FC2ブログ

過去と未来の懸け橋


ロッテンまりーブログ、「人生は旅のようなもの」 
西日本オフ会~魅惑のdinner アップしています!
晴caféさんについても語ってくれています(*^▽^*)



まりーブログ



                  




追記:3月5日(月)

ブログ記事にて少し触れたマルチトースの件について、
晴caféさんから誠意溢れる回答をいただきました。

マルチトース原料の輸入先はアメリカですが、
その材料が遺伝子組み換えか否かは定かではないとのことです。

しかし、夢beansがみなさまへのプレゼントとしてご用意したクッキー(ロシェ)については、
マルチトースは一切使用していないとのこと。

よかったです。

気になさらない方のほうがおそらく多いとは思いますが、
店主のおまめはおもいきり気にします。
自分が怪訝におもうものを、大事なみなさんのお口に入れるのは嫌です。
はっきりした回答をいただけてホッといたしました。

そして本日、晴caféさんのクッキーが大阪に到着!
疑問が晴れたタイミングで到着するって凄くないですか?
代替品(五感のレモンケーキ)を用意していましたが、使わずに済みました(喜)

え?
それも入れろ?
帯広と大阪のコラボ企画だろう?

ひえ~~~

わかりました><;
では代替品の底が尽きるまでということで、
帯広・晴café&大阪・五感の両方をお入れいたします(;・∀・)
みなさん、早いもん勝ちの恨みっこナシですよ!ww





ストロベリーフェア ブログ用jpg





ストロベリーフェア、おかげさまで大盛況!

やっぱり綺麗なもの、可愛いものを見ると
心が素直に反応してくれますよね。
理屈抜きにキュンキュンときめくのを抑えられない、
抑える気もない、
この感覚がもう、超スリリング!



子供が元気に育つには、まず私たち母親が元気にならなくては!



この理念のもと、誕生した夢beans。
そして、
「この年齢でも新しいことにチャレンジできるということを皆さんに伝えたい!」
「子供ら、見とれ!かあちゃん人生変えたるねん!」

と言って、サイト内にブースを構えた方々、


「みなさんのウキウキを応援したい!」

と言って制作班に加わってくださった方々、


「講座?いいよ、やろう!」

と言ってコミュメンバーに楽しい学びの場を提供してださった方々、


トップページにずらりと並んだ
ストロベリーフェアのキラキラちゃんたちが、
私にはここに集うみなさんのお顔に見えてなりません。

キラキラ輝くのは自分だけじゃなく、
周りまでキラキラウキウキ幸せにする。

まさにみさなんのことですよ。

そんなみなさんに感謝を込めて開始したストロベリーフェア、
実はアクセサリーの他にもう一つ「形にした感謝」を、
ご用意しているのでございます(^m^*


え?

それはなんだ?

はよ教えろ? できたらここで見せろ?


はは 承知いたしました。

では、お見せいたしましょう!





じゃーーーーーーん! こちらでございます♡
ロシェ2





はい、クッキーですv



このクッキーを、
この期間にお買い上げくださったみなさんに
ストロベリーちゃんと共にお届けしたいと
あいしんくなのでーす(*^▽^*)


しからば、クッキーちゃんのご紹介と参りましょう!









帯広 (2)







どこだかわかります?

実はですね、これが帯広なんですよ。

そうそう、我らがロッテンまりーが18年も暮らした、あの帯広です。

よくもまぁ亜熱帯で生まれ育ったまりーが
こんな雪深いところに行ったもんだと
今更ながらに思います(;・∀・)


しかしながら、
まりーはここでたくさんの人と出会い、
たくさんの経験をし、
それらを更に深め展開していくために、
ここ大阪に戻ってきたのです。


大阪での生活は、
この4月でようやく一年になります。

一年間、
まりーは帯広で得た様々なものを暖めながら、
大阪に再び根を張ることに精を出しました。

生まれ育った街とはいえ、
18年のブランクが容赦なくまりーに襲い掛かりました。

しかし、襲い掛かったものは、敵ではなく、
大阪を離れる時にまりー自身が封じ込め
無きものにしたまりーの本質の一部分、
つまりそれは、まりー自身でした。

まりーは必死に目を背け続けました。
けれどそれは怯むことなく、
「あんたは何がしたいの?どう生きたいの?結局あんたは何者なの?」
と、まりーに詰め寄ります。

毎日毎日まりーは格闘しました。自分自身と。

そして、ようやくそれと相対する勇気を得ました。


まりーは答えました。



私は繋がれる自分でありたい!
 過去の自分、今の自分、縦横斜め、全ての自分と真っすぐに繋がりたい!




自分の意思でそう言えた時、
まりーの目の前からイリュージョンが消滅しました。
自分の「こうなりたい」を邪魔する魔物を
完全に消滅させることに成功したのです。



そんな折、
ストロベリーフェアの企画をおまめが打ち出しました。




「おまめコミュにふさわしいお菓子を
 提供してくれるお店ってどこかにないかぁ?」

「あるよ!」




即答したまりーが紹介してくれたのが、
晴caféという、まりーのお友達がやってるお菓子屋さんだったのです。



ホームページを紹介されたおまめは、
まりーが推薦した意味がすぐにわかりました。





晴カフェ3





このお店の作るお菓子は、
低糖オーブンといって、急激に血糖値を上げない
体に優しい低インシュリン菓子なのです。

実はわたくしおまめ、
知る人ぞ知る健康マニア。

有機無農薬栽培の野菜を食べ、
抗生物質無添加のエサを与えられたお肉を食べ、
発がん性のある化学物質をできる限り排除した食生活をしています。

理由はたくさんあるんですよ。
まず教師一年目にしてダイエットのし過ぎで女生徒が亡くなったこと、
そしてその数年後に第一子を死産、
自分自身が抗生物質に過剰反応を起こす体質、
低血糖症、
アレルギー体質、
等々・・・


そのような理由から、
口から摂取するものに関して
人一倍留意しているだけでなく、栄養学にも精通し、
こう見えて料理は得意、というキャラにない一面も持っているというw

そんなおまめが店主を務める夢beansです。
フェアに使うお菓子は
おまめの発するメッセージの具現化でなければ!
ということなのです。


なるほどと感心しながら、
ホームページを読み込んでいくと、
お菓子に使う素材にうんうんと頷く私がいました。


低インシュリン食品、
これは30年ほど前から本になったりTVで紹介されたりしているので、
みなさんご存知だと思いますし、
流行した当初はこれを用いたダイエットを
実践されたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私は当時22歳、
女生徒が、ダイエットが原因で結核になり亡くなったばかりの
動揺しきった女子高で教鞭をふるっていました。

生徒たちは食事に対する恐怖に付きまとわれ、
食べるのが怖い、食べないもの怖い、という
不健康な状態の中でゆらゆらと漂っていました。

その中で、私は低インシュリン食品とは何か?
血糖値があがるということはどういうことか?
脂肪になるメカニズムとは?
絵に描いて纏めたプリントを生徒たちに配り、
不安を取り除く取り組みに勤しみました。


え?
家庭科の先生みたい?

はは
見た目は体育の先生ですけどね(^^;

けどあれから30年経った今もなお、
私は食品のGI値(食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計ったもの)を
ほとんど空で言えるほど、知識は定着しています。

でもって私は血糖値が上がりにくく下がりやすい低血糖症。
なので急激に血糖値を上げる食品(高インシュリン食品)はご法度、
且つ必須。   (なんで???)

体調により血糖値が上がりにくい日もあるし、
急激に血糖値が下がり、うっかりしてるとぶっ倒れる(-_-;)

そんな時、高インシュリン食品は必須アイテム。
一番効くのは果物ですが、飴やチョコにもお世話になります。


というわけで、
インシュリンという言葉にはすぐ反応するおまめなのです。





また、ここのお菓子は薄力粉を使用せず、
全粒粉を使用しています。


薄力粉は8割近くが炭水化物。
精製されているのでミネラルはほとんど残っていません。

ところが一般的なお菓子は、メインがほぼこの薄力粉。
あとはバターと上白糖ですわ。

こんなものを親からもらった大事な体に入れたくない、
子供にも食べさせたくない、
という理由で、全粒粉やアーモンドプードル、コーンミール、
フスマやおからパウダーをふんだんに入れて
お菓子を手作りしたもんです。 意外でしょうがww


次に甘味料。
こちらのお菓子には合成甘味料が使われていません。

この合成甘味料こそ私も最も忌み嫌う物質でして、
とりわけ脳神経を破壊する恐れのあるアスパルテームは
わたくし絶対に摂取しません。

で、こちらが私用されている甘味料は、

・エリスリトール
  メロン、ブドウ、梨などの果実や醤油・味噌・清酒などの発酵食品に含まれている
  天然の糖アルコール。希少糖の一つに分類される

・マルチトール
  糖アルコールの一つ。麦芽糖(マルトース)に水素添加を行い化学反応をさせて作られる。
  別名「還元麦芽糖」

の二つです。

ぶっちゃけマルチトールは、私は積極的に摂取しない物質の一つなんです。
理由として、原料の麦芽糖(マルトース)は麦ではなく、
多くはトウモロコシやジャガイモなどのデンプンから作られます。
そしてこういった甘味料の原料となるトウモロコシ&じゃがいもは、
国産のものではなく、
遺伝子組み換え作物が使われることがほとんどだからです。


こちらのお店が使用されているマルチトースが
遺伝子組み換えのない北海道産のトウモロコシ&じゃがいもだったら
言うことナシなのですが、
ホームページにはその記載がないんですよね。
また今度直接お尋ねしようと思います。






1枚あたり(直径5cm) 糖質1.2g  カロリー28kcal
ロシェ





一枚当たり28kcal・・・
普通のクッキーとそんなに変わらんやん?

いやいや、そうじゃないんです。
全く同じカロリーのクッキーがあったとしても、
素材のGI値、つまり血糖値を上げるスピードが要なんです。

体内に入った糖質は、
エネルギーとして使われる部屋、そして脂肪として蓄えられる部屋の
どちらかに振り分けられます。

だったら全部エネルギーの部屋に連れて行こうや!
って思うでしょ?(笑)
しかし、そううまくはいかない。それはなぜか?

振り分けの基準がGI値に関わって来るからなのです。

GI値の高い食品が体内に入ると、
もうまっしぐらに脂肪のお部屋に直行。

が、GI値の低い食品が入ってくると、
私たちの体は危機感を覚えます。
早く血糖値を上げたいのになんでじわじわくるんや~~~!って。

人間だって動物。
いつ敵に襲われるかもしれないから
常に戦う準備をしておこうとするんですよね。

そんな体内にじわじわ君がやってきたら、
体内は危機感を感じて、蓄えさせてなるものか!となるのです。

なのでたとえ同じカロリーであっても、
太る太らないは同じではないんですよ。


おまめが白米を嫌う理由は、実はこれ。
あんな栄養価のほとんどない糖質の塊を
体内に入れる気には、どうしてもならないんです。

食べるとしたら、発芽玄米。
もしくは具沢山の炊き込みご飯やピラフですね。

もちろん具材には血糖値の上昇を妨げるもの、
ごぼうや椎茸などを積極的に入れるようにしています。






とまぁ、食品について語らせたら
何時間でも語れるという
変わった英語教師・見た目体育教師のおまめですw




して、その他の材料ですが、
バター、スキムミルクが北海道産、
卵、はちみつ、チーズ、おから、全粒粉は十勝産という、
申し分なしの願ったりかなったり材料です。

だって安心安全の国産というだけでなく、
まりーが18年お世話になった大地が育んだ材料なのですもの。

そのようなお品を私たちが頂けるのは、
なんだかとっても感慨深いものがあります。




繋がるわたし
繋がる過去と未来
それらは今、力強い自分となる!





晴caféさんのクッキーは、
きっとまりーの過去と未来の懸け橋、つまり、「今」になってくれる。
そう私は思いました。

そして、まりーの18年と私たちコミュニティの8年が
互いに融合し、化学反応を起こし、展開していく予感がします。







「まりーちゃん、ここと連絡取ってもらえる?」

「がってん!」



晴caféさんは快諾してくださり、
ストロベリーフェアのために、まりーのために、そして私たちのために、
大豆とクランベリーの入ったクッキーを作って
送ってくださることになったのです㊗



ということで、
ストロベリーフェア期間中にお買い上げくださったみなさんには、
晴caféさんのおまめベリークッキーをもれなくプレゼントいたします!🍓



しかーし


帯広は先週なんと吹雪!
ヤマト運輸が動かない!
クッキーちゃん、まだ大阪に届いていないんです💦

サンプル品が合計6個、
すでに大阪入りしているのですが、
それらはおまめ、まりー、みかぽぅ、kopkaの4人の家に
バラバラであるんです💦


というわけですのでみなさん、
お品&クッキーのお届けを、今しばらく、
どうかどうかお待ちくだされ~~~~~~









晴カフェ2 (2)






夢beansバナー小



スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
07 09
ピンクのおまめの掲示板/Facebook/Instagram
 
 

◇おまめ茶屋◇
商品質問・着画投稿 なんでもOK。 思う存分ダべリングしましょう♪

最新記事
プロフィール

ピンクのおまめ

Author:ピンクのおまめ
ファッションって、けっして洋服という狭い意味の言葉ではなく、考えやこだわりによって生まれる「生き方」までを広く表す、とっても素敵な言葉だと思うの。せっかく女に生まれたんだもの。できるだけファッショナブルに生きたいよね。

最新コメント
最新トラックバック
フリーエリア
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア