バンコク珍道中記~未来へ!




3日目の朝






私たちはノボテルバンコクインパクトを
チェックアウトし






荷物を預けて身軽になり








某所で朝食です
ケンタ2








某所とは








ここです!
ケンタ






50超えたババ二人が
朝からジャンクフードってどう?w
なんかめちゃめちゃテンション上がるわ~   (あがるんかいw)




振り返ってみると、
ノボテルバンコクインパクトの朝食が不味かったせいで
前半の二日間は一日二食ですわ。

限られた人生の中、
食事の回数も限られてるってのに、
なんか大損した気分やわ。


いかん
こんなことじゃいかん
今日はしっかり3食取るぞ。





さてさて、
この日はバンコクジュエリー最終日。

ロッテンマリーさんの話では
まだまだ回りきれていないところが
たくさんあるそうなので、
後悔しないようにザッとでもいいから
見て回ろうということになりました。




「来る前は全く気分が上がらず、
 一日で充分、とか言うてたのにな」

「ほんまや~
 それやのに全日参加って、わからんもんやね~」

「オバハンって気分の生き物やからなw」

「そうそう、マロンさんと関空で繋がって
 一気に流れも空気も変わってしもたわw」





今日はそのマロンさんの工房を
訪ねることになっています。




「3時にホテルまで
 迎えに来てくれるって言ってたね。」

「うん、ここからホテルまでタクシーで30分くらいやから
 2時過ぎに出たら大丈夫よ」

「よっしゃ!
 最終日、思い残すことのないよう、楽しもう!」

「おう!」

「まずは両替所ね。財布にはもう円しか入ってない(;^_^A」

「あはは(;・∀・)」

「昨日の夜、マロンさんにはメールしておいてん」

「なんて?」

「今、文無しなので
 カードで支払うことになるかもしれんが、ええか?って」

「あ そうか、今日お品頂けるんやね」




マロンさんはこのBKK FAIRのあとすぐ、
ホンコンジュエリーフェアに参加されるため、
商品はそっちに持っていかなければならないから
あらためて日本に送らせて欲しいとおっしゃったのですが・・・



「送料は持ちます、って言うてくれてはるのに、
 持って帰れないなら買わへんって
 おまめちゃん言うからw」

「だって実際手に取って付けてみて
 うっとりしたのは、ピンポイントであのお品よ。
 たとえ同じものでも私には複製に過ぎへんわ」

「天然石やもんね。
 おまめちゃんがそう言うんなら、
 きっとあの場であの石たちと相思相愛、
 カップリングが成立したんやわ」





ということで、
私たちは会場内にあるエクスチェンジカウンターへ~



「Hello, Madam!]

「これ全部バーツに替えて。バラにせんでええから」

「パスポートお願いします」

「はいはい」

「それから、フォーテイルの証明を出してください。」

???

「もっぺん言うて」

フォーテイルの証明を出してください」

???

フォーテイル???」

「Yes!」

「よっつのしっぽ???」

???

よっつのしっぽを出せ?
おねえちゃん、
わたしを四尾の狐と思ってる? 
知ってるんだぞ!正体を現せ!って?



「おまめちゃん、テルちゃう?」

「え?テル? 
 いやまさか、それは日本語よ」

「Yes! フォテイル!」



やっぱそれかい(;・∀・)



「OK! Here is the certification of my ホル!」




スタバのムーミンくんの時もですが、
やっぱ言語って、文法より発音とアクセントが大事ですね。
アクセントの位置がひとつずれただけで
とんでもないものに聞こえますから。

ったく誰が化け狐やねん    ←どっちかというと化け狸w




両替所でバーツ紙幣をたっぷりゲットし、    ←円より断然紙幣の種類多し
俄か大金持ち気分のおまめ&まりーは、
まず昨日商談して名刺交換した天然石工房へ。



「お待ちしておりました~」


前夜ネットで会社の詳細を厳しくチェックしておいたので、
まぁそこそこ大丈夫かなーと。 
ほんとええ時代、ネットバンザイですわ。


しかーし

ここもマロンさんと同じく、
「現物は香港フェアに持っていかなければならないので
渡すことはできない、大阪に送ります」、とのこと。


いや、今買いたいねん。どないかしてーや。

「ノー マダム、注文受けてから2週間で仕上げて送ります。
 好きな石でお作りいたしますので」


そんなこと言うて、
ここには特別できのいいもの持ってきてるんちゃうん?
どんなものが送られてくるかわからんから、
これ持って帰られへんのやったら、
わたしゃ買わんで。サイナラや。


おじさん、仲間を呼んで来て
二人がかりで説得にかかりましたが、
マロンさんと違って、信用できない何かがある。感じる。

いらんったらいらん!

オバハン強し。
振り切ってサヨナラしました。



「うん、それでええねん、おまめちゃん。
 自分らのカンを信じようや」


ロッテンマリーさんも同意してくれたところで、
さー 次行こv





私たちは、前日&前々日に気になった工房を
順番に再訪問しました。


しかし、
最初の訪問時にもう一歩が出なかったのは
何か説明不可能な理由があったのでしょう。
最終日であっても触手は動きませんでした。

ま、しゃーない。
自分たちのカンを信じよう。






「さー 社長、今からどうします?」

「そやな」

「もうちょっと見る?
 まだ見てないブースいっぱいあるよ」

「うん、いや、もうええやろ」

「そうか。じゃあホテル戻ろか」

「うん。あそこに寄ってから」



「・・わかった」









「ここがモダンクラシックのWanneeさんのブースよ」




ショーウィンドウには
見慣れたあのシリーズが飾られていました。

このアクセたちをメンバー達と
争奪戦のごとくに集めまくった日々が
懐かしく思い出されます。





あれもこれも、全部持ってる
懐かしいな






「Hello! Are you Japanese?」



メールを交換し、
おまめ&まりーの顔も写真で見て知ってるはずなのに、
もう忘却の彼方なのでしょう、
はじめましてのスタンスで、Wanneeさんは話しかけてきました。


初めて見たWanneeさんは、
デビ夫人のアジア人バージョンのような、
とてもゴージャスな雰囲気の人で、
流暢な英語でリューヌやキャレやボンボンの説明をしてくれました。

私たちはそれを黙って聞いていましたw


「天然石なので、みんな一つ一つ表情が違うのよ。
 内包物も様々だしね。
 そこを理解してほしいわ。これも見て。こっちも見て。ね?違うでしょ?
 でもこれで正しいの。不良品じゃないのよ」


バンコクに来て、天然石の個性についての
釈明を聞かされたのは、これが初めてです。

Wanneeさん、私たちが日本人と聞いて、
日本のお客、つまり私たちが、
ちょっとしたことで返品していた記憶が蘇ったのでしょうw




「気に入ったものはあるかしら?
 卸売り価格はひとつならこのお値段だけど、
 二つ、三つ、数が増えれば増えるほど、お安くなるわ。
 どう?うちの小売り店にならない?」




優雅に首を傾むけ、
私の目を覗き込んで返事を待つ
Wanneeさんの様子を見ていると、
様々な思いが溢れ、胸がいっぱいになりました。


私はモダンクラシックと出会ってからの二年半の時間を
ゆっくりと巻き戻し、
そして今に進め、
そっとピリオドを打ちました。






これで前を向いて進んでいける





「一回りしてまた来ますね」




そう言って私はWanneeさんに手を振り、
ブースを去りました。


Wanneeさんが私の背中を
微笑みながら見つめているのを感じました。






サヨナラ、マダムWannee 









「まりーちゃん」

「ん?」

「腹減ったw」

「wwww」





気持ちが新旧すっかりと入れ替わった私たちには、
もうここにいる必要などありません。

私たちは清々しい気持ちで会場を出て、
ホテルに戻り、荷物を受け取り、
タクシーに乗りました。


ここに来て本当によかった。
たくさんの出会いをありがとう!





「さー おまめちゃん、今から30分程度で着くからね!」

「おうっ!」





おまめとまりーを乗せたタクシーは、
次なる舞台へと向かって走り出しました。





いざ、シーロムへ! そして、未来へ!




<続く>



スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

ようやく秋らしくなってきたけど、まめちゃん、体調崩してない?

某所(笑)で朝食、のまりーちゃんの笑顔が可愛い(^^)
海外での食事、なかなか大変ですよね〜。
ファーストフードって大体どこの国でも同じ味だし、よそのお国ではなんだかんだ言って、すごく心強い味方ですわ。
20代の海外一人旅ではどこの国でも某マクドはチェックしましたです(古い話ですんません)。

ワニーさんとの出会い、なんだか切ないです(;;)
でも直接会えてどんな感じかわかってよかったよね。
これで安心して前に進めるものね。
今私の手元にあるモダンクラッシックはもちろんとっても大切だけど、それはそれこれはこれ。
新しい風をビュンビュン吹かせてくださいませ!

次回も楽しみに待ってま〜す(^^)
Posted at 2017.10.02 (10:24) by kopka (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
はーい!kopkaちゃん(^o^)丿♪

秋らしくなってきたね~
そっちはもうマジな話、朝には霜が降りてるんちゃう?
クマが出たとニュースで聞いたが、
今ちょうど冬眠前の食べまくりシーズンだろうから、
戸締まり気を付けてね。
帰宅したらキッチンでつまみ食いの最中のツキノワくんと目が合ったら
さて、どっちが逃げるんやろ?(笑)

ってkopkaちゃんは一体どこに住んでるんやwww


まりーちゃんの楽しそうな笑顔がええやろ?(^^)
まりーちゃんとはもう何十回と宿泊してるけど、
毎回必ず朝からガッツリ食べてくれるのよ。 
なのでおまめも遠慮せずいつもも通りにガッツガツ。
たいていタイプアップまで朝食会場にいてますわ(笑)

kopkaちゃんがマクドってなんかイメージ合わないわ~~

いや、そういえば最近、一緒にハンバーガー食べたよね?
そしてお代わりしようと言い出したのはkopkaちゃんやったわ(笑)




> ワニーさんとの出会い、なんだか切ないです(;;)

うん
誰よりもきみとこの話をすると朝から胸がいっぱい、マスカラヤバいっす。

ワニーさんがリューヌリングの説明を始めた時に
胸がチクチクし始め、
私が日本のショップオーナーと知った上で熱心に商談をしてきた時には、
低い血圧が俄かに上がり正常になったわw


いろんなブースにはリューヌやベルラムスがたくさん。
あれがタイの定番の形だったと知って、どんだけ驚いたか。

デザインの謎も、総代理店の謎も、
全ての謎は闇の中。
それでいいよね?
追求する必要なんてないよね?
私たちには、前に進んでいく力があるんだもの。

第一幕の緞帳をここのみんなと一緒に下ろし、
そして第二幕の緞帳を、今まさにみんなと一緒に上げようとしている。
それが何よりの証拠よね?

私、頑張るわ!
雑念が入らんように、ガッツガツ頑張るわ!
kopkaちゃん、またときめくアクセを世界中から発掘してきて、
リング以外(サイズが違うのでw)争奪戦を繰り広げような♪(*^▽^*)



Posted at 2017.10.02 (11:09) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
はろー、おまめさん。
バンコク二人旅、怒涛の記事UPをせっせと読ませていただいてまーす(^^)
まりーさんの秘書っぷりも楽しいわ~♡

わたしは特に深い考察をしたことはないけど、天然石って大好き~
まさに一期一会だもんね。
最初にアクセ作りを始めたのも、好きな石で自分好みの物が作れることに感動しちゃったからなんだな。
だから最初の頃に作ったのは、やたらと石を使ったので重くてねー
石によって全然重さが違うなんてこと気にしてなかったんだわww
あの頃は肩こりに無頓着だった。。ワカカッタノネ。。。
戦利品を見せてもらうのが楽しみだ~

モダンクラシックのこと。。
なんにせよ、自分の中で消化、というか区切りがつくのって大切だよね。
そういう意味でワニーさんに会えてよかったと思うわ。

で、今更だけど、エターナルシルバーってアルゲンティウムシルバーのことなの?
おまめさんはもう知ってたかなぁ。私はつい最近知ったんだけど。

次記事では、ついにマロンさん工房へ!かしら?
ワクワクだ―♪
Posted at 2017.10.02 (16:52) by シファカ (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
はーい!シファカちゃん♪(^o^)丿

ちょっと休憩に・・と思ってブログ覗いたらシファカちゃんがいた♡

今ねぇ、水牛ペンダントの紐のことで悩んでるのよねー
私は紐ペンダントは好きじゃないんだけど、
カジュアル好きの人は、天然石や水牛チェーンより
紐の方が好きみたいね。

で、本革にしたいけど首元なので汗が気になる・・
けど合皮は好みじゃないんだなー

ハァ・・ いっそ選べるようにしようかw


うんうん、石によって組成が違うから重さが違うよね。
高度も違うから、穴を開けるのも大変。
ビーズには不向きな石があると初めて知ったわ~

そうなんだ シファカちゃんも石好きだったんだ(*^▽^*)
透明感のあるシファカちゃんのお肌には
どんな石でも透明度が増して見えるだろうから、
石冥利に尽きると思うわー


エターナルシルバーは、
アルゲンティウムシルバーとは全くの別物よ。
銀に混ぜる元素が違うの。

エターナルシルバーはタイの特許庁?に小特許(実用新案)No.7990として上がってて、
誰でも閲覧できるから見てみて。
日本語訳もある(子豆にやってもらったw)ので、よかったらFBにアップするよ。
って、4月頭にアップした記憶があるぞww

アルゲンティウムシルバーは最近知って、
組成を調べてみたところ、
これでも非硫化銀になるんだ・・・テンテンテン・・・と、プチショックだったわww

でも、エターナルシルバーにしてもなんにしても、
純銀じゃないシルバーで完全非硫化って不可能なんだってね。
単に変色を遅らせるってだけで、
作る方もお客も全く頓着していないってことを
タイに住む日本人宝石商と話してみて、よーくわかった。

ワニーさんも、「これはシルバー?」って私が聞いたら、イエス、シルバー925と
はっきり言ったのよ。
つまり、エターナルシルバーの製品はフェアには持ってきてない=ウリにならない、ってことなのね。


衝撃の事実をいろいろ知ってからそろそろ一年、
まだ胸はチクチク痛むけど、
新しい船出に多少の痛みは付きもの。
さー 頑張るぞー!!!
Posted at 2017.10.02 (17:28) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
私は水牛ペンダントは紐のほうが好きかな~?
軽いし長さが自在に変えられるとこが便利。
天下のエルメス様も水牛ペンダントの紐はワックスコットンで、本皮は使って無いよね~。
実用性を考慮するとワックスコットンのほうがええと思う。
合皮は絶対無いわー。
エトルさんで買ったやつも、今確認したらワックスコットンっぽいよ。

まめこは、まめこの目で選んだ確かな品物で
女性を幸せにするという目的に突き進む。
前だけ向いて行こう~!

で、次がいよいよマロンちゃん登場?
早う~~ww




Posted at 2017.10.02 (23:50) by きりまま (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
きりまま~♪(^o^)丿

そっかー きりままは紐派か~

エトルのワックスコットン、今どんな具合?
私はオレンジのオーストリッチがワックスコットン紐だったんだけど、
もうチープでチープで着けるに耐えがたく取っちゃったわ(-_-;)
ペタンこ過ぎて貧相に見えるのかな?
ペンダントトップがが大きいから、なおのことチープに見えるんだよね。

安く上げようと思ったらアレが一番なんだけど、
一か月以上にもわたってメールやり取りしながらディスカッションして、
デザイン画スキャンして送って、
「細かい作業で水牛が割れてしまう、今他の方法がないか模索している」と聞いてハラハラして、
毎日あっちの作業時間がきたらお祈りして(誰に?ww)
そしてようやく出来上がったオリジナル商品なので、
こんな性格の私でしょ?愛情が沸きに沸いて、
どうしても妥協できないのよ~~

もういっそ売り物にしないで
うちの床の間に飾っておく?www



> まめこは、まめこの目で選んだ確かな品物で
> 女性を幸せにするという目的に突き進む。
> 前だけ向いて行こう~!

うぅぅ ありがとう(´;ω;`)
うん、前向いて進んでいくよ。
絶対後ろは振り向かない
Posted at 2017.10.03 (00:07) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]

おまめさん、おはこんにちは😃

紐問題・・

あの、洗えるレザーってないんでしょか?
アクアレザーってお高いんかなぁ、どこで仕入れてはるんやろ??

真夏は、チューブに布やスワロなどを入れてブレスにしたものも出てましたね。💐

う〜ん、合皮でぺったんこは…トップとのボリュームが違いすぎるのかと?
アトリエメタリナさんの、ジャスパーが幾重にも重なったヤツに着いてたんは…。
少し丸みある柔らか目の合皮紐で、手触り良く使いやすい気がします。

紐も、チェーンも面積は小さいのに、全体に影響するパーツ。

めっちゃ手強いですね〜。
どこに行けばヒントが見つかるのかなぁ…。(u_u)

と、思いを巡らせながら、スィートポテトを作って食べてます🍠。
もぐもぐ…美味し。(*^o^*) オヒトツイカガ?
Posted at 2017.10.03 (09:51) by 小夜ぱ♪ (URL) | [編集]
おまめさん、たびたび~(^^♪

FBさかのぼって、4月ごろの皆さんのタイ語翻訳にご苦労を読んできたわ~ イマゴロカイ! ゴメンナサイ。。。
ふむふむ。。なるほど。

それはそれとして、シファカも紐派でございますよ♡
Posted at 2017.10.03 (10:59) by シファカ (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
はーい♪おさよどん(^o^)丿


アクアレザー、調べてみたら信頼の日本製(笑)
メール送っといたわ。
が、これを採用するとお値段は跳ね上がるとあいしんく(;^_^A


アトリエメタリナの紐!
そうなのよ。
先日もまりーちゃんとその話をしてたの。
エトルのワックスコットンと比べてあきらか使いやすくて
高級感があるのはなんでやろ?って。
お洒落なワンピにもOKなのよ。

で、サイズを測ってみたら、
メタリナのは幅5㎜でワックスコットンは3㎜。
そして厚みが全く違う。後者は紙のようにぺったんこなのよ。
幅もだけど厚みって大事かもしれない。

私とkopkaちゃんの貧乳コンビの共通意見なんだけど、
ロングペンダントは胸板をペシンペシン打ち付けて
いつも裏返ってしまうのよね。
けどメタリナのペンダントは裏返らない。
ちゃんと紐が紐の役割を果たしてるのかもしれないわ。

Posted at 2017.10.03 (11:28) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
シファカちゃーん♪(^o^)丿

あ 見つかった!?よかったわ~

そうなのよ。あの時は苦労したわww

で、その足でさっそく協会に行き、
徹底的に調べて貰ったところ、
その形態や内容、そして開発者が
私たちの認識とは全く違っていたことが判明、
うすうす気づいていたとはいえ、プチショックを受けながら協会を出て、
お茶でもしようと入ったお洒落なカフェで食べた
バームクーヘンの美味しかったこと!
胸に広がるもやもやが綺麗に晴れたきがしたわww

やっぱ食べ物って偉大だー!


> シファカも紐派でございますよ♡

シファカちゃんはどんな紐がお好み?
きりままはコットンワックスがいいというけど、
大事なきりまま子にぺったんこの紐なんか付けさせたくないわー
ジョンくんの下からチラリと覗いても全く違和感のないリッチなワックスコットン、
どこかで売ってないかな~



Posted at 2017.10.03 (11:46) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
私も、革紐やリボンが好きです♡

でも、紐やリボン、チェーンなんかにペンダントトップを着けた場合、長くなるほどシルエットはどんどん細身のⅤ字になるからね。
下手したらIDカードぶら下げてるみたいな。
短いといい感じのV字になるけど、短い所にあまり大きなトップは合わないような・・・・・

それに比べて、パーツが並んでいる物は長くなってもシルエットはU字になるからボリューム感が出るね。

デザインによってはいいとこ取りで、パーツが並んでて横や後ろ側が紐やリボンで長さ調整自在ってのはいかがでしょうか?
Posted at 2017.10.03 (11:53) by みんみん (URL) | [編集]

組紐もJapanな感じではなく、クールなものがあるみたいよ。

高いんかなあ?
Posted at 2017.10.03 (12:28) by みんみん (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
みんみんちゃん(^o^)丿♪

長くなるほどシルエットが・・っての凄いわかる!
下手したらIDカードもわかるっ><


うん、パーツが並んでる「部分的ネックレス」?みたいなのには
紐やリボンはとっても素敵だと思うわ。

ペンダントでこんだけ頭を悩ませるとは想定外だったわ。
今日はそのペンダントたちがベトナムから送られてきたんだけど、
二種のうち一種を見て固まってしまったわ。
今なんでそんなことになったのかをメールやりとりしながらヒアリング中。

ハァ・・・(-_-;)



Posted at 2017.10.03 (18:34) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
組紐、ネット見てきた~!

シルクというところが気に入ったわ♡
けど扱い易さは解消できないね。

京都にはオーダーできるお店がたくさんあるみたいだから、
洗えるシルクがないかどうか
あちこち当たってみようかな。

Posted at 2017.10.03 (18:48) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted at 2017.10.08 (08:36) by () | [編集]
今晩は♪

アクセサリーの紐を探してたら。
鹿の革のパーツを見つけましたよん♪

この月末に鹿の角を使ったアクセサリー?を作られるという視覚障害団体さんのサポートをさせてもらうことになりました。
個人的にも鹿の革を手に入れたいので、紐のこともたんねて(尋ねて)みようかと思ってます。

まずはお知らせまで〜。^^/''
Posted at 2017.10.09 (22:24) by 小夜ぱ♪ (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
小夜ぱちゃーん♪(^o^)丿

鹿革パーツ!?なんて素敵な響き😍
水牛ネックレスの間に一つ入れてみたい♡
写真待ってまーす♪


Posted at 2017.10.10 (10:19) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
ピンクのおまめの掲示板

◇おまめ茶屋◇
商品質問・着画投稿 なんでもOK。 思う存分ダべリングしましょう♪

最新記事
プロフィール

ピンクのおまめ

Author:ピンクのおまめ
ファッションって、けっして洋服という狭い意味の言葉ではなく、考えやこだわりによって生まれる「生き方」までを広く表す、とっても素敵な言葉だと思うの。せっかく女に生まれたんだもの。できるだけファッショナブルに生きたいよね。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア