的恵まれた環境にあったので、
>まわりから「あの子は特別」みたいに仲間はずれにされることが多かった…。

女の集まるところでは、よくありますよね。
子供から大人まで、まったく・・女ってーー;

> それで悩んだこともあったけど、
> 50歳過ぎたとき、ちょうどこのとき、最愛の父が亡くなったんですけど、
> 人生曲がり角まで来たんだから(100まで生きるつもり)
> …って思ったとたんに、憑き物が落ちたっていうか、
> 色々なことが気にならなくなったの。

お父さまを亡くされたことがきっかけになったのですね。

私も父を亡くしてから、「今」を大切に考えるようになりました。
「今」を繋いでいけば後ろには道ができ、
前には未来ができる。
そんなふうに考えるようになりました。

そういえば母がよく言います。
「親がいなくなって初めて一人前」と。
精神的自立は、やはり人間も動物も同じなのですね。

> その昔は、20歳が人生のちょうど半分くらいだったと思うんだけど、
> 私は50歳にしてようやく成人、
> 父がいなくなったから、これからは独り立ちしなくっちゃ!って、思うと、
> 自由に、楽チンになれたんです。泣きながら。

なんだか・・こころに沁みます。ね子さま。
そしてね子さまの、凛とした立ち姿が目に浮かびます^^

> にしても、小豆坊っちゃんは素晴らしいですね。
> うちの息子とはタイプが違うけれど、男の子って、こういう優しさ、
> 母に対してはアガペの愛みたいなのを抱いてくれますよね。おまめさん、お幸せ^^。

そうですかぁ?^^;
あやつは一体何を考えておるのか、
ね子さまのところのストラディバリウス王子さまとは、雲泥の差だと思いますよ。
アガベーどころか、気に入らない先生にあっかんべぇして
中二の時、停学くらっちゃいましたよ(笑)

> それから、お洋服の報告。

待ってました!

> 私が購入した(もう買えないけど)オプティカルだったっけ、ダニエルの柄ワンピ、
> 昨日着たら年下女子から大好評でした。

きゃ~~~♪ 私もお姿拝見したい~>▽<

> 息子が、当初「地味」って言うから、
> 首回りにアンテプリマのシルバーグレーのワイヤーネックレスを
> 4連チョーカーにしたらマリーアントワネットみたいになった(笑)。

アントワネットなんて、素敵じゃないですか~♪
私が4連なんかしちゃうと、どこかの部族みたいですよ(勝利の証!みたいな)

> で、パールのペンダントで十分でした。

ね子さまは雰囲気が華やかなんでしょうね、きっと。

> で、初めて知ったのですが、息子の言う「地味」は、
> 「マダムっぽい」ってことみたい。

え!?!?そーなんですか!?
う~~ん、日本語って奥深い。
人それぞれ異なる意味で同じ言葉を使ってる。
私もこんど子豆に聞いてみよっとv

> 「だって、マダムだもん!」って言い返したら、納得してました。
> (息子は、母を若く勘違いしている)

マダムというより、マドモワゼルですよ、ね子さまは。
勘違いされているのは、ね子さまですよ(*^.^*)


> 生地が光沢があり、ドレープがとてもよい感じ。夜の蝶のようでもありますが。

あ~・・ ここらへんも私と違う。
私なら、夜のこうもりになっちゃう(笑)

> 私の手持ちのディノスの中で比較するなら、
> ダニエルがデザイン、生地が一番良いかと思います。

聞いた!?ダニエル推進委員会のみなみなさまっ!
なんて嬉しい評価でしょう*^^*

> ソルド価格でしか買ってないので、きちんと比べることはできませんが。
> これからも大人のリセエンヌめざしま~す^^。

買われたお洋服のご感想、これからも宜しくお願い致しま~す^^
ね子さまコーデ、楽しみにしていま~す♪
Posted at 2012.09.30 (22:41) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2012.09.30 (22:59) by () | [編集]
みかぽぅちゃ~ん♪
> おまめ先生

> 運動会が延期になり、暴風警報の中しんみりと読み終えたみかぽぅでございます。

延期かぁ。。
残念だったね。

しかし我思ふ。警報出たら大人も仕事休みにしてほしい。


> 今回のお話も興味深く読ませていただきました。

読んでくれてありがとう、みかぽぅちゃん^^
(文字スル―組はまだ現れず 笑)


> とりわけ、
>
> 『忘れてはならない大切なことがあります。
> 私たちはみんな、
> 誰かにとってかけがえのない存在であるという事実です。
>
> 子供にとって、旦那さまにとって、おばあちゃんに>とって、おじいちゃんにとって、
> 猫ちゃんにとって、犬くんにとって、
> 私たちは誰も代わりを務めることのできない、唯一無二の存在なのです。』
>
> というお言葉。かみ締めてます。

そうよ。
忘れてしまいがちだけど、忘れちゃいけない大切なことよ^^

> この夏は主人の病気が発症し、仕事・家のことと自分にのしかかる中、
> 周りの幸せそうなママを横目に必死で過ごしていました。

うん。わかるよ、みかぽぅちゃん。
辛かったね。

> 嫉妬心。ありましたね、私の中に。満載。
> 私だけなんでこんなにしんどいんやろ。。
> 私だけなんでこんなにツライんやろ。。

うんうん・・

> 『あー、目ぇ覚めたら、地球が爆発してくれてたらいいのに。。』と何度思ったことか。。

その表現、よくわかる。
自分だけ消えてなくなっても解決しないけど、
オールクリアなら。。ってね。

> ただ、自分はこどもたちにとってはかけがえのない存在であろうし、
> 自分の親からもそう思われているであろうことから、なんとか頑張れたんですよね。。


ここんところは複雑だけどね。
「こいつらおらんかったら、頑張る必要ないのにな」って、我時々思ふ^^;

でもみかぽぅちゃん、「頑張れた」って過去形になってるよ。
何事も最初の一歩がしんどいもの。
でもみかぽぅちゃんは、もうリズミカルに歩いてるんだ^^
マイペースをつかめたんだね。
これはすごいことだよ、みかぽぅちゃん!
よく頑張ったね。偉い^^


> 『期限付きの負の感情』
> そうそう、ほんと、時間がたつといろんな状況がかわってくる。ここも実感。

結局、ノロウィルスに感染したのとおんなじよ 。
激しい症状も、適切な対処をすれば、必ず過ぎて行く。

> 今は秋物のメルマガセールを楽しみにしている自分もいますし、

そっか!カーラなんかはもうすぐメルマガ!
・・って、ダニエルは?(T▽T)はよカタログ送れー!

> なんてったって、ここに集うみなさまとの会話も楽しい(^ー^* )

そうそう^^

> うちの息子も小豆くんのように素敵な男の子に育てたい意欲も!

素敵~~???
そんな形容詞はありえませんぞよ~ーー;

> 新しい季節、秋の到来。昨年とはまた違った景色に見えますが、
> 新しい素敵なことが起こりそうな予感も☆

それは個人レベルでしょうか、
それとももう少し大きい範囲ででしょうか。(おばちゃん、意味わからんって)
すももんちゃまあたりわかりそう はは^^;


> 今日はお仕事とおっしゃってましたね!暴風雨の中、大変ですが、頑張ってくださいね☆

ありがとうございます、みかぽぅちゃん^^
みかぽぅちゃんが応援してくれたおかげで(出先でコメント見たよv)
頑張れました(祝)
そして今日、この秋初めて「寒い」と思いました。嬉しいような淋しいような。。
Posted at 2012.09.30 (23:12) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2012.09.30 (23:37) by () | [編集]
Re: 小さな頃は神さまがいて
こんな素敵なタイトル、絶対空色うさぎさんだわ!と思っていました*^^*

> こんにちは、空色うさぎです。

> 今回の内容について、お話したいことたくさんあります。
> おまめさんだけでなく、ここに集う方皆さんと。

はい!おまめサロンの存在意義はまさにそれです^^

> 「生きていく」って、「ただ生きていく」だけでも、大変なことですよね。
> 大人になってわかりました。

深い深い意味ですね。

> 私も色んなもの、背負っています。
> 数年前、心身共にダメージを受けていたとき、
> 漢方の先生の前で号泣してしまったことがありました。

感情が出口を求めていたんですね。


> でも思いっきり泣いたらすっきりしちゃって…
> 時には感情を爆発させて「泣く」って必要なことかもってそのとき思いました。

その通りです、うさぎさん。
でないと、感情は間違ったところへ流れ出てしまいます。

> で、その時のお悩みは、「今だけ」だったらしく、

よかった!

> 正確に言えば消滅したわけではないですが、
> 環境や各人の心の持ち方が変化して、現在は平和と安定を取り戻している状態です。

それをもって解決と言います。うさぎさん。
乗り越えたのですよ^^
素晴らしい!

> これから先も色々あるでしょうけれど、一つ一つ解決していくうちに自分に自信が出てきて、
> 「今度も大丈夫」って思えるようになっています。

経験値があがったのですね。
苦しみは大きかったけど、ふと気が付くとネクストステージに上がっていた。


> 私は自分には「心の闇」は…多分、ない(気が付いていないだけ?)と思いますが、
> 軽い嫉妬くらいはします。

もちろん、それでいいのです^^

> でも、しょせん、「たかが人間」だから仕方ないって思ってます。

いいえ^^
「たかが人間」ではないからこそ、嫉妬心を認めることができているのです。
それを認めず、「こういう気持ちにさせたあの人が憎い!」と暴走する人の、なんと多いことか!

うさぎさんは、女の私が惚れ惚れするほどの、とっても素敵な女性ですよ。
(なんたってテキスタイル愛♪)

> 若い頃は自分は「選ばれた人間」だと思っていたので(若気のいたり)、
> 悶々とすることも多かったですけれどね。(ふふふ、青春だわ~)

ははは^^ 今、ドキッとした人、けっこういたはず(笑)

> >経験値が低く世界感が小さいのは、不器用で一途な>証拠。
> >幼稚なのはピュアなココロの現れ。
>
>
> >人間は大人になるにつれ
> >満たされない自分の心を「ごまかす方法」を習得し>ます。
>
> >それがまだ未完であるのは、
> >素直で正直で純粋な心を持っている証拠とも
> >言えるのではないかしら。
>
> ここ、凄く共感しました!
> ここを理解してくれる人がいると、当事者の気持ちも救われるのだと思います^^

みんなが陥る可能性があるトラップにかかってしまったってことは、
駆け引きのできない、純粋でまっすぐな心を持つ証拠ですからね。
人を傷付け攻撃する態度はもちろん悪いことですが、
できることなら責め立てたりせず、自己解決を促してあげたい
・・と思う私は、人から見ればアマちゃんのドアホです^^;


> 結局、皆さんがおっしゃっているように、
> 大事なのは「バランス」ではないでしょうか。

その通りです、うさぎさん。
そしてそのバランスをとるのが、難しいのです。
ここで経験値が物を言うのですね。

> バランスのとり方も人それぞれなので、そこはもう、
> 自分で創意工夫しながら、時や環境に応じて対処していくしかないでしょうね。

そうですね。
自分の中を探索しながら、闇を作ろうとするココロと折り合いを付ける。
ひとたび脳に「平静の状態」を覚えさせたらこっちのもんです。
バランスを失う度に、脳は勝手にそこを目指してくれます。

> こういうこと、凄く大事だと思うのですが、学校では教えてくれませんね…^^;

教えてくれません。賢い返品の仕方と同じで(笑)


> ところで小豆くんって、前から思っていたのですが、
> 漫画やライトノベルなんかに良く出てくる「癖の強い(メガネ?)男子キャラ」みたいですね^^

ええっ!?

> きっと、細面で、すっとした目で(おまめさん似ならぱっちり?)、
> ニヤリと不敵な笑みを浮かべるに違いないわ^^

どうしてわかったの??(笑)

> 最後に、タイトルのユーミンの歌。
> (歌のタイトル、ど忘れてしまいました…)

「やさしさに包まれたなら」 ですね^^
魔女の宅急便の主題歌

> >ちいさな ころは かみさまがいて
> >すてきに ゆめを かなえてくれた
>
> この歌、大好きで、いつ聞いても胸が熱くなって、涙が出そうになります。
> あの頃は、本当に神様や両親に守られていたんだなって思うんです。

メロディもですが、歌詞が素敵なんですよね~

きっとうさぎさんのご両親は、
うさぎさんを大きな大きな愛で包んでくれていたのでしょうね。

> 大人になると、今度は自分が両親や子どもたちを守る側に回りますよね。

そして今度は、うさぎさんが子うさぎちゃまを
大きくて柔らかでふわっふわのブランケットのような愛情で
す~っぽりとくるんでいるのですね^^

> でも、神様は(何の宗教というわけではなく、何か、こう、大きな人智を超えた存在)、
> 今も私たちを守って下さっていると思うんですよ。

私もそう思います^^ うさぎさん。


> あいかわらずまとまりのない文章ですが、
> 少しでも気持ちが伝わってくれれば嬉しいです^^

とんでもない!
ありがとうございます、うさぎさん。
これからもこんなふうに、
みんなでいろんなことを打ち明け、語り合える場にしたいです^^

いつもおまめサロンを盛り立ててくださって、
ありがとうございます、うさぎさん♪
これからも宜しくお願いしますです^^
Posted at 2012.10.01 (00:03) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2012.10.01 (07:46) by () | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2012.10.01 (08:15) by () | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2012.10.01 (09:21) by () | [編集]
Re: EQ
二年生ちゃま、おはよ~

> 長くなるので、「あ、二年生さんね」と飛ばしていただいて結構です~(恐縮)。

ははは、二年生ちゃま>< 
毎回書いてくれるこの断り書きがいつもツボに入って
とりあえず笑い転げてから読んでます

> 今回のお話、「自己愛性人格障害?身近にだれかいるっけ?」と考えましたが、
> ちょっと思いつきませんでした。でも「嫉妬」という点では、思い当たるケースが・・・。

うんうん

> 夫婦崩壊の危機を迎えて悩む友人から、ずっと相談を受けていました。

懺悔。最初「夫婦崩壊」を「めおとまんざい」と読んでしまった。ごめんなさいm(_ _)m

> 客観的に聞いても、どう考えても友人(女)は悪くないように聞こえる話。でも、
> 第三者が絡んできての崩壊だったので、友人の嫉妬心というか、怒りはすごかった。

ご主人の浮気かな?お金絡んでない限り解決するパターンかと

> 「なんでこの子がこんな風にならなきゃいけないの?!」と
> 私が泣けてきたくらいにボロボロになって、

優しいね~、二年生ちゃま*^^*

> 「何時でもいいから電話していいよ、メールしていいよ」と言ってました。

人の痛みがわかる優しい心を持ってるのね

> そのようなケースが、立て続けに二件起こって、

夫婦間のことはね~・・^^;

> うちの夫には「自分が体こわすよ(電話窓口夜中まで開放してたら)」と言われましたが、

うーん・・ ご主人に一票

> 私としては「夜こそ煮詰まって本人が苦しくなる時だから!」という思いがあり、

二年生ちゃまの熱い思いにも一票

> 私と話すことで、彼女たちが少しでも胸の中に鬱積しているものが吐き出せたとしたら、
> それは一応の効果があったと思っていいのではないかと。

落ち着いて来たのね^^ よかったねぇ!

> 私も異国の地で子育てなど、かなりの苦労をしました。
> そんなとき「だれか聞いてくれる人がいたら」と思っていました。

その経験が、二年生ちゃまの心配りや優しさを作ったのね

> 話す相手がいるから、事実を客観的にとらえるチャンスも出てくるけれど、
> 一人だと煮詰まって、どんどん悪い方に行ってしまったりするようで。

そうね。
でも、人にもよるね。
誰かに話すことにより、自分の可哀想な身の上に酔っちゃって
悲劇のヒロインになり抜けられなくなる人も。

二年生ちゃまのお友達はそんなタイプじゃなかったから成功したんだね^^


> 「self esteem」という言葉があります。

心理学用語の?

> これ、High & Lowで表すんですが、日本語になると、
>「自尊心」という訳語になっちゃうんです。
> 私の中では「自尊心」という単語とはちょっと違うと思うんですが。

self esteem を普段聞くと、うぬぼれ強い奴~ってイメージになっちゃう^^;

> 要は、適切に自分自身を評価してるか、過小評価してるかとか、そんなイメージだと思います。

お~!素晴らしい解釈

> これが変に歪んでいると、やはり心に支障をきたしてくると思うんですが…。

その通り。great!

> 彼女たちに共通していたのは、精神的にとても恵まれた子供時代があり、
> 本人がそんな状況下でもしっかりしていたことでした。

なるほど

> 彼女たちはこのself esteemがもともと歪んでいない人たちだった

確かに


> もしこれが過小な場合、
> 最悪のケースを招く結果にもなり得たと思うのですが、
> 彼女たちにはその危険性を感じなかったのです。

うんうん
二年生ちゃまの分析は続く

> そして、それがなぜか考えてみると「ああ、そういえば、彼女の実家、いい感じだったものなぁ」
> と思うのです。
> 子ども時代に育った家での幸せな様子、愛されて育ったのが分かる根っこの前向きさ、素直さ、
> だからこそ、卑屈さなく育ってきた彼女たち。
> 別の方向から、嫉妬という、ドロドロしたもので精神的に揺さぶられる事態とはなったけれど、
> 根っこのところがしっかり育ったからこそ、彼女たちはこのくらいで踏ん張れたんだ、と思います。

幼少期にまっすぐ育ったおかげで、正しい「self esteem」が確立されたって解釈ね^^
素晴らしい!
二年生ちゃまが今、そう感じて腑に落ちた解釈は、
まっすぐ子供達に向けられます。
きっと二年生ちゃまのお子さん達は、
この賢く素敵なママのおかげで
歪みのないself esteemを獲得できるのですよ^^(祝)

で、お友達の方は・・ (言いたくてうずうずしているアラフィフのみなさん、)
確かにself esteemということもあるけれど、(今わたくし代弁しますので^^;)
「私は夫と別れたくない」という気持ちが根底にあるので、
誰かに慰めてもらいながら、
自分の気持ちが落ち着くまでの時間稼ぎをしたのだと、あいしんくそー

一方、「こんな時に支えてくれる友達がわたしにはいるんだ」
という大切な確認ができたことは、
お友達にとって大きな力、そして財産になったと思います。

ここはとても大切なポイント。


> 私が最初の勤め先を前向き退社した時、同期の友人がくれた本がありました。
> 「EQ こころの知能指数」。

EQ、流行ったよねぇ!

> 忙しくて読む暇なかったけれど、「読んでたら、お前はEQ高いと思ったよ」と言われました。
> 「えっ?」と走り読みしたら
> 「熱意とか意欲とか」それなら「あるよ~」

心が丈夫じゃなかったら↑は生まれないものね^^

> ま、逆にいうと
> 「IQの問題ではない」という点では
> 「IQ? ないよ~(^▽^;)」って感じなんですが・・・。

ははは^^; 同志よ

> 自分でも、周りにIQ高い人いっぱいいたけど、「気持ちは負けてないぞ」とひそかに思ってまして、
> ちょっと認めてくれた友人がいて、嬉しかった思い出があります

認めてくれる友人がいるということは、二年生ちゃまの「人に接する基本姿勢」が
とても立派で優れているおかげ。
結局は、いい友達ができる、できないは自分に帰依するところだと、あいしんくそーよ。

> そうそう、母校の今は亡き校長先生が言った言葉が、今でも好きなんです。
> 「心の健康、体の健康」
> そして私の好きな言葉は
> 「人間力」

いい言葉だねぇ^^子供達にたちに聞かせてあげたいv

今の子供には耐性がないのよ。
(子の話はまた後日機会があったら)
環境の被害者といえばそれまでだけど、
これを鍛えてやるこは急務だと思うなぁ。

> ←この言葉、勝手に自分で造語だと思って就職試験とかでも使っていたのに、
> その後もともとこの言葉が存在すること知ってちょっとがっかりした(笑)。

ははは^^ 二年生ちゃまらしい可愛いエピソードですね!

> ん~、まとめようがなくなってきました~(大汗)。
> ごめんなさい!
> おまめ様~!

だいじょーぶ^^
ご覧のようにまとめておきましたのでご安心を(笑)
Posted at 2012.10.01 (10:01) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
みなさーん!
フリーメールアドレスを交換しているみなさーん!(やっほう♪)

ごめんなさい><
大変失礼をば^^;
今、やほー開けてますんで、メールちゃんと気付きます
だいじょーぶですので、ご安心くだされv

こちらから送る場合もございますので、気付いてちょ^^ ←一緒にすんな?
Posted at 2012.10.01 (13:02) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
靴の相談です
今、ソルドでダニエルの靴購入を考えています。
どなたかお持ちなら、アドバイスください。
プラットフォームアンクルブーツ、ブルーグリーンです。
商品番号728299.
それから、タッセル付きプラットフォームパンプス。
ダークグレーです。
商品番号728298。
一色しか、いずれも残っていないので。
私は、21.5~22㎝。
幅が狭い、甲高の足です。

そうそう、おまめさん、フリーメールアドレスの交換てなあに?
よろしかったら教えてください。
けっこうPC音痴なんです。
今日はこれからシャンソンのレッスンです。
では~^^
Posted at 2012.10.01 (15:04) by ね子 (URL) | [編集]
Re: 靴の相談です
ね子さま~♪
ダニエルのデジタルカタログ、もう見られました?
数は少ないんですが、素敵ですよ^^ ←ダニエル推進委員会代表

> 今、ソルドでダニエルの靴購入を考えています。
> どなたかお持ちなら、アドバイスください。

小柄なね子さまなら、あのハイヒールも履けちゃいますね♪羨ましい^^

> プラットフォームアンクルブーツ、ブルーグリーンです。
> 商品番号728299.

ん? もしや二年生ちゃまが注文している、あれかな?

> それから、タッセル付きプラットフォームパンプス。
> ダークグレーです。
> 商品番号728298。

これも二年生ちゃまじゃなかった??

> 一色しか、いずれも残っていないので。
> 私は、21.5~22㎝。
> 幅が狭い、甲高の足です。
 
うわー・・ポンパドゥル夫人の足みた~い*^。^*

> そうそう、おまめさん、フリーメールアドレスの交換てなあに?
> よろしかったら教えてください。
> けっこうPC音痴なんです。

きゃ~~!同志よ!!>▽<
わたくし、自他共に認める機械音痴でございまする♪←何を喜ぶ

メインアドレスとは違う、他のアドレスって、持ってますか?ね子さま。
もしなければ、私にもできるくらいとっても簡単なので、取得してみてください^^
私はメイン二つのほかに、ヤフーともう一つ(なんだっけ?)を持っています。
メインは仕事用、ヤフー他はプライベート用やフェイスブック用にしています。

で、このブログにコメントを送って下さる際、
ご自分のフリーメールのアドレスを書いて送ってくれる人が
けっこういらっしゃるんです。
※もちろん、非公開コメントでです。
で、その非公開コメントには、ご自分のメールアドレスと、
ここに「空メール送って下さい」という文が書いてあるので(笑)
素直に送るおまめさんです。はは^^;

そして相手に私のメールが行き、
晴れて「フリーメールアドレス交換完了」となりまする。

そこでは連日おまめさんとの愛の語らいが・・ 嘘です(笑)

ファッションの話、人生の話、お菓子の話等々・・


ん??
ってかこれ、ひょっとしたら・・今気付いたのですが、
おまめさん、記事の更新が遅くて、遊びに来にくいのでは!?

「あー 今、○○についてお喋りしたいんだけど、
 これって、一週間以上前の記事だよなぁ・・
 おまめさんって、マジ シケるわー><」

ってな具合で。

それで「フリーメールアドレス交換」というものが生まれたのではないでしょうか!?!?

けどま、私の方も、個人さまに商品の詳しい説明を求められた時など、
コメント欄にするよりは、画像も添付できるし
便利なのです^^ ←超前向き

でも昨日今日みたいにメール貰ってても全く気付かないこともあるので、
「送ったのに、見てよ~><」と、非公開コメントでお叱りを受けるという・・

どっちにしても、みなさん、ごめんなしゃい

こんなんでよろしければ、ね子さまもぜひフリメ仲間に☆

> 今日はこれからシャンソンのレッスンです。
> では~^^

素敵~!楽しいひと時を♪
秋冬ダニエルのリストアップ、楽しみにしていますね^^
Posted at 2012.10.01 (21:52) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2012.10.02 (09:09) by () | [編集]
こんにちは 双子ママンです~

 おまめさん ドヌーブワンピ 良品がとどいたということで おめでとうございます^^ 色の具合とか いかがでしたか? コメント読んで お気に召された雰囲気だったので、私も喜んでます^^

心のお話は 自分の色々な引き出しに ぽんぽん入ってくる内容でした^^ 皆さんのコメントもです
 生きているからこそ 色々な感情に出会うのですね。。バランスの取り方なんて 学校では教えてくれないけど、生きる上でとっても大切な能力ですよね。 

ダニエル新カタログ
 
 嬉しいような(モデルはルールの姉ちゃんじゃない)
  悲しいような(ダニエル少ないし、甘さが少ない、)
 ほっとしたような・・・(自分の服の許容量が満たされてきて、これ以上増えても着られない、選択肢が少ないので お財布に優しい)

 

 
Posted at 2012.10.02 (11:28) by (URL) | [編集]
ダニエルの靴
ね子さま、おまめ様

お返事遅くなりました。
私が注文していて、まだ納品にならないダニエルの靴は、
プラットフォーム エナメル ショートブーツ
商品番号900-7283-31
です。
なので、残念ながら違う商品ですね?
ちなみにこれは注文したのが9月20日。
で、まだ届きません。
もともと納品が10月になるのは分かっていたけれど、(で、暑いからまだ履かないからいいけど)これで足に合わなかったらどうしよう、とドキドキで待っているところです。

お役に立てず申し訳ないです~ーー;。
Posted at 2012.10.02 (11:48) by 二年生 (URL) | [編集]
二年生さん
二年生さん

私へのお心遣い、ありがとうございます。
昔、母が申しておりました。
旅館に泊まると、草履番の方が、履物で客の甲乙を判断するって。私の場合、それ以前に、サイズが問題になるんですけど。
私は、二年生どころか、聖D女学院1年生ですから、おまめさんはじめとして、皆様から情報云々を頂きながら、お財布に優しいファッション心がけています。とは言うものの、明日からクーポン使えるので、わくわく^^
Posted at 2012.10.02 (21:35) by ね子 (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
ママンちゃん、久しぶり~(?)だっけ?
あちこちで会ってるから・・^^;

>  おまめさん ドヌーブワンピ 良品がとどいたということで おめでとうございます^^

ありがとー!!(祝)
これもママンちゃんのおかげですよ。
ほんっと、素敵なお品に会えました*^^*

> 色の具合とか いかがでしたか? 
> コメント読んで お気に召された雰囲気だったので、私も喜んでます^^

はい♪ あんな色のワンピ、いい意味で見たことない(笑)
それから形も。
ママンちゃんをイメージしてコーデ写真撮りましたよv
今度はおまめさんらしいドヌーヴコーデ考えます^^

> 心のお話は 自分の色々な引き出しに ぽんぽん入ってくる内容でした^^ 
> 皆さんのコメントもです
> 生きているからこそ 色々な感情に出会うのですね。。
> バランスの取り方なんて 学校では教えてくれないけど、
> 生きる上でとっても大切な能力ですよね。 

うんうん。
いろんな経験が教えてくれるのよね。
反省しながら、自分を許しながら、生きて行くのが大切ね。

> ダニエル新カタログ

はいーー;
 
>  嬉しいような(モデルはルールの姉ちゃんじゃない)
>  悲しいような(ダニエル少ないし、甘さが少ない、)
>  ほっとしたような・・・
> (自分の服の許容量が満たされてきて、これ以上増えても着られない、
> 選択肢が少ないので お財布に優しい)

私も複雑だわ~--;
仕事用に使えそうなのが増えて嬉しいっちゃ嬉しいけど、
仕事用はどこでも調達できるのよ。
けどちょっと自分を取り戻したい時に着られる服は
ダニエルしかなかったのに。
落ち込むわーー;
 
Posted at 2012.10.02 (21:54) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
Re: 二年生さん
> 二年生さん

二年生ちゃま~♪

> 私へのお心遣い、ありがとうございます。

ありがとう、二年生ちゃま。
おまめさんの勘違いでござったか~

> 昔、母が申しておりました。
> 旅館に泊まると、草履番の方が、履物で客の甲乙を判断するって。

まぁ!うちの母親も同じこと言ってましたよ。
もしかして・・同年代でしょうか??

> 私の場合、それ以前に、サイズが問題になるんですけど。

いいなぁ、かわいらしいおみ足で^^

> 私は、二年生どころか、聖D女学院1年生ですから、
> おまめさんはじめとして、皆様から情報云々を頂きながら、
> お財布に優しいファッション心がけています。

ふふ^^ 私も含め、みなさん、同じですよ。

> とは言うものの、明日からクーポン使えるので、わくわく^^

でしょでしょ!
さー、何を取り寄せてみましょうか*^^*

Posted at 2012.10.02 (22:37) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2012.10.04 (00:01) by () | [編集]
非公開コメントでご報告下さった方へ
とっても嬉しいコメントをありがとうございました!

まったくもってD社はけしからんです(ぷんぷん>3<)
けど向こうの手はわかっているので、私はひるみません(笑)
腹立つことが多いですが、みんなでいろいろ情報交換をしながら
楽しくお買い物したいと思ってます^^

新しいカタログ、もうご覧になりましたか?
リストの更新、楽しみに待ってますね♪
それからこちらにも、また遊びに来て下さい^^
みんなで待ってますよ!
Posted at 2012.10.04 (11:23) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
ピンクのおまめの掲示板

◇おまめ茶屋◇
商品質問・着画投稿 なんでもOK。 思う存分ダべリングしましょう♪

最新記事
プロフィール

ピンクのおまめ

Author:ピンクのおまめ
ファッションって、けっして洋服という狭い意味の言葉ではなく、考えやこだわりによって生まれる「生き方」までを広く表す、とっても素敵な言葉だと思うの。せっかく女に生まれたんだもの。できるだけファッショナブルに生きたいよね。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア