ベトナム旅行記~水牛村へ!


おまめ小 おまめコミュニティ 第二回イベントのお知らせ おまめ小



お待たせいたしましたー!!!

第一回イベントのアクセ講習会から
ちょうど3か月後の8月27日(日)、第二回イベントを開催いたします♪

して、今回のイベントは、
きりままを講師にお招きしての「ババでもわかる株講座」です!




**********************************************


日時: 8月27日(日) 
     13時~17時 

開催地: 北とぴあ
       802会議室B

      〒114-8503 東京都北区王子1丁目11−1
      ☎ 03-5390-1100

終了後懇親会 18時~ (場所はまだ未定)


**********************************************


株は儲かるから是非!という内容では無く、
株投資の仕組みと方法を正しく理解していただくのが目的です。
知ったらそんなに怖くないって思えることも、逆に怖いと思えることもしっかりお伝えしたいと思います。
例え足腰立たなくなっても株は出来るし、リタイア後の日々の活力になるわよww
   by きりまま



なんたって講師はあのきりままですからね、
トークアリ、暴露話アリ、なんでもありの盛りだくさんですわよww

4時間もあるので、
合間にティータイムを挟んだり、
株講座終了後には「すぐできるプチアクセ講座 byてぃんくる」 も考えております。


詳細は、決まり次第
追ってご連絡いたします。
まずは27日(日)空けといてくださーい!(*^▽^*)

それから参加表明はいつのも通り
ブログ非公開コメントかプライベートメールで♪





                  









クールコアタオル


持っていなきゃ損、らしい(笑)







こちら取り寄せてみました~♪



☆サイズ感:9号でいい感じ。 11号じゃデカい。

☆色&形:うーん・・ラズベリーというよりエンジに近い?
      旬のバランスを作れる形でお洒落感は抜群
      ネックの開き具合がいい。
      モデル画像はボートネックだけど、実物は広めのランドネックで小顔効果アリ

☆その他:夏には暑いけど、袖のデザイン上羽織物が無理なので、いつ着るんじゃ?って感じw




                  





暑苦しいアオザイを脱いで
心身ともに軽やかになったおまめ&まりーは
タインくんの車に乗り込み、
今度は何処に連れてってもらえるのだろう?とわくわく♡(≧▽≦)

時間的にランチです。
願わくば高温処理系料理のお店でありますように!









ピザ4p's
ピザ4p’s




おっしゃ(๑˃̵ᴗ˂̵)و
高温処理系v

でもってピザ4p'sですって!


このお店、
ベトナムではちょっと有名なお店なんですよ。

日本人の益子さんという方がオーナーのピザ屋さんなのですが、
お店を立ち上げるまでの道のりや、
普通であり普通でない目のつけどころがもう共感の嵐!
この記事なんか読んでみてください。
おまめコミュのみなさんなら、
ワックワクと血沸き肉踊ること請け合いですわよv






お店に入りました。




コンクリート打ちっぱなしの内装が
なんだかバブル時代チック。




英語のできるイケメンの店員さんが注文を取りにきました。



「言語は基本無視」のスタンスの師匠から
「適当に頼んで」と司令がww



写真の横に英語が書かれています。

まだ少し昨夜のトラウマというか
英語を喋るベトナミーに苦手意識があるわたくしおまめ、
イケメンの顔は見ず、
メニュー表だけを見ながら
ひたすら下を向いてブツブツと英語を日本語に訳していったところ、
心を察する天才まりーちゃんがそれを拾ってくれ、
テキパキと店員さんにオーダーしてくれました。

まりーちゃんが使った英語は、
実に「This one !」オンリーw





オーダーし終わり、ホッとしたのも束の間、
店員さんが戻ってきて、
まりーちゃんにではなくおまめに話しかけてきました。
なんでやねん(汗)






「おまめちゃん、今店員さん、なんて言うたん?」 ←まりー

「ソースの種類のことやな」 ←おまめ

「さすがおまめちゃん!
 私には聞き取れんかったわ~」 ←引き続きおまめのトラウマ退治に努める優しいまりー






さー 
料理が来るまで店内探検~♪










本格的な窯があります
ピザ











お席はこんな感じ
ピザ






客は全て外国人。
ベトナム駐在員や外国人観光客の求めるグレードを
しっかりと満たすお店なのでしょう。

うまいこと考えたなーと腹の中で思いました。
だってナポリでピザ屋開いても
太刀打ちてきへんやん。

益子さんがそこを意図してか意図せずかは、わかりませんけどね。




私にも何かできないかなぁ・・♡   ←なんにでもすぐに興味持つ人w



そうそう、
ハノイって漢字表記で「河内」って書くって知ってました?

ということで、
ダジャレも兼ねて「河内かすうどん」のお店開くってのはどう?

店内では定期的にショータイムを儲け、
河内音頭を踊る。   (誰が踊るの?)




・・・まりーちゃん?   



「ええっ!?私一人で!?汗」 byまりー   ←踊る気は十分あるらしいw



じゃあ、まりー&おまめコミュハノイ支部メンバーでどう?    (誰やねんw)




ハノイにお住まいの教育に悩むお母さん方!
ぜひコメントくださいませ♪

まりーと一緒に河内音頭踊りながら
明るく子供を育てて
欧米人にかすうどん売りましょうww










来ましたーーー!
ピザ2











来ましたーーーーー!!
ピザ3











来ましたーーーーーー!!!
ベトナムコーラ







ベトナムコーラですって!
おもしろーい♪

とカメラを向けたら、
タインくんが文字の書かれている方を
こちらに向けてくれました。
超能力者?


ふと彼のスマホを見たら
小さい子供の写真が見えたので、
見せて見せてと、ジェスチャーというかスマホを掴んだところ、  ←師匠仕込みの野生の交流w
嬉しそうにこちらに向けてくれたのでじっくり見てみると、
タインくんとクリソツの男の子が!

顔を上げて、パパにそっくり!と言うと、
タインくんは照れくさそうに微笑み、
別の写真も次々と見せてくれました。


写真を見ながら、タインくんが妻帯者だったことに驚きつつ、
一体何を生業として家族を養っているのだろう?
という疑問が湧いてきました。


まさか、もぐりドライバーが本業?(;^_^A


だとしたらもったいないわー
この頭脳と温厚な性格を
もっとハイリターンの何かに投じなきゃー



などと母親目線で
タインくんを見つめるおまめであったw










私達は美味しく安全な高温処理ピザを食べて
お店を後にしました。











バックパッカーのための安ホテルが乱立しています
ピザのあと





1000円程度だそーですw










果物売りのおばあさん
ピザのあと2
ライチを買う師匠 ↑









そして私たちは車に乗り込み、
ここから約1時間ほどの距離にある
水牛村へと出発進行!!!






            





水牛アクセと初めて出会ったのはディノス。
その軽さと着け映えにハマり、
ついにはオーダー品を作ることになったのです。

なんか感慨深いわ~
伝わるかどうかめっちゃ不安だけど、
伝えきるまで絶対に引かないぞ!  ←熱湯シャワーバトルを思い出すww




車はどんどん郊外へと進んでいるようで、
景色が変わってきました。








うわー・・・


闇市のような市場が現れましたよ




同じアジアだというのに、
それが食べ物と判別できないものがほとんど!


青や緑色のデコレーションケーキは
いったい誰が食うんや?(汗)
お願いやから子供に食べさせんといて(願)
この国のがん発症率、絶対高いわ(怖)











ハノイ露店






ぶつ切りの生肉が怖すぎる(◎_◎;)






「ベトナムは犬も食うんやで」 by師匠



ま・・まじっすか(;・∀・)



にしても、こんな高温多湿の外に
生肉を並べるってどう?
まずいって(汗)




その後、衛生面の心配など
吹っ飛ぶような光景にいくつも出会い、 ←動物の丸焼き系、生首系
ちょっともうアカンかも・・と思った矢先、
車は市場を抜けました。
ホッ







車窓から見る景色のピースが大きくなりました。
どうやら郊外にさしかかったようです。








「ここがランちゃんの家」




車が止まりました。




ハノイ英ファミリーの大事なメンバー・ランちゃんは、
日本語と英語が堪能な25歳の女の子で、
師匠の頼れる通訳なのです。


車はランちゃんを乗せ、
再び走り始めました。








水牛村7



井戸のような百葉箱のような、
なんかそんな感じのものが見えますでしょ?
あれはお墓なんですよ。

ベトナムの田舎の方では、
埋葬方法はだいたい土葬だそうで、
最初土に埋め、骨になったら掘り出して骨壺にいれ、
別の場所に作ったお墓の中に収めるんですって。

でもってご覧の通り、
お墓は畑の中や家の庭や、
その他いろんなところに自由に作るそうです。


うーん 不思議・・











夏に田植え?
水牛村6





日本の田んぼのように
苗が整列していない(;^_^A











あ!
水牛村2











ああっ!!
水牛村1











水牛!?!?!?
水牛村






「ランちゃん、あれって水牛!?」

「はい、たぶん(^^)」



やった!水牛や!




「いや違うやろ 小さ過ぎるわ 普通の牛やって」 ←師匠

「小さい水牛もいます」 ←ランちゃん

「しかもあれ、ホルスタイン柄と違うから牛なわけないって」 ←おまめ

「ちょっとおまめちゃん!
 牛が全部ホルスタイン柄と思ってるの?
 見たことないんかいな」 ←北海道で見慣れているまりー

「ないわい 動物園にはおらんもん」 ←経験が伴わない都会人おまめ

「茶色いのもいるねん。たとえばな・・」 ←おまめの無茶ボケに動じず説明を始めるまりー

「牛の絵を描く時、100人おったら100人とも
 ホルスタイン柄、描くやん!」  ←黒毛和牛を思い出したが、引くに引けなくなったおまめw






アホな会話をしているオバハンたちに
ランちゃんがニコニコしてながら話しかけてきました。



「おまめさんはどこに住んでいますか?」

「大阪ってところ」

「大阪のどこですか?」

「寝屋川ってところ」

「うわー 懐かしい!わたし寝屋川でバイトしてました♪」



ええっ!? まじっすか!?


ランちゃんは学生時代に
私の住んでいる寝屋川市の隣町にある
大阪国際大学に留学した経験があるそうで、
その時、寝屋川市のクロネコヤマトの宅急便で
バイトをしていたんですって。



「守口にもいました」


ひゃ~~ これまた私のちゃりんこテリトリーじゃw


「懐かしいですー♡」



いや~ 面白い。
ベトナムの河内出身のランちゃんが、
リアル河内で勉学に励んでいたなんてww

世界は狭いわー











さー ウシウシ言うてる間に到着しました
ハハンコ3







会社というより、
普通のおうちっぽい






中に入りました。







でーっかい水牛の角のオブジェがある!




ん?
ショーケースに何か入ってる・・?






ひゃ~~~~~~~~♪♪♪
水牛アクセがわんさか!!!




もはやフツーの買い物客となり下がったおまめ&まりー
社員さんにお品を出してもらって
手に取って付けてみて狂喜乱舞♡(≧▽≦)




「上にいくぞ」




師匠の声で夢から覚めたおまめ&まりー、
ここに来た目的を思い出し、
後ろ髪惹かれつつも煩悩を断ち切り
階段を上り始めました。






「上でまたゆっくり見せて貰えばいいよ」






師匠、優しい~~♡





ハヨ上いこ♪  ←煩悩再燃w









孔雀の羽がなんともアジアンちっく
ハハンコ









事務室と応接室を兼ねたような部屋に通されました。
師匠はここに何度も来ているみたいで、
親戚の家にでも来たような顔をしています。

ってか師匠の場合、
ベトナム自体が
親戚みたいなもん?





この日、残念ながら社長はドイツへ出張中だそーで、
女性のマネージャーさんが社長代行ということです。


師匠は彼女に私たちを
「友達」と紹介してくれました。


いきなり上がり込んで水牛見て狂喜乱舞した変なジャパニーズは
英の友達だったのかと、
認識を新たにしてくれたようですw




勧められたソファの前には小さなテーブルがあり、
上にはマスカット色のぶどう(←品種不明)が
皿に盛られて乗っています。

私達はランちゃんを通して、
お茶、コーヒー、水のどれがいいか尋ねられました。

私は勿論ペットボトルの安全な水ですv




飲み物を飲みながら、
師匠は2か月前に注文していたお品の確認をしています。
そして私たちは下で見た水牛アクセと再会です♡
綺麗な女性社員さんが
下から持って上がってきてくれたのです。





ところで



私はここに何しに来たのか。   (おまめコミュオリジナ水牛を作ってもらうため)



そう。
おまめコミュオリジナル水牛を作ってもらうために、
私はお腹の危険をおかしてまで
ベトナムに来たのです。



しかーし



師匠を通してオーダーするのに、
おまめコミュにしか需要のないもの・・
たとえば豆バッジとか豆透かしペンダントとか    (なんじゃそりゃww)

そういうマニアックものを
果たしてオーダーしてもいいのだろうか?



オーダーしたものと違う様子のものが
仕上がってくるというハプニングは
東南アジアでは避けられないこと。

そうなった場合、師匠の迷惑にならないか?
また、豆バッジが売れ残ったらどうする?



男気溢れる九州男児の英師匠のこと。
リスクは全部自分が背負うつもりでいるに違いない。
売れ残りの豆バッジも
SOHDOで売ってやるから心配するなと言い出しかねない。  ←箸置きになる?w

そんな師匠に、私たちは甘えていいのだろうか?




・・・と、
日本を発つ前から
頭を悩ませていたのです。

そして考えが纏まらないまま
今ここにいます。     ←行き当たりばったりw

その場の流れに身を任そうと。   ←物は言いようww







「おまめちゃん、これ見て見て!めっちゃ素敵♡」




階下からやってきた水牛アクセたちを
一つ一つ手に取りながら、
まりーちゃんがうっとりしています。





「これなんかペンダントトップにしたらよくない?」
「これは長さ調節できたら完璧やん♪」





まりーちゃんが嬉しそうに品定めしています。
アクセサリーブッフェに来たような感じなのでしょうかw


そんなまりーちゃんを横で見ていて、
おまめの行き当たりばったり脳が
急速に回転し始めました。




ひとまず今回は様子伺いということで
ここにあるサンプル品のアレンジを注文してみようか。

それならリスクはかなり減るし、
師匠への迷惑も半分程度になるはず。

どの程度こちらの意図が伝わるのかを
これで知ることもできる。





「うん、おまめちゃん、それええんちゃう?
 何言うてもデビュー戦よ。それが賢明やわ!」  



サンプルネックレスを膝の上にジャラジャラと乗せ、
その中の一つを首にかけて
ご満悦の顔をしたまりーちゃんが言いました。







ということで、
いつものごとく土壇場で方向性を決めたおまめは、
部屋の端っこでまりーちゃんと作戦会議開始です。


常にきちんと計画を立てて行動してきたまりーちゃん、
いつもいきなり何かをおっぱじめる相方おまめに
初めの頃こそ戸惑ったみたいですが、
最近ではもうすっかり慣れっこですww




私達はサンプルの中で気に入ったものをピックアップし、
色、パターン、長さ、仕様、
大きくこの4つに分けてアレンジを考えました。

とりわけ長さには注力しました。

水牛アクセのデザインをみなさんに募集した時、
一番多かったリクエストが
「長さ調節のできるものを作って欲しい」だったので、
アジャスターを付けられそうなものには付け、
ムリそうなものは大幅アレンジをせざるを得ません。

ノートに図を描きながら、
詳細を決めていきました。





さー 交渉開始です!




ランちゃんの話によると、
マネージャーさんは英文科を出ているそうで、
英語でオーダー詳細を伝えることになりました。

ヤバいやんw  ←おいおい(^^;




最初のオーダーはペンダントのアレンジ。

比較的説明が楽そうだから
これをトップバッターに選んだのですが、
そうは問屋が卸してくれませんでした。

はは この場合文字通りの意味ww     ←ここは問屋w


って今だから笑っていられるのですが、
大変だったんですよ。


そのペンダントは割と大振りなので
デフォルトの紐ではなんか頼りないんですよね。

そこで輪っかを付けてプチリングチェーンを
通してもらおうと考えたのです。


で、最初は予想通り
スイスイと伝えられたのですが・・


輪っかを付けるところで、「No!」と強く言われ、ギョギョギョ(◎_◎;)

マネージャーさんと女性社員さんがタッグを組んで
ベトナム語でやいやいムリムリ考え直せと
下から迫って来るんですよ。


ベトナム人って体は小さいのに
首から上は大きくて
顔立ちがキツイ感じでしょ?

そんな顔が下から二つヌッと出てきて
耳慣れない言語でやいやい言いながら
迫ってくるんですよ。
あー怖い怖いw



しかし、ひるんではいられない。


落ち着いて落ち着いてと
ジェスチャーで示すと、
マネージャーさんが英語に切り替え、
説明を始めました。


こんな細い部分い穴を開けたら
割れてしまう、と言っています。


違うって。
元々あるこの穴に
輪っかをはめ込むんだって。
そしてその輪っかに、小さい輪っかでできたチェーンを通したいのよ。




マネージャーさんの表情が変わりました。
「あ!その手があったか!」という顔です。


マネージャーさんは私のアイディアを
社員さんにベトナム語で伝えると、
社員さんの顔もパッと輝きました。


ハァ・・よかった。
第一関門突破v



がしかし、また更なる試練が。



輪っかで作ったバチカン部分に、小さなリングチェーンを・・・


と言ったところで、
マネージャーさんは妙~な顔をしました。



「What?」



だからバチカンにチェーンを・・


マネージャーさんは明らか固まっています。








もしかしてバチカンって英語じゃないとか!?




予感的中です。
iPadで調べたらすぐにヒットしました。




【ペンダントの留め金具の「バチカン」は、英語等ではなく日本語。
 形状が三味線のばちに似ている「環状の留め金具」という意味で、
「バチ環」となった】





なんと日本語だったとは!!!


いや~ 昨日のカランの件で
カタカナ語を疑う習慣ができてよかったわー

ってか、アクセショップやるんなら
専門用語くらい英語で伝えられるようになっとけよ~~

いやそれ以前に用語覚えろよ~~  ←ようやくマンテル覚えた程度w



して、バチカンって英語でなんて言うの?




「bail」



しらんわい!
ってか絶対むこうも知らんって><



恐る恐るbailちゃんを使ってみたところ、
やはり顔にはクエスチョンマークですw
同レべ発覚でちょっとホッ♡


そこでもう固有名詞はやめて
「ネックレスを通すためのリング」で通しました(^^;



そんなこんなで
私達の頭の中の共通イメージでは、
今ようやくペンダントに輪っかがつけられ
その穴にチェーンが通された状態にまで漕ぎつけました。

さー 次はフックよ!


フックは見本があったので、それでOK。
あとはペンダントと輪っかとチェーンとフックの
色の組み合わせを指定し、
ようやく一つ完成です!




もうここでかなりへとへとのおまめですが、
戦いはまだ始まったばかり。
頑張らねば!



しかしこの後も予想通りの苦戦です。
新たなるコミュニケーションの壁がいくつも出現し、
四苦八苦(汗)



共通語の英語を介していると言っても、
文化や母国語の起源の違いによるのか?
言葉や表現のチョイスが全然違うんですよ。

それだけじゃなく、
論の運びや展開も全く異なるので、
相手が一体どこを目指して
なぜ今その話しているのかが全く読めない(汗)

なんというか、宇宙英語みたいな?w   


妥協の嫌いな私が
何度も妥協したいと思ってしまいました(爆)




そんな時、
私の頭に浮かんだのは
普段接しているスペシャルチルドレンでした。

耳や目から入ってくる言葉を
自分だけのオリジナルレールに乗せて
解釈の旅に出てしまう子供たち。

そのせいで成績は伸び悩み、
人から誤解され、自分も人を誤解してしまう。


今それと同じことが起こっているのだと感じました。


マネージャーさんは歩み寄ろうとせず受け身。
私が寄って来るのをただ待っています。
動かざるごと岩の如しという感じww


そこで私は彼女の言葉や表現を
丁寧にプールしていき、
彼女と同じフィールドを作っていきました。

その結果、
ようやく思考の共有ができたのです。






そして








笑顔です!
ハハンコで商談
  マネージャー  社員さん    ランちゃん    おまめ    おばあちゃん








いや~ もう感無量ですわ。

ピアスやブレスレットを入れたら
合計10個程度のアレンジをお願いしたのですが、
後半に差し掛かった頃、
互いに気持ちがピタッと一体化したのを感じたんです。

こちらが何か言えばすぐに向こうが反応
こちらが絵を描けばすぐに向こうが写真を撮る

おまめ、まりー、マネージャーさん、社員さん、
まるでチームプレーをしているよう。

もう周りの声も音も何も聞こえないような、
澄み切り研ぎ澄まされた空気を感じました。




結局語学力って
コミュニケーション力なんだわ。

師匠やタインくんを見ててもわかる。
たとえ共通言語があったとしても、
コミュニケーション力がなければ
通じ合えないんだわ。


あのシャワーバトルだって、
英語で説明しようとしたがゆえに
がんじがらめになってしまい
負け試合になってしまったんだわ。


大事なのは言葉じゃない。まずは相手に歩み寄ること。
相手の頭の中をイメージすること。
通じ合うにはこれに限る!






とまぁこのようにして
ハノイでの大仕事を無事に終え、
たーくさんの気付きと学びを得たおまめですが、   
これはまりーちゃんの絶妙アシスト、
ランちゃんの応援、
そして私を信じて全てを任せてくれた
師匠の教育的配慮のおかげであることは
言うまでもありません。



まだあります。


日本から声援を送り続けてくれるみなさんの存在が
大きな大きな力となったのは
間違いありません。


みなさん、ありがとー!











そろそろ午後の仕事に
作業員さんたちが戻ってくる時間だそうで、 
私達は工場見学をさせてもらうことに♡
  

きっとねぇ
これも師匠の取り計らいだと思うのです。
私がブログに工場レポを書きたいと言っていたので、
予めランちゃんを通して
お願いしてくれていたのだとあいしんくよ。


師匠!
ご配慮、本当に感謝です










下に降りていくと、
作業に戻った事務方のお兄さんが
なにやら機械の前で作業をしていました。












何をしているのだろう?
ハハンコ1












印字!?
ハハンコ2







へ~!こうやって印字するんだ。


のしいかみたいなのはブレスレットね。
丸める前段階ってわけか。




にしても、機械デカくない?

と、TVなどで工場の様子を見るたびに思うw
対象は小さ~なものなのに、
なんで機械をこんなにでっかくせんとあかんのや?って。

スマホなんてあんなに小さいのにビッグな仕事してくれまっせ~
一緒にするな?ww









さー 工場へとしゅっぱーつ♪










車で5分ほど走ったでしょうか









着いたようです
工場13









足を踏み入れるなり










角~~~~~~!!!
工場









ネット等で見ていたので
多少免疫はついていたけど、
やっぱり圧倒されるわー










でもって角の山の上に










これはなくない?(;・∀・)
工場1









こんなのを見せられると
まるで水牛を殺して角を取っているかのような
イメージを抱いてしまいません?(汗)


いやしかしみなさん、安心してください。   (はいてますよ?)

消えちゃいましたねw   


じゃなくって、水牛ですわ、水牛。なんで安村さんやねん=3



写真でご覧いただいたように
ベトナムでは水牛を農耕に使うので、
とても大切にしています。
ハノイの上の方では、飼い主が水牛にリード付けて
散歩する光景も見られるんですって。
見たいわ~

そんな大切なライフパートナーの水牛が
天寿を全うし、魂が天国に行った後、
角を切って、スプーンやネックレスとして
リボーンさせるというわけですわ。


ベトナム人は私たちと同じ、
自然に寄り添い、自然と共に生きる農耕民族です。
お米を作るために必要な水牛を、
どうしてむやみに殺せましょう?



だからこれはアカン。
こういう誤解されそうな悪趣味はアカン。
夢見るやんw










奥に進んでいくと
作業員さんが
各パートに分かれて作業をしていました。










パーツの周囲を磨きながら丸くしています
工場3












こちらは仕上げ磨き?
工場5












彼はなにを???
工場7







全部手作業と知り、びっくり仰天・・・


てっきり機械の流れ作業だと思ってたわー








え?
機械はこの前段階で使う?









これを
工場8












切ると
工場10












こうなってて
工場9











それを更に切って
工場11












縦に割り
工場12








プレスでのしいか状にし









切る
工場2







へぇぇぇぇ~
すごーい



ってかやっぱり手作業やん><;




手作業で切ったパーツを
ひとつずつ作業員さんが手作業で
丸めたり輪っかにしたりして
パーツを作っていくんでしょ?
そしてそれを一つ一つ磨いていくんでしょ?


完璧に手作業やん><


私達が付けている水牛アクセは
ここのみなさんが分業しながら
手作業で作り上げたものだったんだわ。
知らなかった・・


それなのに私達、
かすかに傷があるだのなんだの言って
返品していたんだわ・・




ショックと感心を行ったり来たりしているおまめのそばに
マネージャーさんが近づいてきて、
髪についてるバレッタを外すように言いました。




事務所で商談をしている時、
私が何気に「これも水牛よ♪」とみなさんにお見せしたところ、
うわー!なんじゃあそりゃー!アカンやんケ―!
ってな感じの空気になったので
びっくりしてキョトンとしていたら、
通訳のランちゃんが、「磨いてくださいと言ってます」とw


磨き方がわからないのよ~
めんどくさがりなのよ~



すると、

「後で磨いてあげます。
それからこれをあげます。」


とでも言ったんじゃないかな?

女性社員さんが私に
この会社オリジナルのバレッタを手渡してくれたので、
じゃあこれは?
みたいな顔で私が頭のバレッタを指さすと、
「あとであとで」、
みたいなジェスチャーをしたんです。


そうかそうか
その「あとで」が今なのか♡





おまめバレッタは
一旦マネージャーさんの手に渡り、
若い男性作業員さんの手に託されました。





シャー

シャッシャッシャッシャ・・・







工場6








水をかけながら
研磨してくれています。






あ 手が止まりました!
磨き終えたようです。






ひゃ~~~~~!!!
新品みたい♪♪♪








見て見て~~!!!
バレッタ




ヘアスプレーやらワックスやらで
木のような質感に変わってしまった私の可哀そうなバレッタが、
すっかり元に戻りました♪(≧▽≦)




喜びの雄叫びをあげるおババを見て、
お兄さんは照れくさそうに微笑んでいます。

お兄さん、ありがとう!
おばちゃんここに来た甲斐あったわ♡
明日からピカピカのバレッタつけて仕事がんばる♪






工場見学を堪能し、
私達は再び事務所へ。

そして諸々の確認をしたのち、
水牛村を出ました。


さー もう後の祭り!

師匠の分も含め、
望み通りのお品が出来上がってくるか否かは
おまめのコミュニケーション力にかかってるのよ!



・・・・・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・



帰国後、
確認のメールを送っておこう(;・∀・)    ←チト不安ww









家庭持ち&第二子妊娠中のランちゃんをお家まで送り、
また明日ね~♪と言って別れ、
私達3人とタインくんは夕食です。










ビアガーデンのようなレストラン
ビアガーデン1







でっかくてほこりまみれの
汚い扇風機の横のテーブルに座りました。






メニューには全部英語表記が付いているけれど、
果たしてそれがどんな食べ物なのか
想像に難い。非常に難い。
ってか下手に想像したらマズいw




ということで、
厨房周辺に並んでいるお料理を
見て回ることに。










見てもわからないww



包んだものやこねくり回した系のものが多くて、
なにがなんだか(;'∀')


これは何?
材料は何?
どんな味がするの?


店員さんは困ったような顔をして微笑み、
英語のできる店員さんを呼びます。



ベトナムの大きめのレストランでは、
店員さんはどうやら二種類に分けて使っているようですね。

英語のできる店員さんは、最前線。
できない店員さんは、後ろに控えて立っていたり
内地に引っ込んでいたりする。

またルックスも違う気がしました。

小柄なベトナム人の中でも比較的高身長のイケメンが
最前線にまわっている気がしてならないのは
気のせいだろーか?

日本人経営者のピザ4p'sなんて
それが顕著でしたよ。 
制服まで違ってたもん。

きっと時給も違うんだろうなぁ。









なんて考えながら歩いていると・・









不意打ちを食らってしまった(怖)
ビアガーデン2









こっちはなんの肉!?(怖2)
ビアガーデン3








こりゃ無理(◎_◎;)
見た目原材料のわからないものをオーダーしよう










お馴染み生春巻きと野菜炒め
ビアガーデン4










米粉クレープ包み?
ビアガーデン5










何らかの動物の串焼き
ビアガーデン6










ガチョウだったかアヒルだったかの唐揚げ
ビアガーデン10










男性軍はタピオカのデザート
ビアガーデン7










まりーちゃんはハスの実のプリン
ハスの実デザート










おまめはスイートコーンのなんちゃら
ビアガーデン8










「この方が綺麗やで」
と言って、師匠が自分のグラスの中のオクラ?をトッピングしてくれましたw
ビアガーデン9





ベトナムで食べたものは全て、
マズくはないんだけど、奥行きがないんですよね。
単調と言うか。


グルタミン酸の味を理解できるのは
世界中で日本人だけって知ってました?
それを検知できる味蕾があるのは日本人オンリーなんですって。


あー ふくよかな出汁の味が恋しい~
やっぱハノイでかすうどんは流行ると思うわ!





            






夜9時過ぎ、
心地よい疲れを感じながら
おまめ&まりーはホテルの部屋に戻りました。

変えてもらった部屋のシャワーは
ちゃんと適温のお湯が出ました。


さぁ、真っ白なシーツに身を投げて
眠りにつこう・・・



オヤスミ・・・




      






「今日はめっちゃ面白かったな!おまめちゃん!(≧∇≦)
 こんなにエキサイティングな体験は初めてかもしれへんわ!」

「ほんまや!私ら一体何屋さんやねん!? 
 教師ちゃうかった?オバハンちゃうかった?」


爆笑


「おまめちゃん、なんか私、自信ついてきた。
 やろうと思ったら人間なんでもできるんやわ」

「そうやで。わたしら伊達に年喰ってるんちゃうねん。
 経験積んで問題解決能力を身につけてきたんや」

「そうそう オバハン万歳や!」

「このオバハン力は、他にもいろんなところで役に立つで」

「その通り!今日は私らの未知なる可能性を
 強く認識した一日やったわ!」







おまめ&まりーの夜は
いっこうに更けていくことはなく、
いつまでもいつまでもお喋りは続きました。

そしておまめ&まりーも
いっこうに老けることはなく、
いつまでもいつまでもチャレンジし続けるのだと
確信しました。





<続く>





サイトバナー

みなさんは今どんなアクセサリーが欲しいですか?
ご意見聞かせてくださいませ♪

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

おまめさん~こんにちは(#^.^#)

水牛村への道のり・・・話の中にぐぐぐっと吸い込まれて
まるで一緒に旅しているような気持になりました^^

ピザ屋さんの益子さんの記事を読みましたが、
すごいですよね~ユーチューブでチーズの作り方を見ながら試作するところ
から始まって、今では、そのチーズが主力商品にもなっているのですね。
企業家さん、人生を開拓していく方たちは、人のご縁にも恵まれて、運にも
恵まれて、それら全て、その人の努力の形になっているのですよね。
すごいな~

英師匠も、まりーちゃんも、もちろんおまめさんも同じお仲間ですよね^^
未知なる可能性にチャレンジされているみなさんを、こうやって目の当たりに
できて、とても勉強になります!

内容の濃い記事なので、お話し聞いてみたいところ満載なのですが、
全部聞いたとしたら、コメント欄を占拠しちゃいそうなので、またの機会に・・・

おまめさんの初めてのオーダー水牛ちゃん、どんな子たちになって
みんなの前に現れてくれるのかしら~(≧∇≦)楽しみ!!!

記事にあった、ダーマのラズベリーのブラウス素敵ですね~(≧∇≦)
秋にも着れるお色と袖の長さですね。
いま、お袖デザインのブラウスが、たっくさん出ていますよね。
かたつむりが最近気になる色は、ライラック(紫がかったピンク)です。
他の通販サイトで、ライラック色のガウチョを買って、超ご機嫌なんです~
テンションあがるお買い物って、心の栄養になるんだな~って感じました♡

ベトナム旅行記の続きも楽しみにしてますよ(^O^)/
Posted at 2017.07.24 (16:10) by かたつむり (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
かたつむりちゃん(^o^)丿♪


> ピザ屋さんの益子さん

うんうん 私もYouTubeの下りに反応したわ。
ベトナムは元々あんまり乳製品食べない民族だから
素人が手作りしても通用したのかなとは思うんだけど、
やろう!と思い立つその気概が凄いと思うの。
年齢的に、不景気真っ只中で育った人なのに、
道が無ければ切り開けばいい、という発想がちゃんと育っていることに
私は驚いた&嬉しかったわ。



> おまめさんの初めてのオーダー水牛ちゃん、どんな子たちになって
> みんなの前に現れてくれるのかしら~(≧∇≦)楽しみ!!!

私はちょっと不安で(;・∀・)


> 記事にあった、ダーマのラズベリーのブラウス素敵ですね~(≧∇≦)
> 秋にも着れるお色と袖の長さですね。

いや、秋には着れそうもないのよ。
袖の関係で羽織物が無理だから。
秋だけど30度超えで、ったくどないなっとんねん!暑いやんけ!
でも夏物はもう着たくないねん><
って時に着る服よ(;^_^A

どうしようかなぁ
着る期間はめっちゃ短いと思うわ

ライラック色のガウチョなんて珍しいね!
ワイドパンツ系が充実してきてからこっち、
もうピタッとシルエットのパンツは穿けなくなってしまったわ。
こうやって私達ババはどんどんダルンダルンの体になっていくのね(;'∀')
Posted at 2017.07.25 (12:10) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
ダルンダルンΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

Posted at 2017.07.25 (17:44) by かたつむり (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
> ダルンダルンΣ(゚∀゚ノ)ノキャー

みんな一緒にダルンダルン(≧▽≦)♪
Posted at 2017.07.25 (23:42) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
あまり考えないようにしてたけど、角欲しさに水牛を殺してないのね~。
それを知って安心したわww

今回オーダー分も、ショップに出るんだよね?
どんな水牛アクセがアップされるのか楽しみ♪

デザートのビジュアルにも食文化の違いを感じるね~。
食べ物に関してはつくづく日本に生まれて良かったと思うのことよ。
Posted at 2017.07.26 (22:54) by きりまま (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
きりまま~(^o^)丿♪

そーなのよ~
私達先進国民、やっぱりそこ引っかかるよね(^-^;
安心してちょ


> 今回オーダー分も、ショップに出るんだよね?

うん!
お盆前に師匠が取りに行ってくださるので、
末頃には写真アップできると思うわ(*^▽^*)


> どんな水牛アクセがアップされるのか楽しみ♪

ちょっと不安だけどね(;^_^A
いや、その日が近づくにつれ不安が募り始めたわ


> デザートのビジュアルにも食文化の違いを感じるね~。

でしょでしょ?
ベトナムはフランス占領下にいたから
食はフレンチナイズドされてるって聞いてたのに、
まーーったくだったわー


> 食べ物に関してはつくづく日本に生まれて良かったと思うのことよ。

うんうん
十勝のつぶあんがいつでも手に入るってすごいことよ!
Posted at 2017.07.26 (23:54) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
はろー、おまめさん。

ベトナムほどじゃないだろうけど、毎日暑いね~
ワタクシめもすっかり身も心もダルンダルンですわ。。。キャー!

連続真夏日のさなかに届いた、でのすさんの秋カタログ。。。
暑さのせいか、あんまり食指が動かないのだよ。

なのでとりあえず、夢deans新作水牛アクセのリリースを楽しみにしてる♡
それに合わせて秋服選ぼうか。。なんてね(^^♪
Posted at 2017.07.28 (11:43) by シファカ (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
はろー!シファカちゃん(^o^)丿

いや~ 昨日は湿気がもう半端なくて
関西はベトナム並みだったよ~
神戸の北野坂を上りながら、
てぃんくるちゃん豆パちゃんまりーちゃんの4人で
暑くてヒーヒー言ってたわ。←ただいまプチオフ会中
そんな中、ベトナムの国旗がいくつも目に飛び込んできて、
リアルにあの恐怖と背中合わせの時間を思い出しちゃった。 ←軽いベトナム恐怖症w



> 連続真夏日のさなかに届いた、でのすさんの秋カタログ。。。
> 暑さのせいか、あんまり食指が動かないのだよ。

そうよ~
冬物試着したくないわ~
着画なんて無理ー


> なのでとりあえず、夢deans新作水牛アクセのリリースを楽しみにしてる♡
> それに合わせて秋服選ぼうか。。なんてね(^^♪

うわ~ シファカちゃん嬉しいこと言ってくれる(≧▽≦)
なんか我が子をみなさんにお披露目するって感じで緊張してきたわww

Posted at 2017.07.30 (09:42) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
鶏の皮はいだやつがシュール・・
やっと試験が全部終わって
抜け殻のうっぴぃが前を
通りますよっと('ェ')

ベトナムでピザとはこれまた!
でも美味しそう・・w最近
ピザ食べてないな~。

日本人の方がオーナーなんですなあ。
チーズの為に牛を飼うことから!
こういう人達はやっぱり
やりたいこと、目的が
しごく「はっきり・明確」で
ありますね。

ハノイがなんで河内なんだろー。
河内に特化した河内かすうどん店。
ベトナムフォーに対抗して
いかに!?wぜひ一号店を
出して下さい♪

私も高温多湿で生肉を
そこらにポーンと・・・怖いww
めっちゃウェルダンに焼いてもらわんと
食べられへん!!

意外な縁ですよねぇ・・ベトナムで
通訳してるランさんが・・実は寝屋川で
バイトしてたって(爆)ほんと
世間は狭いわぁ~。

水牛って磨かないといけない
ものだったんだ!?と初めて知りましたわー。
そういやマリーさんのお店は
まだ開店してはいない・・?みたいですね。

しかし何の肉かわからん焼き鳥のような
ものとか・・美味しそうだけど・・
勇気が(笑)やっぱり一番よさげなのは
タピオカのデザートww

ハスの実!?プリン!?というよりは
杏仁豆腐のよう・・これ1人分ですか!?
多くないですかああ!?
Posted at 2017.08.08 (21:18) by うっぴぃ (URL) | [編集]
Re: 鶏の皮はいだやつがシュール・・
うっぴぃ!
体調崩してるんじゃないかとマジで心配したがな(;・∀・)
試験か~
お疲れさん♪

ピザはね~
安心感も手伝ってめっちゃ美味しく感じたよー ←腹だけお嬢w


ハノイにかすうどん店出したら
うっぴぃ店員になってよ^^


> めっちゃウェルダンに焼いてもらわんと
> 食べられへん!!

ね?
内部事情はコレよ。
冷蔵庫が普及してないんだって。
水牛の会社なんかでっかいマックが3台も4台もあるのに
冷蔵庫なかったのよ。


ランちゃん、二人目生んで落ち着いた頃に
ホームステイしてた枚方のおうちに遊びに行くって言ってたよ。
その時はおまめコミュ関西チームでオフ会だぁ♪


ハスの実プリン、多いよねー
まりーちゃん平らげてたけどw

Posted at 2017.08.08 (22:17) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
水牛の会社の皆さんの笑顔がとてもいい雰囲気。
ベトナムでもおまめさんのコミュニケーション力が生かされているのねー。
(アメリカ国旗の服を着てても、何も言われなかった?)

冷蔵庫がないオフィス!ぬるい飲み物は身体によさそうではあるけど、現地の皆さん冷たいものは飲まれないのかしら。
Posted at 2017.08.20 (22:48) by カプチーノ (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
カプチちゃん♪(^o^)丿


> 水牛の会社の皆さんの笑顔がとてもいい雰囲気

でしょ?
前半はみんなもう鬼気迫る顔して仁王立ちだったんだけど、
だんだん、なんというか、チーム?みたいになってきて、
頑張って作ろう!エイエイオー♪みたいな雰囲気になってきたよ。
気持ちが溶けあい、混じり合う瞬間って、生きてる喜びを実感するわ~

アメリカ国旗の服、
二軍選手の入ってるタンスから引っ張り出したんだけど、
私もちょっと気になって、ネットで調べたところ大丈夫みたいだったから持って行ったところ、
向こうの人もフツーに来ててびっくりよ(;^_^A
もう風化しちゃったってこと?
で、ランちゃんにそのこと聞いたらば、「ベトナム人、アメリカ大好きです!」だって><
オバマ大統領が来た時は、みんな旗振って大歓迎したそうよ(;・∀・)


> 冷蔵庫がないオフィス!

飲食店にもないんだよ(;^ω^)
ビール瓶もぬるいまま出てきて氷の入ったグラスに注ぐのよ。
もうありえない><


Posted at 2017.08.21 (01:07) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2017.08.23 (22:23) by () | [編集]
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
08 10
ピンクのおまめの掲示板

◇おまめ茶屋◇
商品質問・着画投稿 なんでもOK。 思う存分ダべリングしましょう♪

最新記事
プロフィール

ピンクのおまめ

Author:ピンクのおまめ
ファッションって、けっして洋服という狭い意味の言葉ではなく、考えやこだわりによって生まれる「生き方」までを広く表す、とっても素敵な言葉だと思うの。せっかく女に生まれたんだもの。できるだけファッショナブルに生きたいよね。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア