授業参観 Ⅱ

「ちょっとちょっと  これ見て


「なんすか?それ」


「授業参観コスチュームのラインナップや。
どーや!どれも可愛いやろう♪」



「・・えっと。
そろそろアイビーに水やらんとあかんかな」



「こらこら、話そらすな。 どれが好みや。 おまえに選ばせてしんぜよう」


「栄養剤入れてやったの、いつやったかな」


「おまえの脳に栄養剤入れなアカンのちゃうか。 どれがいいって聞いてんねん


「どれもなぁ・・」



「なんでや!こんなにみんな可愛いのに」


「その感覚がわからん」


「なんやって?」


「いえ、なんでもありません^^;」


「はっきりせんやっちゃな。これなんかどうや。
セーラーカラーっぽくて可愛いやろ。
名前はな、セーラーキャンディって言うねん。どうや。ラブリーなネーミングやろう♪」



セーラーキャンディ 生地



「そんなん着たおばちゃんが、アメリカのコミケなんかにいそうですね」


「誰がおばちゃんセーラームーンじゃ


「これら以外に選択肢はないんですか」


「ない」


「う~ん・・強いて言えば・・」


「おいおい、強いるな」


「じゃあ、勇気ふりしぼって言えば・・」


「勇気もいらん おのれの心に従え!」


「世の中、おかしい」


「なにがや はよ選べ 小僧」


「これかな」

ローラストライプ 生地



「キャンディストライプか。 ふむふむ。して、その理由は」


「どこか昭和の香りがします」


「昭和の香り?どこからそんなもんがしてくるんや」


「なんとなく和柄っぽい。 着物っぽいのかな」


「なるほど。小紋の着物か。
大正ロマンって感じやな。
はいからさんが通るの紅緒が着てそうや^^」



「昭和やゆうてますやん。 美化し過ぎ。 大正に さらにロマンまでつけますか」

「美化とちゃう。真実や。 
ママからはロマンの香りがプンプンするやろ」


「表現に品がない。プンプンってなんですか。発酵臭ですか」


「やかまし。で、おまえはこれが気に入ったと」


「気に入ったんちゃいます。 これならまだ我慢できるってことですがな」


「こっちのレモンイエローは嫌いか?」

ローラ レモンチェロ 生地



「縁起悪そう」


「どーゆー意味や」


「黄色とグレーなんて 満中陰志と書かれてそうですやん」


「う~む わが子ながらその想像力には感服いたす」

「いえいえ。
ただでさえ縁起悪そうな柄を、枯れてきた女性が着るのはいけません。
思わず親指隠したくなる」



「失礼なやっちゃな。 枯れてもドライフラワーなんか売り物になるんやで」


「なるほど。売り物になるか否かは、枯れ方が問題なんですね。」


「そうそう。ママの枯れ方なんか見てみ。気合入ってるぞ」


「ほう。気合入れて枯れてるってことですね」


「ちゃうできるだけ美しく枯れようと気合入れてるんじゃ。
ところで、こっちの柄はどうや。美しいやろ。白と紺なら、縁起はいいで」


白と紺



「どれも縁起悪く見える」


「なんて!?


「いえ、べつに」


「去年の夏に半額でゲットしたんや。
ダニエル・エシュテルっていうフランスのデザイナーのやで。
フレンチの香りがプンプンするやろ♪」


「あなたが言うと、全部発酵臭がしてきますね
とにかく花柄はいけません」



「なんでやねん」


「老いを加速させます」


「そ~かな~
じゃぁ、これは?これも候補に挙がってたんや。これもあかんか?」

カーサリバティ生地



「うわ~ これは最悪。 
あいあむ おばはん って言いながら歩いてるようなもんですよ。
お線香の匂いがしそう。」



「おばはん通り越しておばあちゃんかい。
でもこれ、めっちゃ人気商品やねんで。
イギリスのリバティプリントや」



「おばティ?」


「死にたいか?


「世の女性は誤解してるんですよ。人の目と自分の目は違うんです。」


「厳しい言葉やな~ 
腹立つからゼッタイこれ買ったるねん。
じゃ、こっちのギンガムチェックは?」



ギンガムワンピ 生地


「花柄よりかはずっとマシですけど、やめてくださいね」


「なんでや」


「若作りにもホドがある」


「白と黒やったら、シックでええんちゃうん?」


「病気という意味のシックですか」


「よっぽど死にたいみたいやな


「だから自分を客観視することが大切なんですって」


「ようするに柄がいっぱいってのはアカンのか」


「というわけでもないかな」


「ややこしいやっちゃな、おまえは
これ全部持って行って、トイレでお色直しするぞ!」


「うわ~ 恐怖の参観日や。語り継がれますよ」


「人をジェイソンみたいに言うな


「ジェイソンの方がまだ可愛いって」


「結局おまえは何を着ていってほしいんや


「一番母さんらしいもの」


「して、それは?」


「トレーニングウェアかな」


「やっぱり体育会系かい


「というのは冗談で」


「なんやねん!はよゆえ!」


「黒の上下ですかね」


「黒ゴキブリみたいに言うな
それこそ縁起悪いやろう」



「郷に入れば郷に従え、老いては老いに従え」


「おーい いみわからんぞー」


「要するに、いつものスーツ姿が一番あなたらしい」


「それを自慢したいと?」


「立派な仕事しているあなたを、僕は自慢に思っているんです」






へっ?



今 なんと言ったか 息子よ

寂しい思いをさせてきたにもかかわらず
こんな母の仕事を理解してくれていたというのか
理解してくれるだけでなく、自慢にさえ思ってくれるというのか





おにぎりだけのお弁当が
恥ずかしかった時もあっただろう

運動会の日、
来ることのない母を待って
校庭でずっと地面お絵かきをしていたと先生から聞いた




そんなおまえが
いつの間にか母の仕事を理解できる年齢になった




そして

「母さんのように、人から求められる社会人になたい。
それが、こんな小さな奴の大きな夢なんですわ」


とおまえは言ってくれる




親として、これほど名誉なことがあるか?



「母さんのような女性と結婚するのが僕の夢」
と言って欲しかったのが実際本音だけど
そこを追求すると虚しくなりそうなので、やめておこう



しかし、絶対にぶれることなく信念を持って進んでいけば
必ず理解してもらえるのだと
母は今 知った



息子よ!
今日ほどお前を愛しく思ったことはない
母はなんて幸せなのだろう


そんなこととは露知らず
コスプレに走ろうとした母を許してくれ




母は今 目が覚めた


参観日には・・
参観日には・・




やっぱりおもいっきりコスプレしていくぞー!!
(それが一番 母らしいわい^^v)




「母さん!単にコスプレしたいだけですやん!」



「そうや!したいんや 悪いか!信念持ってコスプレするんじゃ
文句あるならいつでもかかってこい まだまだ負けへんど!」



Vera Bradley ヴェラ・ブラッドリー【日本上陸!キルトバッグ】

ドクターシーラボ

DoCLASSE(ドゥクラッセ)





スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

久々に
うるるi-241

途中まで「あっはっはっ(^∇^)!」と笑いながら読んでたのに・・
特に「おばティー」って!爆笑>▽<


が、その後にいきなりきちゃいましたよ・・
うわぁ~~ん(。>0<。)子まめくん、健気だよ・・なんて聡明で可愛い息子さんっ(感動)

男の子って普段何考えてるかわからなくて、憎たらしく思う事もあるけれど(ウチの場合)、案外物事を冷静に見てたり、純粋に家族を想ってくれてるのかもしれませんね~。

そんな子まめくんの思いを受け止めた上で、参観日にコスプレ(?)の野望は捨てなかったおまめちゃま、さすが!(笑)

そして思ったこと・・自分の服を息子に見せて、意見を求めるような事は避けよう・・(--;)
Posted at 2012.06.13 (14:51) by sumomon (URL) | [編集]
深イイ話ですね~
こんにちは~かたつむりです♪

なんだか、どきどきしながら読み進みましたよ^^

今どきの高校生の男の子ってどんなこと考えているのだろう?
って思いながら…
とても素直な優しい子に育ちましたね…(:;)
↑近所のおばさん目線(目を細めてぇ)

おまめさんと、子まめくんは、
どちらが、ボケで、どちらが、つっこみなのかしら?
どちらにせよ、意気のあったコンビに違いないですね^^

ドレスは、キャンディストライプを選んだんですね。
花柄は、おばさんイメージなのですねぇ。
まあ、いつものスーツで仕事姿のお母さんが、いいんだ
と言いたかったのでしょうが、どきっとしました。
だって、花柄、いっぱい持っているぅぅぅぅぅ

おまめさん

この話、まだまだ続きますよね?!楽しみですー♪
Posted at 2012.06.13 (17:29) by かたつむり (URL) | [編集]
Re: 久々に
すももんちゃま、こわにんち♪

> 途中まで「あっはっはっ(^∇^)!」と笑いながら読んでたのに・・
> 特に「おばティー」って!爆笑>▽<

そーなんですよ! 失礼ったらありゃしない(怒)

> が、その後にいきなりきちゃいましたよ・・
> うわぁ~~ん(。>0<。)

やっぱり同年代のお子ちゃまをお持ちのお母さんですね、すももんちゃま。
私も書きながら思い出してポロポロ・・

> 男の子って普段何考えてるかわからなくて、

そーそー!

> 憎たらしく思う事もあるけれど

殺意覚えるわ

> 案外物事を冷静に見てたり、純粋に家族を想ってくれてるのかもしれませんね~。

うんうん。
この前、「母さん死んだあと、オヤジの介護は僕がしますからね
って、真顔で言いに来たのにはビックリしましたよ。
(なんでママが先に死ななあかんねん!)

> そんな子まめくんの思いを受け止めた上で、
> 参観日にコスプレ(?)の野望は捨てなかったおまめちゃま、さすが!(笑)

はい^^ 息子の気持ち<コスプレ命 ですがな(笑)

> そして思ったこと・・自分の服を息子に見せて、意見を求めるような事は避けよう・・(--;)

そのとーり。
私も今回、つくづく思いましたよ。
kopka姫のところの王子くんの見解は
全ての男の子の見解なんだわ><
花柄=おばあちゃんだなんて!(おばてぃだよ・・)
ローラのレモンイエローなんざ、お悔やみ事だって(哀)
あぁ、娘が欲しい・・
Posted at 2012.06.13 (22:20) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
Re: 深イイ話ですね~
かたつむりちゃ~ん♪

> なんだか、どきどきしながら読み進みましたよ^^
> 今どきの高校生の男の子ってどんなこと考えているのだろう?
> って思いながら…

そっか。
かたつむりちゃんのところは
まだ小さいもんね(羨ましい)

> とても素直な優しい子に育ちましたね…(:;)
> ↑近所のおばさん目線(目を細めてぇ)

ははは^^ 君の未来の夫だよ(笑)

> おまめさんと、子まめくんは、
> どちらが、ボケで、どちらが、つっこみなのかしら?

半々かなぁ ボケるの楽だけど つっこみはエネルギーいるからなぁ
(大阪では難しいボケにツッコミ入れたら尊敬される)

> どちらにせよ、意気のあったコンビに違いないですね^^

将来は君も加わり3人漫才だ!(笑)

> ドレスは、キャンディストライプを選んだんですね。

昭和の香りだって。 もうしんじられない・・

> 花柄は、おばさんイメージなのですねぇ。
> 花柄、いっぱい持っているぅぅぅぅぅ

同じく いっぱい持ってるぅぅぅぅぅ
花柄大好きな母から、なんであんなのが生まれたのだろう・・

> おまめさん

はぁい^^

> この話、まだまだ続きますよね?!

へっ!?
続くの??

> 楽しみですー♪

あいや~ (>▽<;;
Posted at 2012.06.13 (22:30) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
オットナ~
こんばんは。

今日の子まめ語録
>「世の女性は誤解してるんですよ。人の目と自分の目は違うんです。」

う~ん深いわ~高3にしてこのセリフ。
確かに、相方と実店舗(笑)に行くと、いつもこう言われます。
「洋服というのは、自分の好みよりも、人にどう見えるのかが大事」だと。
確かにね~頭じゃ分かってても、結局好みとかトキメキがないと気分が乗らないのよね、女って(笑)
男性とは永遠に分かり合えない部分なのよ!
ってことで、コスプレ上等!!(そうなの?)

子まめ殿、お仕事をするおまめさんを誇りに思っておられるのね・・・(涙)
子供って親の姿をちゃんと見てるんですね・・・
果たしてウチにもそんな日はくるのでせうか??人に求められるような仕事の仕方をしているだろうか?などなど、考えさせられてしまったワタクシであります。
Posted at 2012.06.13 (23:52) by pikado (URL) | [編集]
Re: オットナ~
Pちゃん、こんばんは♪

> 今日の子まめ語録
> >「世の女性は誤解してるんですよ。人の目と自分の目は違うんです。」
> う~ん深いわ~高3にしてこのセリフ。

この場合の女性というのは、きっと「おばちゃん」を意味するのだろうーー;

> 確かに、相方と実店舗(笑)に行くと、いつもこう言われます。
> 「洋服というのは、自分の好みよりも、人にどう見えるのかが大事」だと。
> 確かにね~

確かにね~><

> 頭じゃ分かってても、結局好みとかトキメキがないと気分が乗らないのよね、女って(笑)

まったく。 感覚が支配する動物よね(笑)

> 男性とは永遠に分かり合えない部分なのよ!

そーそー!

> ってことで、コスプレ上等!!(そうなの?)

そうよ!(笑)

> 子まめ殿、お仕事をするおまめさんを誇りに思っておられるのね・・・(涙)

寂しくて泣いたり荒れたりしていた頃を思い出すと
心が締め付けられまする・・

> 子供って親の姿をちゃんと見てるんですね・・・

子供にはわかりっこない世界のことでも、信念持ってやり通したら、
きっとわかってもらえる火がくるんだなぁ

> 果たしてウチにもそんな日はくるのでせうか??

来る来る^^ 女の子はさらに早いよ。 誰よりもママの味方♪

> 人に求められるような仕事の仕方をしているだろうか?
> などなど、考えさせられてしまったワタクシであります。

結局、どんな仕事でも求められているから仕事があるわけで、
それが私の場合、教師時代にせよ、その後のフリーランス時代にせよ
子供にもわかりやすい形で現れていたんだと思いますね。
小さい子供が憧れる職業は、おかしやさんとか花屋さんだもの。
私の仕事はそれに近い形で子供の目に映ったんじゃないかな~

一方、大豆は研究職。
突き詰めていくと、ゴールは人類の発展だけど、
そんなもん子供にはわからないですからね。
単に「パパは趣味にふけってる」、
しかも「大掛かりにそれをやってる悪い大人」に過ぎない(笑)
Posted at 2012.06.14 (09:13) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
ものすごくお久しぶりな気が…
最近DNSの方もじ~っくり見てません。
少しプライベート(たいしたことではなく)が
忙しく。

お子さん、聡明ですね。突っ込み方が賢い子の
突っ込みです。以前から、ちょこちょこお子さんの
会話読ませていただき感心しておりました。
お母様譲りでしょうか…

それにしましても男の子が大きくなっても、おまめ
さんのご子息のように会話してくれたら嬉しい!

参観日に来てもいいって言ってくれるなんて!
それは気合が入りますね。でも、ご子息さんの仰る
ことも何となく分かる気もして苦笑い。
私も気を付けます。

(我が家にも2人おりますので。)

また。忘れた頃に現れます。。。
あかずきんでした。
Posted at 2012.06.15 (19:02) by あかずきん (URL) | [編集]
Re: タイトルなし
> ものすごくお久しぶりな気が…

ほんと!黄色のバッグ以来!?
(あかずきんちゃんのおかげで、安心してバッグの到着を待てました^^
ありがとう!)

> 少しプライベート(たいしたことではなく)が
> 忙しく。

そうなんだ。
体 壊さないように気を付けてね。
まだまだ無理のきく年齢だけど、
こんな天候だし、いたわるのにこしたことないよ^。^

> お子さん、聡明ですね。突っ込み方が賢い子の
> 突っ込みです。

ははは^^ ぜんぜん!
政治ネタは得意だけど、時事ネタでボケたら、突っ込み入れる速度が落ちるもの。
まだまだ青いわい

いったいおまめ家では、何を優先的に子供を教育してるのだろう。(みんなの声)

> 以前から、ちょこちょこお子さんの会話読ませていただき感心しておりました。
> お母様譲りでしょうか…

どんくさいところは、ママに似てます(パパ豆の声)

> それにしましても男の子が大きくなっても、おまめ
> さんのご子息のように会話してくれたら嬉しい!

よく言われるんですけどね~  ̄▽ ̄: ← ありがたさがわからない人

> 参観日に来てもいいって言ってくれるなんて!

変わった息子ざんしょ^^;

> それは気合が入りますね。でも、ご子息さんの仰る
> ことも何となく分かる気もして苦笑い。
> 私も気を付けます。

おばティでしょ?笑
ったく、女心を分かってない奴め(怒)

> (我が家にも2人おりますので。)

男の子が??
うわー! お話、聞きた~い♪

> また。忘れた頃に現れます。。。

だめだめ 忘れないうちに来て♪
ていうか、いつも忘れず待ってるのに^。^

Posted at 2012.06.15 (23:47) by ピンクのおまめ (URL) | [編集]
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
ピンクのおまめの掲示板

◇おまめ茶屋◇
商品質問・着画投稿 なんでもOK。 思う存分ダべリングしましょう♪

最新記事
プロフィール

ピンクのおまめ

Author:ピンクのおまめ
ファッションって、けっして洋服という狭い意味の言葉ではなく、考えやこだわりによって生まれる「生き方」までを広く表す、とっても素敵な言葉だと思うの。せっかく女に生まれたんだもの。できるだけファッショナブルに生きたいよね。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
カテゴリ
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア