長崎の旅・前半その1「出発」

本日お昼の12時からタイムセール開始です!
みなさま、サイトに入って待機ですぞ♪♪


ディノス オンラインショップ




おまめ小 おまめのお取り寄せレポ おまめ小


今回はこちら。
ラミーコットンジャージー イレギュラーヘムワンピース でござる♪



バスト下からすぐにペチコートになってる
カップ入りキャミドレスを着ると
こうなりました。
ラミー1


変にカップの形を拾っちゃいましたね。
こりゃユニクロのブラトップ+ペチのほうがいいわ。



ご覧の通り落ち感がよく、
シルエットはとっても素敵なんですが・・

ちょいチクチク (ーー;

麻が入ってるから仕方ないっちゃあ仕方ないんだけど、
汗かくともっとチクチクする?



横から見たらこんな感じ。
大袈裟過ぎず、なかなかでしょv

ラミー2



                                   



4日間の休暇を取り、
今年もまた島原へ行ってきました。



昨年の目的。

ふみ香の果たせなかった夢(墓参り)の代行。



そして今年。

親族&ふみ香を知る近所のおばさん連中への顔見世巡業



悩んだわ~


なんでって?


だってめんどくさいんだもん(爆)


休暇取ってまでよ。
カネ使ってまでよ。
遠路遥々よ。

なんでわざわざ気ぃ使いに出向いて行かんとアカンねん=3


ましてやふみ香が
一世紀近くも前に捨てた親族のしがらみを・・



全部捨てて大阪に出てきてせーせーしたわ! わっはっは!!!  ←蘇るふみ香の声



それをなんで今更この私が
拾い集めに行く必要があるのじゃ?(汗)



しかしながら、
寝てる子醒ましたのはこの私。


昨年墓参りの許可を得るために
恐らく墓守をしているであろう、ふみ香の兄・虎江の息子
つまり私の従兄を探し当て、
連絡を取ったんですわ。


大阪人の感覚では、許可なんているか?なんですが、
ふみ香が生前、「あそこにゃ大阪の常識はサッパリ通じんで」
と、さんざん申しておりましたのじゃ。


しかも盆よ、盆。
バッタリ親族と鉢合わせになった日にゃあ、
墓荒らし・・いや妖怪骨しゃぶりと間違われるやもしれぬ。


いくらなんでも妖怪変化と間違われるのは御免なので
こちらが持っている僅かな情報(近くに小学校があり・・等々)をNTTに提供し、
あちらさんの電話番号をゲットして
連絡を取ったんですわ。


あそこは大阪の常識は通じんで!



うん、
実際最初に電話をした時、
「いとこいとこ詐欺」と間違われたがな (ーー; ナンヤネンソレ




しかしながら
待ち合わせ場所に出向いた私の姿が
虎江の娘の一人によく似ていたこと、
従兄の家に招かれた私の飲みっぷりが凄まじかったことにより、


うん、こいつはうちの一族に間違いなか!!


ってことになったとゆー。




そういった経緯で
すっかり「一族のニューフェース」と認定されたおまめどん、



盆にゃあ九州中からおまえを見に親族が集まるとよ。
みんなめちゃくちゃ楽しみにしとるばってん、必ず来んね!




とゆーことになってしまったのでございます(T◇T)


何が楽しみやねん
昭和50年に中国から来たパンダと同じようなもんやろが=3



まあええ。
晩年のふみ香を
「いつの日かあんたの生涯を本にしちゃるけん、
最後まで気ぃ抜かんとオモロイ人生送りんしゃい!」 ←どこの生まれじゃw
と励まし続けた手前もある。  

こうなりゃもう乗りかかった船、
取材がてら行くしかないべ (ー"ーメ



ええか、まめ子よ。
人間はな、一人で生まれて一人で死んでいくんや。
痛い、苦しい、辛いを乗り越えるんも、結局一人よ。
だあれも助けちゃくれん。

親戚なんか言うまでもない、カネに困っても、一銭も貸しちゃくれんて。
兄弟も一緒よ。親が死んでおらんようになったら、もう他人と同じや。
いや、他人よりも始末に悪い。 知らんまに最大の敵になっとる。
そういうもんよ。

そんなしょーもないしがらみに囚われんと、
ええ師匠を見付けるんや。ええ友達を見つけるんや。
そのために、世界を広げるんや。
今おるところに、ずっとおっちゃアカン。
世界広げて、ええ他人さんとたくさん知り合うんや。
その方があんたの人生を豊かにしてくれる。
ええか、わかったか。




うん、わかってる。
仕事のつもりで行ってくるわ。




さてさて、出発の14日、
新大阪に着いた頃には既に雨ですわ、雨。
まぁ天気予報では一週間ずっと雨ということなので
覚悟はしてましたが、
なんかシケるのぅ。


何を忘れてもぶたまんだけは忘れるな!


虎江の息子66歳(私の従兄にして最初私をいとこいとこ詐欺と思ったオッサン)が、
そう電話で力入れて叫ぶので、
お土産コーナーの551に寄ったでござる。


551.jpg


この551蓬莱、関西圏にしか店舗はないんですってね。
よって圏外の友人が大阪に遊びに来たらば、
帰りの新幹線に乗り込むまでに何個ぶたまんを食べられるかが
旅の充実度を決めるそうで (^^;

まぁ確かに美味しいことは美味しいんだけど、
これが果たして大阪の味なのだろうか?
と、いささか疑問を持つ私    (なんで?)


だってぶたまんでしょ。
どこにでもあるじゃん。   (でも551はないんでしょ?)

ネットで注文すりゃあよくね?    ←ドライな奴w)




こちら551の隣のお店。
桃谷いかやき屋
イカ焼き


こっちの方が、ずっと大阪らしいと、あいしんくよ。   (なんで?)


だってホラ、この形を見てちょ。

イカ焼き2



大阪でイカ焼きと言えば、
イカの姿焼きではなく
こーゆー形の、いわゆる「粉もん」なのですv

クレープみたいでしょ。
作り方も似てるんですよ。

まずは小麦粉に山芋、だし汁を混ぜた生地にイカを入れて鉄板へ。
まあるく薄く伸ばしたら、そこへ卵を割り入れ圧縮機でプレーーーース!
両面を一気に焼き上げることで、表はパリっ 中はふんわり♪

これが我々大阪人の、
たこ焼き、お好み焼きに並ぶ
ソウルフードなんですわv



私のお気に入りはコレ♪
桃いかスペシャル!   もう~~ 泣けるほど旨いっすv ><。
桃イカスペシャル



ってことで、頼まれてもしないこちらも
11枚お買い上げ~


え?個数が中途半端で気になる?



でへへ ♪(*⌒∇⌒*)
ビールと一緒に新幹線のお供っす~ 


ってことで、準備万端。
みずほちゃん、いらっしゃ~い♪




はーい♪♪
みずほ




・・と返事したかどうか知りませんが、
若々しいみずほちゃんが新大阪駅に到着しました。 (熟女のこだまちゃんも私は好きだv)




さてさて、
みずほちゃんに乗り込んだおまめちゃん、
隣の座席におばちゃんが座ってくれたのでホッ ←オッサン嫌いw


荷物を棚に上げ、身を落ち着かせたらもう
頭の中はいか焼きとビールしかございません(笑)


しかしまだ10時過ぎ。
煩悩に負けないよう、寝ることにしました。  (意識なくすに限るv)



しばらくしてソースの香ばしい匂いに目を覚ますと、
なんと隣のおばちゃんが桃谷のいかやきを食べていました。
手にはビール。


あちゃ~
せっかく大阪を出て他府県に行くっちゅーに、お昼はいかやきでっか=3
ったく大阪人って、大阪の食べもんが食べられんところには
行けんのとちゃうか。    ←人のこと言えるんかw


ビールを飲み干したおばちゃんはコテンと寝てしまいました。
気持ちよさそうにいびきまでかいている。
もうオッサンにしか見えへんで(笑)


ってことで、今度は私がいかやきターーーイム♪



プハ~っ 
うまいっ≧≦


はよ食わな。
もう小倉やで。   ←どんだけ寝たんや



さて、食べ終わった頃には熊本到着。 
意識がなかったから早い早い。

私はすやすや眠りこけてるオッサン・・じゃなかった、オバちゃんに
腹の中でサヨナラを言い、新幹線を降りたのであった。





JR熊本駅
熊本駅




ここから九州三交バスというのに乗って熊本港へ。

九州三交バス





約30分で到着~

熊本港



ふみ香の話によると、
戦後ここ熊本港のあたりに
闇市があったそーな。


従妹の姉さんと一緒に素麺ゆがいて売りに行ったんや。
飛ぶように売れてな、
ほんま面白かったで~!



そりゃ面白かったやろう。

戦後の日本って、
生命エネルギーの吹き溜まりみたいな感じやったんやろうなぁ。



ふみ香よ、あんた細かばってん、重かろうが? 無理せんでよかよ。

なんともなか!欲と二人連れやけんね♪♪



ここに立っていると
17歳のふみ香のはつらつとした姿が
目の前に見えるようです。



あー やっぱり来てよかったわ!

ここまでは。  (え?)


ここからもう引き返して帰りたいわ (ーー;  ←だんだん人と会うのが億劫になってきた






熊本―島原を結ぶオーシャンアロー
これに乗って島原へ渡ります。
オーシャンアロー3



島原は辺鄙なところなので、
長崎市内からは2時間ほどかかるんですが、
熊本からフェリーに乗ると、僅か30分で島原に着くんです。


ふみ香が闇市通いしていた頃は、
もしかしたらもうちょっと時間がかかったかもですが、  (なんたって69年前!)
真夏にゆがいた素麺を木箱なんかに入れて運び、
よく食中毒を出さなかったものよ。
 
いや、どうだろう・・・(汗)





はい、あっとゆー間に到着~


島原外港フェリーターミナル
島原外港



ここからふみ香の生家までワンメーターらしいので、
タクに乗り込み、行き先を告げ、しばし運ちゃんとお喋り。


「お客さん、大阪からやね?」

「なんでわかるの?」

「ぶたまんの袋ったいね」


ああ、なるほど(^^;


運ちゃんは30年ほど大阪にいたそうで、
大阪の今の様子をしきりに聞きたがりました。


「懐かしかね~!」


運ちゃんはとても嬉しいそうです。

でもさ、30年も大阪で働いていたのに、
なんで島原に帰ったの?
仕事あるかどうかもわからんのにさ。

ふみ香はついに大阪に骨を埋めた。
運ちゃんと違って帰る場所がなかったから?



「年ば取ったら、大阪に残るのに勇気ばいっとたい。
 たとえ帰る場所ばなかったとしてもよ、
 田舎に帰る方がなんぼか気が楽ったいね。
 あんたのおっかさんは、腹ば座っとったったい。」




ふうむ・・

中途半端な気持ちで都会に出てきちゃ
生きていけんっちゅうことか。


地方から都会に出てきた人たちには、
我々にはわからない微妙な心理があるんだなぁ。


ちょっと考え込むおまめであった。




ほどなく到着。
その夜、おまめちゃんは昭和のパンダとなった(哀)

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

おかえりなさーい♪
おまめさーん♪

長崎旅行、おかえりなさ~い^o^
かたつむりでーす♪


さだまさし さん といえば、
子供向け番組の曲で、『魔法のピンク』って曲があるんですよ。

魔法のじゅもんで、なんでもピンクにそめちゃうの。
それで・・・歌詞の中に、

ピンクのパンダにあいたいな

って、詩があるの~ヽ(*^^*)ノ

おまめさんは、昭和のパンダ じゃなくて、

『ピンクのパンダ』だねぇo(*^▽^*)o~♪ 

可愛い~ v(≧∇≦)v いえぇぇぇぇいっ♪



それにしても、イカ焼き 美味しそう(*^¬^*)ウィーッモウイッパイ



飲みっぷりの凄まじさで、親族と認められた おまめさん

電話の向こうで、
『何を忘れてもぶたまんだけは忘れるな!』と、従兄さん

う~ん。血のつながりは、証明されましたね ъ( ゚ー^)イェー♪



盛りだくさんの、旅行記で、いろんな部分に、うけて、笑って、
もっともっと、コメント書きたいのですが、長くなっちゃうので、
またきまーす テヘヘッ(*゚ー゚)>


Posted at 2014.08.29 (18:22) by かたつむり (URL) | [編集]
Re: おかえりなさーい♪
> おまめさーん♪

かたつむりちゃーーーん♪♪


> 長崎旅行、おかえりなさ~い^o^

はーい ただいまです~♪


> さだまさし さん といえば、
> 子供向け番組の曲で、『魔法のピンク』って曲があるんですよ。

うわぉ! ピンクの魔法! じゃない、魔法のピンク!!


> 魔法のじゅもんで、なんでもピンクにそめちゃうの。

へぇ♪ 可愛い~


> それで・・・歌詞の中に、
>
> ピンクのパンダにあいたいな
>
> って、詩があるの~ヽ(*^^*)ノ

きゃ~~~!!≧≦


> おまめさんは、昭和のパンダ じゃなくて、
> 『ピンクのパンダ』だねぇo(*^▽^*)o~♪ 
> 可愛い~ v(≧∇≦)v いえぇぇぇぇいっ♪

そんな可愛らしいもんに例えてもらっちゃっていいのかしら(^^;


> それにしても、イカ焼き 美味しそう(*^¬^*)ウィーッモウイッパイ

でしょ~
バリ旨いんだよv
中学の時、放課後はたこ焼き派とイカ焼き派に分かれてたよ。


> 飲みっぷりの凄まじさで、親族と認められた おまめさん

知らないところに来て緊張もしてたんだよね。
焼酎のボトル何本開けたかしら。
ガンガンハイペースで飲んでも
肝臓が分解してくれるのよv


> 電話の向こうで、
> 『何を忘れてもぶたまんだけは忘れるな!』と、従兄さん

そーなんだよ。
よほどぶたまんが気に入ってるらしいわ


> う~ん。血のつながりは、証明されましたね ъ( ゚ー^)イェー♪

はは ほんとだ(^^;


> 盛りだくさんの、旅行記で、いろんな部分に、うけて、笑って、

よかった~ 楽しんでもらえて(*^^*)


> もっともっと、コメント書きたいのですが、長くなっちゃうので、
> またきまーす テヘヘッ(*゚ー゚)>

はーい!いつでも何度でも♪ 待ってるよん(^○^)
Posted at 2014.08.29 (22:26) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
ピンクのおまめの掲示板

◇おまめ茶屋◇
商品質問・着画投稿 なんでもOK。 思う存分ダべリングしましょう♪

最新記事
プロフィール

ピンクのおまめ

Author:ピンクのおまめ
ファッションって、けっして洋服という狭い意味の言葉ではなく、考えやこだわりによって生まれる「生き方」までを広く表す、とっても素敵な言葉だと思うの。せっかく女に生まれたんだもの。できるだけファッショナブルに生きたいよね。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア